« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

飽く事なき早さへの挑戦

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

オリンピックの400メーターリレーで日本人の若者4人が銀メダルを取りましたが、さすがに100メーター走で10秒を切らない4人が、全員9秒台のアメリカに勝つとは夢にも思いませんでした。

これはバトンパスの技術と言いますか、飽く事なき早さへの挑戦がバトンパスでのロスを排して達成した画期的な出来事です。既に殆ど究極と言えるのかも知れませんが、何かもっと早くするための要素がないか、他にも可能性があるかもしれないと思い始めた人は多いのではないでしょうか。

さて、早さへの挑戦といえば、ホンダが満を持してスポーツカーNSXの新型を発売しました。その国内での価格は2370万円と国産車史上最高額です。GTRが二台買えるこの価格設定は一部の大金持ちマニア向けとしても高すぎるのでは?という声もあるようです。

しかしながら私に言わせれば、これでは元は取れません。このクルマはエクスキューズが認められない超弩級スーパーカーの中でもフェラーリの上位モデルと肩を並べる最右翼と言える一台です。つまり性能に上限を設定しない戦闘機のようなクルマと言えば分かり易いでしょうか。

20150113192943_2   1087064

(折角発売されても米では2年待ちらしい、それならもっと価格設定を高くすればいいのに・・)

今ならF35か? 昔で言えば零戦です。最高速、航続距離、旋回能力、戦闘能力、相反する要素を全てトップクラスにする為に何をするかですが、もち ろん採算度外視です。

NSXで言うと300キロを超す最高速、0−60マイル3秒を切る加速性能、1000キロに及ぶ航続距離(これは戦闘機と違って地上にいるのでプライオリティは高くはない)、タイトなコーナーを高速で 駆け抜ける回頭性、機動性、加速性、制動性どれをとってもピカ一でなければいけません。その為に必要な事は言い訳抜きに全てやるとこうなる、という見本が NSXなのです。

従って、GTR(1100万円)やマクラーレンMP4-12C(2800万円)などという言い訳だらけのスポーツカーと比較しては失礼というもので す。(笑)しかも、そんなローテク車ではありません。スポーツカーとしての理想を追求した未来カーの雛形が超ハイテクNSXです。これはF-1などでは得られない量産車向けノウハウ、情報の宝庫となり得ます。

こんなクルマにどこで乗るのだと、やっかみ半分で言う人もいますが、それは買う人の勝手です。(笑)思い切り飛ばしたければ富士スピードウェイに行く手もあるし、眺めて楽しむ人もいるでしょう。街中を走る時に、その秘めたるポテンシャルを垣間みて、ほくそ笑むマニアもいるのではないでしょうか。

3097

(初代NSX アメリカなどで評価が高く未だに多くのファンを持つ)

そもそも4輪で走るクルマは真ん中に重いもの(エンジン、ミッションとかバッテリー、あるいは人)を集めて、出来る限り4隅にタイヤを配するのが理想的なレイアウトです。しかもそのタイヤが四つ足動物のように全て駆動し制御されるのが加速や制動の点でベストである事は論を俟ちません。

ニューNSXはと言えば、ミッドにエンジン、モーター一個を置き、これで後輪を駆動します。フロントは左右別々に専用の駆動用というよりは制御用?モーターを配し、四輪が電子制御により最適なトルク配分で別々に駆動、あるいは制動するという、正にチーターのような足を実現したのです。言い過ぎか(笑)

Photo

(チーターがヒントになったのかどうかは知りませんが、明らかに共通点があります。)

チーターは太くて長い後ろ足を蹴って高速で走りますが、前足もその補助をします。その場合でも駆動用というよりは方向性を決めたり曲がるときにバランスをとったりするのが主な役割と言えるでしょう。そう考えた時に500psを超えるリアの駆動力に対し一輪当り20psそこそこである前輪出力の理由が分かるというものです。

ともあれ、このプロペラシャフトやセンターデフ、フロントデフを持たないバイワイヤーでのフルタイム4WDはハイブリッドならではです。つまり従来の燃費だけのためのハイブリッドカーが、走りのためのハイブリッドカーに変身を遂げたのです。ハイブリッドである事の長所が如何なく発揮されます。

個人的に贅沢を言わせてもらえば、サイズがイメージより若干大き目です。一回りコンパクトで後100キロ程軽量なら言う事はないのですが、今後の課題という事にしておきま しょう。高性能バージョンも追加で出るらしいし・・いずれにしてもハイブリッドのポテンシャルを大きく広げたエポックメーキングなクルマと言えます。

File

(GTRを楽々凌駕するポルシェ918スパイダー/ V8 4.6L  612ps  +3モーター システム合計出力 880ps というモンスターだ。2013年9月発売 918台の限定生産 価格、約1億円)

そう考えると5000万円でも決して高いとは言えないかもしれません。何しろ直接比較出来るライバルがいないのですから・・・ライバルを、あえて選ぶとすればマクラーレンP1やポルシェ918スパイダー(どちらも1億円前後)でしょうか。

特にニュルブルクリンクでの最高ラップタイムを持つポルシェ918スパイダーにはレイアウトや考え方も酷似しています。面白くなって来ました。こういう挑戦はどんどんやって欲しいです。

NSX 主要緒元

  • 全長×全幅×全高:4490×1940×1215mm
  • ホイールベース:2630mm
  • パワートレイン:V6気筒 3.5Lツインターボ(ドライサンプ潤滑)+モーター×3(前2基、後1基)
    (冷却に、ラジエーター3基、インタークーラー2基、空冷式熱交換器10基、9DCT用熱交換器2基を採用)
  • 最高出力:581ps
  • 最大トルク:65.9kgm
  • ミッション:9速デュアルクラッチ
  • 駆動:4WDSH-AWD
  • 車重:1780kg
  • 燃費:12.4km/L
  • 前後重量配分:4258
  • 0-60マイル加速:3.0
  • 最高速度:307km/h
  • タイヤサイズ:F 245/35Z R19/R 295/30Z R20
  • ブレーキ:F 6ピストン/R 4ピストン カーボンセラミックブレーキ
  • ボディに、アルミニウム、超高張力鋼板、カーボンを使用
  • 走行モードを「Quiet」、「Sport」、「Sport+」、「Track」の4モードに切り替え可能な「インテグレーテッド ダイナミックシステム」を採用

