« 今をときめく?二人の女性政治家 | トップページ | 仁義なき日独戦(前編) »

2016年9月22日 (木)

金融政策より規制強化を優先すべし

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

連日、豊洲問題でマスコミは賑わっていますが、ここまで騒ぎ過ぎると何か想像もしないところから圧力がかかっているのではないかと訝しんでしまいます。一番肝心な自民党都議連利権、オリンピック利権の透明化に果たして辿り着くのか心配になって来る今日この頃です。

ここまで魑魅魍魎共を野放しにして来た青島、石原、猪瀬氏ら、歴代無責任知事の責任は重いと言わざるを得ません。石原さんは自覚があるようで謝罪していましたが。。

さて本日は経済の話です。日銀が10年もの以上の長期国債の金利を、0%を下限に、それ以上に誘導すると発表した事を受け、マスコミは量から金利に金融政策の軸足を移したと報じています。買いオペは今後段階的に減らして行く事になりそうです。

と言われてもなんの事やら・・目が点になっている人は多いのではないでしょうか。(笑)その制御の仕方がよく見えません。少なくともマイナス金利の深堀を予想していた人は拍子抜けした事でしょう。私は特に何も期待していなかったので何とも思いませんが。。

まあでも、それはそれで良かったのではないでしょうか。だって年80兆円のペースで買いオペを続けたなら市場から国債が枯渇してしまいます。という事は価格が高騰しマイナス幅は際限が無くなって、買う日銀としても困る訳ですから、どこかで出口らしきものを見つける必要がありました。

かと言って今さら180度の転換も出来ませんから、程々の線でバランスをとったというところが真相なのかもしれません。いずれにしても今回の決定は、廻りから見れば苦肉の策に見えても仕方がないのではないでしょうか。

M3

(青線ーマネタリーベース増加率/赤線ーマネーストック増加率)

これまでの黒田日銀の政策を採点してエコノミスト達は辛い点数を付けています。そりゃそうです。当座預金残高が300兆円になってもマネーストックは全くと言っていい程増えなかったのですから辛くもなります。その結果は2%のインタゲからは程遠く、GDPも増えません。

一時的に円安にはなりましたが、原油安やEU不安等の外部要因で結局円高に戻り元の木阿弥です。株価だけは民主党時代より高めの水準を維持していますが、今後円高が進めば、それもどうなるか分かったものではありません。前途多難です。

ところで今回、アベノミクスを傍観していて再確認した事があります。それは為替です。つまり変動相場制の為替が諸悪の根源ではないかという事です。そこに持って行ったのは米ですが、やはり先見の明があったというか、それによって日本を抑え込み、基軸通貨を持つ覇権国家の座を死守しました。

アベノミクス効果によって? 一時120円を超えた為替ですが、それによって実質的なインフレが起きたかと言えばノーです。1%以上の時があったと言われるかも知れませんが、それは円安でエネルギー等の輸入資源価格が上がったからです。

本来物価はコアコアCPIで見るべきところコアCPIで見たのでそうなりました。その意味はありません。コアコアで見たならデフレ基調(東大指数)は変わらないのですから、円安誘導が物価高には結びつかなかったのです。

そもそも輸出に強い産業は生産の海外拠点化を進めており、それらへの部品供給のための輸出も円建てが普通になっています。多少国内回帰があり逆輸入は減ったようですが焼け石に水でした。その結果は大幅円安でも思った程の黒字にはならず、関係者は首を傾げます。

酷いのは日本の競争力が落ちた、などと言い出す始末ですから見識を疑います。全く関係ありません。そうではなく、円安になってもいつまた円高に戻るか予想が出来ないと思ったメーカーは、海外へは200兆円近く投資をしても国内では動かなかったのです。

結果として貿易収支は黒字基調に戻り、同じ円高でも今度は資源価格が下がったので経常収支の黒字幅は急激に増えてリーマンショック前に戻りつつあります。昨年度は20兆円近い黒字でした。実はこれこそが曲者なのです。これでは円安に誘導する政策が無効になります。

Bpgaiyoupg2015cy

その結果デフレが進み、賃金が下がる元の悪循環へ直行なのですが、相変わらず政府の外需依存策は変わりません。2020年を睨んで4000万人の外国人観光客受け入体制作りに余念がないのですから何をか言わんやです。

私は大幅円安など望みようもない今となっては、個人的には少し円高(1ドル100円くらいか?)で、その状態が維持出来ればいいと思っています。プラスマイナスが片側1円前後で推移すればそれだけで全く様相が変わって来るのではないでしょうか。

政府が輸出や逆輸入を制限する政策を採り、金融の不自由化を進めれば行き場所のなくなった資本(内部留保等)が国内に向かいます。それと呼応して財政出動を積極的に進めれば、何かにつけて円高に動き易かった従来の流れが、物価高に振れて行く事は自明です。

