« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月24日 (金)

70年談話を牽制する、日本が怖い国の愚かなジャーナリスト

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

共同通信や朝日新聞の調査では村山談話を支持する人が日本人の過半数を占めると言います。つまり安倍首相と周辺の真正保守派、安倍支持層以外は、村山談話や小泉談話に使われた文言を「妥当」と考えているそうです。本当でしょうか。また捏造じゃないの。。(笑)

私も真正保守の末席くらいにはにはいると思われるので、経済に関する事を除けば、もちろん安倍政権を支持します。左翼爺が並べた嘘八百の談話なんて支持出来る訳がありません。よくもやりやがったな、と思っているくらいです。

91db95f9f94a3248b704da321c20d663

   (無知なボケ老人が朝日新聞に騙されて売国をした最悪のケース)

恐らくですが、村山談話や河野談話を支持する人は勉強不足ではないでしょうか。戦後のGHQによる愚民化政策が見事に成功した人達で、マスコミの言う事を信じている人達です。実際日本は先進国で最もマスコミを信じる人の率が高いと言います。

ところで、米紙ニューヨーク・タイムズの社説は安倍首相の訪米について次のような注文をつけているそうです。

「訪米が成功するかどうかは安倍首相が、開戦決定、中国や韓国での残酷な支配、残虐行為、数千もの女性を慰安婦として働かせるなど、日本の戦争の歴史に向き合うか否か、どれほど真摯に直視するかにかかっている」

これを見たなら元ニューヨークタイムズ東京支社長のヘンリー・S・ストークス氏は何と言うでしょうか。「呆れてものが言えない。よく恥ずかしげもなくそんな嘘がつけるものだ」と私が代わりに言ってあげます。(笑)

前にも書きましたが、人権問題に関して欧米が日本に対し何かを言える立場である筈がありません。日本が東南アジア地域から米英蘭を追い出すまで何百年も植民地支配を続けていたのはどこの誰だったでしょうか。

しかも彼らの支配は人権など全く認めず搾取一方でした。インフラを整備するなんて無駄な事はしません。現地人に教育もしなければ医療も最低限、あるいは、なしです。もっとひどいのは絶滅あるいは民族浄化でした。これを何のためらいもなく行って来たのです。正に鬼でしょう。

日本の統治はこれら欧米列強と比べ、植民地支配などと呼べるものではなく極めて穏健なものであった事は明らかで、その証拠は山ほどあります。この件何度も書いていますので細かい話はしませんが、罪を全て日本になすりつけようというずるさは言語道断です。

ニューヨーク・タイムズの社説を、ひとつひとつ検証していきましょう。まず開戦決定、これが問題なら欧米は日本より罪深い事になります。よっぽど多く他国と戦争しているでしょう。と言うより一方的な侵略と人権無視の植民地支配の方が問題だと思うのですが、これに関して詫びたり反省した事があるでしょうか?

日本が開戦に至ったのも、ルーズベルトが仕掛けた罠に嵌ったというのが事実で、それはフーバー元大統領やマッカーサー元元帥によっても証言されています。しかもその、相手を陥れる汚い手はWW2後も何度も使われているではありませんか。どう言い逃れが出来ると思っているのか不思議でなりません。

次に、中国や韓国での残酷な支配とは何を指すのでしょうか。恐らく根拠は示せないでしょう。だってやっていないのですから(笑)韓国や台湾に関しては、当時国際的にも認められた併合でした。分かりやすく言うと、列強の前にいかにもか弱で自立出来ない国を強国の日本が庇護したのです。

当時地球上の80%が欧米列強が支配する地域でした。日本が何とかしなければ、間違いなく植民地支配されて人口が激減していた事でしょう。つまり当時日本は欧米列強に対してノーと言える唯一の有色人種国家だったのです。

ただ、単独ではあまりにも心もとない、そこで思い至ったのが大東亜共栄圏ではないでしょうか。アジア人どうしが共闘して欧米列強に対抗しようという考え方は至極真っ当です。別に領土的野心があるとか、弱い国を支配して搾取しようとかという邪なものでない事は統治の内容を見れば明らかで、その証拠、資料は山ほど残っています。

Manchukuo_hsinking_avenue
      (満州の首都新京、今は長春と呼ぶ)

満州国に関しては統治ではなく親日の独立国として扱い発展させました。防共の砦の役割でしょうか。ただ、親日政権維持のための介入はあったと考えるのが自然です。関東軍が独自の判断を優先させて動いていた事もあるかもしれません。

しかしながら中国が主張するように、それが中国に対する侵略に当たるかと言えば微妙です。元々万里の長城より北は中国の主権が及ばない地域だった訳だし、世界の三分の一が満州国を独立国として認めていた事実もあります。そこは歴史学者の宮脇淳子先生あたりが詳しいので、是非一度『世界史のなかの満洲帝国と日本』あたりをお読み下さい。

さらに言えば、元々日本は中国と戦う意思はありませんでした。それはそうでしょう。一緒に欧米列強と戦おうというのですから、仲間同士で戦ってどうするの、って事になります。だと言うのに親の心子知らずで、米やソ連の傀儡となって日本軍にちょっかいを出して来たのが蒋介石の国民党軍なのです。

日本の和平提案や休戦協定をことごとく蹴り、約束を守らず、通州事件では260人にも及ぶ一般日本人が一方的に惨殺されたのですから、邦人保護のためにも戦わない訳にはいきません。

