« 借金大国よ、永遠に | トップページ | 敵に塩を送る(2015クリスマス) »

2015年12月14日 (月)

グローバリズムと民主主義は両立しない

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

日本のマスコミ、特にテレビの異常さは今さら言うまでもありませんが、先日のタモリ倶楽部はビックリポンでした。何と韓国国旗が画面中央にあるのです。何の脈絡もなく、番組内容とも関係ありません。マスコミの汚鮮は増々酷くなっているのでしょうか。

Cv9ga2auaaek3dv
(この番組は嫌いではなかったが、これを見てすぐにチャンネルを替えた)

異常な韓流押しとキモいステマが原因で起きたフジテレビデモのせいでフジテレビの視聴率は激落ちしたと、デモ皆勤賞の私は自負しているのですが、汚鮮具合はフジに止まらずNHK他のテレビ局も似たようなものです。知的レベルの低劣さと偏向でスポーツ番組以外見る気がしません。

その中では比較的ましと言えるテレ東のWBSだけは毎回見るのですが、ここの解説ゲスト(エコノミスト)は酷いものがあります。素人以下ではないでしょうか。先日もある言葉に我と我が耳を疑いました。大江さん、納得して聞いてんじゃないよ。(笑)

曰く、「日本の企業の稼ぐ力が落ちたから経済成長はむつかしい」??? えっ、年間で2700万台も世界で売っている日本の自動車産業があって、中でもトヨタなどは兆を超す莫大な利益を生んでいるし、電機など他の産業も技術力、競争力という点で米やドイツとの比較で見劣りするとは思えません。意味不明です。

Btzszzccaaedfzrjpgsmall
(今回はこの方ではありません。この方もよく変なことを言う)

注目して聞くと「日本は労働集約型のサービス業の労働生産性が低い」などとのたまうではありませんか。どうもIT化、コンピューター化が進んでいないからと言いたいらしいです。

あのなあ、そんなものが入ったところで大した収益増には繋がらないでしょう。だからこそ労働集約型と言われているのです。そんなもので一気に生産性が上がるなら、それは資本集約型のカテゴリーに入れるべきではありませんか。

この方の勘違いは以下に集約されるようです。まず、国内に限れば、労働生産性が低いのはデフレによります。供給力を需要が下回っているから、供給力、生産性を上げる度にデフレが進むのです。分かりやすく言えば、日本の場合マネーストックの伸びが供給力の伸びを下回るからデフレが起きる訳です。

それを供給側の能力のせいにしているのが大きな勘違いのひとつと言えます。

次に労働集約型の産業は自律的に収益を増やす事はほぼ不可能です。ちょっと考えれば分かりますが、人手をかけなければ売り上げが伸びない産業、例えばマッサージ業としましょうか。これなどは効率の上げようがありません。せいぜい技術を上げて口コミでの評判アップに期待するしかないでしょう。

例えそれで売り上げが伸びたとしてもマッサージ業界全体の売り上げが伸びなければシェアの奪い合いに過ぎません。日本全体でも同じ事が言えます。

という事は、他の産業の売り上げが上がって、その従業員の賃金が伸びなければ、技術者の時給だって上げようがないのです。つまり先進国の労働集約型産業は資本集約型産業の労働生産性にかかっているのです。

農業などもその例で、消費者の購買力が上がらないと価格を上げようがなく、上げてもそれを上回る事は出来ません。誰も買えなくなるからです。その為、米の価格なども低く抑えられますが、それで足りない分は国が助成金などで補填する訳です。そうしないと農業に従事する人がいなくなります。

これは当たり前の話ではないでしょうか。だと言うのに農業の生産性が低いから、もっと付加価値を上げて輸出競争力をつけよう、などというのは詭弁に過ぎません。いくら凄く美味しくして高く売っても買う人は限られます。世界にどれだけ金持ちや好事家がいるというのでしょうか。

従って人件費に大きな差がある国との自由貿易などあり得ない事になります。もちろん極一部の少量生産スーパー付加価値ものは除きます。全体で見て、価格競争力で途上国には勝てないのは自明です。マスはそこで決まります。

