« 70年談話を牽制する、日本が怖い国の愚かなジャーナリスト | トップページ | 絶対に得はしない貿易 »

2015年5月 2日 (土)

対米隷属確定か

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

内外から注目されていた安倍総理の米議会での演説が終わり、日米マスコミはこぞって大成功だったと持ち上げています。。。そうでしょうか。私にはそうは思えないのです。そもそも日米マスコミが揃って成功だなんていうのは胡散臭過ぎます。

つまり米にとっては耳に心地よい、あるいは都合のいい演説だったのではないでしょうか。日本にとっては米で演説したこと自体が大したものであるかの如く取り上げられ、内容は殆ど問われていません。言う必要が全くあるとは思えない歴史認識問題でちらっと嫌みを言う程度です。

そもそも戦後70年も経って、なぜ歴史認識が重要なのか理解出来ません。これからの日米関係をどうするかという時に、過去の忌まわしい記憶を呼び覚ます必要があるとは思えないのです。そんな時期はとっくに過ぎた筈です。この点、米も日本も周辺国も後ろ向き過ぎて、将来の関係を真剣に考えているとは思えません。根底にあるのは日本の独り立ちを妨害したい邪な思いでしょう。

私が邪推するに、今回の演説は世界に対して日本が未だに米の隷属化にある事を再確認しアピールしたい米と、日本は米の核の傘、庇護下にある事を国内外に示したい安倍政権の思惑が一致して生まれた産物に過ぎないのです。中国やロシアに対する牽制という側面もあるかもしれませんが、力が衰えつつある米が大国日本の属国化を既定の事実にしたいのでしょう。

しかし、はっきり言って情けない限りです。バンドンでのスピーチは百歩譲れるとしても米での演説はいただけません。独立国としての体をなしていないからです。米の傀儡が朝貢外交で擦り寄って来たようにさえ見えます。

思い起こせば、日本は明治維新後、欧米列強の陰に怯えて苦難の道を歩み始めます。隙を見せればつけ込まれて植民地化されても何ら不思議ではない状況でした。それが日清戦争に勝ち欧米の見方は変わって来ます。利用価値が認識されたのです。米英の思惑が絡んだ、まさかの日露戦争に勝った時には欧米の見方は劇的に変わります。黄禍論が巻き起こったのです。

これは何もドイツだけの事でなく米英も日本を危険分子と見なすようになります。米ではオレンジ計画が立案され日本との戦争不可避の道を突き進んで行く事になるのです。マスコミの洗脳が解けない多くの日本人は自らが仕掛けた戦争と思い込んでいますが、大東亜戦争は明らかに仕組まれた戦争でした。

その時の選択肢としては諸説ありますが、戦争を避ける事は自ら欧米列強の軍門に下る事を意味し、当時のメンタリティではあり得ない事だったのでしょう。それは有色人種全体の問題でもあり、歴史的必然性を感じざるを得ません。いずれにしても日本は日本の独立性と主権、アジア解放の為に勝敗を度外視して立ち上がったのです。

Img_94b835e2106e8f243aeb7c135e6d5ec

その誇り高く高邁な理念を持った国はどこに行ってしまったのでしょうか。今回の安倍さんの属国宣言のようなスピーチを聴いて失望した日本人は多かったと信じたいです。

米の日本に対する干渉は戦後も一時期を除き、経済的に復興し米を脅かす程になると様々な形で行われました。代表的なのが貿易摩擦や日米構造協議、年次改革要望書です。つまり未だに米による日本敵視政策は終わっていないのです。だと言うのに、その不倶戴天の敵とも言える米に擦り寄らなければならない日本という国が不憫でなりません。

勘違いされては困りますが、私は右翼ではありません。(笑)戦争は場合によっては避けられないと言っているだけで、特に70年も前ならなおさらでした。廻りが全て軍国主義で好戦的だったのですからどうしようもありません。さらに言えば、日本軍の人命軽視、兵站無視は最悪で、戦争犯罪は国民に対しては確実にあったというのが私の持論です。

ほぼ無理強いであった特攻隊や軍隊内での暴力など、あまりにもバカげているし、悲し過ぎます。決してこうした事実を風化させてはいけません。兵士を粗末にする軍隊が強い筈などあり得ないのです。今の自衛隊にそのような不名誉な伝統が生きていないと信じたいです。