しかも、日本軍と戦っていた国民党軍は毛沢東の共産党に取って代わられ今は陰も形もないのです。つまり、戦ってもいない共産党軍が、侵略をして来た日本に勝利したと言っているのですからメチャクチャです。他国に軍隊を送り戦っていたのだから言い訳は出来ない、なんて律儀に言うのは日本人だけのメンタリティかもしれません。

残虐な行為というのも無理があります。恐らく南京虐殺等を指していると思われますが、喧伝用に使われている写真は嘘だらけで通州事件のものが使われていたりします。被害者の名簿もないし、証拠らしい証拠はありません。今では南京虐殺はなかったというのが定説になりつつあります。

最後の慰安婦問題ですが、20万と言わず数千と言ったところは評価しましょう。(笑)さすがに物理的に無理があると分かったのでしょうか。嘘つき国の言う事を鵜呑みに出来ないという空気が世界に醸成されつつあります。

と言うより、それに関してはどこの国もすねに傷を持っている筈です。引揚者に襲いかかったソ連や朝鮮、中国だけでなく米だって日本進駐後は日本人婦女子に対し落花狼藉の限りを尽くしました。エリザベスサンダースホームはなぜ出来たか調べれば分かります。抵抗した夫や父親も何千人も殺されたのです。極悪はどちらか自明です。

当時合法であった女衒による売春ビジネスを軍が適性に管理し、しかも高給で遇した国が世界のどこにあったでしょうか。世界一品行方正な軍であったという事は間違いのない事実と思われます。さらに今でも韓国が世界一の売春婦輸出国である事を思えば、答えは自ずから見えて来ると思うのですが、そういう事実さえ知らないのでしょうか。

それにしても米人というのは、自分たちのやった事を棚に上げてよくもヌケヌケと言うものです。特亜三国と同じく、恥を知らない人達かもしれません。「訪米が成功するかどうか」などと言うのも完全に上から目線です。自分たちの判断基準や価値観にあわなければ成功しないと言っているに等しいのです。どこまで横柄なのかと言いたいです。

首相の訪米に関しては、米から見て成功するかどうかではなく、日本から見て言いたい事を言ってくれるかどうかが大切なのです。米から見て成功と見えれば日本にとっては明らかに失敗です。

「日本の戦争の歴史に向き合うか否か、どれほど真摯に直視するか」と言うなら、そっくりそのままお返ししなければなりません。言うにしても、まず未だに世界で戦争を繰り返す自分たちが真摯に反省し、範を示してから言うべきです。本当に頭に来ます。

 共感いただければクリックをお願いしま

| | コメント (24)

2015年4月21日 (火)

人種差別主義者はどちらか(?)

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

ラッスンゴレライの意味判明か。。

R A T S U N N E       G O L E R A Y

E N O L A   G A Y   R E T U R N S    のアナグラム(並べ替え)という説がありますが、今のところ一番有力ではないでしょうか。エノラゲイのパイロットが、必要なら広島にもう一度原爆を落とすと言った事実もあるらしく、説得力があります。

しかし何とも、神をも恐れぬ所行というか、米人も韓人も人の心を持たないようです。と言うより想像力の欠如かも知れません。自分の身内がそういう目に遭ったら絶対に仕返しに来る人達です。逆に想像力を持っているとすれば酷い人種差別主義者という事になるのではないでしょうか。

しかしここまで周到且つ綿密に計画されているとなると、やはりあの若手在日芸人の頭では無理でしょう。国から支援される反日専門の組織、例えばVANK のような機関が関係していると考えるのが自然です。

それらに吉本自体も加担している事は間違いないでしょう。日本にあって色々な社会的恩恵を受け、日本人からお金を稼ぐ組織とも思えません。やはり、彼の国もおもてなしの国でしょうか。この場合は「表なし」で「裏で蠢く」という意味ですが。(笑)

Tumblr_nmla96sq5d1sxcfk5o1_540 (この絵は差別とは関係ないのでしょうが、日本を矮小に描きたいとう潜在意識があるのかもしれません/笑)

こういう事を書いていると「お前は差別主義者か」と言われそうですが、確かにそういう一面は否定出来ません。先日あるブログで中国と韓国の事をあえて「支那や朝鮮」と書いたところ、それは蔑称だとお叱りを受けました。その人は、日本が支那、朝鮮という言葉を戦前戦後を通じて蔑称として使って来たのだから、それを知らない筈がない私が使えば言い逃れは出来ないだろう、と言うのです。

確かにそれは一理あります。迂闊だったかもしれません。例えその言葉を中国や韓国で普通に使っているとしても、誤解を招きかねない日本国内では使わない方が賢明でしょう。

ただ、言い訳になるかもしれませんが、私としては蔑称という意識はなく使っています。ジャップやチョッパリ、チャンコロ、あるいはチョンのような、元々いやな響きがあったり、明らかにバカにする内容を含まないからです。

私の場合支那と言えば、歴史的関連性はともかく、支那服や支那料理を連想するし、朝鮮と言えば李氏朝鮮をイメージします。中国、韓国の硬い響きよりはエレガントでスマートなのです。(笑)あの石原元東京都知事も使っていました。あの人の場合は蔑称か?

