« お金という幻想に支配されるホモ・サピエンス | トップページ | スッキリしない話あれこれ »

2016年4月17日 (日)

財源は?永久債で。。

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

先週は驚くようなニュースが飛び込んで来ましたが、震度7であの程度で済んだのは不幸中の幸いと言えます。7の範囲が局地的だった事や、人口密集地でなかった事、地震に耐える新しい建築物が増えている事などが原因なのでしょうか。

しかし、続く16日深夜の大地震が本震だったと聞いて、さらに驚きました。やたら大きな余震が多いと思っていたら露払いだったようです。14日の地震で痛めつけられた建物が倒壊したり、復旧したインフラが再度使えなくなったり、人的被害も桁違いに増えて踏んだり蹴ったりです。

備えあれば憂いなし、とは言いますが、このクラスの地震に対しては空しく聞こえます。何か抜本的な改革が必要である事は言うまでもありません。法整備をして新築に関しては免震構造や制振構造以外は認めない(当然補助金付きで)という事にでもしない限り被害は無くならないでしょう。

Photo

既に日本には優秀な免震、制振、耐震技術があります。政府がいくらお金をかけてでも整備を急ぐべきは明らかです。その為の財源なんて何とでもなります。取りあえず政府が国債を刷って日銀に引き受けさせればいいのです。

問題は供給の方です。公共事業をケチって来たので肝心な時に人手が足りません。そのあたりも含め、やっているんだか、なんだか分からない国土強靭化を見直し、自然災害に対する安全保障を完璧にしていただけないでしょうか。

政府が本腰さえ入れれば経済対策としては抜群の効果があると思いますよ、安倍さん。日本の場合、軍事と自然災害の安全保障への需要はほぼ無限にあります。また先進国だからこそやれる事はあるのです。

運悪く被害に遭われた被災地の皆さんには言葉もありませんが、ひとまず、お見舞い申し上げます。

Cc876c2540194b07a578405f6cd07b6d

(それにしても今回、自衛隊の動きが速い。左翼政権の時とは大違いだ)

さて、前回の続きのようになりますが、今日はまたお金の話をします。

銀行に預けられた預金は同時に銀行の資産となり銀行の意志によって運用されます。預金者に支払う利息よりも稼がなければビジネスとして成り立たない事は明らかなので、利回りのよい投資先を求めて動く訳です。

また預金額の一定割合を日銀の当座預金に預ければ、そこに存在しないお金だって貸し出せるという話は前にもしましたが、今なら預金残高の1%程の資金を預ければ99%分架空の資金を貸し出せるのです。

但し、債務者が借りた資金を、貸し出し銀行の口座から動かす時には現金が必要になります。そこで日銀当座預金が出番になるのですが、A銀行からB銀行へ振り込む場合はA銀行の当座預金からB銀行の当座預金へ資金が移動する訳です。従って当座預金全体の増減はありません。

しかし、よくよく考えてみるとおかしな事に気がつきます。例えば預金残高の1%以上の資金を動かす場合はどうなるのか、と言った場合です。今なら300兆円近い残高が日銀当座預金にありますから、一銀行当たりの残高も当然1%よりはるかに多いので問題ないと思われますが、1%ならそうはいきません。

恐らくその場合は手持ちの国債等を日銀に買ってもらって対応する事になるのでしょう。という事は、手持ち現金、あるいは保有国債等の総額に当座預金残高を足したものが、予想される支払額を上回っていなければいけないのです。

例えば10兆円の預金残高を持つ銀行があったとします。日銀にはその10%の1兆円を預けているとしましょう。貸し出し残高が日本の銀行の平均は70%程ですから7兆円の貸し出し残とします。そうすると現金は残りの2兆円しかないのです。

これを国債で持つかはともかく、この段階で預金者が全員、全額の引き出しを希望したら・・3兆円分しか払い戻しが出来ません。これが意味するのは、ペイオフ制度があろうがなかろうが、最初から銀行は払い戻しをする気がなかったという事です。

または、親分銀行である日銀が面倒見てくれる、それ以外に手はありません。つまり、そういう事が前提でないと銀行という商売自体が成り立たない事になるのです。だと言うのに、ペイオフで1000万円しか保証しないなどというのは、一体何を寝言を言っているのか、ふざけるな、という事になります。

そういう金融システムを作った者(政府)の責任として全額保証が前提であるべきは明らかです。それで何か問題があるとは思えません。政府はいくらでも国債を刷る事が出来るし、最悪のケース、政府自らが政府紙幣を発行する事だって出来ます。

