« 軽々には出来ない軍服コスプレ | トップページ | 日はまた昇るのだろうか »

2016年11月14日 (月)

神風が吹いた?

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

 トランプ氏が次期米大統領に選ばれた事で日本のマスゴミは連日大騒ぎです。まるでまた新たな黒船でも来るかのようです。米でも大騒ぎで、反トランプデモまで起きるというのは意外でしたが、結果が予想と大きく違ったのは隠れトランプ支持者が多かったからでしょうか。それとも何か選挙違反でもあったか??

大統領が簡単に暗殺される国です。何があっても私は驚きません。(笑)今回もそこまで大騒ぎする程の事とは思えないのです。本音で喋らせればトランプ氏のような白人は多い筈です。ちょっと正直すぎるし、頭も決して良くなさそうな感じはしますが、今の米議員だってそんな人だらけでしょう。

Photo

(敵失によって大統領の椅子を手にする事になるドナルド・トランプ氏 政治手腕は未知数)

そもそも米国大統領に頭が必要とも思えません。オバマさんを見ても、その前のブッシュ○○親子、色○○クリキントンを見ても自分で何かを考えているようには見えないのです。実際オバマさんの後には外交顧問としてズビグニュー・ブレジンスキーが存在し影響力を行使していたと言います。

その結果、チェンジとは何だったのか、米の何かが変わった様には見えません。これが同じ民主党のヒラリーさんにチェンジしたところで似たようなものではないでしょうか。あのヒステリックな中国好きのおばさんに大した期待は出来ないのです。

因に、オバマさんは昔、演技を学んだ事があると何かで読みました。そのせいか演技だけは上手かったと言えますが、傀儡の操り糸が見え隠れする大統領に魅力は感じません。日本に対しては反日の夫と同じで意味なく嫌っているように見えるヒラリーさん然りです。

そういう意味でもヒラリーさんよりはトランプ氏の方が好感が持てます。(笑)元々ビジネスマンなので、風呂敷は広げても余り無茶な事をするとは思えないのです。話をすればある程度は通じるのではないでしょうか。それが米を陰で操る白人エリートの思惑と大差がない限り、日本の意思を通して行くチャンスがあるやもしれません。

Photo_2

(ドラルド・トランプの娘、イヴァンカ・トランプ 才色兼備で実業家兼モデル/ユダヤ系富豪と結婚しユダヤ教に改宗している。トランプ氏もイスラエルに忠誠を尽くすと誓う親ユダヤ一家、そこはヒラリーさんと同じである。)

ところで大統領に決まってからのトランプ氏の発言には変化が顕著に見られます。あのままでいける筈がないという事くらいは分かっているようです。今後時間と共に変わって行って、大統領の指名を受ける頃にはトランプ色が全く消えているかもしれません。

これまで日本に対しても色々言って来ましたが、思いやり予算(駐留費)アップも現実的ではないでしょう。既にドイツや韓国に比べても巨額です。これ以上出させれば単なる傭兵に成り下がりかねません。金を出すからと言って日本が米軍を手足のように使えるとは思いませんが、少なくとも駐留米軍の意識は多少変わるのではないでしょうか。

場合によっては地位協定の見直しにも繋がりかねません。つまり米にとっては薮蛇になりかねないのです。しかも日本から見れば米軍に出した資金の大半は、結局日本国内に支払われるのですから痛くも痒くもないのです。

いずれにしても日本から米軍が早期に撤退するというような事は常識で考えてあり得ません。そこまで一気に米の存在感を無くす意味があるとは思えないのです。さらに、日本の利用価値は日本人が思う以上にあります。それを悟られないようにするのが米の世界戦略のひとつと言えるので、私の目の黒いうちは残念ながらないでしょう。(笑)

そんな事より私が一番注目していた発言はTPPに関してです。彼は最初からノーと言っていました。何でも、日本は長年米への輸出などで美味い汁を吸っているので、TPPなどでこれ以上対米黒字を増やすのは容認出来ないという認識のようです。

Photo_3

確かにそれは言えます。日本の対米貿易黒字は2006年の9兆円をピークに、最近でも年に6〜7兆円はあるのです。大のお得意さんである事に変わりありません。TPPで最終的に関税をゼロにすれば、黒字がもっと増えると思っても無理はないのです。

しかし、そういう考え方が素人なのです。表面しか見ていません。あの日米貿易摩擦を知らないのでしょうか。かつて日本は無邪気にも遠慮なしで米に経済戦争を挑みました。その結果、激しい摩擦が起き日本叩きが始まったのです。まずプラザ合意で円高を呑まされ輸出企業は塗炭の苦しみを味わいます。

その結果、自動車産業などの製造業は生産拠点を米に移す事になり輸出は激減しました。その現地生産によって確かにGMやフォードは厳しい状況に置かれましたが、数十万人規模で米の雇用を守り、質の高い製品の安定供給を実現した実績は無視出来ません。目にはさやかに見えずとも経済的貢献は莫大なものがあるのです。