日本の労働集約型産業は全て潰してもいいというグローバリスト的考え方なら、それでいいかもしれません。しかし、その場合食の安全保障はどうするのでしょうか。日本は自動車やコンピューターだけ作っていればいいなんて事には絶対になりません。いざという時に飢え死にします。

誰かが言っていましたが、グローバリズムと民主主義は両立しないのです。グローバリズムを押し進めると規制緩和せずを得ず、政府の出番は限りなく減っていきます。その代わり他国と交わした条約が幅を利かせ、国民は疎外されていく訳です。

WBSに出るオヤジにだって分かる理屈だと思うのですが、テレビはなぜ嘘つきかアホしか使わないのでしょうか。以前にも増してグローバル化、規制緩和、自由貿易の大合唱です・・・残念な事に政府もですが。。。

 共感いただければクリックをお願いします。

|

« 借金大国よ、永遠に | トップページ | 敵に塩を送る(2015クリスマス) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

・・・・・テレビはなぜ嘘つきかアホしか使わないのでしょうか・・・・

これは奥が深い問題提起ではないでしょうか。きっと各人のお立場や理解力それと知識、あわせて伝達力によってさまざまな解析や理論が出てくるでしょう。

私のように、かなり単純・本能的に生きている人間からすれば、少ない知識を誠意一杯振り絞っていろいろな理由を並べましても、結局最後には「本当のことを言ったらメシが喰えなくなるじゃん!」と、そこに行き着いてしまいます(笑)。
まぁ、それとせいぜい「過去の自分(拠り所)を今更否定する事は出来ない」というのがチラッと頭に浮かびます(チョット可哀相だなぁ~とも思いますが)。
 いずれにしましても人間の弱い部分を上手にコントロールされているといことですかね?

 いつも必ず自分が正しいとはゆめゆめ思っておりませんが、ある程度人間としての時間を重ねさせて頂いたおかげで対峙する相手様からの雰囲気や態度から感ずる物が多くなりました。
 特に恐ろしいのはここぞと言う時に「目」に表れる真実。
左向きの討論番組であっても、音声を消して喋っている方の体の動きや目の動きに注視しますとよく判りますね。

投稿: 南国通信 | 2015年12月14日 (月) 13時55分

グローバリズムと民主主義は両立しない

・・・見事に一行でグローバリズム、新自由主義、世界政府、一党独裁国家などをやっつけている様な表現が完成されている標題ですね・・・あくまでも私見です。

日本のマスコミ、特にテレビの異常さは今さら言うまでもありませんが、先日のタモリ倶楽部はビックリポンでした。何と韓国国旗が画面中央にあるのです。何の脈絡もなく、番組内容とも関係ありません。マスコミの汚鮮は増々酷くなっているのでしょうか。

・・・必死のK国上げと日本下げの印象操作・・・TV局の汚染とか電痛の演出かしら?

投稿: AZ生 | 2015年12月15日 (火) 16時28分

最近のTVマスコミがオカシイ件

 これには2つの原因があると考えます。1つは戦後GHQ によるWGIPによる日本人洗脳教育の結果だと思います。戦後GHQは日本を永久に弱体化するために東京裁判を遣りNHKを使って「真相はかうだ(こうだ)」というプロパガンダ放送をさせ、新聞には反米的な記事を書く新聞社には新聞紙を配給しないという脅しで、戦前の日本が全て悪いという報道をさせました。戦後直ぐには事前検閲、それが事後検閲になり、独立後は自主規制(自己検閲)として残り現在に至っています。全く情けないことですが未だにGHQの呪詛が解けていないのです。
 GHQは日本国に少しでも長く立ち直れないようにするために厄介な置き土産を置いていったのです。戦後のドサクサで竹島問題と朝鮮人密入国者の扱いを吉田茂総理の返送要求を曖昧にしたままにし、日本と朝鮮問題の禍根を処理せず日本に引き継がせたのです。ビジネスを遣っている人達には日韓、日朝問題の解決はそんなに難しい問題とは思えませんがそれを妨害しているのは案外米国と思わざるを得ません。
 もう1つは戦後永年に渡って朝鮮人達が日本で理不尽な権利を主張する場合、多くの朝鮮人達が徒党をくみ、役所や出版社、新聞社、放送局に押掛けて自分たちの都合が悪いことを排除しようと努力し、だらしない日本の役所や会社が彼らの要求を呑み、一部とはいえ社員に採用し続けてきた結果となっています。その社員が今となってある程度の地位に着き、番組の編成に口を出すようになってから、全く日本のマスコミとは思われない内容になってしまい客離れが起きています。数年前TBSの「水戸黄門」の監督が金ナニガシニになっているのを見て、これじゃ見る人がいなくなるのを納得しました。
 フジに関しては以前、岡本とかビートたけしとかお笑い芸人が「嫌なら見るな、チャンネルを変える能も無いのか」と言っているのを聞いて、そうだ嫌だから見ないと納得し現在に至っています。
 私も今はTVは天気予報以外は見ないですし、報道番組はコメンテーターを見るとイライラするので見ないことにしています。朝日毎日東京新聞は全く読みません。