いずれにしても、朝鮮日報や朝鮮半島を日本に置き換えて。ジャップ新聞、チョッパリ列島と呼ぶ訳にいかない事は明らかです。中国人の日本人蔑称、日本鬼子(リーベンクイツー)に関しては日本人自身が「日の本おに子」とアニメでパロっているのであまり嫌な感じはありません。(笑)


380250100

(IS 人質事件での「クソコラ」でもそうでしたが、何でもパロディにして笑い飛ばすのは、日本人のユーモア感覚が国際化して来た証拠か)

(注釈)

http://www.sina.com.cn/



(中国の最大級のポータブルサイトです。ドメイン名を見てください。

またサイトの左上にもsinaと書かれて
いる。)

それはともかく、話を戻して、私が差別主義者かと言えば、前述のように全く否定する訳にはいかないかもしれません。歴史を自らに都合のいいように書き換え、子供に反日教育を施し、日常的に日本本土あるいは周辺に現れて泥棒や詐欺行為をし、政治の場では臆する事なく恫喝、ゆすりたかりを仕掛けて恥じない国が尊敬出来る訳がないのです。

誤解があってはいけませんが、個人レベルは違います。中国にも韓国にも立派な人は大勢います。私も何人か友人がいますが、日本人より優れた人、考え方が立派な人は確実にいるのです。

ただ、国単位で見ればバカにせざるを得ないし、大嫌いである事に間違いありません。それが何か問題でしょうか。きれいごとで済ませられるうちはいいですが、実害が及んでまで差別はいけない、「おもてなし」の心で、なんて言っているようでは将来が思いやられます。世界には話が通じない人が五万といるのです。

余談になりますが、昔ある人が「私は人種差別なんてしないわ。でも、娘が黒人と結婚したいと言ったら反対する」と言ったという笑い話がありますが、人間は、遠いものに対して拒否反応を示すのは自然の摂理と言うか、種を守るための本能とでも言いますか、そういうものは否定出来ないのかもしれません。この問題、最後は本人達の覚悟の問題である事は論を俟ちません。

150312_2_1

(ミスユニバース日本代表 宮本エリアナさん こういうチャーミングな人が生まれるなら、それはそれでいいような/笑 要は日本という国を尊敬し、日本人としての自覚があるかが問われる)

 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (7)

2015年4月20日 (月)

米国債保有世界一に返り咲いた日本

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

「日本は周辺国が納得するまで謝るという歴史意識を持たなければならない」

Img_0
     (この手の顔は左翼によくありがちか?)

村上春樹氏の発言が物議をかもしていますが、最近左翼的発言が目立って来ました。一説によりますと、ノーベル文学賞受賞作家は左翼的思想の人が多く、候補でありながら何度も逃がしている氏が、そのあたりを意識し始めたのではないか、というのです。

しかし今回の、慰安婦への際限ない謝罪を国に要求するのは、明らかにその範疇を超えるものです。氏は最近の世の流れを理解した上で言っているのでしょうか。いずれにしても同じ日本人として理解に苦しまざるを得ません。それとも非日本人か。

そもそも慰安婦(戦時売春婦)の過半数は日本人だったと言われています。という事は当時日本人であった朝鮮人にだけ謝罪や賠償をするのは明らかな片手落ちです。ところが日本人のメンタリティは、それを潔しとはしません。これは恥に対する感覚の問題より、一種のビジネスと捉え、納得済み清算済みの事を今更何を蒸し返しているのか理解出来ないというのが本音ではないでしょうか。

米国での莫大な費用をかけた調査でも強制性の証拠は一切発見されず、慰安婦は単に高給取りの戦時売春婦という認識が広まりつつあります。そういう中での氏の発言はいかにも違和感があります。調査、裏取りを確実にするであろう作家とも思えません。

さて、またAIIBネタですが、中国は日本にどうしても参加して欲しいらしく、締め切り後であるにも関わらず副総裁のポストを用意すると言って来ているようです。本音が出始めたという事でしょうか。日本の参加によってAIIB 債の格付けにトリプルAを獲得し、ガバナンスに対するノウハウもついでにいただきたいという魂胆でしょう。

先日も書きましたが、結局資金流出や国内経済低迷を挽回するため、借金に次ぐ借金で首が回らなくなりつつある中国は国内のインフラ投資資金をAIIB から得たいのです。それによって国内経済も活性化させようという思惑が見え隠れします。

目下過剰在庫となっている鉄鋼、建設資材のはけ口も狙っているのでしょう。どこからどう見ても自国優先です。あの厚顔無恥な国のやる事ですから他国にとってまともである筈がありません。参加国は出汁にされ日本は利用されるだけです。

この中国やり方が何かに似ていると思ったら、ソフトバンクの事業展開にそっくりです。借金で首が回らなくなると、大きな投資案件をぶち上げ銀行を騙し巨額融資を勝ち取るというパターンです。それを限りなく続けて行けばデカ過ぎて潰せなくなります。

ところで日本の米国債保有が久しぶりに中国を上回り世界一になったという報道がありました。資金流出が補充を上回る中国の実態がつまびらかになったという事でしょうか。ドルペッグしている中国が自ら大量に売る事は考え難いので、その説には信憑性があります。

預金準備率をこの二ヶ月で1%づつ2回引き下げているのも象徴的です。預金準備率が20%を越す超引き締め策から急激に緩和に転じた背景にはデフレ懸念もささやかれています。

その米国債ですが、米ドルは基軸通貨ですから刷れば刷るだけ世界中からものを買える事になります。その売買代金、つまり負債が米国債に化ければ一度流出したドルは米に還流する事になるのです。そのドルでまた国内でも世界中からでも好きなものが買えます。海外への国債の利払いに還流したドルによる成長分を当てれば無限の資金循環です。覇権国家の特権とは言え、よく出来たシステムではないでしょうか。

