« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月30日 (火)

新型コロナは救世主だった


Photo   

---移民政策/消費税増税/カジノ解禁に断固反対!---

ブログランキングに参加しています。

 このタイトルを読んで、なんて不謹慎な!と思われる人は多いのではないでしょうか。私も若干躊躇しましたが、やはりこれしかないと思い、勇気を持って決めました。

今回のコロナ禍、実に色々な示唆に富んでいます。特に終盤に出て来た数字には驚くようなものばかりです。東京都の抗体検査の結果が0.1、これにはぶっ飛びました。

1400万人都市で、あれ程までに猛威を振るった?恐怖の感染症の抗体保有者が1万4千人(推定)には笑えます。全国での感染者も2万人にも届きません。老人に集中した死者数は1000人いくかどうかです。

さらに今回、厚労省が発表した人口動態を見て、ある程度予想はしていたものの、あまりの的中率に恐れおののいたのです。いやこれは私が何かを当てたという話ではありません。

専門家会議やトンデモ8割おじさん、それらの言うなりの政府、マスコミなどは全くイメージすらしない見事な数字が燦然と輝いたのです。もちろん有能で大人のリテラシー力を持つ専門家は異口同音に言っていた事です。

それは今年の1月〜4月末までの4ヶ月の死亡者累計です。対前年比でマイナス1万444人と書かれているのです。常識的に考えて、この少子高齢化の日本で死亡者数が大幅に減るなんて事があり得るでしょうか?

Photo_20200630173401

いやありません。データが示すように通常は順調に増えていきます。出生数も順調に減るからこそ人口が減っていく訳です。しかも悪魔の感染症が列島を蹂躙していた4ヶ月ですから5万人くらい死者数が増えたとしても文句は言えないところです。実際、欧米ではそんな感じに見えます。

この1万人という数字が雄弁に物語るのは、日本では明らかに新型コロナが来たせいで亡くなる人が減ったという事実です。他に何か特別な要素はありません。交通事故死がゼロになったとか聞いていませんよね。(笑)

だとしてもせいぜい3000人ですから、1万人は特別な数字なのです。これは言われていたように、ウイルス干渉の原則で季節のインフルエンザ患者が劇的に減ったからとしか考えられません。

毎年インフルエンザで亡くなる人は1〜3月に集中し、超過死亡を加えると1万人にもなります。それがすっぽりと抜けているのですから見事と言うしかありません。

Free_l

(赤いラインが今年の死亡者数)

つまり、その亡くなる筈の1万人が1000人の高齢者になったという事なら、その差である9000人は命拾いをした事になるのです。しかもその数字には1000人以上の子供の命を含みます。

そんな有り難い話があるでしょうか。その人達や親にとって、コロナは救世主と言うしかないのです。尤も、誰がそれに該当するのかは永遠に分かりません。

それがまた生命の機微というか、示唆に富んでいるところでもあります。勘違いしてはいけないのは、それは何とか宣言とか三密を避ける努力をした成果である、などと思い上がる事です。

そんなものは屁の突っ張りにもならなかった事は第三の数値、K値が証明しました。緊急事態宣言前にピークアウトし、どの地方も同じようなラインを描いて収束に向かったのです。

もちろん手洗いやマスク着用等の基本的防疫は1月から励行されていたので、そこは一定の効果があったと言って差し支えないでしょう。しかしそれ以上、特に何もしなければもう今頃は終わっていた話なのです。

だと言うのに行政側の不純な感染者掘り起こしキャンペーンによってストーリーが捩じ曲げられています。こんなイレギュラーな事をしてはK値さえ生きません。

よく考えなければいけないのは、なぜ収束に向かっているかです。門外漢の私が言うのも口はばったいのですが、ある程度の集団免疫が成立したと考えるのが妥当性があります。

仮にそれが人口の6割として、それだけの人が免疫を持たなければ収束する事はないからです。つまり0.1%の人が感染によって獲得免疫を持ったなら後の59.9%の人は自然免疫を持っている事になります。

だからこそ感染者数がどんどん減っていったのです。そして表面上の感染者はゼロになり収束という局面を迎える訳です。ただ、今回のウイルスは季節性があるインフルのようには収束しないかもしれません。

誰かの体に少しだけ残り、何かのきっかけで頭をもたげて来るリスクは否定出来ないのです。しかしウイルスが劇的な変異でもしない限り獲得済みの集団免疫が機能しなくなる事も考え難いのです。