話は戻りますが、人の意識が変わり、情報化が進んだ今なら戦争は避けられます。もちろん日本に他国を侵略する領土的野心などある筈もなく、またそのメリットもない事は論を俟ちません。問題は周辺国です。国是の如く反日活動を展開し、隙あらば日本の領土を狙う時代錯誤の国が幾つかあるというだけで枕を高くしては眠れません。その為の対策をすべきは言うまでもなく、強力な軍備を持たなければならないのは、これも歴史の必然です。

ただ現状を見て日本一国で十分かと言えば、それは心もたないと言うしかありません。十分な戦力を持つまでの間は米と組まざるを得ない事も確かなのです。安倍さんが、これらをふまえた上で、涙を飲んであの演説をしたと信じたいのですが、TPP の既成事実化はどうしても受け入れる事が出来ません。日本の将来は多難です。

困ったなあ。(笑)

蛇足になりますが、このブログの読者の方で、日本が国策的に世界に対して戦争犯罪を犯したと信じている方がいます。私自身も昔はある程度事実かもしれないと思っていましたから偉そうな事は言えないのですが、今に至って色々な事実が発見、あるいは研究されて、これまで日本が一方的に言われてきた事が、大きく違っているのではないかと思えるようになりました。

慰安婦問題がその典型ですが、当時朝鮮半島はヤンバンが支配する、言うならば奴隷制度の国でした。つまり圧倒的多数である一般の民に人権など最初からなかったのです。そういう時代背景を考えた時に、併合して日本の一部とした国に対し、つまり奴隷を解放して日本人と同じ権利を与えた日本という国が、再びその権利を奪い民の一部を性奴隷化する??そんな矛盾した話はないのです。

売春ビジネスは元々朝鮮半島に存在し、軍に対しても商売の手を広げる女衒がいたとして不思議はないのです。それを高給で処遇したのですから軍が上得意であった事は言うまでもありません。しかももちろん合法です。略奪や強姦を繰り返した他国の軍と比べでも、問題にするような話でない事は確かです。

これらの問題は当ブログで何度も書いていますが、南京大虐殺も中国の出す資料が胡散臭過ぎて嘘がバレています。これも時間の問題で雲散霧消する問題でしょう。細菌兵器を研究したとされる731部隊に関しては、存在そのものは確認されていますが、当時の日本の技術では兵器化するところまでは至らなかったという説に信憑性があります。

何より、もし言われるように細菌兵器をバラまいたり、生きた人間相手に人体実験をしたなら慰安婦問題どころではなくなります。あの中国が追求しない筈がありません。米も、戦後真っ先に満州に入ったロシアも中国も、誰も大きな問題にしていないという事は、なかったと考えて差し支えないのではないでしょうか。

全ては日本を陥れたい勢力や国によるプロパガンダでしょう。ご存知のように日本の左翼マスコミはそれに加担します。誤解されては困りますが、私は旧日本軍が対外的に完全無欠の規律正しい軍隊だったと言っている訳ではありません。

軍の一部による行き過ぎた行為や個人レベルの犯罪があった事は事実でしょう。しかしながらナチスのように国策としての人権侵害や大虐殺をしたという事実はありません。そこは間違えないで欲しいです。

 共感いただければクリックをお願いします。

|

« 70年談話を牽制する、日本が怖い国の愚かなジャーナリスト | トップページ | 絶対に得はしない貿易 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

おお、我が意を得たり

 先日のコメントに、今回の安倍さんの訪米に「一抹の不安」と書きましたが、将にこれです。米国は世界中で自分勝手な戦争を遣っています。それに対してはっきり文句を言える大国はありません、将にジャイアンです。今回の安倍さんの演説で日本が米国に軍事的な協力関係を進めて行くような内容になっているように見えますが、無条件に米国についていくようでは困ります。少なくとも参戦するには兵士達が、これは自分と自分たちの祖国に有意義な戦いであると言う納得の出来る戦争以外には参加させる訳には行きません。また参加する以上、必要な兵器は全て持たせることは言うまでもありません。政治家が机上で小銃は好いが機関銃は駄目などの妄言は持っての外です。
 私は今71歳ですが、もし日本が戦争になるようなことがあれば、物資輸送の輜重兵でも参加したいと考えています。でもそれには、米軍の走狗では嫌です。
 