俺にも美味い汁を吸わせろと、そのシステムに対して反旗を翻したのがAIIB と言えなくもないのですが、ドルを使う限りその呪縛から抜ける事は出来ません。その点、何か腹案でもあるのではないでしょうか。

いずれ中国主導で新国際決済通貨(基軸になり得る)でも誕生させれば思うつぼです。それを夢見ての今回の企てですが、致命的に足りないのは信用と言う訳です。中国にとって信用=日本の参加は必須という事なのでしょう。そうはイカの何とやら。。

 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (2)

2015年4月14日 (火)

図に乗り過ぎだろう

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

例の8.6秒バスーカのラッスンゴレライで言っている意味不明のセリフの意味が次々と明らかになって来ています。この問題は意外に根が深いようです。バカに出来ません。K-POPの連中が皆やっているという事は、国家ぐるみのディスカウントジャパン運動の一環である証拠でしょう。

日本のK-POP ファンは自分たちが思い切りバカにされているという事を知るべきです。日本人を舐めた犬のお父さんが未だ可愛く見えます。韓国に観光に行っている人や、未だにいるK-POPファンの皆さん(がここに来るわけないか/笑)もうそろそろ目を覚まそうよ(笑)

8.6=8月6日広島原爆投下の日

秒=SECOND    二度目の、再来

CHOTO MATTE   エノラゲイと同じくB29の通名

チョ=ハングルでチン○

ト =また

マッテ=こすって 

(日本をからかう言葉として昔流行ったらしい。)

人差し指と中指をくっつけたピースサイン

(チョッパリ=日本侮蔑語 を表現したもの)

どす黒く陰湿で卑劣な行為以外の何ものでもないですが、これがブーメランとなって自分たちに戻りオーンゴールとなるかもしれません。本当に、この底意地の悪い悪意には鳥肌が立ちます。

水泳の富田君の場合も間違いなく冤罪でしょう、証拠らしいものは何ひとつ出ていません。まさか彼からの逆襲があるとは思っていなかったので、今は騒がずフェードアウトを狙っているように見えます。

その代わりと言っては何ですが、日本の高校生グループが罠にはめられた可能性があります。あそこまで人で溢れている状態であるにも拘らず、店の者が誰もいなくて万引きし放題というのは、あの犯罪大国としてはいかにも不自然です。盗った事は事実かもしれませんが、そういう状況を意図的に作り出したという事はあり得るのではないでしょうか。

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-date-20150414.html

Apink
https://youtu.be/ITzKhAU1VFY
BigBang
https://youtu.be/lmGpmkh6Kpo
Blast
https://youtu.be/dILhRZIGSds
東方神起
https://youtu.be/ymGJc0Oa2xU
XIA
https://youtu.be/EkFh0110wqc  

ユノ
https://www.youtube.com/watch?v=ZP1xvShSOpo

Dtkx05m

タラレバはゴルフの時だけにしたいのですが(笑)もし、あのときハルノートを受け入れ日本が起たなければアジアはどうなっていたでしょうか。満州や朝鮮半島は間違いなくソ連の手に落ち植民地化されていたのではないでしょうか。

中国は米英とソ連の奪い合いでしょうが、実力から言えば米英が上なのでどちらかの植民地(?)但し、日本が真珠湾攻撃しなければ米はWW2にも参戦していないので英のものか(?)あるいは英ソで折半。。どちらに転んでも今の隆盛はないでしょう。

日本とて安泰である筈はないのです。石油の供給を米に依存する状態では手も足も出ません。従って米あたりの半植民地になっていたとしてもおかしくはないのです。今もそうだなんて言わないで下さい(笑)確かに、310万人の犠牲もなかったかもしれませんが、戦わずして鬼畜米英の軍門に下る事は当時としては考えられなかったでしょう。そこでこの拙い仮説は崩れるという訳です。「歴史にはタラレバはなく必然のみがある」。。誰も言っていませんがそういう事にしておきましょう。(笑)

いずれにしても、結果的にしろ韓国は日清、日露戦争等も含め、多大な犠牲を払った日本のお陰で今の体裁がある訳です。それだけは誰が何と言おうが覆り様がありません。正しいとまでは言いませんが、もう少し正確に歴史を認識すれば、反日活動なんて出来る訳がないのです。だと言うのに、この罰当たり様は何なんでしょうか。どこまで愚かになれるのか全く理解不能であります

 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (7)

2015年4月13日 (月)

世界のインフラ整備に貢献しようという愚

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

政治家が経済に疎いというのは正に犯罪的で、国益に反する事を平気で言う人が後を絶ちません。例えば中国主導の国際金融機関 AIIB に関しても参加しなければ日本が不利になる、アジアからのインフラ受注が出来なくなる、などとデタラメを言います。特に左翼系政治家やメディアへの露出の多いエコノミストに多いのですが、全く根拠がありません。

そういえばニューヨークタイムズの記事で面白いのがありました。以下抜粋

今回の動きはむしろ中国にとって後退である。なぜならそれは、新興国における二国間関係の推進が失敗したことを中国自身が認めたことを意味するからだ。・・中国のAIIB創設への動きは、彼らが直面している経済面での難問への合理的な対処なのだ。