新型NSX 価格

  • 日本価格:2370万円
  • 参考:アメリカ販売価格
    ベースモデル:156000ドル(約1890万円)
    フルスペックモデル:205700ドル(約2500万円)

共感いただければクリックをお願いします

| | コメント (1)

2016年8月29日 (月)

ついに支持出来るところが何もなくなった。

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

安倍首相は開会式の基調講演で、今後3年間で官民総額300億ドル(日本円で約3兆円)規模の投資を行う考えを表明した。あわせて技術者や感染症対策の専門家ら約1000万人の人材育成にも取り組む。

首相はこれらの支援について、「アフリカの未来を信じる投資、日本とアフリカが、互いに伸びていくための投資だ」と強調した。日本は2013年のTICADで、5年間で約3・2兆円の支援を示しており、支援を継続・拡充する。豊富な資金力でアフリカでの影響力を強める中国に対抗する狙いだ。

2016082701001501

国内では内需拡大と言いながらセコい補正予算しか出てこない安倍政権にしては大盤振る舞いですが、その資金はどこから捻出するのでしょうか。

政府が持つ外貨準備から出すのであれば未だ罪は軽いのですが、大半を米国債で運用していますから、3兆円も売ると米が怒り狂います。リーマンショック後もIMFに10兆円程拠出して怒りを買いました。どう考えても無理ではないでしょうか。



という事は短期証券などの国債を発行し、ドル買いで資金調達するしかありません。こちらは国内の緊縮財政派が怒り狂います。円安にはなりますが為替操作と言われかねません?それがまかり通るのも不思議です。



同じ3兆円でも国内で使う場合は廻り廻って自分のところにも来ないとは限りませんが(笑)海外で特にアフリカに投資しても絶対戻って来るとは思えません。これこそが無駄遣いでしょう。

支援した結果繁栄したとして、彼我の差は縮まり日本の存在感はむしろ薄れます。安全保障上も好ましくありません。発展した後に裏切られる事も十分あり得ます。今のフィリピン見ても分かりますが、日本が折角巡視艇などで支援しても新大統領は中国になびいています。(笑)地獄の沙汰も金次第です。

さらに繁栄の結果は人口が爆発的に増えますが、これも世界の不安定要素になります。食料、エネルギー問題は紛争の元です。そこまで面倒見れる訳がありません。もっと身の丈にあった援助の仕方があると思うのですが、3兆円とは度を超しています。

私は別に日本は鎖国すべし、と言っている訳ではありません。不安定で不誠実な世界との関わりは程々にして国内にもっと注力しろと言っているのです。海外へはリターンを求めない純粋な支援が望ましく、その場合も基本的には自立の手助けをする範囲に留めるべきです。

Photo_2

(嘘で塗り固められた慰安婦像、軍艦島の強制徴用もいかがわしい話です。強制性があったとしても日本人を政府が徴用するのは当たり前の事です。本土の日本人も大量に徴用されました。その代表は徴兵ですが、徴兵されて政府を訴える人は世界中を見てもいません。)

そんな事より日本にとっての、今そこにある危機は、日本周辺と、国内でさえ座視出来ない規模で広がっています。決してきれい事で済まされるレベルではありません。だと言うのに最近の安倍政権のデタラメぶりには目を覆いたくなります。経済は既に諦めていましたが、外交までこの体たらくでは支持をする訳にはいきません。

軍艦島世界遺産では強制徴用を認め、慰安婦問題ではあり得ない合意をする、そのあり得ない合意も履行されないうちに10億円払うと言った始末です。しかも今度は日韓通貨スワップへ協議再開と来ました。

そんな、情けない土下座外交を繰り広げる売国政権に政治を任していいのでしょうか。また日本人は騙されています。長期政権はやはり信用出来ません。

大体ですよ。あれだけ中国にコケにされても、大船団がやって来ても「我が郷は足日木の垂水のほとり」さんもおっしゃるように尖閣諸島に常駐公務員の ひとりも置けない、情けない状態な訳です。

韓国の場合、竹島はとられっ放しだし、在韓日本大使館の前にある怪しげな慰安婦少女の像も設置されたままで微動だにする気配がありません。面妖なことこの上ないと言わざるを得ないのですが、それでなぜ日本側がお金を払うのか。

世界中の慰安婦像を撤去し金輪際作らないと約束をさせて、竹島を返還をすれば、多少の通貨スワップには応じても、今の状態で金を直接貸すというのは国民の理解が得られる訳がありません。

今回のような場合はIMF経由で融資すればいいではないですか。それをしない理由は何でしょうか。利権でも絡んでいるとすれば許し難いのですが、麻生大臣のにやけた顔を見ると何かあるのではと訝しんでしまいます。

アフリカへの投資の件も会議に参加する企業・団体から200万円づつ徴収するそうですが、全部で1億6千万円にもなると言われています。誰の懷に入るのか見届ける必要がありそうです。

とうとう支持する政党がなくなってしまった。。

共感いただければクリックをお願いします

| | コメント (4)

2016年8月23日 (火)

世界で最も財政が健全な国

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

ブロゴスと言うサイトでトト姉ちゃんの花山の姿勢を評価する記事があったので覗いてみました。以下抜粋

花山は語る。洗濯機の判定基準とは何か。洗濯機に付属するタイマーの正確さや汚れの落ち具合の2つの基準で評価したとする。ある洗濯機はタイマーはより正確だが汚れはさほど落ちない。

他方の洗濯機はタイマーは正確ではないが、汚れは落ちる。評価結果の平均をとれば同点だ。だが、消費者にとってより重要なのは汚れの落ち具合だ。評価は単に平均点で示すのではなく、何がよくて、何に問題があるのかを伝えるのが本質である。

