« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月29日 (木)

いつまで経ってもなくならない経済や金融に関する勘違い


Photo   

---移民政策/消費税増税/カジノ解禁に断固反対!---

ブログランキングに参加しています。

 前回の麻生発言にも驚きましたが、それに関連して今日ももう一発驚いた話をします。(笑)

経済が難解だと言うのは分かりますが、大臣や専門家にとっても非常に困難なようです。昨日車で走っていて、ある大学教授とラジオパーソナリティが話している事に我と我が耳を疑いました。

要約すると政府はコロナ禍に於いて、給付金等の資金を気前よくバラまいているが、それがどこから出てどこへ消えているかという話です。その教授は日銀が資産を膨らませた事によって資金を得たのだと言います。

第二次安倍政権発足前と比べて、これまでにマネタリーベースを600兆円も増やしたのですから、今回の資金もそこに含まれているという訳です。そこまでは特に違和感がありません。

現に今年の1月からは117兆円も増やしています。その内当座預金残高が87兆円増ですから金融緩和もいつもよりハイペースです。CPとかETF買い入れ等でも民間を直接支援しているものと思われます。

その後がいけません。その先生は増やした600兆円は民間に移動していると言うのです。司会は驚いて、それは一体誰のところに行ったのだと気色ばみます。

いや、誰のところにも行きません。(笑)そのお金は日銀の口座内にあるのです。そこを勘違いしている人が多いようですが、日銀当座預金に預金されている資金は主に日銀内でしか移動出来ないのです。

尤も、日銀券の場合は当座預金と引き換えに個人の元へ銀行経由で行きますが、現金以外は政府や日銀との間で行き来をする事になります。それも日銀内の口座を通しての事です。

じゃあ、何がどうやって個人のところに移動したかですが、まず政府が発行した何らかの証券を金融機関が買い、それをまた日銀が買うという手順が考えられます。

そこで政府は金融機関から得た資金を日銀当座預金を通じて国民に支払う訳ですが、その分、当座預金残高が増えているのがその証です。つまり増えた額と同額、国民の預金残高が増えるのです。給付金が12兆円なら、12兆円マネーストックが増えるという訳す。

そういう言い方をすると、銀行と個人がダブルで資産を増やすように聞こえるかも知れませんが、そうではありません。銀行にとって預金とは負債なのです。

すなわち、当座預金という資産を増やすと同時に預金という負債を増やすから貸借対照表が成り立つ訳で、一方的に資産だけを増やすという都合のいい話はありません。(笑)

さらに、銀行は政府保証を得て企業に無利子の貸出しを増やしています。この場合の財源はありません。強いて言えば当座預金残高です。銀行は当座預金を根拠として、その何十倍ものお金を貸し出す事が出来ます。

これはどこからでもなく、全く新たに作られるので信用創造と言います。ここだけは随分と都合のいい話がまかり通るのです。恐らくこれを理解している人は殆どいないのではないでしょうか。

これが一番強力なのですが、個人への給付金12兆円、企業への給付金、貸出し他、日銀による資産買い入れ等を合わせて88兆円(9月末時点)のマネーストック増が実現しているのです。

ここまでは良かったのです。GO TO キャンペーンもあって経済は盛り返し始めました。ところがこれ以上のバラマキは無駄だという動きが政府内で起きていると言うのです。

つまりゾンビ企業を生き長らえさせては新陳代謝が悪くなると考えるバカ議員がいるのです。今はそんな事を言っている場合ではありません。経済が元に戻って、さらに成長軌道が確実になってから言えと言いたいです。

さらに言えば、誰がゾンビ企業を認定するのかは知りませんが、国の無策、失政によって優良企業がゾンビ化している場合だってあるのです。君たち議員にそれを見抜く眼力はありません。

本当に麻生大臣と言い、財務省に言いくるめられる議員が後を絶ちません。これはひとえに金融や経済に対する知識が欠落しているからです。あるいはこっちも弱みを握られたか。。

 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (1)

2020年10月26日 (月)

政治も医学も、経済さえも科学的とは言えない日本


Photo   

---移民政策/消費税増税/カジノ解禁に断固反対!---

ブログランキングに参加しています。

 少し世の中が安定して来て、書きたい事がなくなったので間が空きました。しかし相変わらずバカの一つ覚えのようにPCR検査をしろ、マスクをしろ、三密を避けろと騒いでいます。