 ・・つまりこのような懸念で見落とされがちなのは、いかなる政府も多極的な制度をコントロールしてパワーを握れるかどうかは怪しいという点だ。

 ・・アメリカが20世紀の超大国になれたのは二国間経済支援であり、多極的な制度で獲得した権力ではない。世銀は1944年に創設されたが、それはすぐにマーシャル・プランやその他のアメリカの二国間支援計画によってその存在が薄れてしまった。「新たなAIIBの参加国が増えるたびに各国の決定権のシェアは落ちていく」

 ・・中国は自分の力をあえて引き渡しているのであり、それには自らの創設した組織そのものも含まれている。そして中国がこうしているのは、他国の参加による援護とレジティマシーを必要としているからだ。

 ・・したがって、AIIB の創設は中国の世界支配への試みではない。これは自らの足かせをつけているのであり、それは十年以上続けてきた二国間関係を使った動きからの撤退なのだ。

引用終わり

http://www.nytimes.com/2015/04/06/opinion/china-steps-back.html?_r=0

こういう見方は誰もしていませんでしたが言われると、なるほど!と思います。(笑)本質はそうかもしれません。しかし問題はもっと単純で、借金と資金流出に困り果てた中国が、怪しげな事も含めて融資や指南を受けている英系の銀行とつんで画策した、という解釈の方が分かりやすいし的を射てるのではないでしょうか。

それにしても日本の政治家が、日本がアジアからインフラ受注が出来なくなるなどと言うのは情けない限りです。意味が全く分かりません。ADB 絡みだって大した受注はない訳ですから、日本に露骨に敵対している中国主導で上手くいく訳はないでしょう。頭おかしいのかなあ。。(笑)

いずれにしても私としては、政策で内需拡大策を掲げながらインフラの輸出を促進すると言う矛盾自体がいかがなものかと思っています。何と言ってもインフラ輸出は外需ですから。。中長期的に見て、生産年齢人口が減少する中、外需依存は決して日本の為にはなりません。限られた資源は国内に向けられるべきです。機会費用も発生します。そんな事が分からないなんて信じられない(笑)

そもそも、資本収支で莫大な黒字を出している先進国、経済大国が貿易でまで黒字を出そうというのは品がない振る舞いです。それはあまりにも世界を見ていません。日本さえ良ければいいという考え方でどれだけ国益を損なったのか、知らないなどと言ってはいけないのです。

貿易収支の大幅黒字は貿易摩擦の原因になりましたし、そこからの円高は賃金の下落と産業の国内空洞化を招きました。いつまで堂々巡りをするつもりかと言いたいです。技術も金もない中国や韓国のような発展途上国なら分かります。貿易黒字で得た外貨で海外に対する技術料の支払や所得収支の赤字、つまり借金の利払い等をする訳です。それでバランスが取れます。

ところが日本の様に対外純資産をたんまり持つ国、つまり所得収支だけで黒字が20兆円にもなる金貸し大国が、貿易まで黒字を出したらなら途上国の生存空間はなくなるのです。従って日本のような経済大国の場合は貿易は赤字、資本収支は黒字でバランスすべきなのです。それで世界が丸く収まります。

ところがドイツの様にがめつく行くと必ず摩擦が起きるのです。ギリシャから忘れた頃に戦争犯罪に対する賠償を求められたりする訳ですね(笑)日本は海外に対しては戦争犯罪を犯していませんから賠償責任はありません。あったとしても全て終了しています。念のため。

尤も、輸出だけ減らして輸入はいくらでもオーケーという訳ではありません。わざわざ貿易赤字を増やす意味はないのです。従って海外にしか工場を持たないような逆輸入専門メーカーには制限をもうけるべきです。その場合、その産業が国内に回帰出来るような環境を整備しなければ強権発動、パワハラに過ぎない事は言うまでもありません。

さらに、輸出を減らした分を国内の弱い産業に振り替えて行くのは政治の仕事です。そのためにも自由貿易なんてとんでもありません。最近あまり聞かれなくなったTPP なんて自殺行為以外の何ものでもないのです。。

Kurushima

インフラの話に戻りますが、日本は新幹線始めとする公共交通機関や土木建築分野、あるいは原発などに高い技術を持ちます。それは途上国にとっては喉から手が出るくらい欲しいものかもしれません。しかしながら外国は所詮外国です。いつ反日国になり敵対するようになるか分かったものではないのです。

未来永劫親日ならいいですよ。ところがそんな保障はありません。現に一生懸命反日になるように国を挙げ世界中で運動している国があります。(笑)という事は、そういう不確かな相手を発展させていいのかという事になります。

インフラを整備すれば当然の事ながら経済発展します。それは日本との経済格差が縮む事を意味するのです。世界中で差が縮むという事は結構恐ろしい事ではないでしょうか。経済力の差は安全保障の上で大きなプラス要因になります。その分防衛力に割く資源も節約出来るのです。セコいなどと言ってはいけません。(笑)

何にしろ、外需分を国内に振り替えれば内需拡大に貢献し彼我の差は増々開くのですから、そこは国家的戦略として考えなければいけないのです。中国が経済発展してどれだけ日本の脅威になったかを考えれば明らかでしょう。

 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (0)

2015年4月 8日 (水)

今日で1900回

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

今日でブログ記事が1900回目を迎えました。息切れしながらもよく続いたものです。最低でも後100回は書いて2000回にはしなければなりません。その後の事はその時に決めます。というつもりでおりますので後100回、宜しくお願いします。

Photo

(最近急に出て来たお笑い芸人の8.6秒バズーカ ラッスンゴレライなどと意味不明のことを言っているのでおかしな連中だと思っていたら、案の定、在日系反日芸人だったようです。大体こういう場合は裏の意味があります。

