« 2019年12月 | トップページ

2020年1月

2020年1月21日 (火)

嘘だけは教えないで欲しい

Photo   

---移民政策/消費税増税/カジノ解禁に断固反対!---

ブログランキングに参加しています。

日本経済は、政府の狙い通り着々とインフレへと向かっています。マイナンバーによって国民の財産を把握したあと、「財産税」によって富裕層の財産を没 収…。財政赤字の圧縮を目論む政府が描いているシナリオは、まさにこれではないでしょうか。本記事は、『大学教授が考えた「科学的投資法」 株は決算発表の直後に買いなさい!』(PHP研究所)より一部を抜粋・再編集したものです。

国家財政破綻より「インフレ政策」の方がマシ
ここでは、これからの日本で起こることについて考えてみたいと思います。それは、「インフレ経済」と「財産税課税」です。いずれも経済の面での重要事項です。(幻冬社ゴールドオンラインから)

何となく間が空いていますが、こういうのを読むとまたムラムラッと書きたくなります。(笑)上記、某有名大学の教授が書いた記事を読みましたが、最高学府の教壇に立つ人のレベルがこれですから、日本の将来はとても明るいとは言い難いです。

全く何も分かっていないと言うしかありません。ひたすら幼稚です。まともな大人の常識力、知識、感性がありません。不特定多数を対象に記事を書くならもう少し責任感を持って欲しいものです。

日本の金融資産が1800兆円あって、政府はその半分の900兆円くらいを税金で取り上げるつもりだろうというのですから呆れてものも言えません。子供の発想です。金融資産の全てが等価値に現金化出来ると思っているのでしょうか

金融資産は株や国債などの有価証券、悪く言えば紙切れを大量に含んでいるのです。その全てが売り切れる訳がありません。仮に売り切ったとすれば売っていく過程で株価は限りなくゼロに近づき、最終的に金融資産は1300兆円の現預金(マネーストックM3)に収斂されます。

それが意味するのは全株式会社の倒産です。例えスーパー富裕層であっても900兆円もの現金を作るには株などは真っ先に売り払うしかないのですからそうなります。

その作った現金を国に納めたならマネーストックは400兆円にまで激減するのです。それではこれまでのような経済活動が出来ません。そんな大パニックになるようなリスクを国が冒す筈はないのです。その前に政権がひっくり返ります。

この教授の基本的間違いは、お金は国民が稼いで出来ると思っているところです。お金は空中にでも浮いていて必要な時には落ちて来るのでしょうか。そうではなく、お金はまず借金から始まるのです。当ブログで何度も言っていますが、国民か企業か政府かが借金しなければお金は出来ません。

ですからまず借金ありきなのです。その借金の目的は何かを買う事です。すると市場にお金が出回ります。その結果個人や企業の財布(通帳)に入って来る訳ですね。それを半分も奪ったならまた誰かが借金しなければならなくなります。

その場合、常識的に考えれば国民サイドが債務超過になるのです。個人と企業の現在の資産状況をみると、いずれも黒字です。その代わりに日本の場合は政府が赤字になっているのです。国トータルではプラスマイナスゼロですから必然そうなります。

ただまずい事に、そもそも納めるべき900兆円も、実は通帳に印字されただけの実体のない幻でしかないのです。では何が実体かと言いますと、それは日銀当座預金残高プラス現金(日銀券)で500兆円程しかありません。

20180124220519

日銀が積極的に金融緩和をしているのでこの水準ですが、異次元緩和の前は当座預金残高は50兆円もなかったのです。それでも世界の水準から見れば決して少なくはありませんでした。

マネタリーベース、あるいはハイパワードマネーというこのお金こそが真のお金で、それを根拠に、理論的には何十倍ものマネーストック(預金残高)を貸出しで創造していく事が可能なのです。

逆に言うと国民が税金を納める場合は国民の通帳から残高が減り、その通帳を発行した銀行が日銀に持つ当座預金残高がその分減ります。その減った分、政府が日銀に持つ当座預金に振り込まれ日銀が保有する国債と相殺される事で借金がチャラになるという訳です。

従って900兆円を納める場合は500兆円も足りない事になるのです。という訳で900兆円も国民が税金を収める事は物理的にも不可能である事がお分かりいただけたと思います。

まあ900とは言わないまでも、例えば100兆円くらい税金を納めた場合でも大変なデフレになって景気は落ち込みます。日本国全体のバランスシートから100兆円も縮小する訳ですから一大事です。給料もガタ減りになります。