13423562_515482531974139_515591314_

うんうんそうだと頷きながらも、でも当たり前の事じゃない?とも思う自分がいます。(笑)結論としては私も日頃クルマの評論などで感じている事と近いなという感じでした。以下、中略にて抜粋の続き

評価者は、特定の利害や事情によって評価結果をゆがめてはいけないし、また、その基準やプロセスは透明でフェアであることが求められるからだ。これは評価に関わる者の倫理を語っている。日本ではさほど議論されていないが、その広がりに鑑みれば、評価者倫理は今後重要になる課題である。

その評価者倫理というのが、先日私も書きましたが、日本人の善悪の判断に対する感性は決して高くはないので問題になるところですが、ひたすら民度を上げて行くしかないのかもしれません。

いずれにしても、この方が最後で述べられているように「特殊な能力を持った者しか評価ができないとなると、評価が一部の者の占有物になったり不透明になる危険性を孕んでいる。」という点は大いに同意します。

今回の東京オリンピック利権もそうですが、利権構造に直結します。さあ、オリンピックも終わって本腰を入れるであろう小池知事が、透明化をどこまでやってくれるでしょうか。楽しみです。

そこで興味を持ってこの女の先生のサイトを見てみました。肩書きはもの凄いです。(笑)

国際公共政策博士(大阪大学)
独立行政法人大学改革支援・学位授与機構 教授
独立行政法人大学評価・学位授与機構 教授
同機構 准教授
非常勤講師 (東京大学公共政策大学院)、言論NPO理事、難民を助ける会監事
専門:非営利組織論、評価論

他にも色々あるようですが、肩書きはこのくらいにしておきます。

さて、肝心なブログ記事ですが多岐にわたっているようです。その中で気になった財政問題の記事から抜粋させてもらました。

たとえ2020年に黒字化(PBの事です)できたとしても、膨大な債務が残っている事実を直視すべきだ。つまり、黒字化は財政健全化に向けて小さな一歩を踏み出したに過ぎないのだ。債務残高は838兆円で、税収の15年分にあたる。仮に黒字化しても、借金返済には相当な時間がかかる。

これ程偉い先生でも簡単な嘘に騙されています。そもそも国の借金とは何ぞや?ですが、借金というからややこしいのです。借金の定義をここで言うまでもありませんが、凄く簡単に分かりやすく言えば、誰かからお金を借りる事でしょう?

じゃあ政府は誰から借りたのかと言えば、大半が金融機関です。しかも日本の銀行がメインです。そして銀行が持つ国債は満期になれば償還されなければいけません。具体的には、その銀行の日銀内に持つ当座預金口座に政府の日銀口座から振り込まれる訳です。

銀行が新たに国債を買えば、その口座から引き落とされ、政府の口座に移動します。それでバランスをとっているのですが、今は日銀が異次元緩和をしているのでご存知のように民間銀行の日銀当座預金残高は300兆円を超えていたりするのです。

Bs

数兆円もあれば問題ない当座預金残高としてはメチャクチャな額です。これに関しては政府の口座から移動した資金ではなく日銀が国債を担保に新たに刷った円です。印字しただけですけどね。(笑)

銀行にとっては政府が払おうが日銀が払おうが関係ありません。国債と引き換えに現金が貰えれば返済が終わったと解釈します。誰が返済しようがそんな事は問題ではないのです。

つまり、国債が現金に置き換わる=返済 が既にどんどん進んでいるのです。日銀は独立性を担保しなければいけないなどと言っても政府の一機関である事に変わりはありません。それは誰の目にも明らかで、結局は政府が返済をしている事になるのです。

これを見れば、我々の感覚で言う借金とは性格がまるで違う事が分かります。どこかから調達して払わなければいけない、という感覚が庶民のもの、家計の論理で、国単位ともなれば自分でいくらでも調達出来るのです。

それで何か問題があるのかと言えば日本の個人金融資産やマネーストックで表される金融資産は全く変わりません。国債という金融資産、つまり未来のお金が今現金に置き換わっただけですから当然です。

厳密に言うなら、日銀のバランスシートが異常に膨らんでいますが、特に債務超過になっている訳でもないし、例えそうなったとしても営利が目的の機関ではない政府の機関ですから何か問題があるとも思えません。

中には日銀当座預金は日銀の負債だから借金だと無理クリ悪い方へ持って行こうとする人もいるようですが、じゃあ日銀は誰から借りて誰に返済するのか、と聞けば答えに窮するに決まっています。そんな相手がいる筈がないじゃないですか。(笑)バッカじゃなかろうか。

円建て国債で、その大半が国内で消化されている限り、しかも日本のようなデフレの国で問題がある筈がありません。だからIMFも日本が世界で最も財政の健全な国だと太鼓判を押すのです。そんな事実も知らないのでしょうか?反日極左マスコミは日本に都合のいい事は言わないからなあ。(笑)

偉い先生方に素人の私から言うのもなんですが、そんなデタラメで国民の不安を煽るような事をしている暇があったら、もっとしっかり勉強して下さい、と言いたいです。

それよりも何度も言うようですがインフレにする事です。2%のインフレで全ては変わって来るでしょう。それを米が許すとは思えませんが、このままでは別の意味で厳しい事に変わりはありません。

有色人種の国が、白人の国よりも栄えるなんて事を米の裏にいるエリート達が許す筈がないのでプラザ合意の85年以降日本には手枷足枷がはめられています。その数がどんどん増えているのが問題なのです。

共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (9)

2016年8月16日 (火)

眩し過ぎる自由と正義の象徴

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

8月15日、終戦の日に靖国神社へ参拝に行って来ました。今年は時間が遅かったせいか比較的空いていました。入り口付近で一部の街宣車が騒いでいましたが、いつもの事です。今回は韓国議員が騒ぐとかの、大きな問題はなさそうです。参道で中国のメディアを発見しましたが、どんな嘘をつくのだろう。それにしても勇気があります。廻りには右翼や保守がうようよしているのに・・