彼らのポーズ(上)は原爆の像を真似たもので、彼ら独特の弱者や被害者へのからかい、差別、いやがらせらしいです。8.6はもちろん広島への原爆投下の日を表し、ラッスンゴレライは諸説ありますが、Listen Gorilla 「聞け倭猿」の韓国風発音というのが正解かもしれません。

しかしながら彼らが主体でこういう事をやっているかというと、やや疑問です。バレた時のリスクが大きすぎるからです。恐らくですが、本国が関係しているのではないでしょうか。本国にはVANKという政府から支援を受けている反日活動専門の組織があり世界中に慰安婦像を設置したりしています。

日本で流行る前からビッグバンあたりが韓国でこれと同じパフォーマンスをしていたと言いますから、国家ぐるみのディスカウントジャパン運動の一環である可能性が濃厚です。日本人は、こういう事実を知らなければなりません。)

Photo_2

(8月6日に何か日本を侮蔑するような事をしたいねと相談する吉本在日若手芸人たち、「日本オワタ。中国と韓国とロシアに一気に攻め込まれる(笑)プギャア」という浜根亮太のツイッター発言もある)

さて気分を直して、為替がよく分からないという声がありましたので私の復習も兼ね、今日はおさらいをしたいと思います。

完全なる変動相場制の場合、基本的には中央銀行が為替市場に介入しないため、国際収支はゼロとなり外貨準備は変動しません。つまり貿易収支が黒字や赤字になると支払う円の量、受け取る外貨の量が増減し自動的に円高、円安になるという訳です。その事をもってよく円の価値が上がるとか下がると言いますが、国内で見た場合1円は1円です。その価値は上がりも下がりもしません。

全ての貿易をドル建てと仮定して、円安になると輸出する商品に割安感が出て量が売れるようになります。その結果ドルが沢山入って来ますから円高になっていくという訳です。

つまりその国の実力でバランスするのが為替と考えてもいいのではないでしょうか。従って国が金融政策で円を増やしたり減らしたりしていない限り、通貨の価値が下がるとか上がるとかという議論は意味がありません。その国のその時の実力だから仕方がないのです。(笑)

では、今の日本の様に意識的に通貨の量を増やしている場合はどうでしょうか。円の価値が下がる、国益に反すると騒ぐ人がいます。しかしそれは妙な話ではないでしょうか。

一般論として円の量(マネタリーベース)が増えるという事は必然マネーストックが増え、マーシャルのK(マネーストック÷GDP)が一定と仮定すると、それから導き出されるGDPは必ず増える事になります。

実際日本のマーシャルのKは微増しているとは言え一定の割合で推移していますから国民の所得は増税とか、何か特殊な事情でもない限り増えないという事は考え難いのです。

という事は通貨量を増やして通貨の価値を下げる場合はインフレかどうかはともかくとして、経済成長している事になります。つまり、三面等価の原則から言っても所得に対する為替の率は一定で変わらない筈です。言い換えるとドル建てでの所得は不変という事になります。従ってこの場合も為替の上げ下げで一喜一憂する意味はありません。

ただ日本の場合は輸出で円建てを採用しているケースが少なくなく、その場合は入って来る外貨が十分とは言い難い事になります。海外への生産拠点進出を積極的に進め円高になり難い構造に変化させて来た結果です。

ただ、今のように何十%もの円安が続く場合、長い目で見れば生産の国内回帰と決済のドル建てへの変更などでバランスが取れて来るでしょう。結論として変動相場制は公平なシステムと言えます。

ところで中国の場合はどうでしょうか。当然ですが完全なる変動相場制とは言い難いです。ドルペッグをしている以上、固定相場制と言われても仕方がありません。その場合、輸出と輸入をプラスマイナスして輸出が多ければ、その分の外貨を自国通貨を増やして政府が買う事になります。この外貨が所得収支と経常移転収支を除く対外資産で外貨準備と呼ばれるものです。

ただ、中国の場合は借金であろうが利子収入であろうが、入って来る外貨の全てが外貨準備の対象になっているとも考えられます。共産国のシステムはよく分かりませんが、対外資産6百数十兆円の内、海外への直接投資、証券投資の額が200兆円(日本は600兆円近い)程度あるところを見ると、一応政府分と民間分を分けているのでしょうか。そのあたりの線引きがよく分かりません。どなたか詳しい方ご教示いただければ幸いです。

ともあれ、中国のように完全ドルペッグ(固定相場制)をすると、当然自国通貨の割安感から競争力が高まります。貿易黒字は膨らんで当たり前なのです。それを長年続けて今の460兆円もの外貨準備高になりました。

ところがもしドルペッグをしていなければ前述のように外貨準備が溜まる事はありません。つまりドルペッグで外貨をいくら貯めようが自慢出来るものではないのです。いずれドルペッグをやめる時が来るとすれば、その損失は莫大なものになるでしょう。

さらに、そこには恐ろしい落とし穴があります。外貨がいくらでも入って来るので外貨を獲得するための努力をしなくなるのです。言い換えると付加価値の低いものの生産に甘んじてしまいます。技術は安直に海外頼みです。

日本の様に円高になる度に給料を下げ、必死になって付加価値を上げて貿易収支を黒字にして来た国とは基本的に違うのです。どちらも考え方は間違っていますが、どちらに希望があるかは小学生でも分かる理屈でしょう。。

 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (5)