という事は、第二波があったとしても最初のような事にはならない筈です。ずっと小規模なものになる、そう考えるのが良識ある大人としての情報リテラシーではないでしょうか。

Pcr_20200630175301

(何を思ったか、東京都は急にPCR検査数を劇的に増やした。しかも夜の街狙い撃ち、これによって基本健全だけどウイルスだけは持っている無症状の若者が掘り起こされた。それにどんな意味があるのかは不明だ。狡猾な意図を感じる。)

東京都のやっている事は、単にストーリーを長引かせて危機を継続したい一心に見えます。それが選挙にどう絡むのかは知りませんが、何か邪なものが蠢いていると感じるのは私だけでしょうか。

健康そうに見える人でも、突っつけば何かは出ます。(笑)それが致命的な事に繫がらないのは自明なのに、救世主とは真逆の、数字に取り憑かれた魔女がいて、それに付き合う都民はなんて人がいいのだろうと思わざるを得ません。

 

 共感いただければクリックをお願いします。 

| | コメント (2)

2020年6月17日 (水)

大山鳴動してタヌキ一匹?


Photo   

---移民政策/消費税増税/カジノ解禁に断固反対!---

ブログランキングに参加しています。

 東京都の新型コロナウイルスに対する抗体検査の結果が出ました。それが何と0.10%・・・衝撃の数字です。

前回(0.6%)は分母が500人と小さく当てにならないと思ったのですが、今回無作為抽出での1971人中2人 0.10%ですから、多少誤差があるにせよ、大きくは外さないと思われます。

因みにもっと分母が大きいソフトバンクの結果は0.4%程ですが、抗体検査キットの製造元を明かさないという点でアウトです。恐らく韓国か中国製の精度が悪いものを使用しているものと思われます。

これまでの海外での抗体検査結果としてはニューヨークで14%、欧州でも10%近い数字がざらでした。それに比べてあまりにも低いこの数字は何を意味するのか、非常に不思議なことが起きていると言わざるを得ません。

この結果を受けて侃々諤々と議論が始まっていますが、頓珍漢なものもありました。0.17%の大阪、吉村知事などは危機感を持ったというのですから驚きます。全く正反対です。

(この件、吉村知事は考えを改めたようで、土曜の某テレビ番組では非常に常識的な発言をしていました。小池都知事に比べればはるかにまともです。20日加筆)

これまで何を学習して来たのか? 何を根拠に政策決定して来たのか?という事になります。専門家会議の言う事や8割おじさん、西浦氏の言う事を真に受けているとこういう事になるのでしょうか。実に不可解です。

どうも感染者が少ないのは、もっと感染者が増えるリスクがあると思っているようです。そこら辺のおっさん的反応です。かく言う私ももちろんど素人ですが、これまで信頼出来そうな専門家やドクターが言って来た事を総合して考えると、全く違う結論になります。

Photo_20200620102901

まず、この6ヶ月でウイルスは日本中、東京中に蔓延し、そこら中に危険が存在するかの如く言われ自粛を要請されて来たのは何だったのか?という事が頭に浮かびます。この結果だと6ヶ月トータルでも1万4千人(東京)しか感染者はいなかったのです。

その内、感染力が強い期間は発症して10日前後だと言われています。大まかな計算ですが、10日前〜現在までに感染が発覚している人は夜の街のムリクリ発掘結果、東京でざっと300人程です。

次に、1万4千人中、感染が既にPCR検査などで確定している人が5600人ですから、発見率は40%という事になり、10日前〜現在までの隠れ感染者は450人、既に発見されている300人と合わせて750人程が今現在のウイルス保有者という推測が成り立ちます。

この内、感染力が弱いと言われる自覚症状がない人や軽症の人を除くと、多めに見ても半分程でしょうか。東京都の人口1400万人中多く見積もっても400人程度ですよ。(笑)その内の東京都が掘り起こした発症済み感染者は隔離されているので、感染力があるのは正味100人という事になります。

つまり、単純計算ですが、東京1400万人中110万人が感染し1100人も死亡するインフルエンザと比較するまでもなく、日本人にとって新型コロナは大した感染力や致死率を持たない弱毒ウイルスでしかなかったのです。

B660x446

(阪大の中野貴志氏によるK値データの分析によると、トレンドは連続しており、今後も感染爆発が起こる可能性はきわめて低いと言う。4月7日の緊急事態宣言も実際には効果がなかったと中野氏は明言している。)

