« 忙中閑あり(日本無罪篇) | トップページ | メリークリスマス 2016 »

2016年12月22日 (木)

偏見や差別は無くならないのか?

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

 ブログのように短い文章でこういうデリケートな問題を語るのは難しいです。限られた行数では言葉足らずのところが必ずあって誤解を生みかねません。前回の記事でも説明が十分でなかったようなので、薮蛇になるかもしれませんが(笑)続きを書く事にしました。

ナベさんがコメントでおっしゃるように、差別されるにはそれなりの理由があるからであって、日本統治の朝鮮半島に於いては、まともな特定個人に対してまで、あからさまに差別するような事は殆どなかった筈です。

その証拠に第二次大戦当時、朝鮮人の将軍や先生がいました。朝鮮人と言えども尊敬すべき人も少なからずいて、然るべき待遇を与えていたのです。これは画期的な事ではないでしょうか。搾取一方の欧米植民地主義とは全く違います。

Hong_saik

[日本陸軍中将の洪 思翊とその家族、彼を含む21000人の朝鮮人日本兵(志願兵)は靖国神社に祀られています。そこに差別はない]

いずれにしても個人的なものと国家単位のものは分けて考えるべきです。今慰安婦問題などで問題にしているのは日本が国として何をしたかなので、そういう点では全くの潔白だったとケント・ギルバート氏は述べている訳です。個人レベルの感情の話をしているのではありません。

米国人のマイケル・ヨン氏などが米国にある膨大な資料を中心に調査した結果、黒と言えるものはなく、当該国が証拠だと言っているものも胡散臭い話、情報しかなかったのです。

一方、韓国軍や米軍、ソ連軍が世界で女性に対する悪行を行った証拠は山ほどあります。それらが糾弾されず、なぜ日本だけが証拠もないのにいつまでも責められるのか、その理由を私は知りたいです。裏に何かある筈です。(察しはついていますが/笑)

勘違いされてはいけませんが、日本人が全員、100%潔白だと言っている訳ではありません。普通の朝鮮人よりヤバい人だって結構いるでしょう。そういう人が理不尽な事をしたであろう事は想像出来ます。しかしながら慰安婦問題等は今のような平等社会が実現する前の話なので、今の価値観や倫理観で判断する事自体が難しいという事は知っておくべきです。

特に戦後GHQ によるWGIP と、その裏ではびこった左翼思想に洗脳された人には分かり難いかもしれませんが、戦前は差別は当たり前の事でした。特に人種差別は酷かったのです。それに異を唱え国際連盟に人種差別撤廃を訴えたのは日本です。なぜ日本はそのような事をしたのか、日本人は知らなければいけません。今から見れば白人中心のデタラメな世界だったのです。

今はその当時とは随分人の考え方や意識は変わったのではないでしょうか。あのやりたい放題だった欧米でさえ表面上人種差別はタブーになりました。それでも敢えて言うなら、表立った動きは消えたとしても人間が存在する限り世界から差別は無くならないという事です。しかし、それはむしろ自然な姿ではないでしょうか。いやなものをいやだと、嫌いなものを嫌いと言えない世の中は、それはそれで恐ろしいです。

誤解を恐れずに言いますが、正常な成人の場合でも、意識の中で偏見を持ったり、誰に対しても差別をしない人は一部例外を除いてこの世に存在しません。断言出来ます。(笑)胸に手を当てて考えてみて下さい。それが生き物というものです。なぜなら身内が大切だからです。身内を守れない種は絶滅します。

従って血が遠くなればなるほど、あるいは考え方が違えば違う程大切ではなくなるのです。そういう存在に危機感すら抱くかもしれません。そこが差別のルーツのような気がします。問題はその感情をどう制御するかですが、その点で日本人は最も賢明で穏やかな部類ではないでしょうか。色々世界を見て来ましたが、私はそう思います。

面白い話があります。ある日本人女性が私は人種差別などしないときっぱり言い切っていました。ところがその同じ口で「でも娘が黒人と結婚すると言ったら絶対に反対する」と言うではありませんか。(笑)これは明らかな人種差別ですが、本人は気がついていないようです。

一方、私の友人で二組、黒人の婿さんを受け入れた人がいます。聞けば相手が人間として立派なので問題ないという事でした。個人レベルでは色々な人がいるのです。ところが国家単位で見れば、また見方が違って来ます。それは極普通の話ではないでしょうか。そこを混同するとややこしい事になります。

慰安婦問題に戻りますが、当時の朝鮮半島は世界でも最貧と言われるエリアで、政治経済共に、とても国と呼べるようなものではありませんでした。日本が救いの手を差し伸べなければ、あの周辺で最も力があり不凍港を欲しがっていたソ連に呑み込まれていた可能性は高いです。その証拠にミンピ(当時の李氏朝鮮国王、高宗の妃)などにちょっかいを出しまくっていました。

日本は本土防衛のための緩衝地帯にしたいという思惑もあって併合(合法的に)しましたが、その統治政策は欧米による植民地政策とは一線を画します。日本人として同じ法律で裁くようにしたのですから特別待遇ではないでしょうか。

その点で国としては立派でした。誇っていいと思います。搾取するつもりなら、いかようにも出来た筈ですが日本は日本人の税金を使ってインフラ整備までしたのです。

殆どなかった学校や病院を作り、試し腹などという近親相姦の悪習もやめさせました。ハングルを教育したのも日本の統治政策によるものです。決して日本語だけを話せ、と押し付けてもいません。その違いは欧米に支配されたアジア諸国と比べれば一目瞭然です。統治の35年間で人口も倍に増えました。

さらに戦後、と言うか、未だに義務がある訳でもないのに経済援助、技術援助を惜しみません。正に破格の待遇ではないでしょうか。お人好しにも程があります。そのお陰で漢江の奇跡と言われる経済発展を成し遂げ、世界でも有数の工業国にのし上がったのは周知の事実です。

そこまで貢献したというのに最近の国を挙げての反日ぶりは腑に落ちません。世界に嘘で塗り固めた慰安婦像を作り官民共同で反日活動を積極的に展開しています。在日の人までそれに乗っかるのですからどうかと思います。同じように日本が統治した台湾の人などとの差が際立つというものです。

繰り返しますが、日本人は個人的には差別の感情があったにせよ、国としては朝鮮人の人格を認め、朝鮮半島の発展に尽力しました。これは凄い事ではないでしょうか。欧米の植民地の場合、そんな話は聞いた事がありません。虐殺と弾圧、搾取の歴史です。韓国、北朝鮮は、それを知ってか知らずか、恩を仇で返しているとしか思えないのです。

国としては最低の部類と言って差し支えないでしょう。私は国家としての韓国、北朝鮮は軽蔑します。差別だってするというものです。誰にその考えを咎めることなど出来るでしょうか。

それをブログに書いたり、誰かに話したりする事をヘイトスピーチだと言って制限する動きもありますが、言語道断と言わざるを得ません。そんな法律を通す政権ははっきり言って売国政権です。日本人を狙い撃ちした言論統制の疑いすらあります。

もちろん個人レベルでは全く違うという事は付け加えておきます。私には韓国人の友人が何人かいますが、皆とてもいい人達です。尊敬も出来ます。助けられた事もあるし、カラオケや飲み会などで一緒に遊んだ事もあります。韓国が国としてやっている事とそれは何の関係もありません。

蛇足になりますが、彼らの不幸は韓国に生まれて来た事で、私の幸運は日本に生まれた事です。こればっかりは選べませんから彼らは自分の運のなさを呪うしかありません。煎じ詰めればそういう事になります。(笑)

こういう話はこれっきりにしたいです。

共感いただければクリックをお願いします。

|

« 忙中閑あり(日本無罪篇) | トップページ | メリークリスマス 2016 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

差別に関しては私の中に差別意識が無いとは全く思っていませんのですべて拝聴いたしました。 
 一言いうなら、個人レベルで違うと思うなら国家レベルでもそうかな?と内容を吟味してほしいと思います。今回はそうでもないと思いますが、今までの内容は十分に誤解を受ける内容ではないかと思います。韓国や北朝鮮についても私は理解できない所が多々ありますが、どこに生まれたから運が無いという結論は強者の論理を繰り返していないか疑問に思います(うんざりしているならばこれからコメントは控えます)。

投稿: nao | 2016年12月22日 (木) 23時05分

naoさん、コメントは歓迎します。誹謗中傷や妨害コメントでない限り自由に書いてもらって結構です。私も書きたい事をブログ記事で書きますから、naoさんも書きたい事をコメント欄に書いて下さい。

但し、平行線になる事が分かっているので、この件では議論しません。(笑)

投稿: 田中 徹 | 2016年12月22日 (木) 23時23分

日本無罪論からの続きですね。
 私は大昔から日本人は大陸からの人々を帰化人として受け入れ、その帰化人の人々も「日本人」として世代を重ねるごとに日本へ同化していったと思っています。
そこで差別と区別がウンヌンとなってくれば、また話がもつれてしまうばかりになってしまうのですが、歴史的に見れば大陸や半島の人々はうまく日本へ溶け込んでいるのです。そうやって数百年間もうまくやってきていたのですよ。
 
それがどうしてこうなったのか? この朝鮮人問題は避けて通ることが難しいのですが、あえて言わせていただくとすればやはり原因は総体的に「朝鮮人側」にあるということです。

 日本人ほどお人よしで真面目な民族はいません。世界にでてみりゃスグ判ることです。

 

投稿: 南国通信 | 2016年12月24日 (土) 02時44分

連投になってしまいました(笑)

 私と致しましてはすべての原因は「白人」にたどりついてしまうのですが・・・・

投稿: 南国通信 | 2016年12月24日 (土) 02時56分

そうです。一番悪いのはもちろん白人です。(笑)その中でも特にお金を持っている連中が最悪ですが、日本がその連中に力を貸しているのも事実で、この構図はしばらくは変わらないでしょう。

あの大戦には絶対に勝つべきでした。今更言ってもどうにもなりませんが。。

投稿: 田中 徹 | 2016年12月24日 (土) 08時56分

ちょっと疲れたので謎かけっぽくコメントします。長所は短所であり見方によっては弱点となります。それを白人に対しての見方で貫いているような気がします。
 
 私はこちらにコメントするのは自身の興味や欲求でしているところも大きいですが、他人を差別したり偏見で考えるのはそれを言う本人の損が大きいからでもあります(多分大きなお世話なのですが)。
 南国通信様言っている事にはすんなり頷くのですが、結論は違います。
 まじめでお人よしなのは良いことですが、交渉力で劣っているし、今それを実践しているのがアベさんでは?。一応政治家ですので良くも悪くも疑ってはいますが。そして長所は短所と元に戻ります(偉そうなのであまり言いたくありませんが、解釈が甘く感じます)。

投稿: nao | 2016年12月24日 (土) 23時06分

ご無沙汰しております。このブログに来ると本当にホッとします。周りを見渡すと、あんまり自分と同じ思想の人がいなくて、物言えば右翼扱いされるのですが、ここへ来るとカッコイイおじ様達がいるので、まだまだ日本も捨てたものじゃないと思えます。笑。今回のお題、田中さん、南国通信さんに同感です。

投稿: 田中さんファン | 2017年1月 4日 (水) 06時36分

田中さんファンさん? この呼び方には抵抗があるので別のハンドルネームにしていただけると助かります。(笑)

お久しぶりです。もうコメントを書いていただけないのかと思っていました。左翼思想にどっぷりと浸かって硬直してしまった女性(もちろん男性もですが)が多い中、田中さんファンさんのコメントを読むとほっとします。

もっと、子供に対し一番大きな影響力を持つ女性の保守の方が増えないものかと気を揉んでいますが、現実はなかなか難しいようです。日本人て意外に頭が硬いのかもしれません。

一種のオセロゲームのようですが、子供がダークサイド(黒)に落ちる前に先手を打ちたいです。

投稿: 田中 徹 | 2017年1月 4日 (水) 13時17分

田中さん、コメントありがとうございます。私も同感です。母親の影響力はとても大きいです。家庭での教育、そして学校での教育も影響力大です。なので私は日教組が許せない。。

残念ながら経済や政治に興味を持っている女性は少ないです。なので周りに話せる同性がいません。笑。いても、彼女らはテレビから得た情報が本当だと思っているのでダメです。もしくは日経を読んでれば正しいと思っている勘違いビジネス女性も多いです。笑。すみません、ここで愚痴ってしまいました。(個人的に日経は捏造する記者が多いと思ってます)

ハンドルネームを「田中さんファン」から「女性読者」に変更します。よろしくお願いします。

投稿: 女性読者 | 2017年1月 5日 (木) 12時25分

女性読者さん、HNの変更有り難うございました。これで気楽にコメ返が出来ます。(笑)

ところで日経ですが捏造だけではないです。本当に頭が悪いとしか思えない記事を書いています。私はいい加減いやになって取るのをやめました。

他の新聞は言うに及ばずで読みたい新聞がありません。なきゃないで何とかなりますが。。(笑)

投稿: 田中 徹 | 2017年1月 5日 (木) 23時08分

新聞続きで少しばかり言わせて下さい。。。
女性専用の電車に乗ると、堂々と聖教新聞を朝から広げて読んでいる女性が結構います。顔を思わず見てしまうのですが、普通のOLさんです。ちょっと恐ろしくなってしまいました。それとおばちゃんが、赤旗新聞を読んでいるのを見たことあります。笑。私が彼女らだったら公共の場で読めないと思います。自分は共産党支持、創価学会支持と胸を張っていられるのですね。時代が変わったな〜なんて思ってしまいました。

投稿: 女性読者 | 2017年1月 9日 (月) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忙中閑あり(日本無罪篇) | トップページ | メリークリスマス 2016 »