Photo

例のヘイトスピーチ元祖の反天蓮は、常識的な規制により気持ち悪さこそ減ったものの相変わらずで150人程でしょうか。天皇制反対、靖国神社解体等を訴えていました。人の国に勝手に来て、明らかな内政干渉だろう。(笑)何で警察は野放しにしているのか?? 日本の闇、七不思議です。

Photo_2

(反天連デモへのカウンターとして毎年行われる頑張れ日本主催の保守デモ)

天皇陛下は全国戦没者追悼式でのお言葉で、昨年に続き「深い反省」との表現を使われた。基本的な構成は二〇一四年までの定型的なものに戻ったが、先の大戦で三百十万人の日本人が犠牲となり、周辺諸国に多大な被害を与えた歴史に真摯(しんし)に向き合い、決して忘れてはならないという陛下の強い願いがうかがえる。(東京新聞)

「さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします」「ここに過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」(実際の天皇陛下のお言葉)

安倍晋三首相は式辞で「戦争の惨禍を決して繰り返さない」と述べた。ただ、第二次安倍政権発足後の二〇一三年以降、四年連続で、歴代首相が盛り込んできたアジアへの加害と反省には触れなかった。(東京新聞)

NHKや売国極左新聞達は、どうしても「アジアへの加害と反省」とやらを盛り込みたいようですが、天皇陛下ご自身「アジアへの加害と反省」とは一言も述べられていません。どういう事でしょうか。

仮にあの戦争が日本による周辺国への侵略戦争だったとしても、そもそも侵略戦争を繰り返して来た欧米列強が反省をしたり詫びたりしたのを聞いた事がありません。なぜ日本だけが反省しなければならないのでしょうか。

ドイツの謝罪の場合は戦争と言うより、一民族に対する異常な弾圧と言うべきなので勝ち負けに関わらず例外ですが、戦争で勝った方が謝るというのはあり得なさそうなので、日本に謝罪の圧力がかかるのは敗戦国だからという事になります。だとすれば、それが正義と言えないのは明らかです。

しかし、いずれにしても、けじめはサンフランシスコ条約でついている筈なので、いつまでも謝ったり反省するというのは解せません。もういい加減にそんな昔の事は忘れましょうよ。(笑)侵略の事実が認められない中韓が主に騒いでいて、それ以外の国は特に望んでいません。

朝鮮併合は国際的に見れば国際連盟にも認められた弱小国の保護でした。大国に挟まれて翻弄され続け国としての体を成していません。客観的に見て、それを併合した訳ですから救いの手を差し伸べたのです。

その事実をなぜかひた隠し、マスコミなどは未だに植民地支配と言う表現を使っていますが、植民地にする程の魅力があったのか大いに疑問です。いずれにしても、併合して日本に組み入れた訳ですから、そこに住む人は皆日本人です。

その日本人としての権利を有する朝鮮系日本人に対して植民地支配をする、というのは矛盾した表現だと気がつかない筈はありません。事実をねじ曲げたい勢力が力を保持しているようです。

また中国での戦いは田母神さんのレポートにもあったように、コミンテルンによって米英の傀儡、蒋介石率いる国民党軍と戦うよう仕向けられたというのが大筋としての正しい見方ではないでしょうか。その証拠に共産党軍とは殆ど戦っていません。毛沢東に感謝された程です。

当時のソ連はドイツという脅威が西にあり、東からの挟み撃ちを最も恐れたというのは分かり易い理屈です。その為日本軍内部にも間諜がいて、軍事行動を南へ誘導したと思われます。満州にいる筈の関東軍も都合よく誘いに乗りました。念のため付け加えるなら、ソ連と国境を接する軍事緩衝地帯、満州は元々中国(当時、中華民国)の領土ではありません。

日露戦争の結果として事実上日本の統治下となった不毛の地を、五族協和という理念を掲げてインフラを整備し理想郷を作ったとして誰に後ろ指刺される事があるでしょうか。中華民国は勝手に領有権を主張しましたが群雄割拠の時代に、空しい遠吠えに過ぎません。

1931年の満州事変を契機に日本が清のラストエンペラー愛新覚羅溥儀を初代皇帝に据え傀儡国家満州国を建国するに至りました。それらの行為は完全に潔白とは言わないまでも、侵略とは程遠いし、反省をしなければならないような事かと言うと、歴史的見地からは強い違和感があります。現地にとってのメリットは計り知れないものがありました。

東南アジア諸国に関しては、当時タイ以外は欧米の植民地です。元々スペインの植民地であったフィリピンも米に騙され宗主国が変わっただけの哀れな植民地国家でした。従って侵略したと言うなら宗主国である欧米に対してという事になります。迷惑をかけたのは米英、蘭仏に対してで、当時正式な国名もなかったインドネシアやマレーシア他である筈がありません。

このように国別に見て行くと日本がアジア諸国を加害(侵略)したという事実はどこにもない事に気がつきます。むしろ欧米による植民地支配から解放したという表現の方がしっくり来るのです。天皇陛下は、そういう歴史的客観事実を検証されて「反省」という言葉を使われてるのでしょうか。宮内庁がアドバイス出来ないというのも解せません。

安倍首相は、その歴史的客観事実をふまえて歴代首相が述べたという「アジアへの加害と反省」という文言に敢えて触れていないと思われます。そこは暗闇でのかすかな光、安心材料です。(笑)

Photo_3

ところで少女時代(K-POP)のティファニーがKYな事をしたようです。こういう人がいるとほっとします。韓国人全員がいかれている訳ではないという証拠です。

Othe570

(ティファニーがデザインしたエンブレム?センスいいじゃない。何が問題なの?)