つまり今現在を俯瞰すれば、貿易黒字を現地生産で過剰に還元するという一種のウィンウィン関係が成立している訳です。さらにTPPで日本の被保護産業の関税が撤廃されれば米の農業などが恩恵を受ける事は明らかで、その他ISD条項などを見ても、どう考えても米に有利な協定になる事は自明です。

関税自主権を失い、規制緩和、構造改革で多国籍企業に門戸を開放すれば、日本の民主主義は崩壊しかねません。誰の国なのか、誰のためのTPPなのか、主権国家としての存亡が、危ういところで日本に神風が吹き、首の皮一枚繋がったというところではないでしょうか。

共感いただければクリックをお願いします。

|

« 軽々には出来ない軍服コスプレ | トップページ | 日はまた昇るのだろうか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私の偏見かもしれませんが、オバマ大統領時代に勧めてきたTPPは全てアメリカが得するように勧めてきたと思います。トランプさんが馬鹿でなければ選挙前の発言は全く無かったように振る舞いTPPを推し進めるでしょう。
 私はヒラリーさんにも好感は持てませんがトランプさんは唾棄するほど嫌いだと思います。多分に自分に都合よく発言を翻し、責任を持つということを全く分かっていない政治家特有の方だと思います(普通の一般社会でそのような方は通用しないことが多い。多分無い訳ではないけれど)。
 選挙前にトランプさんが言っていたことはそれを不満に思っている国民にアピールする為に言っていた事で本人の損得と米国の得の為にあっさりと選挙前に言っていた事は考え直したと言い換えると予想します。日本の利用も同様に全く変わらないと思います。米軍駐留についても無茶苦茶な事を言っていましたが多分あっさりとよく検討してこのままで良いのではと言いそうな感じがぷんぷん臭います。

投稿: nao | 2016年11月14日 (月) 21時51分

米国の大統領選挙について

 今回のヒラリーさんの敗北と同時に米国と日本のマスコミの敗北とも感じられます。これでマスコミの信頼度が一気に下がったと思われます。私は何年も前から新聞は金を払ってまで読む価値が無いと考えていましたし、TVは朝天気予報しか見ません。

 米軍の撤退とか駐留経費の増額など心配する人も居ますが米軍は絶対日本の基地から撤退することは無いでしょう。政治家がいくらそのことを主張しても米軍は日本の重要性を十分理解しているからです。日本の基地群は米国の世界戦略にとって扇の要なのです。まず、地理的な要素、アジアから中近東アフリカまでをカバーできる位置にあります。また各基地に付随する戦闘機や各種艦船のメンテナンスで日本ほど優秀な職工さんのいる基地は無いのです。日本で整備された戦闘機や艦船の信頼度はずば抜けています。そんな国を疎雑に扱うことは米国といえども出来ないのです。
 当然そんな日本国にチョッカイを出す隣国などありません。シナ軍や朝鮮軍は武器を持っていない人達には滅法強いのですが、強い正規軍と対峙したときには武器を捨てて逃げるのが常なのです。彼らは悲しいかな国民国家の軍ではないのです。
 心配なのは核ミサイルだけです。日本はいつでも核を持てるだけの準備はしておく必要があるし、異常な憲法がある以上、超法規で戦える準備をしなくてはいけません。

 TPPですがまだ安心とは言えないかも知れませんがまず一難去ったといえます。何が何でも「完全自由貿易」に取り付かれた人達から解放され、日本国の主権を守れそうです。
 

投稿: ナベ | 2016年11月15日 (火) 21時45分

 トランプさんが大統領になるのなら、選挙戦略で言っていたこれまでの事柄を続けるのも止めるのも本人の自由になっています。
 私はアベ(嫌いなので漢字を間違えそうなのでカタカナ)さんも嫌いですが、より影響力が強く分からないのがトランプさんです。とんでもなく非常識な事はアメリカにも官僚がいるのだからならないかな?と思いますが希望的観測で、ブッシュ大統領の時の状況を考えたらなんとなく背筋が寒い。

投稿: nao | 2016年11月17日 (木) 00時33分

だいぶ前のブログへのコメントとなってしまいますが、日米両国に見るヒラリー一色の報道は異常でした。米国のメディア(特にCNN)は毎日のようにトランプの批判報道。それを真似するかのように日本でも同様の報道。逆にトランプを支持したくなる程の酷い批判ぶりでした。メディアはヒラリーに買われていた証拠ですよね。メディアが異常な報道をしたが故に隠れトランプファンが増えたのではないでしょうか。

何故、日本政府がTPPを推進しているのか本当に理解できません。某省庁に勤める人はTPPに関して、「お米以外は大して何も変わらないと(害はない)」と言ってました。政府の人がそんな事を言って推進しているので、とっても嫌な気分になりました。「政権が推進しているのだから、俺たちも推進しないわけにはいかない」みたいな感じでした。

ナベ様に同感で、日本から米軍基地は無くならないと思います。何か大きな変化が日本にない限り、(ホント情けないけど)日本は一生アメリカのポチだと思います。上手く使われるだけ。私はいつか覆してやりたい。。。なんて思ってしまう。笑。

投稿: 田中さんファン | 2017年1月 4日 (水) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 軽々には出来ない軍服コスプレ | トップページ | 日はまた昇るのだろうか »