 戦後70年、我が国も敗戦国を貶めるプロパガンダを論理的に剥いでいく時でしょう。南京虐殺など無い、慰安婦は戦地追軍高給売春婦、日本兵の残虐行為は他国に比較すれば軽微、近隣諸国の占領ではなくシナ大陸では自由な商業活動、東南アジアでは宗主国を追っ払って独立軍の訓練、朝鮮の植民地化ではなく併合、大江、森村等のサヨク捏造作品の否定等、遣り残しては死ねません。

投稿: ナベ | 2015年5月 2日 (土) 19時22分

ナベさん。いつも有り難うございます。おっしゃる通りでしょうね。日本の汚名をはらすまでは死ぬに死ねません。微力ながら自分に出来る事はしたいと思っています。

投稿: 田中 徹 | 2015年5月 3日 (日) 00時23分

ナベさん
田中徹さんによるコメントへ

100%賛同致します。

投稿: AZ生 | 2015年5月 3日 (日) 07時38分

対米隷属確定か

安倍首相の演説、北米・しかもこの場所、中韓が北米でも反日発言・日系児童へのいじめ、慰安婦像設置等の反日行動・・・
等の背景環境の中で、日米のAIIB不参加で足並み揃えたこのタイミングでは最善の演説だったのです(あくまでも私見)

欲を言えば、Dマッカーサーを怒鳴りつけた唯一の男”吉田茂さんを補佐した白州次郎”の様な歯切れの好い堂々とした演説が欲しかったのですが、本国と在米の中韓系の人達・中共から金を貰っている(◎可能性あり)議員、ニューヨークタイムズ等の乗っ取られたマスゴミへの対応・効果を考慮すれば合格…と致しましょう。

投稿: Carly | 2015年5月 3日 (日) 13時19分

対米隷属確定か

安倍さんの演説、TPPを歓迎している様な発言…これだけは許せません。米国自動車業界内でもTPPを疑問視されているのに…米国という国家体制維持にとっても不利益だと思います。国よりも企業が偉いなんておかしい・・・

太平洋戦争末期での激戦地、硫黄島作戦での双方の英雄的な軍人(守備隊司令官、栗林中将の子孫・新藤義孝国会議員と上陸部隊のスノーデン海兵隊中将)とが隣同士に着席する姿は良かったけれど。。。

投稿: Carly | 2015年5月 3日 (日) 17時58分

Carlyさんご心配なく

 私も恐らく田中社長も、今回の安倍さんを全否定してるわけではないと思います。このまま行くと米国の強引で理不尽な外交戦略に引き摺られ、我が国にとって不利な状況で、NOと言える付き合いが出来るのだろうかと訝っているわけです。
 米国は我が国の政治家たちの裏情報を知っています。過去においても田中角栄さんは日本のエネルギーの自主的な運営を遣ろうとして、石油メジャーに刺されたと言われていますし、中川一郎さんはソ連に近付き過ぎた、息子の昭一さんは世界金融から睨まれたために消されたと噂されています。そんな中、世界で上手く泳いでいくのは並大抵の事ではないことは解っています。安倍さんはあのどうしょうも無い民主党の面々よりも遥かにましな政治家には違いないのですが、どうか上手くやって欲しいと願わずには居られないのです。

 戦前の政治を今あれこれ言うのは競馬レースが終わっ後の解説と同じで無意味なのですが、戦前の日米関係は酷いものでした。日露戦争後の米国はオレンジ作戦でいずれ日本を叩き潰すことを前提に、いろいろ嫌がらせをしてきます。最初は日系移民の排除、次に貿易で無茶な関税(500-800%)を掛け、事実上の日本からの輸入禁止、最後に日本へのガソリンや屑鉄の輸出禁止、それもオランダや英国にも強要したのです。所謂ABCD包囲網です。日本はそれにいじらしいほど耐えようとしてシナ大陸への商業活動、満州の開発など活路を見出そうとしますが、如何せん石油の禁輸には耐え切れません。それで戦争になるのですが、当時の日本を責める気にはどうしてもなりません。東南アジアの国々を独立させて、自由な商業活動地域(大東亜共栄圏)を作りたいと願うのは当たり前です。
 