ない仮定ですが、もしそれが900兆円なら例え納める事が出来たとしても国が10回くらい破綻するでしょう。(笑)そんなアホな話より財政を健全化させる(その必要はないと思いつつ)ならもっといい手は沢山あります。

単純に経済成長させればいいのです。成長すれば必然税収は増えるので、最近は赤字が9兆円しかないというプライマリーバランスの黒字化も見えて来ます。その具体的な成長の方法ですが、下記の内ひとつでも実現出来れば今とは全く違った将来像が見えて来るでしょう。

何度でも言いますが、ひとつは財政出動です。国民に資金が行き渡るように公共事業でも何でも国債を刷って円をばらまけばいいのです。デフレの日本なら、ばらまいた分確実に成長します。

あるいは日銀が80年代のように窓口指導を再開して銀行から民間への貸出しを強化するのです。不当に厳しい審査が要求される金融検査マニュアルを破棄しましょう。その場合BISからの脱退も視野に入れなければならないかもしれません。ついでに固定資産税も廃止します。

もう一つはバカの一つ覚えで途上国経済モデルでしかない外需依存をやめ、内需拡大策を積極的に採る手です。米が発展したのはひとえにこれです。経常収支が万年赤字でも経済成長は出来るのです。外需依存は上手くいっても円高を招き、それがデフレ要因となります。

特に日本のような、海外からどうしても買わなければならないものが年間15兆円程の天然資源系以外にはない国の場合有効です。今外需のために創造している付加価値を国内に振り向けるだけで凄い事になるでしょう。

50兆円も振り向ければバブルの再来になります。この場合は実体経済が伸びる事になり資産インフレは伴わないのでバブル崩壊もありません。尤も、日本のバブル醸成から崩壊に至るプロセスは米傀儡の日銀主導によるものでしたから参考にはなりません。

今回の異次元緩和だって日本独自で考えた事、とはとても思えないのです。その証拠に実力を大幅に下回る大円安から株が高騰し、外国人投資家がぼろ儲けしました。儲けた円はいずれドルに替えます。

それは対外純資産がドルベースで減っている事で如実に分かるのです。と言うより日銀のHPに毎年のキャピタルロスの金額が発表されています。日本の経常収支は万年黒字であるにも関わらず対外純資産が減るのはそのせいです。

一体いつになったらこういうバカバカしい議論をせずに済むようになるのでしょうか。嘆かわしい。(笑)

 共感いただければクリックをお願いします。 

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

謹賀新年(令和2年)

Photo   

---移民政策/消費税増税/カジノ解禁に断固反対!---

ブログランキングに参加しています。

Photo_20191231103501

皆様、明けましておめでとうございます。旧年中はお世話になりました。本年もまた宜しくお願い致します。更新のインターバルが長くなっておりますが、閉じる気は毛頭ありませんので気長にお付き合いいただければ幸いです。

さて、前回記事ですが、あのままでは分かり難いかも知れないので補足説明をしたいと思います。いきなり天孫降臨、天津神と言われても困るし天照大神さえ神話の中の人物なのかどうなのかも判断のしようがないというのが普通ではないでしょうか。

そこはともかくとして、そもそも太陽神である天照大神は実は男神だったと言われています。世界中探しても女性の太陽神はいないのですから説得力があります。ではなぜ女性の神にすり替わったのでしょうか。

その真相は天智天皇の娘である持統天皇の正当性を認めさせるために、持統天皇と異母兄弟である藤原不比等が天照大神は女神であったと日本書紀を書き換えたと言うのです。あの時代なら十分あり得る話ではないでしょうか。

絶対的な権力を持つ為政者がいて、その権力を未来永劫保つため歴史へ介入するのは古今東西よくある話です。血統の正当性が必要だと言うのも違和感はありません。どこの馬の骨とも知れない人に何の疑いも抱かず、かしづいたりはしないのです。

そこで、この絵の中の天照大神ですが、女性風に見えてはいるものの、髪の長い男性ととれなくもありません。描いた自分が言うのも何ですが、天岩戸を開けてまで外の様子を見に来たのは実は男だったからです。

つまり天鈿女命がセクシーに踊る姿を見たいというのは例え神であっても男の本能と言えます。この絵の場合は渋野日向子が天鈿女命役です。キリストの仇の末裔であるロスチャイルドのお膝元英国で、その地発祥のスポーツであるゴルフで優勝するというのは日本人にとって多いに意味があります。

