« 一人勝ちは許されない | トップページ | アフターコロナ(悪魔の選択) »

2020年5月19日 (火)

横行するコロナ詐欺


Photo   

---移民政策/消費税増税/カジノ解禁に断固反対!---

ブログランキングに参加しています。

 今回も行きがかり上、また新型コロナ問題です。

まあ、それにしても酷いものです。もういいじゃありませんか。普通の国ならとっくに解除しているレベルです。いつまで政治家の都合で緊急事態宣言を続けるのでしょうか。

ロシアは1日の感染者数が1万でも解除すると言っています。それくらい経済が大事だからです。実効再生産数が1を切れば段階的解除は世界の常識です。

日本のこの度が過ぎる遅延行為は最早犯罪レベルと言っても差し支えありません。季節のインフルエンザとの比較でも、新型コロナがその程度のウイルスである事はほぼ分かっています。

しかし東京の数字捏造は言語道断です。ベッドの使用率131%は真っ赤なウソでした。デイリー新潮が19日にすっぱ抜きましたが、5月7日の重傷入院患者は87人しかいなかったのです。

唖然としますね。(笑)ベッド数も2000から3300まで増強されていますから、7日現在の2619人の感染者全員が入院したとしても、79%にしかなりません。

実際にはこの数字には大多数である入院の必要のない軽症者を含みますから、余裕はあり過ぎるくらいにあるのです。小池都知事は今月末まで解除はしないつもりのようですが、その狙いは明らかです。

7月の都知事選を有利に運ぶべく露出の機会を増やしたい、さらに休業要請に対する補償金を気前よくばらまいて人気取りをしたい、その一心なのです。都民ファースト?聞いて呆れます。自分ファーストの間違いです。

2020042200010014chuspo0002view

元々そういう人でした。国政進出を狙った希望の党が挫折すると、さっさと代表から退いて知らん顔を決め込んだのは記憶に新しいです。もう芽がないかと思われていたところに今回のコロナ騒ぎでした。

媚中派の二階幹事長と組んで中国に防護服33万着等、東京都備蓄の非常用物資を気前よく送り、守備よく自民の支持を取り付けたところまではよかったのです。

これで次期都知事の座は保証されたも同然です。ところがこのパフォーマンス好きは ACジャパンに巨額でCMを依頼する見返りに自身のCMへの出演を約束させるなど、怪しい事をし始めたのです。

そのままレールに乗っていればよいものを、今回の数字捏造で自ら立場を危うくしました。厳しい追及が始まるでしょう?と言うのはマスコミがまともであればという条件がつきます。(笑)

日本のマスコミは突然、報道しない自由などと言い出しますから始末に負えません。自らの存在を自ら否定しかねない発言を平気でやるのです。これは甘え以外の何ものでもありません。

ところで話は変わりますが、死者42万人とか人との接触8割削減とかテキトーな数字を並べていた西浦とか言うコロナ詐欺師が自分の計算が間違っていた事を認めたようです。

おいおい、なんてこった。(笑)政府は彼の試算を基に緊急事態宣言を出したのではなかったでしょうか?その責任はどうなりますか?それで倒産したり破産した人は多いのです。

計算間違いでは済みません。そこも厳重に追究されるべきです。アフターコロナはそのあたりをつまびらかにして第二波に備えなければならないのです。

尤も、第二波が来るのか、日本の場合は微妙かも知れません。少なくとも第一波のような事にはならない気がします。同じウイルスが再流行するという前提ですが、それに根拠がない訳でもありません。

専門家でもないのでいい加減な事は言えませんが、日本人には感染して得られる獲得免疫で集団免疫を作って収束させるという従来言われていた公式は当てはまらなかったのです。

それは抗体検査で明らかになりました。東京でなんと0.6だったのです。つまり1400万人中84000人しか既に感染した人がいなかったのです。これは大方の予想を裏切りました。



Bcg_20200519141301

(日本株のTokyo 172-1 は特に生ウイルスが多く、効果が半永久的に続く可能性があると言われている。イラク、台湾が日本株、韓国と中国の場合はデータそのものが当てにならない。)

それが意味するのは日本人はコロナウイルスに対して自然免疫力が強いという事なのです。自然免疫には生活様式や食習慣も含まれます。さらに今回注目されているのがBCGによる自然免疫力アップです。

免疫学の第一人者である大阪大学免疫学フロンティア研究センターの宮坂昌之教授によると、BCG接種によって自然免疫が訓練、強化されるというのですから驚きです。

その結果、獲得免疫がなくてもウイルスに対する生体防御が起こると言うのです。そこで今回の流れがおぼろげながら見えて来ました。まず自然免疫力の弱い固体が先に感染します。

それが徐々に免疫力が強い固体に移動しますが、強過ぎると感染しないのです。時が経つに連れて既感染者が治癒し獲得免疫を持つ固体が増えて来ますから、自然免疫と両方で壁を作っていく事になります。

この理論が正しいなら既に巨大な壁が出来ているのかも知れません。だとすれば第二波が来たとしても被害は軽微なものになるのは自明です。ただウイルスは変異するので、そこのところは未知数です。

救いは感染症の専門家でノーベル賞受賞学者リュック・モンタニエ氏が言った人工ウイルスは時と共に人工的要素(HIV)を排除していくという説です。それがいつになるのかは不明ですが、永遠に人工のままという訳ではなさそうです。

 共感いただければクリックをお願いします。 

|

« 一人勝ちは許されない | トップページ | アフターコロナ(悪魔の選択) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

田中さま

お久しぶりです。

物凄く落胆してます。黒川氏をかばう訳ではないですが、このタイミングで賭博がバレて辞職だなんてハメられた(記者に裏切られた・売られた)に違いないです。文春が黒川氏が記者のマンションに入る姿を撮っているらしいです。そこで通報すれば記者も全員逮捕になったはずですが、それを避け、後にスクープとして取り上げた。文春にとってはプラスしかない。一緒に麻雀をしていた記者が黒川氏を売った。(高く売れたでしょう)。そもそも文春と記者は始めから繋がっていた事にもなる。

私が恐れているのは日本人じゃない者が政権を握ることです。コロナ対策で批判されている安倍政権にとって黒川氏の逮捕は致命的です。安倍政権が崩壊したら、日本はどうなるのでしょうか。もうあの悪夢民主党政権、売国奴たちが日本を仕切るのは勘弁してほしい。忘れもしない、日経平均8000円ですよ、世界に恥をさらした。

小池も同等。でも悔しいけど、こーゆう腹黒いのが政治家に向いているのかも知れません。安倍政権とは真逆で、コロナ騒動で好感を得た1人です。ムカつきますね。カイロ大学卒は嘘だって言われてますよね。どなたか検証してくれないでしょうか。学歴詐称になるのにな。

どいつもこいつも、ズルい。自分の利益しか考えてない者が政治家になって続いている。二階は引退してほしい。親中派が多すぎる。例えば、立憲民主が与党になって(なるわけないと願う) 小池が都知事を続けたら日本の国益が損なわれるのは間違いない。

(新潮が本当ならば)このベット数の嘘をはじめ、医療崩壊と騒いで、PCR検査を推薦するのは利権ですよ。これで儲けたい商人の仕業。

日本も捨てたものではない、希望があると思いたいのですが、何かあるならば田中さま教えて下さい。

投稿: 女性読者 | 2020年5月21日 (木) 20時18分

女性読者さん
日本は世界で一番希望がある国ですよ。今回のドタバタではっきり見えました。日本以外に住みたい国がありますか?

表面に出て来ているものは悪い事だらけですが、そこは大した問題とは思えません。

その根っこは外来のものが大半だからです。つまり日本をかき回しているのは外的要因なのです。

これから日本人の失地回復が始まります。そこは少し外圧も利用しなければなりませんが、未来は希望に満ちています。

投稿: 田中 徹 | 2020年5月22日 (金) 10時09分

田中さま

勿論、日本は世界一の国だと思っています。だから守らなきゃいけないものが沢山あります。なのに日本のトップの人たちはそれを守ろうとしていません。日本の伝統を壊したり、否定したり、良いものを消して(無くして)いく。私たちのような(田中さまをはじめここのブログ愛好者のような)考えの人が増えて欲しいです。

投稿: 女性読者 | 2020年5月22日 (金) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一人勝ちは許されない | トップページ | アフターコロナ(悪魔の選択) »