« 優先すべきものが明確でない現代 | トップページ | 今後どうなる新型コロナ »

2020年4月 6日 (月)

新型コロナ騒動後に来るであろう新生日本

Photo   

---移民政策/消費税増税/カジノ解禁に断固反対!---

ブログランキングに参加しています。

 今日は給付金に関する話題から始めます。

 まあなんだかんだと侃々諤々議論はしているのでしょうが二転三転してなかなか答えが出て来ません。日本には1億人以上も人がいるのに、まともなアドバイザーはいないと見えます。そんなに難しい問題でしょうか。

また繰り返される Too Little Too Late では残念過ぎます。いかに平時にクライシス・マネージメントが考えられて来なかったかを露呈しています。同じ間違いを繰り返すのはプロの仕事ではありません。

まず個人に対してですが、あくまでも現金が有効で、所得が減った人の諸々の支払や借金返済に当てられます。特定産業を優遇しかねない商品券やクーポン配布は論外です。

これは福祉事業ではなく救済を兼ねた経済対策なので、緊急時に受給条件をあれこれ付けるのは間違いです。マクロ的に見て減少するであろうマネーストックにゲンナマを補充をするのが主目的ですから一律配布が望ましいです。

現に右肩上がりのマネーストックの伸びはこの1月からマイナスに転じています。因に過去5年間トータルでM3の増加は180兆円になり年平均では36兆円です。

M3

(四半期毎のM3の伸びを表したグラフ、借り入れが順調に伸びている事が分かる。)

月にすれば3兆円ですが、それくらいでやっと1%前後程度の名目成長だった訳です。それがこの1~2月で3.4兆円もM3がマイナスしているのですから既にマイナス成長は始まっているのです。

これは空恐ろしい事です。次の2~3月がもっと酷くなるのは自明だし、3~4月はさらに落ち込むでしょう。そこを埋めない事には話になりません。お金が廻らなくなるのです。

だから迅速な一律給付が望ましい訳です。しかも最初はドーンと大きく行った方がいいです。乾ききった大地にお金があっという間に染み込んでいくでしょう。

もし金額が多過ぎた場合、今の状況ではインフレリスクがないとは言いませんが、そんなものは今後調整すればいいのです。最終的には収束後に払い過ぎた分を回収すれば問題ありません。

素人考えで恐縮ですが、具体的に言います。例えば一世帯一律30万円とし、子供は一人5万円とでもすれば、当面のミクロの経済的問題は解決するでしょう。この騒動が長引くようなら様子を見ながらまた繰り返せばいいのです。

仮にこの数字で行くなら一回あたり総額20兆円程になります。もちろん高額所得者でその必要のない人は辞退すればいいのです。どうしても欲しい人には給付して、一年後の確定申告で調整すれば不公平はありません。

そのため給付金は無税ではなく課税対象とした方が分かり易くなります。余裕がある人程累進課税で持っていかれます。低所得者は納税の必要がない人が多い筈ですし、それが合理的ではないでしょうか。

そのやり方で一回の給付につき5〜6兆円は戻るイメージです。仮に年間3回実施したとしても真水は50兆円以下でGDPの10%にも届きません。

今後のコロナ騒動次第ですが、マネーストックの減少はそんなものでは済まないかもしれないので、そこは数字を見ながら臨機応変に対策するしかありません。

消費税減税に関しては、いずれゼロにするのが好ましいですが急ぐ必要はありません。それをやってもマネーストックは増えないからです。

一方中小企業に対しては今もやっているような無担保、無保証人、無利子融資枠を広げればいいです。個人のケアは国がやってくれるので、安心して従業員の自宅待機等の策が打てるというものです。

個人的には、この機に乗じて産業人口のバランス調整をやってもらいたいです。肥大し過ぎた観光産業などは昔のレベルまでスリム化するべきです。

コロナ騒動が終わってもしばらくは国際的な行き来は減るだろうし、個人旅行もメンタル的に元に戻らないのではないでしょうか。

という事は冷たいようですが淘汰される産業、企業は当然出て来ます。しかし、そもそも日本は海外から労働者を呼ぶ程人が足りなかった訳です。

従ってそういう外需産業で労働生産性が低い産業から、同じ生産性が低くても内需のために欠かせない農業などにスムーズに人が流れる道筋を作ればいいのです。

企業の考え方も大きく変わるチャンスです。外需依存の危うさ、不安定さが身に染みた筈ですから、これまでのように海外に対して大盤振る舞いは出来ません。内需主導の経済に転換すべき時が来たのです。

薄利多売的拡大再生産モデルは終りにしましょう。これからは少量、と言っても日本は未だ1億2千万人の市場を有しているので量産効果という点では十分な恩恵があります。

従ってある程度のマスが見込める高付加価値型へ移行していくのが望ましいです。全ての産業の方向性が揃えば一億総上流時代が視界に入って来ます。

自動車産業で言いますと、国内と輸出合わせて1000万台でどうでしょうか。今と大して変わらなく見えますが、内訳は国内販売700万台、輸出は高級車のみ300万台です。国内台数の根拠はバブル時代並みの新陳代謝が必要だからです。