日本に必要なものはまず物価高です。供給を刺激する規制緩和でも構造改革でもTTPなどのグローバル化でもありません。もちろん外需依存の観光立国などは論外です。次に必要なのが生産性の向上ですが、外国人労働者を入れなければ自然にそのインセンティブが働くでしょう。

人手不足の時代に自動運転車なども一役買うのでしょうが、遠い将来には光り輝く素晴らしい世界が待っている・・筈です。(笑)その詳しい話は近日中にしたいと思います。大した話は出来ませんので、あまり期待しないで気長に待っていて下さい。

共感いただければクリックをお願いします。

|

« 今をときめく?二人の女性政治家 | トップページ | 仁義なき日独戦(前編) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

金融の不自由化、大賛成です。もともと外資を呼び込むための自由化でしょう。そんなものは必要ないですね。

投稿: 八丈島 | 2016年9月23日 (金) 18時43分

国にとっての金融政策は、本来国民主権に基づく金融政策(通貨発行・財政出動と物価安定及び所得格差を抑制するための徴税・補助金)以外は必要ないのです。

そして現状を鑑みれば、株式や保険などの金融は「搾取」でしかないのです。

しかも安倍政権は、移民や帰化条件の緩和まで言いだし、ただひたすら、金融を握る勢力の傀儡でしかないのです。そのためなら、日本及び日本国民等らを消滅することを厭わないでしょう。

投稿: Sura | 2016年9月26日 (月) 00時12分

私が怖くて発言出来なかった地球人の本当の敵の正体を暴いた様ですね。。。

投稿: AZ生 | 2016年9月27日 (火) 12時21分

Abeさんは困った人ですが、日本海のあっち側の南北K国とかジャイアンC国、太平洋のあっち側のジャイアンA国オーさんとかよりかはマシなのが日本人にとって悩ましいところですね。J民党内でも半分はあっち側のお花畑に化けた工作員。国内の野党は殆どあっち側の工作員

投稿: AZ生 | 2016年9月28日 (水) 23時08分

 経済の事について書かれている記事が勉強になりますが、半分も理解できているか?がよくわかりません。
 アベ政権と金融庁がタッグを組んで国債を刷りまくる状況は碌なことにならないのではないか?。
 アベ総理が就任してから国会通過している法案は、すべていかん!!。という気はありませんが、どう考えてもアメリカに追従しているとしか思えません。気が向いたら答えていただけるとありがたいです。

投稿: nao | 2016年10月 1日 (土) 00時45分

>どう考えてもアメリカに追従しているとしか思えません。気が向いたら答えていただけるとありがたいです。

naoさん、安倍さんが対米隷属である事は、私もここで何度も言って来ました。TPPがいい例ですが、米が(表向きは)やらないと言っているのに、何で日本が拙速にまとめようとするのか全く理解不能です。

日本にとって何のメリットもないTPPを、何としてでも潰そうと画策するのが日本の政治家の役目の筈です。

>アベ政権と金融庁がタッグを組んで国債を刷りまくる状況は碌なことにならないのではないか?。

これに関しても何度も書いていますが、国債を刷る事が、将来へのツケになる、というのは大嘘です。そう言っているまともなエコノミストも最近多いですよ。私が勝手に作り話をしてる訳ではありません。(笑)

だって考えてもみて下さい。国債の大半は政府の一機関である日銀が持っているのですよ。その日銀が政府に払えと言っても、払われたお金は結局国庫に戻るのですから、仲間うちでお金をくるくる回すだけです。

つまり誰に返さなければいけない訳でもない負債なので放置しても問題はないのですが、一応政府は律儀に償還しています。

いずれにしても国家財政と家計の論理とは全く違うという事を理解して下さい。

投稿: 田中 徹 | 2016年10月 1日 (土) 18時57分

naoさん

補足説明です。国債を刷りまくっているかどうかは日銀当座預金残高をみても分かりますが、今は刷りまくってはいないようです。当座預金残高が増えているという事は日銀が買っている国債の方が多い事を意味します。

むしろここが減るくらいの方が日本経済にとってはいいのですが、安倍政権はどちらかと言えば緊縮財政を推進し、政府負債残高を減らそうとしています。

投稿: 田中 徹 | 2016年10月 2日 (日) 07時40分

田中様丁寧にお答えいただきありがとうございます。しかしやっぱり国債に関してはちんぷんかんぷんでなかなか理解しきれません。
 なんとなくマスコミは国債を刷りまくっていると報道しているような気がするのですが、マイナス金利だから日銀が買っているように見かけ上操作されているような気もするし、何をどう判断すれば良いのか、子どもでもわかるような説明でないと分からないような気がします。
 私の理解力が浅いだけですので田中様のお返事は無くてかまいません。お忙しいと思うので、もしも時間がたっぷりあって気が向いた時だけお返事ください。
 ありがとうございます。理解しきれなくて申し訳ありません。

投稿: nao | 2016年10月 2日 (日) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今をときめく?二人の女性政治家 | トップページ | 仁義なき日独戦(前編) »