しかしこの程度の事に噛み付く韓国マスコミや韓国国民が怖い。。事実誤認も甚だしいです。日本と共に聖戦と信じて戦った、あの誉れ、崇高な理念はどこに消えたのでしょうか。旭日旗は侵略の象徴などではなく、自由と正義の象徴と言えます。

11605018_orgv1295627713

邪悪な連中にとっての旭日旗は、あまりにも眩しすぎるのでしょうか。

共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (1)

2016年8月10日 (水)

世界最強の通貨と言えども

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

 一人っ子と一人っ子が結婚して一人っ子を産むと、何千年かの後に、日本人が一人になります。その子は家計金融資産1700兆円を相続しますから、政府が借金を返すために1000兆円を課税しても、残り700兆円で優雅に暮らすことが出来ます。何も問題は起きないのです。

面白い事を書いているブログに遭遇しました。その人は日本の将来は少子高齢化で明るいと言うのです。人手不足が生産性の向上を生み、総供給力は減らないので労働者一人当たりの所得が増え、年金その他の問題も解決すると言うのですが、基本的には私と同じ考えです。頷きながら読んでいましたが、上のフレーズだけは??が付きました。

百歩譲って、その時まで政府の負債が増えも減りもしない、としても、民間の資産が700兆円もあるとは限りません。(笑)この方は資産=負債という概念がないのかもしれませんが、1700兆円の家計金融資産の反対側には必ず同額の負債が存在します。

つまり政府の負債が1000兆円のままなら国民の負債は700兆円もあるのです。但し、その700兆円は人口が減る過程で返済されて行きます。あるいは不良債権になるなら別の資産(不動産等)が金融機関に移っている事になり、それを売却する事で最終的に返済されます。

返済されたお金は貸出し残高と相殺されますから金融機関にも日銀券と硬貨以外の通貨は残りません。つまり大雑把に言えば政府に返済すべき1000兆円も民間の資産700兆円も人口が一人になった時点で消え失せる筈なのです。厳密に言えば対外純資産分の円が残り、それを日本が持つ外貨(海外投資から引き上げられた)と交換すれば外貨は残ります。

従って今のままだと焼却処分でもしない限り100兆円の日銀券+硬貨+340兆円分の外貨持ちという事になり、違う意味で大金持ちにはなれる訳です。不動産他の非金融資産も残ります。これが10人でも100人でも超大金持ちである事に変わりはありませんね。(笑)ただ、日本人が一人しかいないのでは外国は円の価値を認めないので、この場合結局外貨だけになります。

この事から分かる事は、どこの国でも同じですが、国内で流通している通貨そのものに価値はないという事です。価値は供給力、つまりものとサービスを産み出す創造力(技術力含む)にこそあるので、外貨を得るためだけの、物と交換しない輸出は愚の骨頂と言えます。

モノの輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は2兆3540億円の黒字だった。原油安の恩恵で輸入額は31兆4674億円と17・8%減った。輸出額も10・8%減の33兆8214億円にとどまったが、原油安による輸入額の減少の方が大きく、11年上半期以来、5年ぶりに黒字に転じた。

(輸入額、輸出額とも減ったという事は評価出来るが、所得収支の黒字が大き過ぎる。資源でも買って備蓄しようよ。)

先頃、今年上半期での経常収支が10兆円の黒字と言って騒いでいましたが、10兆円分も買う物がなく損をした言うべきです。挙げ句は円高になりますから踏んだり蹴ったりなのです。むしろネガティブな意味で大騒ぎすべきではないでしょうか。

一番貴重な資源(生産物)と紙切れを交換するのですから人が良いにも程があります。しかもその交換する外貨は円よりも価値が低いものです。世界で唯一基軸通貨ドルに対し4倍もの価値を持つに至った円は、言うまでもなく世界最強通貨です。

20831004

話は前後しますが、財務省は1000兆円の政府の負債は、なぜか国民が将来政府に返済しなければいけないとシャーシャーと言っています。しかし、この理屈も厳密に言うとおかしいです。論理の飛躍とさえ言えるのではないでしょうか。屁理屈以下かもしれません。

そもそも大半の国債は金融機関が買っています。その恩恵を受けるのは国民ですが、国民が返済すれば元も子もありません。そんなんなら最初からいらんわ!とさえ言いたくなります。(笑)さらに、金融機関が買うと言っても原資は政府から貰った国民の資金です。金融機関と国民の資産合計は預金高 X 2という事になりダブっている訳です。つまり国民が預けなければ銀行の資産もないという事になります。

たまたま預けるから銀行に資産が生まれ、その不確かな資産で国債を買う訳です。それに対して国が今行っているのは確かな現金による国債との交換です。日銀は政府の立派な金融機関ですからそういう事になります。

すなわち、国は既に返済を開始しているのです。国民が、じゃなくて日銀が(笑)既に400兆円近い買いオペをしているという事は40%返済が終わっている事を意味します。残りは60%ですが、このまま金融緩和を進めて行けば50%を超える日も近いでしょう。

仮に100%日銀が買ってしまったなら、日銀内で原則、保有国債=当座預金残高ですからプラスマイナスゼロで政府も国民も、誰にも借金していない事になるのですが、この段階でも財務省は国民一人当たりの借金と言うのでしょうか。(笑)とんだ嘘つきですね。市中引き回しの上、獄門晒し首クラスの嘘つきです。

国民が税金などで全額返済するという事は個人資産が1000兆円減る事を意味します。ところが日銀が返済すると個人資産は丸々残るのです。どちらが日本にとって有利なのかは明らかです。

そもそも国債は将来のお金です。その将来のお金が金融緩和で今のお金に置き換わっても日本の総金融資産は不変です。ならばインフレターゲットを設定している程デフレの今はどんどん置き換えるべきなのですが、貸出しも同時に増やして個人資産を増やさなければ意味がありません。

そんな素人にも分かる事を、政府は確信犯でやっていないように見えます。しかも需要がないなどと国民のせいにしているのです。そんなのは政策次第でしょう。財政出動をしたり、固定資産税を廃止したり、消費税を廃止するなどすれば間違いなく有効需要が生まれます。

全くナンセンスなのですが、世界最強の通貨と言えども使わなければただの紙切れです。

共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (3)

2016年8月 8日 (月)

技術大国日本の進むべき道

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

仕事仲間との飲み会で、ある人と珍しく経済の話になりました。一応安倍政権は支持しているようです。

その人曰く
「私は弱肉強食の新自由主義者ではないのですが、市場原理を優先する社会構造が望ましいと思っています。米のように強欲なるのは願い下げですが、日本企業が世界で自由に活躍する環境になればいいと思いますね。」