 当時の日本と日本国民の頑張りを思うと涙が出ます。

投稿: ナベ | 2015年5月 4日 (月) 19時20分

勇気を修養するものは、進む方の勇ばかりではなく、退いて守る方の沈勇もまたこれを養うよう心掛けねばならぬ。
両者がそろって真の勇気が成る。

…人種差別反対の提案をし、米(英)の反対で不成立であった、大日本帝国 国際連盟常任理事国 議長新渡戸稲造の言葉ですね、この言葉で2~3日心を静めます。あ、私も右翼ではありません。

投稿: Carly | 2015年5月 5日 (火) 13時18分

2~3年前からブログを読ませていただいていましたが、初めてコメントを書きます。

私も今回の安倍首相のスピーチはまさに「対米隷属確定か」という気持ちで、いえ、「対米隷属再誓約」という思いで失望しました。
まあ、予想通りというか、わかっててはいても、何と惨めな国の姿であろうかといたたまれない気持ちになりました。

名ばかりの主権国家にもかかわらず、自主自立する気概もなく、金儲けしか出来ない日本、それもちょっと儲けたつもりになった途端にアメリカ様にカツアゲされの繰り返し。
おまけにアメリカ様の借金まで毎度毎度否応なく引き受けさせられている始末。

所詮、本当の主権など無い我が国に、TPPなど阻止できる選択肢など無いでしょうし、自衛隊はアメリカの傭兵として使い捨てされるのでしょう。
近い将来、中国が侵略して来るのでしょうが、アメリカは日本を守る事などする訳ないでしょう。
米国債を大量に保有し、核を大量保有している中国を相手に喧嘩する事など現実的には考えられません。
アメリカと中国で仲良く日本を分け合うのが関の山でしょう。

なのに、ほとんどの日本国民は、自国の将来にあまり関心が無いようで、関心がある方でもいまだに右だ左だと二極工作の罠にハマって愚かな論争に明け暮れ、本当に大切な核心からは目を逸らされている。

安倍首相がアメリカを手玉に取って、油断させておいて本当の意味で主権を取り戻す(日本を取り戻す)ほどの強い意志と戦略をお持ちの国士ならよいのですが、現時点では、なかなかそうは見えません。

毎回、願いを込めて選挙で票を投じていますが、夜明けはまだまだ遠いようですね・・・。

投稿: Aoniyoshi. | 2015年5月 5日 (火) 17時17分

ウチのお隣は軍人一家です。息子さんは1年ぐらい前にアフガン(かな?)から帰還した兵士です。家の前には1年中星条旗が出ています。日本は国旗を出している家はあまりありませんが・・・親子そろって俳優のテリー・サバラスの様な風貌(殆ど一緒)でヘアー(禿げ又は電気髭剃り?)スタイルはたこ入道ですが、ご近所に対しては一家そろってフレンドリーです。5軒ぐらい隣は警察官で、当たり前ですが玄関前はパトカーが留まっています。

どこかのネット情報で見たのですが、イラク/アフガンでの米国兵の戦死者は5000名(記憶概算)で帰国兵の自さつとか病院行の人数がそれを上回って増えているらしき。良くも悪くもこれが世界の現実。日本は海外派兵は邦人救済意外は絶対反対したいです。

日本は連合国占領軍であるGHQとか(反日)日教組とか犬HKとかアサヒ<飲むほうではなくて、読む方の>が70年かけてお花畑人種を育ててサヨクが偉いと思っている羊さんを大量に作って来ました。ですが自分の国は自分で防衛するのがフツーなのです。尖閣竹島どーするの?これも現実、難しいですね。

でもなお、TPPとか移民受け入れ、消費税UP,AIIB参入は反対致します。

投稿: Carly | 2015年5月 7日 (木) 11時30分

対米隷属確定か

田中徹さんの主張は国際連盟時代の、独立強国日本のあるべき姿そのものであり品格のあるものです。しかるに、ナベさん、Aoniyoshi.さんの視点も現実対応的分析も素晴らしく、納得出来るコメントであり私も賛同いたします。頑張ろう日本 

投稿: AZ生 | 2015年5月 7日 (木) 19時06分

対米従属確定か

 いや、日本独自の外交が出来るのか、それは偏に安倍さんの能力に掛かっています。世界の近現代の歴史を見ると、白人たちの勝手気ままな行いが世界に迷惑を掛け続けてきたことは明白。そこに日本が、貴方達の遣り方ではいつまで経っても世の中収まりませんよ、ここは一つ日本流の遣り方で収めさせて頂きます。と言って紛争当事国に腹の据わった担当者を派遣して、双方の言い分を聞き、調停案を持ち出す、揉み合って収まり着かなきゃ戦争してみれば、と提案。余程馬鹿でないと戦争は避けるでしょう。でもこの提案の内容が難しいのですが、でも日本なら出来るでしょう。

