« 50年早い中国主導のAIIB | トップページ | 面白くなるクルマの技術競争 »

2015年4月 3日 (金)

50年早い中国主導のAIIB(2)

Photo     

--- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ---

ブログランキングに参加しています。

前回の記事は表現の稚拙さもあり、ちょっと難しかったようで身内の反応が悪いです。(笑)そういう訳で今日は補足説明をします。

基本的に変動相場制で、それが100%機能したなら外貨準備は必要ない事になります。万が一の自国通貨暴落に備えて外貨売りのための外貨を少し持っていればいいレベルです。

エネルギー等の天然資源を海外に依存している状況で海外から物が買えなくなると困りますから、いくら円がハードカレンシーだからと言って外貨を全く持たないという訳にはいきません。

その適量がどれくらいかは分かりませんが、日本円にして数十兆円というところでしょうか。今日本は150兆円もの外貨(大半が米国債)を外貨準備として持っていますが、さすがにこれは多いと言えます。大して意味のないドル買い為替介入した結果です。巷間言われるように米国様のご機嫌伺いでしょうか。

中国はと言えば3兆8千億ドルもの外貨準備を持っています。今回のインフラ投資銀行の件も、有り余る外貨を利用するのだという触れ込みでした。ところが・・・実態はそうでなかった事は前回の記事の通りです。

資金流出と借金で四苦八苦しているのです。色々調べると実は対GDP比で282%もの対外負債があるという説もあります。そんな国が金庫番をやると言っているのですから、何をか言わんやです。

しかもこの外貨準備の3兆8千億ドル(460兆円)はドルペッグでドルの流入量と同額の元を刷って市場から買ったものです。という事は本来変動相場制に任せていたなら、殆どゼロという代物なのです。

その場合元の価値は倍以上にはなっているでしょうから今のような貿易黒字は望めません。ドルの流入も下手をすれば半分以下となり外貨資産が今のように600兆円もある事は考え難い事になります。

つまり、元の価値が上がる事を想定し、日本の様に経済成長と共に供給側の付加価値を上げる努力をしなければいけなかったのですが、安易に海外から技術を買ってその場しのぎをして来たツケが回って来ました。一党独裁国家の限界かもしれません。党中央の顔色ばかり見て、良い数字を出す事に血道を上げるあまり、地道な積み上げ作業を怠ったのです。

しかもまずい事に誰も自国を信用していません。アングラでも何でも、折角流入した資金を建設的な投資に廻さず、海外の不動産投資等で浪費しました。資本収支が赤字になる訳です。毎年4000億ドルの資金流出と言いますから半端ではありません。

借金大国なのに借金より多くの資金が海外逃避しているのです。それを隠すために借金を重ね、アングラマネーにまで手を出し、実態が全くつかめないところにまで来ています。

何でもいいから世界中から金を集めたい、というのが本音で、その企みの一つがAIIBでしょうか。従ってお題目なんて何でもいいんです。嘘はでかい程ばれ難いという訳で、アジアのインフラ整備10年で8兆ドルなんて大風呂敷を広げました。

Data

これを見たスケベ達がこぞって参加表明します。米の反対を押し切って英国までが参加表明というのは妙だと思ったのですが、実は大黒柱と言えるメガバンク、HSBCとスタンダードチャータードが絡んでいるという噂です。


この二大金融機関はアヘン戦争直後に香港に設立され、東インド会社のDNAを持つ企業です。マネーロンダリングに関わったこともあります。ドルキャリー、不正融資、マネロン、中国の外と内を結ぶ玄関に当たるのがこれらの銀行でしょう。

これらの銀行が数百兆円規模の不良債権を抱えていたら英国の沈没は免れません。それを防ぐにはAIIBが願ってもない逃げ道になるのではないでしょうか。

そこでAIIBを成功させるには純資産が世界一の日本が鍵になるという訳です。日本が参加すればAIIB債はトリプルAをもらえるでしょう。それで安倍さんに秋波を送るものの、日本からは冷たい返事しか帰って来ない(笑)



