« 美味し国日本 | トップページ | アメリカが隠しておきたい日本の歴史 »

2017年1月 6日 (金)

最近ちょっと気になった話(三題)

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

 菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が設置されたことに関し、長嶺安政駐韓大使を一時帰国させるなどの対抗措置を講じると明らかにした。

 

菅長官は少女像設置について「日韓関係に好ましくない影響を与えるとともに、領事機関の威厳を侵害するもので極めて遺憾だ」と表明。当面の間、

(1)長嶺大使、森本康敬釜山総領事の一時帰国

(2)釜山総領事館職員の釜山市関連行事への参加見合わせ

(3)日韓通貨スワップ(交換)協議の中断

(4)日韓ハイレベル経済協議の延期―の四つの措置を取ると説明した。(寺時通信)

Photo

(嘘つきの象徴として世界中に恥を残していく愚かな国)

おや、? 珍しく強気ですね。恐らく昨日の拙ブログ記事でも読んだのでしょう。(笑)これまで韓国が何をやっても殆ど放置プレーだったのに、ここまで頑張るのはおかしいです。トランプ政権へ移行するまでの空白時期というのも、ひとつあるかもしれません。

選挙を睨んだ人気取り?今年はしないと言っていましたが、訂正もしたようなので、実は近い内にあるのかも。。他に考えられるのは公明党を切り離そうとしているから?でしょうか。帰化人の多い公明党と連立を組んでいる間は韓国、北朝鮮に対して厳しく出来ません。

と言う事は、いよいよおさらばか?その代わりに維新と組む?多少ましになるかも・・何があっても不思議でないのが政治の世界です。我々国民は、ついていくのに苦労しますが。。

 6日の東京株式市場は下落している。外国為替市場の円高傾向に加え、トランプ米次期大統領がトヨタ自動車を名指しで批判したことから、トヨタをはじめとする自動車関連株が下落した。(YAHOOニュース)
Stumbleon17010601

さあ大変だ。(笑)トランプさんが吠えたら日本の株がいきなり下がる。。先日言った私の予言が当たりそうで怖いです。これからずっとトランプさんの一挙手一投足に怯えながら暮す事になります。愚かだねえ。。

でもこれって、考えれば妙な話です。何で日本じゃなくて米から言われるのか、日本企業が海外に工場を作って一番損をするのは空洞化する日本ですが、政府は知らん顔です。まあ、TPPに積極的になるグローバリズムに脳がやられているBKD政府だから無理もありません。

しかし、世界で一番グローバリズムを推進して来た米が、トランプ氏の出現で多少ナショナリズム方向に変わろうとしているのですから日本も歩調を合わせればいいじゃないですか。何でブッシュ時代からの呪縛に縛られ続けなければいけないのか、さっぱり分かりません。

最後に、昨日のWBS で日本はカードや電子マネーによる支払/決済が極端に少ないという話をしていました。例によってネガティブな感じ「日本遅れてる」的な扱いです。

でもそれは国によって事情があるので、遅れているとか進んでいるとかの話ではないと思うのですが、何でもかんでも電子化、IT化すればいいというものではありません。全くミーハーなんだから。。(笑)

日本人がカードや電子マネーで支払う割合は19%だそうです。他の国は50%越えが大半で中には100%の国もあるようです。

日本人が現金好きの理由

1)現金だと「もったいない」意識が働くのです。私などもカードを使うようになってから、随分強気になりました。(笑)支払が大分先だから何とかなるだろうと、余分に使ってしまうのです。リボ払いに変更という手もあるし。。

 2)治安がよくて盗まれる心配が少ない。偽札も少ないのが安心して持てる理由です。

 3)節税、説明するまでもありませんね。(笑)

 4)デフレ、銀行に預けていると下手をすると減ってしまう(マイナス金利)リスクがある。

 5)レジを任されている売り子さんなどの計算能力が高い。ちょろまかしもない。(笑)

これだけ理由があれば十分でしょう。因に日銀券発行残高は今現在102兆円程になっているようです。短期間に10兆円以上増えていますが、日本逆行か? それはそれでいいのではないでしょうか。

日銀券は金融機関からの要請で発行されますが、腐る程ある日銀当座預金残高と交換になります。金融機関が要請するという事は、それだけニーズがあるという事でしょう。私もお札は大好きなのですが、最近はなぜか素通りしていきます。(笑)

共感いただければクリックをお願いします。

|

« 美味し国日本 | トップページ | アメリカが隠しておきたい日本の歴史 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日本人の現金好きの理由の四だけ理解できません。マイナス金利は日銀に預ける銀行だけのものという認識ですので、庶民にそのリスクがどう負担になっているのか考え及ばないのです。大方原発の為に電気料金値上げや電気料金から補てんするようなからくりがありそうな気はしますがどう影響しているのかは、分かりません。

投稿: nao | 2017年1月 6日 (金) 22時16分

>マイナス金利は日銀に預ける銀行だけのものという認識ですので、庶民にそのリスクがどう負担になっているのか考え及ばないのです。

naoさん、そうです、それが正しい認識です。だから私もすぐにどうこうなると書いている訳ではありません。リスクがあると書いているでしょう。

ただ、今は実質的にデフレですから、そのリスクはインフレの時よりはよっぽど高いと言えます。

デフレの時には、お金は持っているだけで価値が上がります。と言う事は銀行は特に金利を設定しなくても、つまりゼロ%でもお金は増えると解釈されます。

例えばデフレ率が2%なら実質では金利2%と変わりません。これが3%になったなら2%の時との比較で1%上がった事になります。それは多すぎるので銀行が1%減らして欲しいと言って来たらどうですか?

それは、今が金利ゼロとだとすればマイナス1%になる事を意味するのです。つまり預金が1%減っても預けているお金の価値がそれ以上に上がれば問題ないとする考え方です。(笑)

それが我々にとってのリスクですよ。

投稿: 田中 徹 | 2017年1月 6日 (金) 23時07分

田中さん、経済のことを教えてください。(頭悪くてすみません)。直接投資(direct investment)についてですが、日本の会社名は使用しているものの、現地(海外)で採用・雇用し、現地で生産している会社の利益はどこへ行くのでしょうか。例えば、北米に日本の自動車会社がたくさんありますが、直接投資をしている場合、利益は日本には全くないのでしょうか?それとも何パーセントか入ってくるのでしょうか?直接投資をすることで、日本雇用の空洞化が懸念されると聞いたことがありますが本当ですか?

もうひとつの私の質問は、直接投資をしている企業で生産されたものは日本に(逆)輸入されているのでしょうか?(例えば北米の日本の自動車会社で作られた車やパーツが日本で売られているのですか?)私の認識では、北米の日本の自動車会社は北米用に作られていて、労働者もほぼ現地人、生産されたものも北米用、だと理解してます。もし、そうだとすると、名前は日本企業ですが、全く日本に貢献してないのでは?とも思ってしまいます。そんな直接投資を日本政府が推進しているならば、全くもって売国行為な気がしてなりません。(少なくとも政府が進んですることではないと思ってしまいます)。

ちゃんと理解出来てないと思うので教えてください。よろしくお願いします。

投稿: 女性読者 | 2017年1月11日 (水) 13時33分

女性読者さん

直接投資の件、お答え致します。
自動車の場合、逆輸入は殆どありません。以前ホンダが少々、ニッサンは最近タイからマーチを輸入していましたが、輸送費がかかるので大したメリットはないようです。

逆輸入はユニクロのようなアパレルは多いのではないでしょうか。日本には全く工場を作らず中国やアジア圏の人件費の安いところで作って逆輸入しています。それでもトータルで1〜2兆円の規模でしょう。自動車の現地生産の場合は日本からの生産財、資本財の輸出がついて廻りますから自動車を輸出する程ではないにせよ輸出には多少貢献します。

米で生産した自動車は大半が米で消費され、その利益の大半は米に再投資されます。そうでなければ競争力が維持出来ません。日本の自動車メーカーは現地雇用も含めて多大な貢献をしているのです。少なくともトランプさんに脅されるような事はしていません。

もちろん利益の一部は日本にも還元されます。大抵の場合特許料のような技術輸出に対する利益という形をとります。親会社と現地子会社間で取り決められているようです。それが年に数兆円レベルで所得収支に反映されます。まあ微々たるものです。(笑)もちろん現地生産は国内の空洞化に大いに貢献しています。90年代には国内で1200〜1300万台も作っていましたが、今は900万台程に減っているので400万台分の雇用が失われた訳です。

しかしそれは80年代からの日米貿易摩擦と円高によってやむを得ず海外へ進出したので、当時の企業は責められないでしょうね。政府が円高を容認し、さらに内需拡大策を推進しなかったからです。国内に需要がないと思った企業は必然的に海外へ出て行きます。それが相対的に日本を弱体化させるとも知らずに。。

結論
直接投資は殆ど日本の為にはなりません。ごく少数の多国籍企業と現地を富ませるために行うと割り切るべきです。従って反日国にだけは投資してはいけないのですが、韓国にも中国にも投資する企業が後を絶ちません。これらこそ売国企業と言えるでしょう。もちろん日本政府が今採っている政策の大半もグローバリズムに沿ったもので売国的と言えます。

こんなところでよろしいでしょうか。

投稿: 田中 徹 | 2017年1月11日 (水) 14時52分

田中さん、ご回答ありがとうございます。とても分かりやすかったです。今後も色々質問させて下さい。

投稿: 女性読者 | 2017年1月12日 (木) 10時52分

女性読者さん
どう致しまして、お易いご用です。(笑)何でも聞いて下さい。分かる事はお答え致します。

経済、特に金融も誤った認識が広まっていますが、正しい事を拡散する必要があります。

投稿: 田中 徹 | 2017年1月12日 (木) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美味し国日本 | トップページ | アメリカが隠しておきたい日本の歴史 »