2015年4月 6日 (月)

面白くなるクルマの技術競争

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

ホンダから待望の軽スポーツカーS660が発売になりました。そこで今日は久々クルマの話題です。モーターショーで話題になったS660はコンセプトカーにかなり近い形で量産にこぎ着けることが出来たように見えます。

Tms_2013_honda_001

    (コンセプトカーはなかなかセクシーでした)

というのも実はショーで見たコンセプトカーの場合は全幅をチョンボしていた可能性が高いのです。(笑)軽の枠である全幅1480に、あのセクシーなスタイルの腰回りが収まるとは思えません。片側で20〜30ミリ前後は膨らませていたのではないでしょうか。

未だ実車を見ていないので何とも言えませんが、写真で見る限り軽の枠内でありながら、コペンなどよりはよっぽど上手く処理出来ているように思います。もちろん昔のビートよりも未来的だし先進的なイメージに変貌しました。

S660_2

 (量産は細部が色々違いますが、よく再現出来ています)

何よりスポーティなのがいいです。やっとホンダらしいクルマが出たのではないでしょうか。大昔のピュアスポーツS600 を彷彿とさせます。今度試乗に行きますので、またレポートしたいと思います。

ジェイドは・・・ちょっとコメントを控えたい。(笑)あのサイズ、あの価格帯です。もう少し、高級でお洒落な雰囲気に出来なかったか、何十年も前に、あのお洒落なアコードエアロデッキを作ったホンダでありながら納得がいきません。これも実車は見ていないのでやめておきます。

Aerodeck_03

(正に時代を先取りし過ぎて次が続かなかったアコードエアロデッキ)

続いてホンダの明日を占う、三種類のハイブリッドシステムの1モーター版、フィットハイブリッドですが、「なんちゃって」からの脱皮はかなり難産だったようです。トラブル続きで5度のリコールは尋常ではありません。少しホンダの焦りがあったのでしょうか。

ただ、それも新しい技術への挑戦という前向きな姿勢があったからこそと言えます。7速DCT 型自動変速機の構造が複雑になり過ぎてバグ潰しが十分ではありませんでした。時間が解決するとは言えホンダのイメージ少なからず傷ついた事は否めません。

しかしながら、今回ホンダが挑戦している三種類のハイブリッドシステムはホンダ、いや日本メーカーの優位性を決定づけるものになるかもしれないのです。アコードの2モーターシステムはトヨタには出来ない割り切りと思い切りの良さがあります。特に高回転型に特化したアトキンソンサイクルエンジンは常識破りです。耐久性に問題がないなら画期的でしょう。ホンダならではの技術です。

Performance_pic01

 (高効率なアコードのアトキンソンサイクルエンジン)

さらにレジェンドとNSX に搭載される3モーター4WDハイブリッドシステムには、環境省エネのエクスキューズを必要としない未来型パワートレインのポテンシャルを感じます。つまり進化の過程では、多少の不具合はつきものなのです。

もちろんそのリスクをユーザーに負わせる訳にはいきません。特に1000万円を悠に超えると言われているニューNSXには完全な姿での上市を期待します。明らかに後退したレジェンドのコンセプト、スタイリングにはがっかりしただけに。。。

818271

 (超弩級スーパースポーツカーNSX レースで実績も積んだ)

ところで、テレ朝のおバカな玉川君が、ハイブリッドカーは年1万キロ走行の場合で5年乗らないと元が取れないなんて相変わらずバカなことを言っていましたが、原価償却が忘却の彼方に行ってしまっています。(笑)

当然ですが、ハイブリッドカーの方がリセールバリューは高いのです。5年乗っても1/3程度は価値が残ります。一方のガソリン車は人気によって変わりますが平均してそこまではいきません。

つまり残存価値の差分だけハイブリッドの方が経済性に優れている事になります。資源の浪費が少ない点、地球を汚さない点の価値を付加すればどちらにより大きな優位性があるかは明らかでしょう。いい加減な日本下げ的番組を作るんじゃないよ(笑)

それと肝心な事ですが、ガソリン価格は今後当分は上がりません。埋蔵量がたっぷりあるからですが、それに加えてシェールオイルとオイルサンドの埋蔵量がほぼ無尽蔵である事が分かっています。

それらの採掘コストも技術革新でどんどん下がって来ている状況があり、将来的に見ても中東を中心とした従来の石油に優位性は望めません。それを知った国際金融資本が相場から手を引きましたから、よっぽどの紛争や天災でもない限りガソリン価格は上がらないと見ていいのではないでしょうか。

その場合、インフラも含めコストのバカ高い燃料電池車はアウトです。日本が再生エネルギー大国にでもなれば話は別ですが、ここまで化石燃料が安くなると、それも遠退きます。

同じ理由で電気自動車も二次電池の性能が劇的に上がらない限り厳しい立場になるでしょう。従って現時点で最も優位なポジションにいるのはストロングハイブリッド車という事になります。毎日の充電が煩わしいプラグインも消える運命かもしれません。一部は残るでしょうが、一戸建てでないと持つ意味がない点がEV同様ネックとなります。

ここ20〜30年の間に限定して、クルマとしての総合評価で序列をつけますと、一回の給油で1000キロ前後走るストロングハイブリッド車がトップランナーで、マイルドハイブリッド車と続きます。途上国向けにはダウンサイジングガソリン車、通常のガソリン車、ディーゼル車の順になるのではないでしょうか。

