« トランプ待望論 | トップページ | ジャパンファースト »

2017年1月18日 (水)

幻想を追い求めるBKD政治家

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

自由貿易(じゆうぼうえき、free trade)は、関税など国家の介入、干渉を排して生産者や商人が自由に行う貿易のこと。19世紀に重商主義に基づく保護貿易に対して、イギリスのアダム・スミス、デヴィッド・リカード、フランスのフランソワ・ケネーらによって唱えられた。(Wikipedia)

安倍さんが方々で自由貿易の重要性を説き、例え米抜きであろうが何とかしてTPPを実現したがっているように見えます。反対派であった就任前との変わり様に驚かざるを得ません。

オバマさんもビックリの変節ぶりで、政治家の名に恥じない厚顔無恥さをさらけ出しています。慰安婦問題や軍艦島世界遺産登録での安易な妥協、保守なら絶対に認められない強制性を認めるなどの似非保守ぶりと言い、本当に騙されました。

20170116_wb_ns01_9

(そりゃベトナムにとってはいい話かもしれませんが。。)

同じ自民党で将来の首相候補とさえ言われる小泉進次郎君も自由貿易は日本の国益のためになると思っているようですが、その根拠を聞きたいです。オヤジ(純一郎)と同じで新自由主義の下僕になっているんじゃないでしょうか。本当に政治家って禄でもないです。(笑)真に国民のためを思っている人はほぼ皆無と言えます。

ところでアダム・スミスに関しては、自由貿易がいいとは一言も言っていないし、例え言ったとしても200年以上も前の人ですから鵜呑みにする方がおかしいです。彼は決してグローバリストでも新自由主義者でもありませんでした。経済学者というより非常に常識的な、バランスのとれた知識人というのが私の見方です。

さて、その自由貿易ですが、何をそんなに有り難がるのでしょうか。まさか輸出が増えてGDPが増えるなんて事は言わないでしょうね。それが原因の貿易摩擦や円高で散々苦労をして来たのが日本ですから、そんな事を言うのは経済のヶの字も知らない度素人と言えます。

しかしながらテレビに出て来るエコノミストに結構この手の人は多いんです。インバウンドに関しても増えれば増える程いいと思っている節さえあります。この間抜けな知能レベルの低い人達は机上でしかものを考えないのでしょうか?それにしても訳が分かりません。

自由貿易礼参者で次に考えられるのは、輸出も輸入も増えて世界経済が活性化すると考える人達です。確かに世界各国で無限に生産が増やせるのであればそれは言えるのかも知れません。でもこれもよく考えると妙な話です。そもそも地球って有限だし。。

現実的な話、まず、いくら増えても輸入と輸出がイコールならGDPは増えようがありません。収入は内需分だけという事になります。と言う事は、その国における生産量が一定なら貿易分を増やせば増やす程GDPは減る事になるのです。こんな簡単な計算が、まさか出来ないとは言わせませんよ。(笑)

因に GDP = 個人消費+固定資本形成+民間設備投資+政府最終支出+輸出−輸入+在庫増減(参考までに)

いや、余剰物資を充てればそんな事はないと言われるかもしれませんが、余剰物資が増えるという理屈は通りません。余剰物資をさらに増やすなら、そこに人的も含めて資源を余計に投入する事になり内需分が減るからです。つまり、それでは意味がないので余剰分はあっても常に一定と考えるべきです。

特に日本のように生産年齢人口がすごい勢いで減っていく事が確定していて、さらに総人口が微減の国にとっては、いかに全体の生産量を減らさずにバランスよく現状維持をするかが課題になります。余剰物資をさらに増やすなんて話はあり得ません。そもそも、それをコントルールするのが政治なので、政治家の存在意義が問われる話にさえ本来なりかねないのです。

次によく勘違いするのは世界と自由競争する事によって競争力をつける、という考え方ですが、幻想です。そんなもので競争力はつきません。自動車などの生産性が高い量産可能な産業ならある程度そういう事は言えますが、労働集約型で生産性が低い農業などの分野では収入を減らす事、あるいは国の補助金を増やす事以外で、競争力アップは望めないのです。

自動車産業を持つ国は例外なく先進国です。あっ・・中国と韓国は除きますよ。(笑)言い換えます。自動車を自国内でほぼ100%開発する事が出来、原材料、部品の80%以上が国内調達可能な国は例外なく先進国です。と言うべきでした。もちろん規制が厳しい先進国に輸出可能なレベルでの話である事は言うまでもありません。

そういう国の為替レートはそうでない国(発展途上国等)より間違いなく高い(相対的に)ので、その場合同国内に持つ労働集約型産業がその割を食う事になります。つまり自然環境が同じなら米はどこで作っても作業工数は変わらないのに為替のお陰で高いものになる訳です。これでどうやって競争力をアップ、あるいは維持出来るのか論理的に話せる人はいないでしょう。

という事は、実は自由貿易の競争相手は海外ではないという事になるのです。国内の生産性の高い産業に対して、いかに生産性で接近して行くかが課題になります。無茶な話でしょう。(笑)そんな事出来っこないのです。一部の超高付加価値ブランドだけは生き残れるかもしれませんが、大衆向け、つまり大多数は絶滅あるのみです。

結論、自由貿易がいいなんて言っている人(政治家)は瑞穂の国の形がどうなろうが知った事ではないと思っている人です。生産性の高い産業から支持?あるいは利権?を得る為に政治をしているに過ぎません。またの名をアメポチ?

従って時代遅れで強権的と言われながらも保護主義を唱えるトランプさんは、実はアメリカのためを思う愛国者だと言う事が出来ます。反対に規制と言うファイアウォールを無くし、どんどん自由にして国内の生産性の低い産業を潰そうとしているのが安倍さんです。

あっ、ひとつだけ生産性が極端に低い産業でも守ろうとしている分野がありました。観光です。でも結局それはあらゆる意味で日本人にとって大きなマイナスにしかならないので、外国人のために日本の観光業を守ろうとしている事になります。やはりBKDの誹りを免れる事は難しいようです。

S_ice_screenshot_20170117014736

(APAホテルの経営者によって「南京虐殺は無かった」と書かれた本を中国向けにちくる米人女性、この方は歴史(近代史)をよく知りもしないで日本軍が残虐な事をしたと信じているようだが、一方的すぎる。こういう必要以上に対立を煽るスカポンチンが紛れ込む事もあり、観光客を無制限に増やすのは感心しない。質のいいのを少しだけにして欲しい。)

共感いただければクリックをお願いします。

|

« トランプ待望論 | トップページ | ジャパンファースト »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

前回のお題も読ませていただきましたが、120%同感です。鎖国なんてことは言いませんが、もし各国が自国で必要なものは自国でまかなうというスタイルをメイン(基本)とし、必要だけど、どうしても自国でまかなうことが出来ないものだけを他国から援助してもらう(輸入する)となったら、世界は滅びるのでしょうか?最近「グローバル」という言葉が氾濫しており、世界を視野に入れないと日本は取り残されるなど言ってる人がいますが、果たして本当でしょうか?結局この「グローバル戦略」は、お金儲けの為に氾濫したものだと思います。資本主義の行き過ぎた結果ではないでしょうか。それを元に戻すことも必要なのでは?と思います。

投稿: 女性読者 | 2017年1月20日 (金) 11時35分

女性読者さん
日本が世界を相手にしない場合、取り残されるのは世界の方ですよ。(笑)それが怖いので必至になってつなぎ止めようというのがグローバル化です。

でも考えても見て下さい。世界中どこへ行っても同じようなクルマに乗り、同じような服を来て同じようなものを食べていたら旅行の興味も薄れるというものです。

投稿: 田中 徹 | 2017年1月20日 (金) 17時06分

やっぱりそうですよね。では、何故先頭に立つ人達は皆んな揃ってグローバル化をすすめるのでしょうか?おかしいですよね?そーゆう世論になってしまっているので、大して理解してない一般の者もそれが正しいと思ってしまっている。ある意味恐ろしいことです。

投稿: 女性読者 | 2017年1月21日 (土) 23時50分

女性読者さん
日本人程世界という言葉や自由、平等、公正、あるいは人権、に弱い国民はいません。人がいい証拠ですが、謙譲の美徳がいき過ぎて外国人にも滅法弱いようです。

中国の昔の言葉に崇洋媚外というのがあります。戦後日本人も西洋をあがめ外人に媚びるように洗脳されたのでしょう。

だから私などが日本のアイデンティティを取り戻せと言っても「このグローバル化の時代に頭おかしい人がいる」としか思わないのでしょうね。(笑)

政治家の意識も一般国民と大差ないです。とにかく不勉強です。

投稿: 田中 徹 | 2017年1月22日 (日) 08時42分

いよいよトランプUSAが動き始めました

 就任演説で言っていましたが今の米国の富がワシントンに集中し、地方に行渡っていない状況を変えるのだとの事、それには国外で使われている資本を米国に呼び戻して、国内の経済を活性化させ、雇用も増やすのだということのようです。しかしこれを今の米国で実行し成果を上げるのは難しいとは思いますがやらなければ、一部の富裕層の定着と多くの中産階級の貧困化が止まりません。私は米国は好きな国ではないですが、世界の安定化のためには上手くやって欲しいと考えます。

 翻って安倍さん、何考えているのでしょうか。日本の企業が何のカントリーリスクも考えず、シナや韓国に工場を建て、特にシナでは共産党独裁の元、事業が調子に乗ってくると法律や税制を変え、党員を役員に送り込んでくる等勝手放題、人件費の上がった今、逃げ出そうにも多くの経費と時間を覚悟しなければならない状態で、それでも雪崩れを打って撤退し、今は同じ共産国のベトナムに雪崩れ込んでいる様子。
 ここで、安倍さんはトランプさんに見習って、日本国内回帰を促す説得と優遇税制、補助金などを考え、実行に移すときでしょう。
 グローバル化は一部の大資本には好いかも知れませんが多くの国民にとっては決して好いものではないことを、民主主義国の政治家は悟らなければいけません。
 このグローバル化を推し進める人達は戦後米国に留学した大蔵省や通産省の役人が洗脳されて帰国後に広め、またマスコミには竹村健一や大前研一が世界は金融で儲ける時代、物造りの日本はダメダ論を盛んに吹聴していました。
 しかし、現実に人が生きてゆくには物は欠かせません。ただ、百円ショップの様な物で満足するか、もっと高級で快適な物を求めるかの違いでしょう。私に言わせれば、単なる消耗品であれば百円ショップでも好いとして、それ以外は屈辱だと考えます。所謂、安物買いの銭失い、の状態を甘受することになるからです。

 話は変わりますが、トランプさんの就任式で国歌を歌った歌手のジャッキーエバンコさんは私が好きな歌手の一人です。しかしあの国歌斉唱は一寸残念な結果でした。いつもフットボール会場で歌う伸び伸びとした声ではなかったし音程も少しズレテいました。
やはりあれだけの環境で揚がっていたのでしょう。  彼女はペンシルバニア州、ピッツバーグで2000年4月、イタリア系の両親から生まれたイタリヤ系米国人。
 小さい時から人前で歌っていたのですが8歳頃ユーチュウブで評判となり、タレント発掘番組で認められ、あの遣り手のデビットフォスターの元、プロ歌手となりました。 私の好きな曲は「オンブライマイフー」オペラ座の怪人の中の「ダークワルツ」、映画ジェニファーオニールが主演女優だった「1943年夏」のテーマ曲「サマーノウズ」ニューシネマパラダイスのテーマ曲「Se」(yes)またクリスマスソングも好いですね。私がファンになった頃はまだ可愛い少女だったのですが、先日観た彼女は大人の女に脱皮しかかった蝶のように見えました。素敵な歌手になって欲しいと願っています。

投稿: ナベ | 2017年1月22日 (日) 15時42分

ナベさん(様)のコメント拝読いたしました。
気取らず、本質を捉えて穏やかなのに自然体な文脈で説得力が有り、正に真っ当な大人の品格がお有りですね。本年も宜しくお願い致します。

投稿: AZ生 | 2017年1月23日 (月) 20時37分

ナベさん、女性歌手はよく知りませんが(笑)上の文には激しく同意致します。ただ百均の場合、輸入物には関税をかけるべきでしょうね。あくまでも国内産で、という事になればダンピングをやる訳にはいかないので、自然消滅的に消えていくのではないでしょうか。トランプさんの発言を真摯に受け止め、日本もそういう流れになる事を祈っています。

投稿: 田中 徹 | 2017年1月24日 (火) 10時05分

田中さま
おっしゃる通りです!日本人って何でこんなに白人に弱いのでしょうか。NOと言えない、憧れ的な?対応をしてしまう。。。ちょっと英語を話せると、白人と会話が出来るという優越感にひたってる人達を街で見かけます。。。(これも「グローバル」という言葉のおかげで、英語が話せるのが偉い的な世の中になってしまったせいだと思ってます)おかしいですよね〜。私なら媚を売るどころか、逆に英語で白人を分からせてやりたいですが。笑。

日本のアイデンティティを取り戻しましょう!

投稿: 女性読者 | 2017年1月24日 (火) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トランプ待望論 | トップページ | ジャパンファースト »