« 対米隷属確定か | トップページ | 普通の国になるための足枷 »

2015年5月12日 (火)

絶対に得はしない貿易

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

世界遺産の件で、また韓国がいちゃもんをつけていますが、妙な言いがかりとしか言いようがありません。当時韓国は日本だったのですから、一緒に栄光の歴史の一部を歩んだ事になります。欧米以外で初の産業革命を成し遂げた事を一緒に誇った方が得策だと思うのですが、何を考えているのか分かりません。

そもそも強制労働と言いますが、慰安婦同様、対象の大半はオリジナルの日本人です。平等にあつかって何が悪いのでしょうか。しかも自分たちだけが意志に反して強制されたようなことを言いますが、アジアの一等国、日本人というブランドを手にして一番喜んだのは朝鮮人たちだったでしょう。いいとこ取りは出来ないのです。(笑)

世界遺産になるかどうかは私にとってどうでもいい事で、むしろ何でそんなことがうれしいのか分かりません。自分たちを世界より下位に見るという卑屈な感覚は嘆かわしい限りです。

ただ、安倍さんはこの件、欧米列強の植民地支配から逃れられたことの象徴として世界にアピールしたいようです。つまり当時の欧米列強は悪の権化だったと言いたいのでしょう。その点は支持出来ます。

いずれにしても、そうやって難癖を付けていると世界の人の見方も変わってくるだろうし、何より彼らにとって一番頼りになる日本人の気持ちが離れていきます。まあ、自業自得ですが。。

Hashima002

さて今日は貿易の話をします。これまで何回かやってきましたが、今一ピンと来ないという人がいるので、例をあげて分かりやすい解説をトライしたいと思います。分かっている方にはバカバカしいような話です。

例えばA国とB国があったとして、その二つの国がジャンルの違う製品を同じくらいの工数をかけて生産したとします。A国は洗濯機、B国は冷蔵庫とでもしましょうか。購買力平価で言うと同じくらいの価値という事になります。これを二つの国が各々相手国に輸出をしたとします。

ところが、A国の洗濯機は、よく壊れるのでB国で評判が芳しくなく、B国の冷蔵庫はA国で、壊れないだけでなく品質がいいとすごい人気になったのです。この場合最初は同じ数づつ取引する、つまり物々交換が出来たのですが、差がある評価によってそうはいかなくなりました。

次の年のB国の洗濯機ユーザーは半分くらいに減ったのです。ところがB国の冷蔵庫はA国で前の年の倍の数が売れました。国際通貨をお互いに持っている場合、A国はB国に差額を払わなければなりません。

しかしこのケース、為替の変動相場制を採用しているのでB国の冷蔵庫は自動的にA国の洗濯機の4倍の価格になります。さあ大変です。A国はB国の冷蔵庫をこれまで通りに買うと大赤字になるのです。数で4倍価格で4倍ですから自分がB国から受け取る代金の16倍もの資金が必要になります。

一番いいのはA国のユーザーが我慢をして買い控えればいいのですが、そうは言っても欲しいものは欲しいのです。そこで仕方なく物の代わりに国際通貨であるドルなどの外貨で支払う事になるという訳です。B国はそのもらったドルで別の国から違う商品を買ったりします。多くの貿易国が存在すればそういう事が可能な訳ですね。

ところが、もし他の国が貿易をしていないとすれば、あるいはB国から見てほしいものが、その第三の国々に全くない場合はどうしましょう。(笑)結局二国間だけの取引という事になります。という事は外貨をもらっても始まりません。だってB国民にとってA国には買いたいものなどないのですから。

という事は言い換えれば、その使えない外貨は通貨と呼べず、期日指定のない約束手形のようなものという事になります。将来その分を何かの価値に代えてB国に差し出さなければならない、という証なのです。しかし妙ですねえ。将来の事は分からないし、B国の人を満足させる価値がA国に作れるとも思えないのです。だというのに大事な商品と引き換えに 約束手形を受け取るというのはおかしな話ではないでしょうか。

その手形で海外投資などが出来るから問題ないと言われるかもしれませんが、投資されて喜ぶのは現地です。B国の国民に直接メリットはありません。例えばA国に投資したなら、自分が払った手形(紙切れ)が戻ってきて工場を建ててくれて雇用を生み、さらに、より付加価値の高い物を生産してくれるのですから笑いが止まりません。そこから得た利益はまたそこに再投資されます。

もうお分かりでしょうが、B国は日本です。A国は韓国、あるいは米かな?(笑)この結果この二つの国の経済格差は縮んでいく事になります。仲良くする事で平準化という現象が起きるのです。B国の人はA国が発行する債券に価値があると思っていますが、国際決済で受け取るのは本来お金ではありません。その証拠に日本国内では使えないではありませんか。B国(日本)にとってのお金は円だけです。

結局、技術力が下の国のお金は格付けがうんと下の債券(借金)でしかないのです。なぜなら将来にしろ受け取る物がないのですよ。アップルとかあるじゃないかって? 違います。あれも中身の重要な部分は日本製の部品が使われています。百歩譲っても、それくらいしかないじゃありませんか。日米間の貿易収支をみれば歴然です。

米国にとってはこのままでも何ら問題はないのですが、その事実に日本人が気づいて輸出を制限したり、投資を引き上げられると困ります。そこで、さらに欲をかきたい米は奸計を巡らせ、そのシステムを盤石のものにしようと考えました。