つまりストロングハイブリッドで先頭を走る日本車の優位は揺るがないという事です。マイルドで言えば、軽自動車も含め低価格の日本小型車を筆頭に欧州勢が追随する形でしょうか。

ダウンサイジング(+ターボ)とディーゼルでは欧州に一日の長があります。ただ、ディーゼルはSUV等の特殊な用途を除いて乗用車としては消えいく運命にあるでしょう。増々厳しくなる燃費規制、排ガス規制に対応出来なくなる可能性大です。

エンジンが重すぎるので元々乗用車には向かないし・・なぜ欧州が希望のないディーゼルにこだわったのかが謎です。結局バカにしていたコスト高の日本型ハイブリッドの軍門にあっさりと下ってしまいました。

その本命と言える日本型ストロングハイブリッドのカテゴリーでは今後、ホンダとトヨタの覇権争いが熾烈を極めて来るのではないでしょうか。いずれにしても今後が楽しみです。(笑)

 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (1)

2015年4月 3日 (金)

50年早い中国主導のAIIB(2)

Photo     

--- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ---

ブログランキングに参加しています。

前回の記事は表現の稚拙さもあり、ちょっと難しかったようで身内の反応が悪いです。(笑)そういう訳で今日は補足説明をします。

基本的に変動相場制で、それが100%機能したなら外貨準備は必要ない事になります。万が一の自国通貨暴落に備えて外貨売りのための外貨を少し持っていればいいレベルです。

エネルギー等の天然資源を海外に依存している状況で海外から物が買えなくなると困りますから、いくら円がハードカレンシーだからと言って外貨を全く持たないという訳にはいきません。

その適量がどれくらいかは分かりませんが、日本円にして数十兆円というところでしょうか。今日本は150兆円もの外貨(大半が米国債)を外貨準備として持っていますが、さすがにこれは多いと言えます。大して意味のないドル買い為替介入した結果です。巷間言われるように米国様のご機嫌伺いでしょうか。

中国はと言えば3兆8千億ドルもの外貨準備を持っています。今回のインフラ投資銀行の件も、有り余る外貨を利用するのだという触れ込みでした。ところが・・・実態はそうでなかった事は前回の記事の通りです。

資金流出と借金で四苦八苦しているのです。色々調べると実は対GDP比で282%もの対外負債があるという説もあります。そんな国が金庫番をやると言っているのですから、何をか言わんやです。

しかもこの外貨準備の3兆8千億ドル(460兆円)はドルペッグでドルの流入量と同額の元を刷って市場から買ったものです。という事は本来変動相場制に任せていたなら、殆どゼロという代物なのです。

その場合元の価値は倍以上にはなっているでしょうから今のような貿易黒字は望めません。ドルの流入も下手をすれば半分以下となり外貨資産が今のように600兆円もある事は考え難い事になります。

つまり、元の価値が上がる事を想定し、日本の様に経済成長と共に供給側の付加価値を上げる努力をしなければいけなかったのですが、安易に海外から技術を買ってその場しのぎをして来たツケが回って来ました。一党独裁国家の限界かもしれません。党中央の顔色ばかり見て、良い数字を出す事に血道を上げるあまり、地道な積み上げ作業を怠ったのです。

しかもまずい事に誰も自国を信用していません。アングラでも何でも、折角流入した資金を建設的な投資に廻さず、海外の不動産投資等で浪費しました。資本収支が赤字になる訳です。毎年4000億ドルの資金流出と言いますから半端ではありません。

借金大国なのに借金より多くの資金が海外逃避しているのです。それを隠すために借金を重ね、アングラマネーにまで手を出し、実態が全くつかめないところにまで来ています。

何でもいいから世界中から金を集めたい、というのが本音で、その企みの一つがAIIBでしょうか。従ってお題目なんて何でもいいんです。嘘はでかい程ばれ難いという訳で、アジアのインフラ整備10年で8兆ドルなんて大風呂敷を広げました。

Data

これを見たスケベ達がこぞって参加表明します。米の反対を押し切って英国までが参加表明というのは妙だと思ったのですが、実は大黒柱と言えるメガバンク、HSBCとスタンダードチャータードが絡んでいるという噂です。


この二大金融機関はアヘン戦争直後に香港に設立され、東インド会社のDNAを持つ企業です。マネーロンダリングに関わったこともあります。ドルキャリー、不正融資、マネロン、中国の外と内を結ぶ玄関に当たるのがこれらの銀行でしょう。

これらの銀行が数百兆円規模の不良債権を抱えていたら英国の沈没は免れません。それを防ぐにはAIIBが願ってもない逃げ道になるのではないでしょうか。

そこでAIIBを成功させるには純資産が世界一の日本が鍵になるという訳です。日本が参加すればAIIB債はトリプルAをもらえるでしょう。それで安倍さんに秋波を送るものの、日本からは冷たい返事しか帰って来ない(笑)



本当は歴史問題なんて党中央にはどうでもいいのですが、反日を煽って来た国民の手前そうは言えないので優しい表現で誘っているという事でしょうか。しかし、これだけ借金が多いと一気に潰す訳にもいかないので、何らかの形で日本が協力せざるを得ないかもしれません。放置して被る被害と、協力して被る被害を天秤にかけて判断するしかありません。

難題が降り掛かって来ますが、民主党政権でなく安倍政権の時でよかったと言えます。中国に事大するDNAを持つミンスなら一も二もなく参加を表明していたでしょう。(笑)

 共感いただければクリックをお願いします。


| | コメント (5)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »