« 時代遅れの経済学で衰退する日本 | トップページ | 政府が頼りないので国民はいつまで経っても苦労する »

2016年10月30日 (日)

抜けない植民地根性

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

フィリピンのドゥテルテ大統領が来日しましたが、日本に対しては好印象を持っているようで、盛んにリップサービスを展開していました。いずれ、その時が来れば日本の側に立つ、というのも泣かせるではありませんか。・・というのは表面的で、私には、どうしても金をせびりに来たヤクザの親分にしか見えないのです。中国でも同じようなリップサービスをしていました。

Photo

麻薬の撲滅ときれい事を言っても暴力団同士の抗争、言わば仁義なき戦いのようにしか見えません。これまでに殺された人の身元に関しても全てが定かな訳ではないと言います。余りにも乱暴なやり方に将来を危惧する知的地元民は多いのではないでしょうか。

日本に来る前に、まず中国に飛んで行き、そこで何を話したかは知りませんが、自分の損になる話をする筈はないので、そこでも無心した事は確かでしょう。ところが台所火の車の中国からは色よい話が聞けなかった、あるいは凄く気前のいい話をされて、返って疑ってしまったか? (2兆5千億円規模の経済支援という説も)

いずれにしても、もう一つのカード、日本から得られる援助はある程度計算が出来ます。それを確実にするためには何でもするし言うでしょう。実際円借款が決まったそうですが、日本としては、それが返済される事より反日に廻さない為の捨て金的意味合いが強いのかもしれません。それにしても50億円とは?中国と桁違い(笑)

ところで天皇陛下への拝謁が叶わなかったのは何かの巡り合わせか? 不幸があったとは言え寸でのところで回避しました。天皇を前にしてガムをくちゃくちゃされた日にゃたまったもんじゃありません。どこの馬の骨とも分からない、下手をするとポルポトにさえなりかねない独裁者風情が天皇に謁見するなど100年早いわ!

と言いたいところですが、私に本当の事は分かりません。もし殺されずに目標を達成したなら偉大な大統領として後世に名を残す事になるのでしょうが、いずれにしても3年くらい見てみない事には評価は定まりようがないです。

09111701
 (米大統領だって天皇に拝謁する時は最敬礼です)

そもそもフィリピンという国、国家として存在している期間はわずかです。のんびり暮らしていた大昔は島が多かった事もあり、国家などという概念が必要だったとは思えません。島単位、部族同士の小競り合い程度が人々の最大の懸念材料だったでしょう。

そこにやって来たのがずる賢く獰猛なスペイン人です。大半の島があっさり植民地にされてしまいます。その後紆余曲折はあったものの4世紀以上に渡ってスペインの支配を受けました。マニラを拠点に、秀吉の時代の日本にもちょっかいを出して来たのは、日本でもよく知られた歴史の一こまです。

その後米西戦争を契機に独立の気運が高まりますが、米に騙されて今度は米の植民地となります。その前後、何十万人もの罪もない人が殺害されました。それだけを見てもフィリピン人が欧米に対して良い感情を持っているとは思えないのです。ドゥテルテ大統領がアメリカを嫌っているのは本心でしょう。

その後、ご存知のように第二次大戦初期に日本軍によってフィリピンから米軍が追い出されます。しかし44年末反攻上陸して来た米軍によって再度米の植民地に逆戻り、その後すったもんだの末に独立はしましたが、自立した独立国家としての存在感はありません。

所詮は大国の陰に隠れ、あるいはその庇護の元、うまく立ち回るという植民地根性は抜けていないのではないでしょうか。殆どのアジア諸国は似たり寄ったりです。従って強大な軍事力を持つ国は東南アジアには殆ど存在しません。フィリピンの軍隊なんて警察に毛が生えた程度です。ハナからやる気がないのです。

韓国だって数字的軍事力こそ世界のベストテンに名を連ねますが、とても自立した国家とは言えません。未だに方々の大国に色目を使いクネクネと媚び回って上手く立ち回ろうとします。日本の様に取れる国からは嘘であろうが恫喝であろうが手段を選びません。

この国も、曲がりなりにも独立していたと言える期間は決して長くはないので事大主義、植民地根性が抜けないのでしょう。根本的なものの考え方が日本人とは違う気がします。躊躇なく他国の世話になり、メリットがないと思えばあっさり裏切ります。・・その点、中国にしても似たようなものかもしれません。基本的に自立心がなく他力本願なのです。自動車などの開発姿勢をみれば分かります。