今の自動車は日進月歩です。次から次へと環境対応にしても安全対応にしても優れた商品が出て来ます。これは単純に成長のための消費ではなく環境のため、安全のためですから意味のある消費となります。

海外に対しては現地生産は段階的に打ち切ります。と言うか、現地に任せて自立を促せばいいのです。自立するまでは支援が前提となりますが、自分たちで運営も出来ない産業を国内に持たせるなどというのは、そもそも差し出がましい行為です。

その結果、8つもあるメーカーは再編せざるを得なくなります。トヨタ、スバル、ダイハツ、スズキで一グループ、ホンダ、日産、三菱で一グループです。マツダだけは単独で高級車メーカーを目指すかもしれません。と勝手な妄想を巡らせています。

部品や資本財に関しても同じ考え方です。現地生産は自立させ輸出は極力減らします。そうなると自動車メーカーや関連産業は余剰人口を抱える事になりますが、ここも自然な人の移動を促すシステムを構築すればいいだけです。

人がバランスよく配置された時点から先は、生産性向上が期待出来る産業はそれをどんどん推進して、さらに足りなくなる産業へ人材を供給します。

それが上手く機能すれば海外から人を入れる必要はゼロになるし、万が一ゼロにならなくても何とかやりくりをすればいいだけです。(笑)必要は発明の母です。そこに新しい技術や概念が生まれて来ます。

新型コロナに関する情報

日本は50歳未満で死亡者ゼロです。30歳未満では重症者さえいません。さらに20歳未満は感染者数が段違いで減ります。これはやはりBCG効果なのかと思ったりします。(BCGの効果は個人差がありますが15年程度は継続するそうです。)

Photo_20200406101301

 

 共感いただければクリックをお願いします。 

|

« 優先すべきものが明確でない現代 | トップページ | 今後どうなる新型コロナ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

田中さま

お久しぶりです。
まず、安倍政権はコロナに関しての対応が全て遅い!文句も沢山ありますが、最近何をやっても安倍首相は批判されていて、首相を引きづり下ろす様なこの風潮は危ないと思います。田中さんも以前におっしゃっていましたが、残念ながら消去法なんです。この国難とも言える時に安倍首相で良かったと思わなきゃですよ。残りのクズを見てください。障害者を利用している山本太郎、どこの国の人間の集まりか分からない立憲民主、アカ共産党ですよ。こんなのが与党になったら日本はお終いです。

現金が一番良い。クーポン券なんて問題外。しかし。。こんな事を言ったら怒られそうですが、この異常な事態の中、大変なのは中小企業、自営業、シングルマザーだけじゃないです。一般企業も大きな痛手です。それなのに補償が低所得者や飲食業だけだったり、線引きがおかしいと思っていました。だから、私は一律10万円で良いと思います。

失礼承知で申し上げますが、補償がなければ店を閉めないとか、週数間休むとガス電気代が払えないとか、色々文句を言っている人がいますが、はっきり言わせてもらうと、それは要請とは関係なく、マネージが出来ていない時点でビジネスなんて成功するわけないだろうって言いたくなります。特にインバウンド、中国人相手に商売をしていた事業者は沢山儲けていた時期もあると思います。貯金しないんですか?って話ですよ。自営業を始める時に、サラリーマンのように毎月安定した月給は入らないと自覚して事業を行うべきです。シングルマザーもお涙頂戴的な象徴となっていますが、自業自得でしょ。好きで結婚して出産して離婚したんだから。誰のせいでもないです。

最近私は「社会の弱者」と呼ばれる人たちに対しての待遇、差別云々も含め、納得いかない事が多いです。社会人としての自覚や責任ってあると思うんです。ダブルスタンダート的なところもあり、上手く使い分けていてズルい。この世の中の風潮でいくと、ダラシない貧乏人の方が得する形になってしまいます。決して富裕層でない、普通の常識ある社会人は、一生懸命働いて税金払って、ローン返済して、毎月ギリギリでも頑張って生活しています。そーゆう人達が恵まれなくなる。恥を知っている日本人はそう簡単に生活保護などに手をつけません。今回のコロナ補償の話で日本中が揉めていますが、それを見ていて醜いとすら思えてきました。正直これが私の感想です。

投稿: 女性読者 | 2020年4月19日 (日) 16時54分

僕も安倍さんでよかったと思います。今度の10万円にしてもうまく公明党に根回しして、安倍さんでしかできなかったのではないでしょうか。周囲は財務省の犬ばかりです。よくやってますよ。他の総理候補者ならもっと早い時期に消費税10%です。いまごろ17%くらいになってるかもしれません。これは元公安の人が言っていたですが、もうすでに17%は決まっていると。真偽のほどはわかりませんが・・・。

投稿: 八丈島 | 2020年4月19日 (日) 23時15分

女性読者さん 八丈島さん
いつも有り難うございます。近い内にアップする予定です。しばらくお待ち下さい。

投稿: 田中 徹 | 2020年4月20日 (月) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 優先すべきものが明確でない現代 | トップページ | 今後どうなる新型コロナ »