グローバニズムの蔓延について
 今から3-40年前、アメリカのフルブライト奨学金で米国に留学した強欲資本主義者に洗脳された多くの日本人、通産省の役人や経済学者、竹村健一氏などが日本の物造りよりも金融取引による富の促進を説きます。勿論資金の運用による利益の増益を得るのは不当では有りませんが行き過ぎた博打のような金融取引を推奨するのには賛成できません。金融博打に狂奔する米国では製造業が衰退して、健全な中間層が減り貧困層と富裕層との極端な国民分離が進んでいるとの事。富裕層は塀に囲まれたゲットの自治区を造り、貧困層への税の使用を忌避するところまであるようです。これでは国民国家の崩壊です。

 「グローバリズムと民主主義は両立しない」これは多分三橋氏が主張されていたと思います。三橋氏は日本の農業の未来は、農民の多くに公務員となってもらい、政府から給料を受け取り農業に従事してもらい、農産物と日本の田園風景を守ってもらわざるを得ない状況が来るだろうと予測しています。
 日本は欧米の強欲資本主義にも、アラブの部族主義にも属さず、日本の伝統を守り、改良しながら発展させる社会にしていきたいと考えます。

投稿: ナベ | 2015年12月15日 (火) 19時59分

私はどの新聞も読んでから自分の意見を言いますが。自分の考えに合わないからと読まないで自分の考えだけを発信するのは相手の意見を聞く耳も寛容性も無く事実を確認する姿勢が無いのでその傲慢な姿勢はおかしいことに気づいて欲しいだけなのですが・・・。
 馬鹿にした覚えはないとか韓国を侮蔑しているつもりは無く嫌いなだけだといいますが、自分が気づいていないだけで侮蔑した内容になっています。ということをいいたいだけなのですが・・・。
 例えば前回の私の親の顔をみたいというのは、本人に侮蔑する意図が無くても相手は完全に侮蔑されていると思う可能性が高い言い回しです。
 朝鮮人が理不尽な事をする事もありますが、日本人だって理不尽な欲求をする事は多々あります。
 ちなみに私は馬鹿馬鹿しいテレビは好きですが、報道やニュース番組はほとんど見ていません。たいてい印刷物や新聞をやネットで事が足りるからです。
 私は質問に答えていないので心苦しいですが、ナベ様は読んでいる新聞はあるのでしょうか?。

投稿: nao | 2015年12月15日 (火) 22時52分

nao様、あまり質問には答えないようにしているのですがお答えします

 以前、10年ほど前までは産経を取っていましたが今はどの新聞も読みません。私は新聞を読むというよりも、誰の記事を読むかです。今は引退した石井さんの名物コラム産経抄、中国から米国に移った古森さん、独立した福島香織さん、曽野綾子さんのコラム、今だとソウルの黒田さん、田村さん阿比留さんの記事なら読みます。