本当は歴史問題なんて党中央にはどうでもいいのですが、反日を煽って来た国民の手前そうは言えないので優しい表現で誘っているという事でしょうか。しかし、これだけ借金が多いと一気に潰す訳にもいかないので、何らかの形で日本が協力せざるを得ないかもしれません。放置して被る被害と、協力して被る被害を天秤にかけて判断するしかありません。

難題が降り掛かって来ますが、民主党政権でなく安倍政権の時でよかったと言えます。中国に事大するDNAを持つミンスなら一も二もなく参加を表明していたでしょう。(笑)

 共感いただければクリックをお願いします。


|

« 50年早い中国主導のAIIB | トップページ | 面白くなるクルマの技術競争 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

田中さま
前略 はじめまして
いつも拝見しております。常日頃からのブログ主さまの慧眼に心服させて頂いております。
小生にとりまして、現在の複雑な情勢が目から鱗、なるほどと納得することしばしです。
これからも小生のような経済音痴をご教示ご指導どうぞよろしくお願い致します。
 誠に恐縮ではございますが、ひとつご検討賜れば大変うれしゅうございます。 小生普段は自宅のパソコンにてブログに接しさせていただいてますが、時々インターネット環境が整っていないところにも行く事があります。 その際はタブレットでLTEに頼っているのですが、なぜか当方の使用しているタブレットで当ブログを表示させると
なぜか黒のバックに少し薄い黒色の文字で表示される為非常に判読しづらいのです。 そのため購読せずにページを閉じことも多いのです。
(似たようなことは現象はアマゾンのページの検索項目にも出てきますが、これは文字数も少ないしおよその見当で読んでいます。)
貴ブログのデザインがおしゃれなこともあるかも知れませが、小生のタブレットであるドコモArrowsだけの現象かもしれませんが…。
(本来はメーカ若しくは購入したドコモに言うべき事かも知れませんが)一度なにか対策をご検討頂ければ大変助かります。どうぞよろしくお願い致します。
 このコメント欄を利用させて頂き大変申し訳ございませんでした。
しんじ

投稿: しんじ | 2015年4月 3日 (金) 19時53分

しんじさん
すみません。よく言われるのですが、ベースの色を変えると字の色を変えなければならず、下手すると全く違うものになります。全てのデザイン変更になりかねません。検討はしますので、気長に待っていて下さい。

投稿: 田中 徹 | 2015年4月 3日 (金) 22時22分

難題が降り掛かって来ますが、民主党政権でなく安倍政権の時でよかったと言えます。中国に事大するDNAを持つミンスなら一も二もなく参加を表明していたでしょう。(笑)

…全く、其のとうり“AIIBとかTPPとかを排除”しないと我が国は消滅致します。

投稿: Carly | 2015年4月 5日 (日) 02時09分

柳井正ブラックコーヒー部落解放同盟「尖閣諸島は中国領」
二階俊博「江沢民マンセー」
高野孟 福田康夫 奥田碩「靖国ー!篭絡♪」
鳩山由紀夫「友愛」
小沢一郎「胡錦濤とツーショット」
野中広務 田原総一朗「南京ー!」
河野洋平 村山富市「韓国人従軍売春婦ー!ディスコー!臓器売買!!毒ガスー!」
筑紫哲也「買春ー!中国首相、クリントンザーメン大統領」
古舘伊知郎「クラスター爆弾、地球温暖化ー!」
岡田克也「反日デモJUSCO」
NHK「4000年ー!天安門は死者ゼロ」

投稿: 岡田克也の肛門エチケット | 2015年4月28日 (火) 23時14分

民主党政権でなく安倍政権の時でよかったと言えます。中国に事大するDNAを持つミンスなら一も二もなく参加を表明していたでしょう。

但しお一人、救国の国士がいらっしゃいます。民主を空中分解させた野田さんです。

AIIB 誰かの名言~その① 習近平さん=…集金pay…集金すれどPAYしない

AIIB 誰かの名言~その② 『 誰も肉を持ってこないBBQ』

投稿: かかし君 | 2015年5月 5日 (火) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 50年早い中国主導のAIIB | トップページ | 面白くなるクルマの技術競争 »