これはもちろんデータが示すように、あの程度の自粛の成果などではありません。単に感染力が弱いだけです。これは日本だけでなく他のアジア諸国にも共通しますが、自然免疫の中でも何か特別な要因(ファクターX)があるのは決定的と言えます。

その自然免疫を持つ人が集団免疫形成に貢献しました。集団免疫が人口の60%で成立すると仮定すれば59.9%の人がそれをもっている事になるのです。東京都の場合、840万人です。

それがBCGなのか何なのかという話は今後の専門家の調査結果を待つとして、この結果をもって初期に行政側のやって来た事を責める気はありません。初めてのウイルスが鳴り物入りで上陸して来た訳です。警戒するのは当然です。

しかしながら、ある程度このウイルスに対する理解度が深まった5月初旬の追加自粛要請(宣言継続)は余計でした。当然その後のロードマップや東京アラームも論外です。ウィズコロナに至っては邪な意図しか感じられません。

事実から眼を背け、ひたすら政治利用に走った結果がこれです。そのせいで倒産件数が劇的に増え経済に甚大な被害を与えました。これを一個人の独断で決行したのですから、その勘違いの激しさに驚かされます。

抗体検査結果が出た後も、その姿勢を変える気配はありません。下手に動けば自分たちがやって来た事を否定する事になりかねないからです。それは都知事選にも影響するでしょう。

しかし、重要なのは正確な分析をして正しい対処法を導き出す事です。自分たちがやって来た事を真摯に反省し、その結果を次ぎに繋げなれば同じ事の繰り返しになります。

恐らく彼女の頭には政治ショーをいかに上手く演じて票に繋げるかしかないのでしょう。都民がどうなろうが、そんな事は知った事ではありません。

Image_5144_0_0

そういう人を二度と政治家にしてはいけないのは明白です。経歴詐称問題なんて今回の暴挙に比べれば可愛いものです。政治家としての結果をきちんと残してさえいれば、いつか忘れられる類いのものを、わざわざ掘り起こしているのは、あまりにも身勝手で背信的な自分自身の行動です。

緑のタヌキの化けの皮は剥がれ、面妖な正体が曝け出されています。

 共感いただければクリックをお願いします。 

| | コメント (0)

2020年6月10日 (水)

ショックドクトリン


Photo   

---移民政策/消費税増税/カジノ解禁に断固反対!---

ブログランキングに参加しています。

 麻生さんが今回の新型コロナに関して、日本の感染者、死亡者が他の先進国に比べ圧倒的に少なかったのは民度の違いだと言ったそうです。さらに個人の人権を無視してまで感染経路を追った「韓国とは一緒にせんで下さいよ」と言ったのには笑いました。

なかなか公の場では言えない事ですが、麻生さんならではの一言に溜飲を下げた人も多いのではないでしょうか。私も少し見直しました。最近怪しい言動が多かったので宗旨替えでもしたかと思っていたのですが、そうでもなさそうです。

K10012458671_2006042225_2006042235_01_02

ただ、その民度ですが、今回は違う気がします。民度でそこまで差がつくのなら同じ部類の感染症であるインフルエンザ被害が他国並みという事実が説明出来ないのです。従って何か他の特別な要因があった事は明らかですが、それは今後の調査結果を待つしかありません。

個人的には日本人の民度は賞賛される程ではないにしても、世界で言えばましな部類だと思っています。詐欺師や泥棒だらけの国が世界には相当数あるし、数ある先進国を見ても犯罪発生率は決して低くはありません。その点、日本は珍しい部類と言えるでしょう。

話は変わりますが、先日オンデマンドTV Netflix を観ていて興味深いシーンに遭遇しました。飛行機が二機住宅街の上空で衝突し、死体や破片がバラバラと落ちて来るという凄惨な話です。

幸い住民の被害は殆どなかったのですが、心理的な後遺症、いわゆるPTSD に悩まされる人が続出するのです。特に子供に多く、親はどうする事も出来ないというストレスを抱えます。

舞台はアメリカです。こういう場合、学校が全校生徒を集めて話を聞くというシーンをよく見かけます。自分だけで悩まず、気持ちを正直に他人に聞いてもらうというのは、有効な治療法の一つなのかもしれません。

その学校は高等学校のようでした。体育館に集まった生徒達が自分の体験と率直な気持ちを吐露していきます。先生達は生徒の気持ちに寄り添った言葉で応えていくという訳です。