1000pxamaterasu_cave

と言っても何の事だかさっぱり分からないかも知れませんが、渋野日向子はその名が示すように日向族の末裔である可能性があるのです。そうでないとしても大和撫子である事に変わりはありません。それはデフォルトでの保守系日本女子という意味です。

日向族と言えば天孫系の天津神がそのルーツです。その対極にいるのが土着系、縄文人プラス渡来人ですが、いずれも日向族と同じく父から息子へ遺伝する世界にも希なY染色体ハプログループD系の遺伝子を持つ割合が高いと言われています。

その中で既得権力を持っていたのが出雲族です。その神は国津神と呼ばれていました。一方日向族がよく言う天孫降臨は海外から来た事を意味すると思われます。つまり簡単に言えば新規渡来人対先住民の構図なのです。

従って初代天皇である神武天皇は渡来系日向族の長という事になり、それと同じ名を持つ渋野日向子が令和天皇即位の年に英国や日本で存在感を示すというのは偶然とは思い難いのです。言いたい事が少しお分かり頂けたでしょうか。

つまり主に弥生時代以降に渡来したと思われる日向族は、昔から日本にいて日本の神話の中の神、天照大神の子孫である必要性があったのです。でなければ皇位を継承していく根拠が損なわれます。

ところで初代天皇とされる神武天皇はヘブライ語で表現すれば、前にも言いましたようにカムヤマト・イワレビコ・スメラミコトです。神の民を統率するユダヤ人の初子でシュメールの尊い人という意味だそうですから凄い話ではないでしょうか。

メソポタミア文明を築いたあの民族が日本人の祖先だというのです。尤もこの約には諸説あり、確定したものではないという注釈は付けなければなりません。

しかしそれが事実だとすれば、旧約聖書のイエス・キリスト像を投影したのが日本の皇祖神、天照大神という解釈も成り立つのです。天岩戸にお隠れ(死亡)になり、その後復活を果たすというのはあまりにも似過ぎています。天鈿女命がマグダラのマリアだと解釈すれば、なおそれらしいのです。

旧約聖書によると、アブラハムの末裔に南ユダ王国の王ダビデがいてソロモン・・・ヨセフ、キリストと続きますが、日本の天孫族が東進してきた失われたイスラエルの12部族の内、ユダ族であるならば、万世一系という皇室の血統も納得がいきます。

それはつまりイエス イコール天照大神を意味するのですから穏やかではありません。(笑)いえ、私はそれが確かだと言っている訳ではないのです。時間的地理的整合性が取れません。日本の3世紀以前の歴史がそういうものであったなどと、どう考えても無理があります。

考えられるのは、やはり米軍(GHQ)が言ったように3世紀以前は神話であったか、あるいは他の地での出来事を、あたかも日本で起きた事のように記紀で作文したか、ではないかという事です。

いずれにしても古代ユダヤが少なからず日本に関わっているという事は疑いの余地がありません。特に宗教に関しては驚くような事実満載です。ここで詳しくは述べませんが、神道の天照大神=キリストという構図は仏教で言うと、キリスト=大日如来となるのです。いずれの場合も復活が約束されています。

O0600050013936714660

(伊吹山山頂には日本武尊/ヤマトタケルノミコトの像があると言います。)

神仏習合を空海が進めたのは常人の感性を遥かに超えた深い思惑、理由があったのです。88カ所で四国剣山を取り囲み、平城京、平安京を囲む逆五芒星の結界を張り、神道と仏教の力を駆使して必死に守ろうとしたものは何なのか?興味は尽きません。

さて、渋野日向子に話は戻りますが、彼女が令和天皇即位のタイミングで頭角を表した理由は、数ある日本の危機の内最近顕著になってきたもの、すなわち周辺国による反日行為に対応するという目的もあるのではないでしょうか。

韓国はついに反日を堂々と公言するようになりました。さらに世界中に嘘の情報を流して日本を貶めています。ホワイト国を外されてからはなり振り構わず一段とエスカレートして来ました。もはや放置出来るレベルではありません。

恨の国と言われるルサンチマンの塊のようなこの国から押し寄せてくる勢力に立ち向かう一人の女神、それが渋野日向子なのです。昨年は韓国人が賞金女王になるのを鈴木愛と共に防ぎました。韓国人プレイヤー(個人に問題があるという話ではない)に席巻される日本ゴルフ界を救ったのです。

と勝手に妄想を膨らませていますが、(笑)ついに神の国日本が動き始めたと思いたいです。

 

 共感いただければクリックをお願いします。 

| | コメント (7)

« 2019年12月 | トップページ