取り付け騒ぎが起きる程景気が悪いなら、最悪の事態を避ける為に、それくらいの事をしても罰は当たりません。当然やるべきではないでしょうか。その為の金融システムである筈です。

ところで、政府が日銀保有の国債に関して、償還期に永久債との入れ替えを検討をしていると聞きましたが、朗報ではないでしょうか。そうする事によって借り換えを繰り返す必要が無くなり面倒な手続きも省けます。

元々日銀が買いオペをした時点で実質債務は消滅していますから、どうでもいいと言えばどうでもいい話なのですが、マスコミや外野を黙らせるには必要な手続きかもしれません。

但し、凄い逆風が吹きます。そりゃそうです。これまで国民一人当たりの借金が〜〜、と言って来た事が真っ赤なウソだったとバレる事になりますから、財務省は必死で抵抗するでしょう。。

 

共感いただければクリックをお願いします。

|

« お金という幻想に支配されるホモ・サピエンス | トップページ | スッキリしない話あれこれ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

土木の供給力を、オリンピックなんかに使う必要も余裕もないのです。

どうせこの件で、外国人を入れるべきだとか、さらなる消費税増税を言い出すに決まっているのです。あの操り人形は。

投稿: Sura | 2016年4月17日 (日) 22時48分

操り人形を操作しているのは トウイツ今日界とかでしょうかね~地震とか移民推進とか消費税UPとか謎だらけの今日この頃・・・ 

投稿: AZ生 | 2016年4月21日 (木) 07時58分

消しました。これでいいですか?

田中

投稿: 南国通信 | 2016年4月22日 (金) 15時17分

みなさまお久しぶりでございます。南国通信です。

マウス操作のミスで「下書き」を確認のつもりで送信してしまいました。wwww(笑ってごまかす)アセアセ・・・

いつもはトラックボールなのですが、不慣れなマウスを使ってしまいして・・・トホホ

どうか田中さん(様)、できれば削除をお願いします。もしコメントの下書きをお読みになられた方々は、速攻で記憶をお消してくださいませ。

投稿: 南国通信 | 2016年4月22日 (金) 15時24分

・・・貴重なるコメント下書き

・・・へのコメント、お許し下さいませ。 数々の大変示唆に富んだ内容と受け取りました。感謝致します。ありがとう御座います。

投稿: AZ生 | 2016年4月22日 (金) 16時35分

南国通信さん ここからは消しましたが、私の手元には残っています。(笑)じっくり読ませていただきました。AZさんがおっしゃるように大変示唆に富んだ内容です。有り難うございました。

しかし保守ですねえ。(笑)

投稿: 田中 徹 | 2016年4月22日 (金) 21時43分

どうしても自分が嫌われている印象を消せないので怖気づき南国通信様の下書きを読み逃してしまいました。
 是非下書きの成文を読みたいです。
 ちょっと怖いですけれど・・・出来れば下書きも読みたいです(もしも失礼に感じられたら申し訳ありません)。
 

投稿: nao | 2016年4月22日 (金) 23時01分

田中さん(様)、すばやい対応に心より感謝いたします。ありがとうございました。

AZ生様・・・なんとも申し上げようがございません。wwwww。お褒めをいただきましてありがとうございます。でも、今はあの下書きは自分では纏め上げられないかな?と思っています。チャンスがあれば改めてトライしてみます。

nao様・・・「操り人形」という言葉をきっかけにして、私に湧き上がった考えを書いていたものです。気にしないでください。 
 また、余計なことかもしれませんが、人様に嫌われることを怖れないで下さい。邪悪なものはそこを狙ってきます。
 なにも好き好んで孤独になる必要はございませんが、孤高という凛とした(私はそう感じます)美しい日本語もございます。決してすべてを突っぱねるのではなくて、答えらしきものが見えるまでは、一部分でも良いですから考え続けることが大事ではないでしょうか。私なんぞは死ぬまでに答えが見つからなくても平気だとおもっていますから。
 大切なのは自分(己)に絶えず問うという姿勢でしょうかね? なにか大げさになってきてしまいました。 笑ってください。では。

投稿: 南国通信 | 2016年4月23日 (土) 07時35分

南国通信様ありがとうございます。心がほわっと温かくなりました。
 ただコメント常連さん以外の人に嫌われるのは屁でもないのですが、勝手に親近感を抱いているので常連さんに嫌われるのは嫌だなぁと思う小心者です。

投稿: nao | 2016年4月23日 (土) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お金という幻想に支配されるホモ・サピエンス | トップページ | スッキリしない話あれこれ »