「そう都合よくは行きません。(笑)対外的には規制をしながら、日本企業だけは自由にやるなんて、虫が良過ぎるでしょう。企業が動き易い環境はもちろん企業にとっては有り難いのですが、その企業は必ずどこかの国に属します。という事はいやでもその国の貿易収支、経常収支に関係して来るのです。これを放置すると企業は自社利益の最大化を目指しますよ。それは結局民主主義に反する事になりかねません。」

その人
「でも自由貿易は大事でしょう。資本主義においてはそこが魅力じゃないですか? 日本もそれで成長して来ました。利益を最大化して何が悪いのですか?」


「例えばドイツの様な工業先進国が外需依存の輸出優先策を採ると経常収支の黒字が巨大になります。しかもユーロ圏に属しますから、そこでは無敵になり経常赤字国を量産してしまうのです。それでは持続可能とは言えません。ギリシャも破綻したじゃないですか。つまり、国という単位を尊重するなら企業の出来る事は限られるし、ある程度制限を受けるべきではないでしょうか。」

その人
「制限してはいけないでしょう。それでは共産主義のようになりませんか? ギリシャのやり方はずるいです。ドイツが怒るのは無理もありません。もっと真面目に働くべきと思いますが。」


「日本の場合も言うまでもなく強大な工業先進国です。その国が外需を取りに行く政策を採って来たから経常黒字の累積が巨額な対外純資産を産み出しました。340兆円も溜め込んで、それで国が豊かになりましたか? 貿易黒字に対するペナルティと言える円高が進み、デフレ不況に苦しんだではないですか。

しかもその反対側には米のような巨額経常赤字国を作りました。でもそっちは日本に国債売りつけて結構優雅にやっている、なんか不条理でしょう。(笑)これは基軸通貨国の特権とも言えます。ギリシャにその手は使えない。」

その人
「巨大な対外資産分は国内にも還元されましたから、悪い事ばかりとは思えません。自動車などの産業は多いに潤いました」


「一見それが正しいように思えますが、実はそれがいけないんですよ。(笑)それでは輸出企業を国が優遇する事になるのです。貿易黒字で入って来たドルなどの外貨は必ず円に替えられますね。そうでないと国内では使えません。その時に政府が円を用意するのですが、中国のようにただ元を刷って通貨を増やすだけではドルペッグと言われ批難されます。一種の為替操作ですね。

それではまずいので日本の場合市場から短期証券などと交換で円を吸い上げます。いわゆる不胎化です。という事は、国債を刷って公共投資をするのと何ら変わらないのです。つまり、国債と交換するのが別に外貨である必要はない訳です。しかも肝心な資源と技術の塊である製品は海外に取られてしまいます。日本人はそのメリットを享受出来ない。」

その人
「え~~、そんな事を言ってもお金はお金なので外需は貴重でしょう?クルマを買ってもらってドルを払ってもらったなら立派なお客だし、お金も入って来ます。何がまずいのか分かりません。」


「日本人に売れば売り手に円が入り、買い手は同価値の製品が手に入ります。つまり一粒で二度美味しいのです。しかもその製品を使う事によって生産性の向上も望めますから、うまくすれば一石三鳥にもなる訳です。これが海外に売ったなら買い手にお金が入っただけで、後のメリットはないでしょう。」

その人
「なるほど、そう言われたらそうかもしれませんが、未だなんか納得いかないなあ。屁理屈じゃないの?(笑) 貴方の会社だって外需で儲かっているしょう?」


「農業などの弱い産業を持つ先進国が、その産業を守り国の形を守りたいなら他国の弱い産業に対しても尊重する姿勢が必要です。市場原理を優先してそれが可能ですか? 体のいい弱肉強食ではないですか?

関税などで弱い産業を守りながら強い産業を野放しにすれば、重商主義と言われても仕方がありません。そうなるとTPPなどを受け入れざるを得なくなるのです。その結果国の形は崩れてグローバル化が進みます。私の仕事?・・は技術輸出だし零細企業だからあまりそれらと関係ありません。(笑)」

その人
「グローバル化やTPP、FTAなどを否定されても、普通の日本人はピンと来ないでしょう?国も進めているし、何が正しいんだか分かりませんね。」


「そうなんですよ。マスコミもそっちの方向ですからややこしいです。日本人は皆そっちの方向で刷り込まれています。非常に頑固ですよ。思い込みが激しい人が多いです。特に年寄りは柔軟でない。」

Photo

  (西麻布の権八、映画キルビルの舞台となった)

さらに私
「アベノミクスで内需拡大と言いますが、これまでの外需依存の延長線上で、それが出来るとは思えません。経常黒字が大きい程円高に振れていきます。その結果はデフレからの脱却を遠退かせ内需を圧迫するのですが、生産年齢人口が減って行く今の日本では外需と内需はトレードオフの関係にあります。

ならば、どちらを優先すべきかは明らかではないでしょうか。観光立国で4000万人の外国人観光客を目指すなんてとんでもない話ですよ。労働生産性が低い分野を拡大しても、他の分野で人が足りなくなります。肝心な土木建築に人が集まりません。」

その人
「う~ん、なるほどね。何となく分かったような。(笑)マクロ経済は難しいですね。今度勉強しておきます。しかし何で貴方はそんなに経済にうるさいのですか?」


「リーマンショックで痛い目に遭いましたから、その原因を自分で調べようと思って、そうしたらマスコミや政府が言っている事が嘘だらけだという事が分かって・・お陰で私なんかメチャクチャ損をしましたよ。(笑)笑い事では済まないんだけどね。。」

概ねそんな会話ですが、若干膨らませました。(笑)

クルマを海外に売ると日本が損をするという話は、なかなか納得してもらえないようです。ひとつには需要の問題があります。飽和状態の国内市場で、どうやって輸出分を消化するのかと疑問に思われても無理はありません。