麻薬中毒患者の更生施設でよく見られるような、傷口の舐めあいごっこ的なあれです。(笑)私はまた始まったのかと、ちょっと引いて観ていたのですが、ある先生がコメントを求められてから面白くなりました。

Bb

(ブレーキング・バッド/高校講師である末期の肺がん患者が高い治療費を稼ぐために麻薬を製造するという荒唐無稽な物語)

その先生曰く、「悪い面だけを見るのはよくない、結果として良かった面も見る必要があるのではないか、例えば今回の死亡者数は航空機事故の中では決して大きくなく50番目くらいだ、しかも住民に被害はなかった。」さらに続きます。

「人類は昔から、そういう不幸な事故や災害に遭って来たが克服して来たからこそ今があるので、もっと前を向いた方がいいのではないか、つまりこういう後ろ向きな場でグズグズと感傷に浸っていても決していい結果は生まない」と、そこまでは言いませんでしたが、そういう内容にさしかかった時の事です。

一人の先生が発言を遮ったのです。見れば先生達は不愉快そうに見えます。反対に生徒達の顔には明るさが戻っていました。目が明るく輝いて来たのです。現実には、そこまでの即効効果は期待出来ないにしても、いつまでも過去にこだわるよりは良さそうです。

そこまで観て、似たようなシーンに思い当りました。今回のコロナ騒動とこれとを一緒にするのは適当でないかも知れませんが、生徒と先生の関係は国民対政府マスコミ連合に似ている気がします。

つまり先生にとっては、こういう非日常的出来事がチャンスなのです。日常では埋没していても、非常時に存在感を出す事によって株を上げようという魂胆が垣間見えます。

その先生方はコロナ騒動で言えば政府やマスコミです。露出が増えるので、ここでひとつ存在感を示したいと思う政治家やコメンテーターは多いのです。媒体としても煽った方が好都合です。こういう非日常は美味しいのです。

情報の乏しい国民(生徒)はただ聞き入れるのみです。そこに先ほどの前向きな先生はいません。もしこの前向き先生がいたとすれば何と言うでしょうか。私がその先生なら次のように言うかもしれません。

5ed70ba4250000ab25eb29f7

(嬉々として横文字のキャッチフレーズを考えたり、何とかしてこのチャンスを長引かせるために数字まで改竄した緑妖怪)

皆さん、よく考えてみて下さい。季節のインフルエンザでは毎年1000万人以上が感染し、超過死亡を加えると1万人もの人が亡くなっています。犠牲者は年寄りだけでなく若い人も多いのです。特に小さな子供も少なからず犠牲になっている点は見過ごせない悲しい事実です。

一方の新型コロナはどうでしょうか。ワクチンも治療薬もないのに1000人も死んでいません。超過死亡も今のところ出ていないようです。と言うか、呼吸器系疾患での死亡者総数は例年より少ないのです。

さらに嬉しい事には子供は死にません。重症化したり亡くなったりするのは主に70歳以上の老人です。そういうのは全て緊急事態宣言と国民の自粛のおかげだと思われるかも知れませんが、その根拠はデータからはうかがえません。

他国を見てもロックダウン効果は限定的なのです。感染国からの入国を遮断した事も大して意味をなしているとは思えません。大量の感染者が既に入国済みだったからです。つまり昨年末から半年間、日本中このウイルスが蔓延した事は紛れもない事実で、その結果としてのあっけない収束なのです。

恐らくですが、特に何をしなくても結果は大して差がなかったのかもしれません。それは今となっては証明出来ませんが、逆もまた言えるのです。そういう客観的事実を一切言わない政治家やマスコミは、生徒の不幸に乗じて存在感を示したい高校の先生と同じはないでしょうか。

結論としては、民度という不確かなものを過大評価は出来ないという事、世の中は存在感を示してなんぼのマイノリティと、それらにすがりたい弱い立場のマジョリティによって構成されているという事です。

その間に入るべき、客観的事実を分析して正しい情報を伝える人がいるかいないかで未来は大きく変わります。つまり本来それはメディアの役目だと言うのに、その機能を放棄しているのが大問題なのです。

従って、この先もコロナの影に怯えながら後ろ向きに生きていく人が大半なのかもしれません。ウィズコロナと言った人はコロナによって存在感を出したい人の典型で、マジョリティである都民の不幸を食い物にする妖怪です。

残念ながらメディアは国民の味方ではなく、むしろその妖怪をのさばらせる存在でしかありません。

 

 共感いただければクリックをお願いします。 

| | コメント (1)

2020年6月 3日 (水)

風雲急を告ぐ?


