« 日本人に対する言論弾圧を平然と行う政府 | トップページ | 財源は?永久債で。。 »

2016年4月12日 (火)

お金という幻想に支配されるホモ・サピエンス

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

今日はお金の話をします。ある集まりでマクロ経済について話をする機会がありましたが、高学歴のインテリと言われる人達でもマクロ経済の話は分からないようです。女性でも主婦の場合は家計の論理から離れられないようで、複式簿記的な脳には、なかなかなれないのかもしれません。

ご存知のように今のお金は金(GOLD)の裏付けを持ちません。管理通貨と言って政府がその気になれば、いくらでも発行出来るという代物です。その為、為政者がずるい事をしないよう色々制限が設けられています。(笑)それがまた足枷になって一国の経済を左右するのですから実にバカげた話です。

そもそも狭い社会で、生産者同士の物々交換で生活が成り立つならお金なんて必要ありません。皆が好き勝手に付加価値を創造し、気に入れば交換の対象すればいい訳で、その方が余程シンプルです。ところが1億人も人がいれば、そういう訳にもいきません。スムーズに物を交換する為の手段としてお金は不可欠なものになります。

ところで、物やサービスとの交換と言いますが、物の場合は人がその物の生産に関わった部分、つまり付加価値を創造したところに価値が生じます。例えば鉄を加工して何かを作ったとしても、原料としての鉄鉱石自体に価値はありません。GDPの考え方はあくまでも人の労力が基本になります。

語弊があるかもしれませんが、鉄鉱石が山に埋もれている段階では価値はゼロです。それを採掘して製品に加工する過程で様々な価値が付加されるのであって、原料自体に価値はありません。石油の場合も同じで、地中に埋もれている段階では価値はゼロです。

石油の産出国が金持ちなのは、誰もが欲しがる加工対象物を大量に保有するからです。取り出す過程で付加価値が発生し、需給の関係で金額が決まります。シェールオイルが出て来るまでは売り手市場だったので産油国は金持ちでした。という事はその採掘作業自体にも絶対的な価値はない事になるのではないでしょうか。

現にちょっと前まで1バレル100ドル以上だったものが供給過剰になり20~40ドルに下がっています。それも代替エネルギーの登場次第ではゼロもあり得るのですから恐ろしい話です。いずれにしても資源そのものの価値がゼロなら、資源を特に持たなくても採掘技術や加工技術があれば産油国並、あるいはそれ以上に豊かになれるという事ではないでしょうか。

ところが資源に限らず、日本人は何に対しても絶対的な価値評価をしたがります。しかしそれは幻想でしかないのです。例えばAKB48の人気が無くなれば誰もお金を払ってまでCDを買わなくなります。一枚数千円がゼロにまで落ちぶれる訳です。あの、確かにあると思った価値は何だったの?という事になります。錯覚でもお金を産み出し、GDPに貢献する事もあるのです。

お金そのものに対しても日本人は絶対視する悪い癖があります。お金は世の中で命の次に大切なものだから無駄使いをしてはいけない、節約してなるべく貯金に回し将来に備えようという考え方を否定する人はいないでしょう。

あるいは借金は出来る限りしない方がいいという人もいます。借金は悪だという考え方も日本人の心のどこかにあるのではないでしょうか。もちろん私も日本人なので、その気持ちはよく分かります。しかし、それで経済は回らないのです。

A0212807_20222285

さて、ここからが肝になりますが、お金が日本に沢山あるというのも実は幻想なのです。(笑)あると思えばあるし、ないと言えばない? 禅問答をする気はありませんが、大変不確かなものである事は間違いないようです。

例えば銀行が債務者からの返済を優先して貸し出しを停止したとしましょう。その場合、全ての債務が履行されて銀行の貸し出し残高がゼロになるという事は、国民の財布と言える1200兆円のマネーストック(預金残プラス日銀券)から約700兆円(現在の貸し出し残高)が消える事を意味するのです。

さらに政府が何かの都合で国債を全て償還しなければならなくなったとして、850兆円を税金として国民から一気に徴収したなら、政府の債務が消える代わりに日本中から円が消え失せます。つまり、お金は誰かが継続して借りていないとなくなるのです。もちろん対外純資産を348兆円も保有するので、外貨は消えません。

誰も教えてくれませんが、このように今の資本主義経済は借金で成り立っているのです。その事を国民は正しく知るべきです。遅くとも中学あたりでは教えるべきではないでしょうか。俺は借金なんて嫌いだ現金主義でいく、などときれいごとを言っても、それでは経済が成り立たないのです。誰かが借金してくれるからこそ、お金は保有出来ます。

そこがよく分からないままにマクロ経済の話をしても頓珍漢な事になります。地方も含めた政府と民間を併せれば1600兆円程の借金があるからこそ、片側にそれと同額の国民の資産がある訳で、プラスマイナスするとゼロです。すなわち、お金があるというのは幻想でしかないのです。

それ以外の金融資産、例えば株などの有価証券もあるではないかと言われるかもしれませんが、全ての原資はマネーストックから出ているので、マネーストックがゼロになれば、それらの裏付けが消える事を意味し価値は無くなります。

従って、消費を控えて貯蓄を殖やすというような表現自体も正しくない事になります。消費をしてもしなくても、預金残高の変動は大してないのです。手元にある日銀券90兆円程を除けば、個人が持つ大半の金融資産は銀行に預けられてマネーストック(預金残高+現金)を構成します。それを増やすのは消費ではなく、あくまでも借金なのです。

それならば貸し出しに回されるかどうか分からない貯蓄より、直接消費に使った方が日本経済に貢献する事は明らかです。マネーストックとは直接関係なくGDPが増えるでしょう。ところが、ここは個人のマインドに左右されます。今の様に先行き不透明で不安な状態では、いくら使えと言われてもそうはいかないのです。

逆に、年金も医療も社会保障関係は全て国がしっかり面倒をみて、緩やかなインフレの状態にあるなら、将来に備えて貯金する意味があまりない事になります。そうなると好循環で借金も含めた消費が増え、GDPが増え始めるという訳です。必然的にマネーストックも増えます。

自分で書いておきながら言うのも何ですが、ちょっと分かり難いかもしれません。(笑)何が言いたいのかと言いますと、信頼の出来る政府が国民に対して、安心出来るメッセージを発し、ジャンジャンお金を使えとでも言えば、日本経済は全く違う様相を呈して来るという事です。

同時に日銀が窓口指導を再開して銀行にノルマを与えるなら貸し出し残高は飛躍的に増えるでしょう。それによって地価が上がり担保価値も上がっていきますから好循環になります。

それが出来るのは、お金より確かなもの、つまり世界で最も価値のある物とサービスを産み出す力、創造力、生産力が、日本という国にはあるからです。こちらはAKB48やジャニーズのような幻想ではありません。(笑)

 

共感いただければクリックをお願いします。

|

« 日本人に対する言論弾圧を平然と行う政府 | トップページ | 財源は?永久債で。。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

全く以て同感です。

そして、”管理通貨制度”という事を国民が理解しては困る勢力が、”支配者層”という存在です。

パナマ文書に関しては、その支配者層の下っ端が暴かれたに過ぎない思います。

投稿: Sura | 2016年4月13日 (水) 01時24分

先日新幹線でたまたま隣に座った年配の女性に国(政府)の借金について説明しました。政府の借金は全く問題ないということを少しでも多くの人に理解してほしかったからです。円建て国債は政府日銀がお札を刷ればいいから大丈夫だということが、結局最後までわかってもらえませんでした。国家が一つの家庭だとすれば、財務省のお母さんはお金を刷ることができるんですよ。しかもそのお金は外から物を買ったりするのではなく、家族に庭の掃除とかしてもらってその対価として支払われるから、家の中からなくなることは絶対ないし、結局家家族のだれかのお金になるのですよ。と説明しましたが、よく理解してもらえませんでした。私の能力不足もありますが、このあたりのところまだまだ常識にするのは難しいようです。

投稿: 八丈島 | 2016年4月14日 (木) 19時59分

もういちいち悪目立ちしたくないので簡潔に書きます。
 お答えくださるなら、私の入れたコメントが何か位は一ヶ月ほど消さないでください(私の言う事を分かって貰える人がほとんどであれば消されても何も文句はありませんがその反対ですので。私が言った事がその前の事になるのが少し割り切れません)。今回の措置に感謝はしていますが、ここまで言わないと分からないの?とは思います。某ブログの主は自分に痛いような不利な状況はほとんど消しません。そこが、本人の器だと私は思います。
 あと田中さんファンと思われる方の名前が無かったので見落としていました。この文面を見て驚きました。ある程度椅子は満席の上で座っていて靴があたると思っていました。誰かに当たるのは狭いからと思っていましたし、自分が何と注意したかをきちんと口語体で書いていたら理解できたかもしれません。私の理解力が無くて申し訳ありませんでした。椅子の上に立っている子供に注意したと最初の文面から読み取るのは無理だと思いますけど。
 と言うわけで田中様ファンの方。ご自由に。貴女を大好きなおじ様方がこのブログにうなるほどいらっしゃいます。多分この文面は消えると思うので好きなことを書いてみました。