別にクルマに限定する事はなく、その資源を国家として戦略的に他に振り替える事は可能です。例えば住宅や防衛などはまだまだ需要が望めます。住宅は既に余っていると言われるでしょうが、フランス人言うところの兎小屋が多すぎるのです。もっと先進国の人間らしい広い家、例えば延べ床面積が100~200平米の戸建てなら100~150坪くらいの土地は欲しいでしょう。そう考えて行けばむしろ日本は狭いと言えます。

集合住宅もマンションとホラを吹くくらいならせめて100平米以上を標準にしたいです。内容もリッチにしましょう。土木建築の分野も需要は無限です。もっと災害に強い環境を100年計画でも立てて整備すべきですが、国土強靭化計画はどこに行ってしまったのか。(笑)毎年同じ災害を繰り返しています。

クルマに限定したとしても、買い替えのサイクルをもっと短くする手があります。環境面でもその方が有利です。5年も乗れば環境面の性能はかなり見劣りします。ならばその中古車を新車の代わりに途上国に輸出すれば貿易黒字も生み難い訳です。

日本人は世界に範を示すためにも高性能で環境にバッチリの高付加価値車に乗ればいいのです。その場合、高級ドイツ車のように販売台数ではなく、売り上げ重視にシフトするべきです。(ヘリマネとセット)軽自動車にコテコテと色々なパーツを付けたり飾ったりして乗るようなしょぼい習慣は卒業したいものです。

いずれにしても、全ての面で日本がお手本になる事が地球のためである事は間違いありません。

共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (2)

2016年8月 5日 (金)

日本が失って来たもの

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

安倍新内閣、顔ぶれを見ると積極財政派が要所に固められているように見えます。と言う事はPBは無視して国債でも大量に刷るのでしょうか? ちょっと期待出来そう?

ガチガチの財政再建派の稲田朋美氏は防衛大臣に追いやられました。? 抜擢という声もありますが、適材適所と言った方がいいかもしれません。8月15日には必ず靖国神社に行けよ。(笑)それが君の存在価値です。

さて、またぞろゾンビのように蘇り、円高に動き始めた為替ですが、結局はプラスマイナスゼロなので、円安、円高どちらでも同じだという人がいます。むしろ円高の方が国益に叶うと考えている人も少なくはないようです。

円ベースGDPが成長しないなら、そっちを選んだとしても批難は出来ません。紫BBAの1ドル50円は極端としても円が高いというのは決して悪い気はしないのです。海外に行っても偉くなったような気がします。

しかし、よ~く考えてみましょう。変動相場制とは言え、世界最強のドルに対して4倍以上もの価値を持つようになった通貨があるでしょうか。マルクでさえ2倍ちょっとです。(同期間で)これが何を意味するのかと言えば、やはり日本たたき以外に思いつきません。覇権国米が猪突猛進で迫って来る日本経済を放置する筈はないのです。折角軍事ではやっつけたというのに経済で負けては何にもなりません。

そこで通貨高を日本に容認させる事が最も日本経済を衰退させる効果的な方法だと考えたのはさすがです。当然その先にはデフレと、それに伴う不況が待っています。例えばですが、為替が固定相場制であったなら単純計算ですが、プラザ合意の頃との比較で日本人労働者は、実質4倍以上の収入を得ている事になるのです。三面等価の原則からも明らかと言えます。

ところが円高にすれば円ベースのGDPを横ばいにする事が可能になります。付加された価値は円高で吸収すればいいのですから一見違和感はありません。その結果、国内向けには、もう成長しない国と喧伝することが出来ます。海外メディアもなぜか日本の為替レートが対ドルでここまで高くなった事を無視して日本に低成長国の烙印を押すのです。不可解と言わざるを得ません。
Gdp

(これを見て何も感じないなら、あなたの感性は壊れています。90年あたりからの横ばいは、上がった付加価値が円高によって吸収された事実を示す。)

もし為替が固定ならデフレ圧力は低く、毎年付加価値アップ分がインフレ分と合わせてGDPに上乗せされます。普通の国はそうです。それがバブル時代を含む80年代のような、平均6.2%でなく5%程度であったとしても30年間で為替と同じく4倍成長という数字は現実的です。大半が付加価値アップ分と言えますが量的なものより質の上昇分です。

その場合、何が起きるのかと言うと、当然ながら地価はここまで下落しません。85年当時と比べればむしろ上がっているでしょう。私の知り合いを例にとって話をしますが、85年当時坪150万円で買った土地は4倍とは言いませんが3倍の450万になっていてもおかしくありません。収入が4~5倍ならもっとかもしれませんが、一時的に発生したバブル分を差し引いて3倍とします。

例えば、当時の収入が月平均で60万円だったとすれば20万円/月のローンは厳しいものがあります。家族4人の生活はギリギリだったのではないでしょうか。それが年に5%も経済成長するなら、5年も経てば随分と楽になります。変動金利の住宅ローン前提でも収入増が金利負担増をはるかに上回るのです。

その勢いで30年も経ったならローンは完済し自分の手元に不動産が残りますが、450万円 X 50坪とすれば土地だけで2億2500万円の資産になっている訳です。その時の年収が4倍として2880万円、定期昇給分を含めれば5倍の3600万円でもおかしくありません。

ところが現実にはデフレ円高不況により坪150万円は半分の70~80万円まで下がっているのです。80万としても50坪なら4000万円ですから、為替変動がない場合との比較では1億8500万円のマイナスになるのです。恐ろしい程の差です。

税制が大きく変わっていなければ累進課税で多額の税金を払う事になりますから今のような税収不足もあり得ませんし、消費税も導入されていないでしょう。と言う事は予想をはるかに上回る経済成長だってあり得る事になります。

Photo

(クラウン 4ドアハードトップ 3000cc 400万円/85年当時)

その時クラウンの価格は当時の4倍として1600万円くらいしでしょうか。為替が240円のままなら6万6千ドルちょっとですから、正に今のレートでの最高級車クラウン・マジェスタの価格(日本価格695万円)と同等です。

輸出をしたとしても現地価格が7万ドルくらいになりますから高級ドイツ車との比較でも十分競争力があるのではないでしょうか。だからと言って売り過ぎるとペナルティを課され円高になります。そこは利益分をもっと乗っけましょう。そうすれば今のように、何かにつけてダンピングなどと言われる事もない訳です。