Photo   

---移民政策/消費税増税/カジノ解禁に断固反対!---

ブログランキングに参加しています。

 東京都が二日に東京アラートを発動しました。と言ってもレインボーが赤になったくらいで特に何かが変わる訳ではありません。まあ、最早茶番劇のようなものです。(笑)

200603a

(たまには赤もいいが、こういうネガティブな事での演出は度が過ぎる感じがする。)

世界的なレベルから見れば日本がやっている事はミクロの決死圏です。たったその程度の数字で何を騒いでいるのか、相変わらず過剰反応して自滅への道を歩む人達だ、と思われるのが関の山です。

東日本震災での福島の放射線量、汚染水に対する過剰反応と言い、ここまでの潔癖主義は政府の指導力のなさも相まって、明らかに日本の弱点になり得ます。

それに比べれば米で起きている暴動は深刻です。また経済がストップしてトランプ政権が窮地に追い込まれかねません。これは明らかに反政府活動で、しかも仕組まれたものではないでしょうか。

騒ぎの主体は ANTIFASCIST と言われる米国認定の国際テロ組織です。バックには天才投資家と言われるジョージ・ソロス氏がいて資金を提供しているという噂があります。

Mcb2006011015012p1

(この旗が日本でも見られるそうだ。)

この人は以前から「中国と、日本を含むアメリカの同盟国との間で、第3次世界大戦が起こる可能性が高まっている」と言っていましたが、予想ではなく願望なのかも知れません。

しかし今の米中関係を見ていると、あながちホラ話とは思えないのです。危険な状況は醸成されつつあります。トランプ氏はコロナ問題や経済で中国を徹底的に叩くつもりだし、中国も香港問題などで強硬姿勢を崩しません。

さらに習氏は人民解放軍に戦いの準備をしろと指示したとされています。キナ臭くなって来ました。もしそうなれば今度は日本も傍観者では済みません。

最悪のケース、国内でのテロや米軍基地攻撃等で全く無傷という訳にはいかないのです。これはもうコロナの比ではありません。そんなものは吹き飛んでしまうでしょう。

ところで日本でも不逞クルド人職質&逮捕劇に端を発する抗議デモが渋谷署前でありましたが、これにもANTIFA が関わっているという噂があります。何でもJAPAN ANTIFASCIST と言う団体があって立憲民主党と仲がいいそうです。

Ezi5pz6vaaeb7zz

(自分たちもテロリストの仲間だという事を隠そうともしない人達、どこかで見たような/笑)

早速立憲民主党の連中が人種差別や人権侵害と言って警察批判をしていますが、こちらも仕組まれた騒動ではないでしょうか。本当に常軌を逸した連中なので何をしでかすか分かったものではありません。

そんな中、東京都の知事選が7月に行われます。考えてみれば、もうそんなに間がないのです。二階さんの支持を取り付けた小池さんは立候補する気満々だし、何をトチ狂ったかホリエモンも色気があるようです。

他にはN国の立花孝志氏、立憲民主推薦の宇都宮弁護士などがいるようですが、相応しい人は見当たりません。経歴詐称の嘘つきパフォーマー、無政府主義無責任男、精神分裂症気味お騒がせ人間、極左カルト、と来ては、この中から選べる筈がないのです。(笑)

しかし絶望的かと思われた今回、彗星の如く現れた人がいました。熊本県の小野泰輔副知事(46)です。東京都出身で東大法学部卒ですから資格としては申し分ありません。

Img_87012e8c8c4371cfd96bc056737e79291425

東大卒業後、コンサルタント会社勤務や衆院議員秘書を経て2008年に樺島氏が熊本県知事選に立候補した際に応援のため現地入りしたと言います。副知事としての実績もそこそこあるようです。

未だ情報が不十分で分からないところもありますが、出馬表明会見では若者らしい清潔感、やる気が見えました。原稿を読まないのも最近では珍しく、態度、ルックスも悪くありません。

バックに既成政党もなく手垢のついていない感じも好感が持てます。小池氏とホリエモンが票の取り合いをする展開にでもなれば面白いのではないでしょうか。

今後嫌がらせその他で足を引っ張られるでしょうが、既得利権が絡まない候補者は貴重です。是非頑張って欲しいものです。ちょっと楽しみになって来ました。

 

 共感いただければクリックをお願いします。 

| | コメント (3)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »