« 異次元金融緩和、真の目的は? | トップページ | なぜ反日国は誕生したのだろうか(前編) »

2017年5月10日 (水)

栄光の日本国旗が眩しい魑魅魍魎共

Photo     

---日米 FTA消費増税 /カジノ解禁に反対します ---

ブログランキングに参加しています。

朝日新聞デジタル 5/8(月) 23:14配信

  サポーターが旭日(きょくじつ)旗を使って応援したことで、アジアサッカー連盟(AFC)から執行猶予付きの無観客試合の処分を科されたJ1リーグ・川崎は8日、9日に等々力競技場で行われるアジア・チャンピオンズリーグのイースタンSC(香港)戦で、旭日旗使用の自粛をサポーターに要請することを明らかにした。

 4月25日の川崎対水原(韓国)のACL1次リーグで、川崎応援の観客が旭日旗を掲げ、韓国側が「戦争犯罪の旗」として処分を要求した。韓国側は日本人観客の旭日旗を没収し、韓国人観客が押し寄せて襲撃されそうになる場面があった。

開いた口が塞がりません。その日本人は犯罪者扱いされ身柄を拘束、謝罪させられたと言いますから絶句です。なぜそんな理不尽な事がまかり通るのでしょうか。自分の国の旗を振るだけで制裁?メチャクチャです。我々日本人の理解力をはるかに超えています。

旭日旗は戦犯旗などではなく、むしろアジアを欧米列強による植民地支配から解放し、独立に導いた栄光の旗です。正義と自由の象徴と言っても差し支えないでしょう。私はそんな旭日旗が大好きです。これは日本人として胸を張って言えます。

_svg

            (陸軍旗)

そもそもちょっと前までは、誰もそんな事は言っていませんでした。最近急に言い出したのは、数年前のサッカーの試合で韓国の奇誠庸選手が猿真似をして日本を侮辱した事が問題にされた時からです。自らの行為を正当化するために「観客席の旭日旗が目に入り、怒りを覚えてやった」と言い訳したのです。

Photo

(韓国人は日頃から日本人の事をサルと言ってからかっている)

つまり自分の国が被害を受けた象徴である戦犯国日本の軍旗に反発したとでも言いたかったのでしょう。しかし、どう考えてもそれはおかしな話です。日本は朝鮮とは戦争していません。1910年の併合は国際的にも認められた合邦(ANNEXATION)でした。

国民レベルでは対等合併とさえ言えます。相手を日本人として認めたのですから欧米の植民地支配などと同じである訳がありません。従って韓国への戦争犯罪が存在する筈がないのです。戦争犯罪があるとすれば、同じ日本国民として戦った自分たちも同罪です。

これに対する日本側の反応は、

菅氏は「スポーツ団体の決定なのでコメントは控える」とした上で、「Jリーグ、日本サッカー協会と緊密に連携をとりながら、大会管理者の今後の対応を注視していきたい」と述べた。

旭日旗については、「自衛隊旗や自衛艦旗だけでなく、大漁旗、出産、節句の祝い旗など日本国内で広く使用されている。法令上も使用実態も国旗とは異なる」と指摘し、使用が差別には当たらないとの認識を示した。

いかにも生温いです。こういう調子だから相手はつけ上がるのです。日本のメディアもこの事件を興味本位に扱い「日本人は恥ずかしい」などと韓国側の主張に同調する報道をしています。これを見ても日本のマスゴミが誰に支配されているのかは明らかです。

サッカーの国際試合では過去に何度も韓国応援団が日本を侮辱する横断幕を掲げたりヘイト行為をしましたが、日本サッカー協会は抗議をして来ませんでした。それなのに日本人観客が自国の旗で韓国を侮辱したと率先して日本叩きに同調するのはどういう事でしょうか。ここも汚染が進んでいるようです。

Photo_2

       (海軍旗であり今の自衛艦旗でもある)

その旭日旗ですが、オリジナルは飛鳥時代に仏教美術とともに日本に渡来してきました。菊の紋章も日輪から変化したという説があります。日輪を丸い輪でシンプルに表したのが日章旗で、光背を線として派手に描いたのが旭日旗という訳です。ともに起源は同じだったと考えられています。

日章旗は1854年に徳川幕府が幕府船に正式採用しました。旭日旗は1870年に陸軍の軍旗に指定され、同じ年に日章旗は国旗に指定されましたが、法律はなく旭日旗もまた国旗として使用され続けたと言います。

Photo_3

            (天皇旗)

1999年の国旗国歌法では「国旗は日章旗とする」と断定されているので旭日旗は国旗ではなくなったように見えますが、国旗国歌法の議論では「従来から使用されているものを否定する法律ではない」という説明を時の総理大臣、小渕恵三がしています。

従って旭日旗も日章旗と同様に国旗とし使用し続けても問題がない訳です。その証拠に海上自衛隊の自衛艦は日章旗を掲げず、旭日旗だけで外国の港に入港しています。国際法では軍艦は国旗を掲げて身分を明らかにしなければなりません。

つまり旭日旗は国連や諸外国、日本政府も国旗として認めているのです。それを侮辱したり毀損する事は日本国に対しそうしている事になります。尤も、日の丸も踏まれたり燃やされたり、破かれたりしているのはご存知の通りです。日本人は怒らないので何をしてもいいと勘違いしているのでしょう。

まあ、言うだけ空しいのですが、日本側の毅然とした対応がない事が問題をこじらせます。時代をさかのぼりますが、日本は韓国を併合した当初、文盲率の高い朝鮮人を本土並みにしようと100校ほどしかなかった小学校を30年かけて4千校以上に増やしました。

学問の最高の府として京城帝大まで設立したのです。阪大や名大より先だと言いますから、どれだけ人がいいのか。(笑)日本人にとって愚民化政策などという卑劣な政策はありえないのです。欧米列強の横暴に対し、アジア人同士で共闘しようというのが大東亜共栄圏の思想でしたから当然です。

つまり朝鮮も中国も味方に付けて共栄圏を拡大しようとしたのですが、それが裏目に出ました。相手がそこまでの民度、意識レベルではなかったのです。何かにつけて日本の足を引っ張って来ました。それが今に続いているのですが、ヘイトスピーチ等の、最近の日本人に対する言論弾圧も異常です。

マスゴミや政治家まで味方に付けて日本人の表現の自由を奪おうとしています。恐ろしい話ですが、お花畑の日本人は今一分かっていません。失言に群がる魑魅魍魎共が、何かにつけて日本を仇なし跳梁跋扈している姿が見えないのでは盲目と同じです。

そもそも戦犯国というなら韓国の方がよっぽど相応しいです。日本軍は米の8年に渡る戦争犯罪の本格調査(IWG)で殆ど何も出て来ないくらいの清廉潔白さですが、韓国は戦争犯罪の証拠が山ほど残っています。ベトナム戦争では無辜の民を何十万人も虐殺しました。現地女性に生ませたライダイハンも有名です。

それを棚に上げて日本だけを目の敵にするのは、ルサンチマンから来る日本憎さ、などという牧歌的ラインを超えています。一種の侵略行為とさえ言えるでしょう。いずれにしても政府の毅然とした強い対応が待たれます。

共感いただければクリックをお願いします。

|

« 異次元金融緩和、真の目的は? | トップページ | なぜ反日国は誕生したのだろうか(前編) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

おお、田中様、将に我が意を得たりです

 ここ数年来これに似た事例が何件かありましたが、我が国とサッカー連盟はほとんど抗議もせず過ごして来ました。それを何か大人の対応として評価する人もいて、私など馬鹿じゃないかと思っていましたが、今回、金銭的な賠償など付けられては黙っていてはいけません。ちゃんとした反証をして、撤回をさせるべきです。それをしないと将来に禍根を残すことになります。

 ソモソモ、朝鮮半島を併合させられたのは西洋列強の陰謀です。米国などはこの半島は、世界でも最悪、最低の地域だと分っていて、領事館を引き上げたくらいなのです。その地域を日本に押し付けて厄介払いをしたのです。ところが人の好い日本は、伊藤博文の慎重論にも関らず朝鮮を併合し、日本並みにしようとして、多くの資金と人材を注ぎ込み、やっと近代国家並みの水準にまで引き上げたのです。ところが戦後はそれを逆手にとり、日本を貶めることで優越を得ようとしています。私達はこれに対し、「お前たち自分の事も分らずに調子に乗るんじゃねえ馬鹿」と断固とした態度をとるべきです。
 韓国、朝鮮人には自由で平等な権利とそれに伴う責任を有する国民が有ってはじめて成立する、民主主義など理解できないのです。

 このブログと関係ないことを書かせていただきます

 先月、17日、渡部昇一先生がお亡くなりになりました。先生は私の人生に多大な教えを頂いたと考えています。戦後、GHQの洗脳教育に流されそうになっていた私をマトモナ日本人にして頂いたと感謝しています。お陰でウス甘左翼の馬鹿にならないで済みました。本当に感謝しています。先生とは私の事務所があった関係で、20年以前JR中央線、西荻窪駅で東京女子大の講師時代の先生を何度かお見受けし、飄々とした風情の先生に会釈したことを思い出しています。私にとってはこれほどの「知の巨人」に巡り会える機会はないと思います。先生のご冥福をお祈りいたします。

投稿: ナベ | 2017年5月10日 (水) 20時44分

すいません。今回のブログとは直接関係ありませんが、私も渡辺昇一先生がお亡くなりになられたこは大変ショックでした。最後の御著書を拝読させていただきましたが、まだあれだけのことを著せるのにと本当に残念です。もう20年以上前のことですが、小講堂で先生の講演があった後、私が会場から出るとちょうど先生がタクシーで帰られるときでした。日露戦争で日本が負けていればまだ世界中がアパルトヘイトだと、ヨーロッパでした愉快な講演の話しをなさいました。なにかユーモアの漂うしかも背筋にしっかりと筋がとおっているようなお方でした。私が軽く会釈するとタクシーの中から先生が丁寧に会釈を返しくださったことが印象に残っています。保守思想だけでなく、マーフィーの成功法則などの本も翻訳され、私も先生には何重にもお世話になっております。先生の御冥福を深くお祈り申し上げます。

投稿: 八丈島 | 2017年5月11日 (木) 07時54分

田中様。内容はまさにそうかも?と思います。
教えていただいている事がありますが、マスゴミと言っているのはベストの文章では無いと思います。
 マスゴミと言っている限り相手と意見を交わしたくないと言っていると同然です。こちらのブログを好む方はそのような言い方を好むかもしれませんが、もう少し相手をたらしこむようにした方が良いのではありませんか?。詐欺師になったほうが良いとは思いませんが、まずは意見交換をする関係を築かなければ相手を嫌いといがみ合うだけで全く進展も妥協もあり得ないと私は思います。

投稿: nao | 2017年5月11日 (木) 22時59分

naoさん、有り難うございます。
確かに、いくら憎いからと言って、マスゴミという表現は感心しませんね。
以後改めます。

投稿: 田中 徹 | 2017年5月11日 (木) 23時57分

マスゴミの呼称変更案

1:日本人洗脳結社(お花畑マンセー君)
2:日本国土侵略結社
3:反日隣国情報捏造団
・・・今現在、浮かんだのはコレ位です・・・( ̄ー ̄)

投稿: | 2017年5月12日 (金) 02時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 異次元金融緩和、真の目的は? | トップページ | なぜ反日国は誕生したのだろうか(前編) »