その一つの試みがTPP という訳です。条約の相手国としてなんだかんだ日本にいちゃもんがつけられます。日本との関係をより深化させ抜き差しならない、あり地獄へ突き落とそうという魂胆です。。

日本のような先進国は、海外との付き合いは程々にして内需を拡充して行けばいいのです。その方法はいくらでもありますが、海外と付き合ったお陰でデフレになり、資金がよく回らなくなりました。

 共感いただければクリックをお願いします。

|

« 対米隷属確定か | トップページ | 普通の国になるための足枷 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

絶対に得はしない貿易

モヤモヤした日本経済の問題点を一刀両断する鋭い分析ですね、眼からうろこが一枚ハラリ・・・

TPPをゴリ押しする理由の何分の一がコレでしょう。内需拡大・日本強靭化への一里塚的指摘ですね。

投稿: AZ生 | 2015年5月15日 (金) 08時17分

日本のような先進国は、海外との付き合いは程々にして内需を拡充
して行けばいいのです。その方法はいくらでもありますが、海外と
付き合ったお陰でデフレになり、資金がよく回らなくなりました。

同意します。

3月の国際収支状況では、

貿易収支黒字 2年9カ月ぶり
第一次所得収支黒字 過去最大
サービス収支黒字 史上初めて
経常収支黒字 2兆7953億円

だそうで、このままいくと、対外純資産だけが膨張し、
GDPは、ほとんど増えない、という小泉内閣の時代と
同じような、歪な構造が続いてしまいます。

これは日本にとっても、外国にとっても
少しもいいことではありません。

田中様が以前の記事で、書かれていたように、
貿易収支は赤字、所得収支は黒字、経常収支でバランス
するぐらいでいいのです。

内需拡大をしっかりやって、日本国内を豊かにすることが、
最優先されるべきですが・・・

世界遺産にしても、TPPにしても、似たようなもので、
『世界・・・』『国際・・・』みたいなものを
必要以上に有り難がり、日本国内を軽視するような傾向は、
もう止めにすべきだと思います。

投稿: インテグラル | 2015年5月15日 (金) 14時40分

インテグラルさん お言葉を拝借致します:『世界・・・』『国際・・・』みたいなものを必要以上に有り難がり、日本国内を軽視するような傾向は、もう止めにすべきだと思います。

賛同致します・・・国際化とかキレイな言葉で言っても、米中の軍事力、国際金融資本のドッチ側に付いたら特かな~なんて、世界中が蝙蝠国(お隣国)みたくなる事でしょ?人類ってまだまだ品格が身についていない様ですね(自分も含めて)。ゆくゆくには我が国はスイスの様な武装中立が目指すべき(在るべき)姿と思います。

エネルギー/食料/国防/技術開発創造製造労働力(移民受け入れウン万人何ぞ以ての外、スパイ・テロ要員ウジャウジャ)等は国内調達が基本中の基本であり、内需拡大・国土強靭化にまい進するのがよさそうですね。

投稿: 心配症君 | 2015年5月15日 (金) 16時22分

安倍さんのTPPの認識について

 先の、米国議会での演説で安倍さんのTPPに関する内容で、安全保障と絡めた言い方をしていた事に関し違和感を感じました。TPPって経済案件で安全保障と関係ない案件でしょう。
 かつて、米国での三菱自動車の有りもしないセクハラの言掛りでの和解金、トヨタの欠陥問題での言掛りでの損害などを見るにつけ、また最近のFTAでの韓国への莫大な金額の訴訟等を見ると、米国との安易な協定の危険性を思わずには居られません。金が有ると見られた国は因縁を付けてしゃぶられます、悪徳弁護士とつるんだビジネスの世界は腹黒いのです。

投稿: ナベ | 2015年5月15日 (金) 20時59分

ナベ様のコメントへのご参考コメント・・・

 先の、米国議会での演説で安倍さんのTPPに関する内容で、安全保障と絡めた言い方をしていた事に関し違和感を感じました。TPPって経済案件で安全保障と関係ない案件でしょう。

・・・まさしくTPPと安全保障とは関係ないでしょう、。安倍さんの認識不足か或いは日本の視聴者向けの印象操作とか米国議員達への願望。

昔、孫崎享さん(極端に反日っぽいとかちゃんとした論客であるとか評判の優劣が激しい人ですね)のカリフォルニア州UCLAでの安保関連の講演を聞いた事があります。例えば日本有事の際、米国は自動的に軍が出動的に出動する事はありえず(私は暢気に100%、自動的に同盟軍として出動すると思っていましたが)、米国議会を召集、決議をした後で参戦とか出撃を発動する/しないが決まる・・・と言う内容でありました。 

つまり自衛隊がまず応戦しても、米側が損(全くの想像ですが米本土に原水爆搭載のミサイルが打ち込まれる可能性など)なら出動しない可能性ありうる・・・という印象を私は受けましたした。

又、沖縄を含めて日本列島にある米軍基地(岩国・座間など十数か所でしょうか)が攻撃された場合は直ちに米軍の反撃は発動するのではないかな・・・とも思いました。私は軍事専門家ではないので、あくまでも一国民としての印象です。

投稿: Carly | 2015年5月16日 (土) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 対米隷属確定か | トップページ | 普通の国になるための足枷 »