翻って我が日本はどうでしょうか。昔の日本人は確かにやる気がありました。いかなる難局も自分たちの力で切り開こうという気概があった事は疑う余地がありません。だからこそ勝つ確率の低い巨大な相手にも向かっていったのです。

今は米の核の傘下とは言え、世界第4位(クレディ・スイスリポート)の軍事力を持つ軍事大国です。それにしては今一やる気が感じられません。いざという時には米が何とかしてくれると安心し切っているようにさえ見えます。若い人達も国について憂慮はしても、無力感からか深く考える事はしないようです。

Photo

(何が悲しくて西洋の物真似をしてバカ騒ぎをするのか、日本にも祭りは沢山ある。ニューヨークで阿波踊りを地元民がやったら、さすがの日本人も引くだろうに。)

何より私が気に入らないのはハロウィンなど海外の習慣を何のためらいもなく取り入れてしまう事です。バレンタインデイ然り、次は復活祭だと言いますから何をか言わんやです。バッカじゃなかろうか。それでもクリスマスまでは容認します。(笑)

何故なら子供達が喜ぶからです。クリスマスがどういう祭りなのかイベントなのかは関係ありません。子供に夢を与えるイベントとしてはよく出来ているのです。親としても楽しませてもらいました。既に何十年も定着しているし譲歩してここまで、と線を引きたいです。

一方のバレンタインデイやハロウィンは大の大人が楽しんでいます。自分たちの歴史、文化、習慣などと何の関係がないにも関わらずです。知的に見えないのが最悪ですが、欧米がやる事に対して余りにも迎合的で無秩序且つ無責任、さらに感性の感じられない行為です。こういうのも植民地的根性と言えるのではないでしょうか。

それなら鬼畜米英と言ってでも、欧米のやる事なす事全て忌み嫌っている方が未だましです。誇りを失った民族に未来はない?どこかで聞いた風なセリフですが、滅び行く民族は大人の幼児化にその兆候が現れます。大の大人がポケモンgoなんてやらないで欲しい。

共感いただければクリックをお願いします。

|

« 時代遅れの経済学で衰退する日本 | トップページ | 政府が頼りないので国民はいつまで経っても苦労する »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ドゥテルテ大統領には私は期待しています。何より米に啖呵を切ったのは私も胸のすく思いです。白人は今まで有色人種に対してどれだけ悪辣なことをしてきたか。彼は有色人種を代表して言っているように感じました。

ところで話は前回に戻りますが、もし貿易黒字が膨らんでもそれに合わせて通貨の発行量を増やせばどうなるのでしょうか。また内需主導の日本になったら、円高もむしろ歓迎すべきことにはならないでしょうか。ご意見よろしくお願いします。

投稿: 八丈島 | 2016年10月30日 (日) 21時36分

八丈島さん

長くなりますので近い内、また本文の方でやります。

投稿: 田中 徹 | 2016年10月31日 (月) 10時43分

 私もクリスマス位は鷹揚に構えますが他は面倒くさいというかうざいと言うか?。
 どうしても気になりますので。米大統領が天皇に礼を取っている写真を掲載するのは、私は好きではありません。
 鷹揚に天皇陛下が出迎えているような印象を受けるのが嫌だからではありませんが、好きでないのが天皇を担いで自分の主張をするところです。私は天皇陛下を嫌いではありませんが、損はしていると思っています。
 象徴という立場で、政治家に好きに利用され、政治的発言やちょっと本音を言おうものなら。宮廷記者や有識者?とやらにコテンパンに非難されます。はっきり言って人権を阻害されていると思います。
 今回の田中様の内容はなんとなく自分に都合よく天皇を利用している感覚を受けています(私的な感想ですが)。

投稿: nao | 2016年11月 7日 (月) 23時25分

naoさん

どう感じられるかは貴女の自由ですが、私の考えまで邪推するのはやめて下さい。(笑)

私が掲載したのは捏造でもなんでもなく、実際にあった事を忠実に再現した画像です。実は私も驚いたのです。米の大統領でもここまでするのかと。。そこまで権威のある天皇に拝謁出来るのは、やはりそれなりの人でないと困ります。

単純にそう思ったから画像を出したのであって、それで何かに利用した? 事にはならないと思いますが。

私は天皇制に関しては今の状態が続けば良いと思っている程度で、基本的にはフリーハンドです。何か定見や強い願望がある訳ではありません。

投稿: 田中 徹 | 2016年11月 8日 (火) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時代遅れの経済学で衰退する日本 | トップページ | 政府が頼りないので国民はいつまで経っても苦労する »