投稿: nao | 2016年4月18日 (月) 01時31分

naoさん
勘違いされているようですが、この件は私には関係ありません。延々と実りのない議論をして当事者同士が不愉快な思いをされる事に意味があるのかと思い、管理人として介入させてもらっただけです。

ただ、いきなりの削除はフェアではなかったかもしれません。その点は申し訳ありませんでした。出来る限り公平にはしたいので、今回のコメントは掲載させてもらいます。

この件に関してはこれで最後にしましょう。宜しくお願いします。

投稿: 田中 徹 | 2016年4月18日 (月) 10時21分

田中様。私は貴方の意図があるかどうかは一応疑ってみましたが、多分無いだろうという結論をしています。念のためこの前のコメントも確認しました。多分受け付けないと言う事で私のコメントも入らないだろうと思いこちらにコメントしました。
 しかし多分これまで丁寧に読む事を心がけていたので、では通りすがりさんはAZ生様だろうかと想像しています。そして先にも書いたように馬鹿にする気持ちはありませんが、腹立たしい気持ちを隠して緩やかにふんわりと言ったのにその母親が睨んだと言うのなら私はその通りと思います。増してや椅子の上に立っていたのなら苛立たしく、相手が素直に受け取れないオーラを出していたのではないかと思います。
 責めたい訳ではなくて次の参考にして頂けたらと思い消されたコメントに一番言いたい事が書けていたと思います。
 そしてもうこれは書けないかな?と思っていましたが、南国通信様と思っていましたが(南国通信様申し訳ありません大変失礼な事を言いました)、ではこの方はAZ生様かな?と思っていました。
 もうこれで言いたい事は言わせて貰えたと思います。

 

投稿: nao | 2016年4月19日 (火) 22時45分

AZ生 久方ぶりにコメントさせて頂きます。
本ブログ主の田中徹さんの年末年始に入ってからの通貨・マクロ経済的なテーマが非常にレベル及び密度が高く、ホイホイと気軽にコメント出来るのが難しくなってきましてご無沙汰してしまいました。
私自身は血圧とか血糖値が高くなって来たりしてチョコチョコ医者に通ったりしましたが一応元気にしております、生きております。

ワッハツハ~ nao様への批判コメントはAZ生ではありません。実は私の家内は早飲み込みで意地っ張り・・・話がちっとも私とかみあいません・・・それでも、結婚後40年過ぎましたが孫が可愛いので、この子達の将来に向けての建設的な気持ちを保つ事を拠り所の一部として、なんとか明るく暮らしております・・・“継続は力なり”なのかもしれませんね。その為には日本を含む世界の経済政治軍事の推移が正常でないといけませんから一人ひとりの人間さんがちゃんとした認識を持たなければいけないのでしょう。TPPとか移民受け入れなんぞは排除した方がよいのでしょう。

お子さんの泥足が電車などで、他人様へ迷惑をかける件・・・ある程度お互いに我慢するしかないでしょうね。ただし子供さんへの躾は世界中の母親父親の頭痛の種ですがやるっきゃないでしょう。ウチも比較的近くに住んでいる娘一家に協力して頑張っていますー。


投稿: AZ生 | 2016年4月20日 (水) 03時47分

AZ生様ありがとうございます。
 この批判コメントはあまりにも返信が早いのでいつもの常連さんか?違うのか?が私が一番知りたかった事です。
 私は多分硫黄島様とはあまりにも言った事を捻じ曲げて受け取られるので、合わないのだから話はもうしないけど勝手に親近感を抱いてコメントを楽しみにしています。

だから私は他人を批判するつもりでここにコメントをしたことはありません。色々な考え方をする人に接し学ばせていただいています。この前の電車の件は本当に余計なお世話かもしれませんが、他人に注意したり、子どもを叱るとき、私は分かっていなかったなと思うことを書いただけなのです。

投稿: nao | 2016年4月20日 (水) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本人に対する言論弾圧を平然と行う政府 | トップページ | 財源は?永久債で。。 »