 しかしこれを遣るには日本にもその前に遣る事があります。それは、世界中どこへでも核ミサイルを撃ち込む能力を持つことです。潜水艦から発射できる30発位のものが必要です。力の裏付けの無い交渉は無意味です。

 自分勝手な白人たちの遣り方では世界に紛争は絶えません、今後、日本が世界に貢献していくには日本流の誠実さと白人のような狡猾さが必要です。

投稿: ナベ | 2015年5月 7日 (木) 21時36分

10年~20年前に比べ、カリフォルニアとかカナダの西海岸を見てみると中国・韓国系の人達が何倍も増えていて、例えば日系スーパーマーケットは昔お客は80%以上日系人で後は白人/中国・韓国系、その他のお客さん。最近は日/中/韓/米の比率がそれぞれ1/4ずつ位。
最近はアフリカンアメリカンとか日系人との間で揉め事も増えています。日系の子供がいじめられてきている・・・慰安婦とかウソを本国から知らされている・・・

突然クイズ・・・『アメリカの歴史上最強の陸軍部隊はどれでしょうか?』

・・・ノルマンディー上陸部隊?
・・・砂漠の狐・ロンメル戦車部隊を後退させたシャーマン戦車部隊?
正解は日系2世で編成された第100歩兵大隊編入後の第442連隊であり最高の軍人への最高の栄誉である大統領殊勲感状が7回目も授与されています。
ヨーロッパ戦線の終結から1年が過ぎた1946年7月、ワシントンD.C.で442連隊の表彰式が行われました。大統領が直接迎えた唯一の部隊だった。整列する日系兵士の前でトルーマンは、こう語りました。

「諸君は、敵だけではなく差別とも戦い、そして勝った」

先日の安倍首相の米・上下両院合同会議での演説の冒頭の一節に、「私ども、残念に思いますのは、ダニエル・イノウエ上院議員がこの場においでにならないことです。日系アメリカ人の栄誉とその達成を、一身に象徴された方でした。」とありました。

このダニエル・イノウエ氏こそ、米国陸軍史上、最強といわれれる日系人の最精鋭部隊、442連隊の出身であり、米国の英雄として、後に米国における日系人の地位向上に貢献した上院議員でありました。
ダニエル・イノウエさんは少尉の時、イタリア戦線の最後で、右腕を失いました。
2010年10月、ホワイトハウスには442連隊の元兵士を迎えるオバマ大統領の姿があった。そして、一般市民に与える勲章として最高位の黄金勲章を日系兵士2万人に授与した。

太平洋軍司令官 ハリス 横須賀生まれ 母日本人
米太平洋軍司令官に日系のハリー・ハリス海軍大将(横須賀生まれ 母日本人)を指名 ...
blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/40360402.html

2014/09/24 - 太平洋軍はハワイに司令部があり、在日・在韓米軍を傘下に置いている。 日系の司令官は初めてとなる。ハリス氏は、中国の威圧的な海洋進出や北朝鮮の核・ミサイル開発などアジア太平洋地域の安全保障環境の悪化に対処することになる。

・・・まあ、中共の周辺国(ベトナム・フィリピン・インド・ネパール・ブータン・日本(沖縄・尖閣諸島・新潟県等の山間部水源確保/日米基地周辺の広い土地購入)への侵略・・・・・への対抗上、日米豪NATOとの防衛網構築を築かざるをえないのでしょう。

在るべき未来世界を構築する日本の本音は如何なる外国や国内の反日的な金融機関支配・軍事機関支配・ヘンチクリンな思想、宗教等の宣伝洗脳(TV、新聞等のマスゴミ、害国の手先)に踊らされずにしっかり足元を固めて行きましょう。アメリカ中国の手下には成りたくないよね、

いまAIIBとかTPPとか10%消費税UP、移民受け入れ(日本は勿論、欧州、カナダでは逆差別の弊害が顕著)には反対致しましょう。

投稿: Carly | 2015年5月14日 (木) 04時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 70年談話を牽制する、日本が怖い国の愚かなジャーナリスト | トップページ | 絶対に得はしない貿易 »