 私の父は旧軍から自衛隊に移ったバリバリの軍人でしたから、小学校から中学と左翼の先生から散々嫌がらせを受けて大きくなりました。いつかこいつらと殺し会う時が来るだろうと本気で思っていました。だから成人してから銃の免許を取り、年に数回はクレー射撃場に通いましたし、海外に行ったときにも射撃場に行き、ピストルやライフルを撃ちました。ハワイ、グワム、オーストラリア、済州島などです。
 私は根っからの反共主義者、その目で世間を見るため一部の人には不快感を与えるでしょう。しかしそれは仕方がないことと思っています。何しろ昔学校でのウスアマサヨクの表では綺麗事、裏では強烈な嫌がらせを遣る先生たちと同じような意見を見るとどうしても突っ込みたくなります。これからは改めて、突っ込む価値のあるものを見極めてからにいたします。

投稿: ナベ | 2015年12月16日 (水) 10時22分

・・・・・テレビはなぜ嘘つきかアホしか使わないのでしょうか・・・・

TV局(NHKも入っちゃっている!)とかタレント事務所、芸能プロダクションが視聴者を莫迦にしているからでしょうね。自分達の方がアホなのに気がついていないのでしょうか、それともC国が行っている日中記者協定に従ってC国の不利になる情報を出さないのでしょう。つまらない番組ばかり。まず、中立な報道を守ってほしい。電波放送法に禁止されている外国株主が20%以上で運営されている局がありますがそこは即免許廃止にしましょう。日本の視聴者を洗脳から守るのは国家の責任です。
アメリカのTV番組はもっと知的レベルの幅が30倍以上広い様に感じます。野球・サッカー・ゴルフ、カーレース等各種スポーツ、政治、経済、NASA、ARMY・NAVY/AIR FORCE等の国防、韓国、中国、スペイン語のドラマ・ニュースその他ケーブルTVで料金払えば日本のNHKとか見れますし(今はばかばかしいから見ていない)アレコレあります。

ナベさんの投稿・・・すばらしいですね、感謝いたします。

投稿: AZ生 | 2015年12月16日 (水) 18時46分

ナベ様お返事ありがとうございます。なんとなく言いたい事が伝わったように思います。
 ただ、ナベ様が左翼を嫌うのは理解できましたが、右翼でもその他でもそのように人間性を疑う人物は山ほどいます。誤解を受けるのは怖いですが、あえて言わせて貰います。人格の低い左翼の教師に師事したから左翼が嫌いと言う考えはあなたの考えを狭めている可能性があります。
 私は今回のお返事を見る限りそのような事は反面教師として受け止める度量のある方だと思います。お花畑の住人と言われるおばさんの余計なお世話とは思いますが(おばさんと言ってもあなたより年上ではありません)。

投稿: nao | 2015年12月18日 (金) 00時05分

nao様、これを最後にしてください

 貴方が書くことを読むと、吉永さゆりさんが「新聞あかはた」に書く文章を思い出しました。なんだか女子学生がそのまま大人になったような内容で笑ってしまいます。「悪い朝鮮人も居るが悪い日本人も居る。朝鮮人が悪いのではなく政治家が悪い。日本の政治家も悪い。私は朝鮮人とは言いません」と何事も一般論しか言わず、問題を絞り込もうとせずに一般論に広げていって、有耶無耶にしてしまう遣り方です。私はこれを「卑怯なクレーマー」といいます。問題を絞り込むと、必ず反対意見が出てきますから、その反対意見に耐えられないのです。だからいつも好いおばさんで居るためには、具体的な話にせず、一般論でお茶を濁そうとします。私には何の意味も持たない読むだけ無駄な文章です。

 私が反共主義者になったのは子供の頃の左翼の先生の嫌がらせが切っ掛けとなったの事実ですがそれだけでは有りません。ソ連の歴史、特にスターリンが遣ってきたこと、毛沢東の長征から始まる大躍進、文化大革命では一体何を遣ってきたのかを調べると驚きます。フランスで発行された「共産主義黒書」私は直に読んだわけでは有りませんが、共産主義者によって殺された世界中の統計では1億人と書かれているそうです。ソ連で3000万人、中国で6000万人、その他キューバ、エチオピア、カンボジア、ベトナムなどで1000万人だそうです。
 ちなみに私の愛読書はソ連の作家ソルジェニーチェンの「イワンデニソビッチの一日」です。

 世界の歴史を見てみましょう。
 米国は1620年ごろ北米大陸に遣って来て現地人を5000万人以上殺し、今は平気な顔をして居座っています。
 スペイン、ポルトガルは南米大陸に行って、現地人の男を殺し、女には子を産ませ、その子を使って現地人を管理させたのです。
 英国は1600年東インド会社を作りアジアへの足掛かりとし植民地を増やしたのです。またオーストラリアに囚人たちを送り込み現地人を虐殺して現在に至っています。
 中国は毛さんの遣ってきた長征を見るとその性質が分かります。長征とは何の事は無い、毛一味が次々と田舎町を襲い、その町の資産家を襲い殺し金品を奪った強盗団だったわけです。
 これらから見ると日本のなんと言う穏やかな歴史でしょう。GHQは戦後の日本に民主主義を教えた等と言っていますが、日本には日本の民主主義、何事か問題があると皆が集まって合議するというシステムがありました。日本の歴史を知れば知るほど、日本に生まれて良かったと、この歳になって思っています。

投稿: ナベ | 2015年12月18日 (金) 11時11分

分かりました。分かって貰えなくてもともとと思っていましたので。
 一言だけ付け加えておきます。一般論を私は言っているわけではなく、相手の意見は受け付けず(自分の考えにあわないから受け止める事が出来ていない)、日本の悪いところも直視せず、相手の悪いところばかりをあげつらう姿勢を私は色眼鏡をかけていると認識しています。戦後すぐの左翼の教師が人格の低いそのような姿勢だった事は容易に推定できますが、左翼か左翼でないかの違いだけであなたも同じ姿勢になっているかもしれません。

投稿: nao | 2015年12月19日 (土) 11時45分

こんにちは

>nao 様

北朝鮮の拉致被害者5人が「一時帰国」し、日本政府が5人を北に『返さない』と発表したときですが、作家の高樹のぶ子は毎日新聞の紙面で以下のように言っています。

『どこでどのように生きるかを選ぶのは本人であって、それを自由に選べ、また変更できる状況を作り出すことこそ大事なのでは・・・ 被害者を二カ月に一度日本に帰国させる約束をとりつけよ・・・ 北朝鮮から「約束を破った」と言われる一連のやり方には納得がいかない・・・ 外から見た日本はまことに情緒的で傲慢、信用ならない子供に見えるに違いない』

人権侵害も甚だしい誘拐を国家主導で行った北を正常な国、誘拐の被害者を取り戻した日本を異常な国だと宣う、これが左翼です。 しかも、あの北朝鮮を「約束を守る国」という前提で物を言っている。どんな色眼鏡をかけたらそのように見えるのか、私には皆目見当が付きません。

帰国した拉致被害者は北の独裁者に怯え、敢えて本心を言わず茶を濁していましたが、左翼たちはこれを『実は北に戻りたいのだ』と勝手に決め付けた。だから上記のようなトンデモ発言が飛び出す。しかし日本政府が北には返さないと決めたあと、拉致被害者たちは安心したように『日本にいたい』と本心を語り始めました。

北は期限付きで拉致被害者を帰国させただけで、もし彼ら被害者が日本で「いらぬこと」を喋れば、北に戻されたあとどんな仕打ちが待っているか、想像するだけでも鳥肌が立つ。だから本心など言えるわけがない。そういうことが左翼には分からない。なぜなら北を約束をちゃんと守るような普通の国だと思っているから。バカを言うんじゃないよ、と。

高樹の与太話を毎日新聞編集委員の岸井成格が気に入ったようで、『被害者5人をいったん北朝鮮に戻すべきです』とテレビで宣い、大宅映子が『私もそう思う』と同調。

目も当てられないとはまさにこのことではないですか?

投稿: 硫黄島 | 2015年12月19日 (土) 13時43分

こんにちは

>nao 様

さらに言わせて貰えば、貴殿らにとって人も国もみな同じに見えるかもしれない、けれども現実には違うのです。

政府レベルでも、北朝鮮のように全く話の通じないようなトンデモ国家はたくさんあります。韓国もそうです。

北朝鮮は独裁国家であり専軍政治です。人民をおよそ50の階級に分けた身分制をで支配し、最下層の人民には人権など微塵も考慮さえしない。

けれども韓国は、曲がりなりにも民主主義・自由主義の国ではありませんか? その韓国が、同じ刑事事件でも在韓日本大使館にトラックで突っ込んだことは有罪で、一方で靖国神社に放火したことは政治犯で無罪放免。同じ人物がやらかしたことなのに、日本に犯人は渡さないと、つい10年前に約束したばかりの犯罪人引渡し条約を完全に無視。

貴殿は韓国にも日本にもとんでもない人がいると言いますが、一緒にするんじゃないよ!と、怒りますよ。普通の日本人なら。

同じ民主主義をやったって韓国と日本では「違う」じゃないですか?

なのに左翼は同じだと言い張る。『どこに目ぇ付けてんだ?』と、申し訳ないが盲人のほうがまだ世の中が見えてますよ、左翼に比べたらね。

左翼が大好きな金子みすゞの詩に『みんな違ってみんないい』ってのがありますけど、みんな違うっていう部分を左翼こそまず認識した方がいいですよ。何かにつけては「日本人も同じだ」とか無理矢理同化させるくせに、金子みすゞの詩を素晴らしいとか言ってんじゃないよ、と。

こういう「トンチンカン」で、「偽善」で、なおかつ聖人ぶった偉そうな態度が、左翼が嫌われる理由です。

投稿: 硫黄島 | 2015年12月19日 (土) 14時18分

色々と名指しを受けて困惑しているので(田中様のブログなので)今後様子を見てから次にコメントするかしないか考えようと思います。私は北朝鮮の事に関してほとんど自分の意見を言っていませんが、高樹さんの言っていることに私はほぼ全て賛同できません。
 私は左翼の言うことも右翼の言うことも納得できたり賛同できるものは賛同できます。
 金子さんの詩はわかると思うこともあればなんか違うと思う事もありますけど。

投稿: nao | 2015年12月20日 (日) 22時04分

naoさん、遠慮はいりません。好きなだけコメントして下さい。議論はしないよりした方がいいでしょう。徐々に誤解も解けるかもしれません? いや、考えが変わるかもしれないと言った方がいいかもしれませんね。

投稿: 田中 徹 | 2015年12月20日 (日) 23時06分

>nao 様

「左翼」というこの短い言葉には、文字にすると書き切れないほどの意味(歴史)が凝縮されているということです。もちろん、こんなものじゃない。従って「左翼だから嫌い」という言葉には、当然ながらそれを言う人の資質の問題はあるけれど、けれどもこの言葉には、書き切れないほどの左翼の「罪」が箇条書きのように羅列されているのです。

『十を知り初めて一が分かる』

沢山の知識・経験を積み上げた人は、自分が知り理解していたつもりだったことが、後になって実はそのときには何も分かってなかったことが分かる。だから、一を知るために十を知るのです。

そういった蓄積の上に「反省」があります。元左翼の西部邁氏は支那で反日暴動が起きた際に、長崎事件や甲申事変を引き合いに出し、日本の「自業自得」であると言い、反省を促しました。

長崎事件も甲申事変も支那人の暴力性が遺憾無く発揮された出来事ですが、つまり相手は暴力を何とも思わない民族であり、そのことは百年以上前から分かっていたではないか、と言うのです。

その暴力的で自尊心の強い儒教秩序の中で生きている自閉的な民族に対して、日本は明治時代から一貫して「宥める外交」ばかりやってきた。何かあればすぐに謝って事なきを得ようとする。戦後は経済大国になったのをいいことに、謝罪にプラスしてカネ(民間投資を含む)まで差し出し、ご機嫌を取ろうとする。

儒教秩序の中で日本を見下している支那にとってみれば、日本如きが上から目線で札束で頬を叩いてくるわけですから、支那が怒るのも当たり前だと、支那が経済大国になったことで今度は札束外交の「仕返し」を日本に対してしているのだと、西部氏は言いました。

私は全くその通りだと思いました。

日本にも間違いはあります。では何を間違えたのか、それは十を知らないと分かりません。「反省」の言葉をただ繰り返すだけで中身のない左翼は、一を知り十を知ったつもりになっている。話になりません。

投稿: 硫黄島 | 2015年12月21日 (月) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 借金大国よ、永遠に | トップページ | 敵に塩を送る(2015クリスマス) »