このように、借金をしても年々負担が軽くなるなら重ねて借金をする事が出来ます。基本、土地が担保なので返済が進めば担保価値が増す訳です。銀行の評価額も経済が右肩上がりなら今のように低くはなりません。ただ金利だけは高いのでしょうが、資産に対する金利も高いのでそれはほぼ相殺されると考えられます。これにインフレが乗っかれば鬼に金棒という訳です。
Img_253706_32757704_0jpeg

当然ながら銀行の貸出し残高も右肩上がりです。その結果はマネーストックを増やし消費がさらに進みます。85年当時がM2+CDで約300兆円ですから5倍(ドルベースでの経済成長分)とすれば1500兆円です。実質GDPで言えば85年が333兆円なので、それが30年後に4倍(為替の価値アップ分)の1332兆円になるなら、マーシャルのKが最近の実際の傾向である微増だとして十分整合性は取れます。

死んだ子の歳を数えても始まらないとは言いますが、この30年間に外圧と失政のせいで国民が失ったものは余りにも大きいと言わざるを得ません。。

共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (0)

2016年8月 3日 (水)

日本人の感性を疑う・・

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

テレ東のニュースキャスター出身で、20年以上に渡る政治家としての経歴も伊達ではない小池百合子氏が、組織票なしを考慮すれば圧倒的と言える大差で都知事に選ばれました。相手が格下で勝手にこけたという事を考慮しても??が付くくらいの出来過ぎです。

誰かが小池氏は女子力を上手く使う男だ、と言っていましたが、言い得て妙ではないでしょうか。あのにこやかな笑顔の裏には深慮遠謀があり、男と言えども逆らうとただではおかないぞ、という凄みを感じます。彼女に逆らったりコケにした連中は首を洗って待っていた方がいいかもしれません。(笑)

622020e983bde79fa5e4ba8be981b8e381a

           (さすが元防衛大臣)

しかしながら、一応保守ではあり、唯一政治家らしい動き、演説が出来る候補者が勝ったという事実については、ひとまず安心出来ます。ただのお飾りにはならないでしょう。都知事と言えども能無しタレント知事の時代は終わったのでしょうか。

今後が注目されますが、どうやら公約であった筈の(出来ない)冒頭解散はないようです。いきなり不信任案が可決されれば話は別でしょうが、小池氏自身が既にトーンダウンしています。そこが政治家の政治家たる所以か? まあそこは大して期待しているところでもないので百歩譲るとして、在日オリンピック利権にだけはメスを入れなければ支持を失います。

その黒幕は森元首相と言われ、伏魔殿と揶揄される自民党東京都連も利権にどっぷり浸かっているようです。今回そのドンである古いタイプの悪徳政治家、内田幹事長があぶり出されたのは怪我の功名でした。裏社会との繋がりも噂される中、女性の小池さんに、どこまで透明性が確保出来るか疑問ですが、官邸と組んで少しでも膿を出してもらいたいです。



もう一人の保守候補、桜井誠氏は自分の役割を果たしただけではないでしょうか。目立つ場で在日利権を糾弾する事に意味がありました。そういう点では通常の街宣より効果は抜群です。歯切れのいい演説で大勢の有権者を引きつけていました。元労働大臣の山口氏も、利権追究のためだけに立候補したと言っています。その為に私財を投げ打つ姿は立派なもんです。

ところで、小池さん出身のテレ東WBSで一昨日、小池さん自身が「東京を世界三大金融拠点としたい」と言っていました。早速本性を現したようですが、よく考えれば彼女は根っからのグローバリストです。これはとんでもない危険な考え方です。

なぜ金余り大国である日本の首都が、胡散臭さの総合商社である国際金融をこれ以上招き入れなければならないのでしょうか。そもそも株で散々いいようにやられているではありませんか。これ以上日本の富を差し出すおつもりか?

海外からの直接投資も増やしたいと言っていましたがデフレ日本にとって言語道断です。増々デフレを促進します。全く経済が分かっていません。バカ左翼よりはましだったのかもしれませんが、別の意味で危険人物です。

しかもそんな事は公約で一言も言っていません。(笑)彼女の仕事は黙って男らしく都議会の透明化を図り、オリンピック利権にメスを入れる事です。誰も望んでいない事をシラッと入れて来る・・本当に油断も隙もならないトリッキーな人物と言わざるを得ません。やっぱ桜井さんになってもらった方が良かった。(笑)

ここまで書いて、さらに経済記事を少し追加して今日アップするつもりでしたが、朝のテレビニュースを見て変更せざるを得なくなりました。何と、陰湿ないじめをいい大人がしているのです。もちろん小池新東京都知事に対する内田幹事長始めとする自民党東京都連(与党)の連中です。

画面の向こう側にいる何百万の有権者が見えないのでしょうか。とても選挙を戦って来た議員とは思えません。バカ丸出しです。こういう連中にだけは政治を任せたくないと思った人は多いのではないでしょうか。

一言で言うなら感性の鈍さでしょうか。そういう愚かな事をすれば、どういう結果が待っているかという事を思い浮かべる想像力がないのです。善悪の判断力も弱いかもしれません。

そう言えば自動車の世界でもあります。特に評論家と自称する人達ですが、恐ろしい事に知識も職業的プライドもなければ直感的に善悪を判断する洞察力、感性もないようです。

やたら「これからはディーゼルの時代だ」と言っていましたが、私などはおかしいなあ(笑)と思っていました。どう考えても、 そんな筈はないからです。案の定クリーンディーゼルなどでドイツ車を褒めていた連中は○○社からお金をもらっていた事実が発覚しました。大御所と言われる人も含まれているのですから驚きです。

そう言えばそのお方、公正中立に評価をすべき評論家の立場でありながら国内大手メーカーのCMに出てシレッとしていました。出す方も出す方ですが、受ける方も受ける方です。日本人のレベル(民度?)も・・大した事ありません。

共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »