« 忙中閑あり(間抜けな話編) | トップページ | 偏見や差別は無くならないのか? »

2016年12月17日 (土)

忙中閑あり(日本無罪篇)

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

日本が「戦争犯罪国家」だったのではない。

アメリカが、
東京裁判を実行することで、新たな『戦争犯罪』を犯したのだ。


2016年12月14日 水曜日

◆東京裁判 第02夜 NHKスペシャル
◆東京裁判を実行することで、アメリカは新たな『戦争犯罪』を犯した 12月13日 ケント・ギルバート

東京裁判を題材にしたNHKスペシャル「ドラマ 東京裁判~人は戦争を裁けるか~」が12月12日より4夜連続で放送。
それに合わせて、「米国人弁護士が『断罪』東京裁判という茶番」を12月16日に刊行予定、来日から40年日本を愛し、知り尽くしたケント・ギルバート氏が米国人の視点からみた東京裁判について論じていく。

  日本人に、「日本は戦争犯罪を犯した国なのだ」という、罪の意識を植えつける目的で行われたWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)。

 戦争の結果、戦勝国と敗戦国が生じたにしても、戦勝国が、一方的に敗戦国を「裁判」で裁くことなどできない。それは、まさに「勝者の裁き」に過ぎず、必ず公平・公正を欠いたものになることは、自明だからである。

ところが日本人は、「勝てば官軍」と言って、それを「仕方がない」ものだと受入れているところがある。日露戦争の『水師営の会見』のように、アメリカが、敗軍の将を讃えてくれると、期待したのであろうか。

それとも、『まな板の上の鯉』のごとく、「いさぎよい」日本人の姿を、示そうとしたのか。天皇と皇室制度を守り、国体を護持することだけを最優先としたのか。それら全てが、混在していたのかもしれない。

 だが、アメリカの占領軍は、『水師営の会見』の時の、乃木大将とは違っていた。日米開戦時の首相だった、東條英機陸軍大将は、敗軍の将ステッセルのように、丁重な扱いを受けることはなかった。

中略

もし、日本で暮らした経験を持つ外国人が、「日本兵は20万人もの朝鮮人女性を慰安婦にするために強制連行した」とか、「南京では30万人もの民間人を大虐殺した」、あるいは「731部隊は残酷な人体実験を行っていた」と信じていたら、「日本人は規律正しくて優しいのに、なぜ先の戦争のときは残虐だったのだろう?」という疑問に必ずぶつかるはずだ。

私は初来日した1971年から、朝日新聞の誤報取り消しがあった約2年半前まで、40年以上もの間、この疑問への回答を出せずにいた。

 事実を知ってしまえば何のことはない。日本人は戦争中も、規律正しくて優しかったのだ。先に挙げた3例は、世界中の人々に広く信じられているが、まともな証拠が存在しない、事実を知る人は少ないだろう。「戦争中の日本人は残虐だった」という、思い込みこそが、プロパガンダによる洗脳の結果であり、完全に間違った認識なのだ。

Img011

このケント・ギルバートというおじさん、昔日曜日の朝、関口宏の番組に出ている頃は上から目線の偉そうなアメリカ人という感じで大嫌いだったのですが、最近宗旨替えしたようです。何と日本の強力な味方になったのです。(笑)

米にある膨大な資料を調査したマイケル・ヨン氏とか、米国人でも日本軍による組織的な戦争犯罪はなかった、と言うことを公の場で言う人が増えて来た事もあって、ケント・ギルバートは機を見るに敏な人なのかな?と思ったりしましたが・・この際そんな事はどうでもいいです。米国人でありながら米国の戦争犯罪を糾弾する勇気は称賛に値します。

もし逆の立場であったなら、例えば日本が米国に対してメチャクチャな事をしたとして、戦後数十年経ったとは言え、相手の国でそれをつまびらかにする勇気は私にはありません。触らぬ神に祟りなしで、知らん顔して過ごすのではないでしょうか。と言うより申し訳なくて、米国には旅行にすら行けないでしょう。

ともあれ、こういう立派な人が白人には一定数いると言うのは事実です。全員が人種差別主義者である訳ではないのです。もちろん日本人にも立派な人はいるのでしょうが、ごく少数のような気がします。むしろ全体のレベルは高いが極端に非常識な人と、凄く立派な人の割合は少ないのではないでしょうか。あくまでも想像に過ぎませんが。

いずれにしても世界の趨勢としては、未だにあの当時の日本は侵略国家という認識です。帝国主義を振りかざして植民地を広げようとしたと言えば分かり易いし、白人にとっては自分たちの、それまでの数限りない悪行をカモフラージュ出来るというものです。

特に米が一番汚いやり方をしました。このブログで何度も言っていますが、日露戦争以降、日本を叩き潰す機会をうかがっていたのです。それにまんまと乗って相手の思うつぼに嵌り自滅したのが日本なので偉そうな事は言えませんが、一番悪いのは米に決まっています。(笑)

しかし日本人は説明が下手です。自分たちの冤罪を晴らすと言うのに、もっと上手く話せないものでしょうか。政治家に期待は出来ないのは分かっていますが、野党までバカばっかりというのは解せません。元弁護士の筈のあの人だって慰安婦問題で男になるチャンスをむざむざと逃しました。はっきり言って頭悪いです。

慰安婦問題なんて、実は非常に分かり易く、簡単に日本無罪を証明出来ます。以下ご参照下さい。

1)昔の売春は合法であった。
  今の価値観や法律で判断したり裁いたりは出来ない。

2)慰安婦には日本人女性も相当数存在した。
  朝鮮人も日本人として平等に扱われていた証拠

3)慰安婦は高給取りであった。
  当時の兵士の月給が15円であったのに対し、慰安婦は300円を保証された。
  その証拠に戦後ある朝鮮人売春婦が、終戦でうやむやになった自分の貯金二万数千円を支払えと裁判を起こした。

4)基本、行動は自由で朝鮮人と日本人兵士との結婚もあった。

5)強制連行というが、その当時、朝鮮半島の官憲の80%は朝鮮人であった。
  それを中山議員が国会で証明したYouTube 映像がNHKによって片っ端から削除された。

私の身内から聞いた話でも、当時のソウル辺りの治安は日本並だったと言います。仲良く生活し一緒に働いていました。

この事から分かる事は一点のみ、非常に恵まれた売春婦が当時は存在したという事です。日本軍は世界で最も品行方正であったという証にもなります。他の国の軍隊は現地で素人を相手に、無秩序にやりたい放題ですから、どれだけ野蛮なのでしょうか。朝鮮軍などはベトナムでライダイハン(レイプによる私生児)を何万人も作りました。

たったこれだけ説明するだけで、普通の人間なら全て理解出来ます。出来なければよっぽどのアホか、あるいは反日分子なので相手にするだけ無駄です。

こんな明々白々で簡単な問題が解決出来ないのは日本人政治家にその気がないのと、そうなると都合の悪い白人国家、特に米が後で糸を引いているからです。特亜に関しては論外なので敢えて言及しません。

共感いただければクリックをお願いします。

|

« 忙中閑あり(間抜けな話編) | トップページ | 偏見や差別は無くならないのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日本無罪⇒全くそのとうり・・・日本と地球全体は お天道様及び閻魔大王さまが見守ってくれていますからね!

投稿: AZ生 | 2016年12月18日 (日) 21時44分

 余計なお世話かもしれませんが、当時日本人は選民意識と優越感のある方たちが主流でした、自分たちと違う考えは誹り蔑み徹底的に糾弾して。はっきり言って私の母は、戦後も朝鮮人や部落差別をする同じような偏見を持っていました。
 だからマスコミの言うことを頭から信じているわけではありませんが、日本人男性が女性蔑視や朝鮮人を差別していたことは肌で知っています(有色人種への差別発言を自分の選挙の為に利用するトランプのように)。多分今回の慰安婦問題の田中様の見解はこの視点が欠けているので私は何か違うように思います。

投稿: nao | 2016年12月18日 (日) 21時47分

現在の全世界の反日国家・民族も選民意識と優越感のある方たちが主流ですよ。

客観性を身に付けるのには両側の言い分をよく見て、各国の指導者と一般人の方々の建前と本音を身分けましょう。日本も含めた政治家・宗教家・そこから金を貰っているマスコミとかは自分の都合を大声で叫んでいる洗脳偽情報だらけですよ。。。朝5時なので寝ちゃいます

投稿: AZ生 | 2016年12月18日 (日) 22時12分

AZ生様、建前と本音は今までの人生で学んでいる最中ですが、今回自分の身内をわざわざ出したのはマスコミもいい加減な情報を出すことがありますが、今までの人生でこの母親のせいで様々な苦痛を味わってきたからでもあります(自分でいろいろな経験をする良い機会でもありましたが)。
 詳しくは言いませんが、阿呆な親を持つと楽しい人生と言うよりは苦しい人生となる事が多そうです。
 洗脳偽情報だらけには賛同しますが、ネットニュースやその中身よりはまだマスコミがマシだと思います(その周辺の事件がありましたが氷山の一角で真実を知るのは難しい世の中だと思います。)。自分が利口とは思いませんが馬鹿でもないと思うので。

投稿: nao | 2016年12月19日 (月) 00時37分

>当時日本人は選民意識と優越感のある方たちが主流でした、自分たちと違う考えは誹り蔑み徹底的に糾弾して。はっきり言って私の母は、戦後も朝鮮人や部落差別をする同じような偏見を持っていました。

naoさん、それって逆に凄い事ではないでしょうか。そこまで軽蔑していながら日本人は朝鮮半島を統治した時に彼らの人格を認め、経済発展に尽力したのですから神様のようです。本音と建前の使い分けが出来ています。

>洗脳偽情報だらけには賛同しますが、ネットニュースやその中身よりはまだマスコミがマシだと思います。

そうでしょうか。私は確実にバイアスがかかっているマスコミより、玉石混淆のネット情報に価値を見出しています。全くのデタラメもありますが、バイアスのかかっていない情報も数多く見られ、その中に光るものがあるからです。

だからnaoさんもここに来ているのではありませんか。ここは何か面白い事を言っているぞ、と思わなければ誰も来ません。(笑)

投稿: 田中 徹 | 2016年12月20日 (火) 09時42分

田中様、確かにネット情報もマスコミも私にとっては面白い興味のある対象ですが(笑)。その上の本音と建て前の使い分けが出来ているということに関しては苦笑いしか出てきません。人格を認められてないと思っているから感情的になっていると言うならまだわかりますが。

投稿: nao | 2016年12月20日 (火) 21時41分

naoさん、また平行線になりそうなので、このあたりでやめときましょうか。(笑)

投稿: 田中 徹 | 2016年12月20日 (火) 22時03分

併合時代 朝鮮人は馬鹿にされていた

 日本人からも、シナ人からも馬鹿にされていました。

その訳は余りにも非常識な人が多かったからです。嘘を平気でつく、衛生観念がない、強い者には媚びへつらい、弱い者には理不尽な事を平気でやる。
 
朝鮮人が満州などで商売(仕事)をやろうとしても満州人やシナ人に馬鹿にされて仕事が遣りにくいので、日本名を欲しがったのです。日本が創氏改名を強いたからではありません。
 
終戦前に日本軍も朝鮮人の兵士を募集して使いましたが最前線には出さず、捕虜の監視などを遣らせたのですが、捕虜に対して威張り散らして、捕虜からの怨嗟の的だったようです。戦後BC級戦犯裁判でも、そのことで処刑された朝鮮人兵士も多く居ました。
 
朝鮮戦争当時、済州島や補導連盟事件などで自国民を50万人以上、軍と警察で殺したのですが、肝心の戦場では強い敵と対峙すると、米軍から支給された最新式の兵器を投げ出して敵前逃亡し、米軍を困らせた。
 
ベトナム戦争当時の朝鮮軍兵士の行動が最近になってようやく世間に知れてきましたが、住民虐殺、レイプなど銃を持っていない相手に対してはやたらと強いのです。
 
馬鹿にされる朝鮮人の歴史を決して裏切らないのです。

投稿: ナベ | 2016年12月21日 (水) 08時52分

田中様同感です。
 
ナベ様おっしゃっている事には同意できますが、日本人の大多数もそのような方は沢山いることは伝聞でなく私が体験してきた職場関係や地域関係で遭遇しています。
 慰安婦問題で一番私が不思議な事は、ベトナム戦争で朝鮮人兵士が現地でした事は日本人兵士が韓国人や日本人の慰安婦にした事よりも酷い状況ではないかと思います。それが問題に上がらないのは変だと思いますが、日本人兵士にもいろいろな方がいたと思うので残虐な事をしていないとか、紳士であったというのは一部だけを指して言うのならそれはあったのではと思うのですが、総括して紳士で何も問題行動を起こしていないと言われるのは違うと思うだけです。
 それは沖縄のアメリカ軍兵士に関しても同様で犯罪を犯して、日米安保条約のせいで日本で裁けないけれど、立派で紳士なアメリカ軍兵士もいない訳ではないと思います。 
朝鮮人も中国人も同様です。国民性もあるけれど、佳い人も悪い人もいるのが普通だと思っています。
 躊躇しますが非常識な人と言うのは具体性がありません。それぞれの国や地域で常識は変遷すると痛感しています。ちなみに部落差別は、関東より関西の方が強い感じがします。昔の地方自治体の同和対策課に知人がいましたのでそのあたりも肌で知っています。差別をした方は全く自分に非があるとは思っていませんが。された方は報復してやりたいほど煮えくり返った思いを抱えていることが多いです。

投稿: nao | 2016年12月21日 (水) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忙中閑あり(間抜けな話編) | トップページ | 偏見や差別は無くならないのか? »