特にテレビは完全に頭がおかしいです。学習能力がないのでしょう。もうとっくの昔に普通の生活に戻って人は街に溢れ、一見何もなかったの如くになっています。マスク以外は、ですが。。(笑)

そのマスクの効力も大したものではない事が東大の研究によって証明されました。だからもう外ではやめましょうよ。人の目が怖くて皆付けていますが、本心を聞いてみたいものです。

特に子供に関しては害以外の何ものでもありません。コロナウイルスの受け入れ口と言われるACE2受容体が若い人程少ないのですから、20歳未満は健康のためにマスクはやめるべきです。

現実に感染者は圧倒的に少ないし死亡者もいません。これは世界的に同じ傾向です。ただ分母がデカいか小さいかです。日本が桁違いに少ない理由は諸説ありますが、何が良かったのかは科学で立証された訳ではありません。

Photo_20201026140901

(ある医師の動画からPU、やはり感染者には外国人が多く含まれていたようだ。そういう肝心なデータを隠蔽する厚労省の頑な態度が解せない。)

それにしても今回、日本人が全く科学的でない事が証明されましたが、特に政治家や学者は酷いです。しかしそんな事では困るのです。もっとしっかりせいと言いたいです。

コロナとは直接関係ありませんが、昨日の麻生大臣の発言には驚愕しました。

麻生財務大臣は福岡市内で講演し、コロナ対策で国民1人当たり10万円を配った特別定額給付金は貯金に回ったとして、効果を疑問視した。

2020102500000004jnn0001thumb

何をもって貯金に廻ったと言っているのかが今一よく分かりませんが、新たに創造したお金を配れば国民の預金残高(マネーストック)は増えます。当たり前の話です。

実際に今年に入ってM3は88兆円、日銀当座預金残高は87兆円も増えているのですから政府が採った政策の裏付けがとれるというものです。

当然貯金が減るのかと思った、と言う意味もよく分からないのですが、10万円入って10万円使ったなら減る事はありません。

預金残高を見て個人の貯金が増えたと言っているなら真正のノータリンです。まず、国民の側に行った給付金(合計12兆円)はそのまま誰かの通帳に印字されます。

それを使ったとしても他の誰かの通帳に移動するだけですから合計金額(預金残高)は変わりません。まさかそれを見て貯金が増えていると言っている訳ではないでしょうね。(笑)まさかね。。

では他に考えられるのは、実際に聞き取り調査をしたか、です。貴方は10万円をどう使いましたか?とアンケートをとって、多くの人が貯金に廻したと答えたのなら、麻生さんが正しい事になります。

しかしそんな調査は聞いた事がありません。国税調査にもそんな項目はありませんでした。(笑)ではどうやって調べたのでしょうか?恐らく調べていないと思いますよ。

非常に好意的に見れば、最近の消費動向を見て言っている可能性がないとは言えません。それにしても妙です。今年初めから半年間以上もコロナ自粛で消費どころではなかったのです。

このところGO TO などでやっと動きが出て来ました。だから使うのはこれからなのです。まあ、それでも貯金に廻して使わない人も30%くらいはいるかも知れません。

でもそれは最初から折り込み済みだった筈です。給付対象者を一々選んでいたのではスピード感に欠けるので一律給付にした訳です。それはそれでしかたありません。

この件、真相を聞いてみたいのですが、恐ろしくお粗末な答えが返って来そうで怖いです。(笑)消費増税は必要だと言ってみたり、最初は積極財政派だった麻生氏がいつの間にか緊縮財政派に堕したのは財務省に弱みでも握られているからに違いありません。

コロコロと言う事が変わり、それに恥じる様子もないこのおっさんは、信用出来ない政治家の代表格になりました。品性の下劣さが顔に出ていると言ったら言い過ぎでしょうか。

 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (2)

2020年10月 8日 (木)

キジも鳴かずば撃たれまい。


Photo   

---移民政策/消費税増税/カジノ解禁に断固反対!---

ブログランキングに参加しています。

 菅政権、早速やってくれました。何とか学術会議メンバーを6名程指名しなかった件ですが、例によってマスコミや野党が大騒ぎです。という事は菅総理は正しい事をした事になります。(笑)

そもそも国費で運営されている研究機関ですから、当然任命権は政府にあります。従って、民意で選ばれた議員によって構成される政府に逆らう人を任命する筈がありません。

私もこの組織の事はよく知りませんでしたが、今回その面妖な正体があぶり出されます。(笑)これは学術会議側にとって明らかに不利です。それを狙っての今回の処置ではないでしょうか。

つまり菅総理はジャブを出したのです。案の定魑魅魍魎共が騒ぎ始めました。これは想定内の事でしょう。そして国民にその怪しい正体を知らしめ、然る後に仕分けしてしまうつもりなのです。

その証拠に、すかさずプロジェクトチームを立ち上げました。その目的は明らかです。日本の軍事研究を妨害し、中国に媚びて軍事にも直結する千人計画に協力を惜しまない、この反政府組織をどう料理するかしかありません。

Photo_20201008112501

(自民党の下村博文政調会長は7日の記者会見で、新会員候補者6人の任命を菅義偉首相が見送った日本学術会議の在り方をめぐり、内閣第2部会(平将明部会長)に塩谷立(しおのや・りゅう)元文部科学相(写真上)を座長とするプロジェクトチーム(PT)を設置し、議論する考えを表明した。早期に党の提言をまとめ、政府に伝える方針だ。)

こんな反日親中組織を税金(諸々で16億円/年)で生き長らえさせる意味など、どこにもありません。やりたければ自分たちで資金を集めて好きなようにやれば良いのです。その場合は法律を犯さない限り誰も口を出さないし邪魔もしません。

まあ本当に日本にこの手の左翼が多いのには驚かされますが、どこまでも腐りきった連中です。安倍さんも手を付けなかった厄介事に果敢に挑戦する菅政権には期待が出来るかもしれません。

 次に久々コロナ関連ですが、人口動態の7月の結果はまた死亡者数が減りました。通常は毎年増えるところ、昨年度比で約1万8千人もの人が死なずに済んでいるのです

Photo_20201008113501

(赤いラインが今年)

Photo_20201008113401 

その理由を調べてみましたが、興味深い事が分かりました。日本では今年コロナ以外の感染症が殆ど流行していないのです。秋からのインフルエンザも例年より弱い様で感染者が殆どいません。昨年度比では1000分の1だと言うのです。

Photo_20201008113601

(定点毎のインフルエンザの週別感染者数推移、太めの赤いラインが今年で黄色が10年前、12月も低いままだ。という事は今年の冬はインフルが流行らない?)

同じような事が10年前にも起きていて、今年のインフルの感染状況と似ているのです。何か強毒タイプのウイルスが流行ったのかもしれませんが、特に問題にならないうちに収束したと思われます。

Rs

上のグラフはRS感染症ですが、昨年一昨年に比べ、今年(赤いライン)は低いままで推移しています。他の感染症も似たようなもので、ウイルス干渉によって日本は救われているのでしょうか?非常に興味深いデータです。

Photo_20201008114701

(マイコプラズマ肺炎)

Photo_20201008120701

(感染性胃腸炎)

Photo_20201008120801

(水痘)

Photo_20201008120901

(手足口病)

Photo_20201008121001

(流行性耳下腺炎)

これらが意味する事は、今回のコロナ禍、誰も知らず、ニュースも伝えなければ、何も気付かないまま全てが例年並程度で終わっていたかも知れないのです。その場合は国を閉じないので、海外から色々なウイルスが入り、上のグラフとは違った結果になると考えられます。

今年コロナ以外の感染症が流行らないのはウイルス干渉だけでなく、国を閉じた事にも原因があるのではないでしょうか。言うなれば今は鎖国で無菌状態なのです。そうなると次に国を開けた時が心配です。

獲得免疫を持たない病弱な人が次々と色々な感染症に罹患するかも知れません。コロナは今のところ、犠牲になられた方を除けば、救世主のような存在ですが、長く国を閉じていると何が起きるか分かりません。

京大の上久保教授は、出来る限りウイルスに曝す環境にいる事が返って重症化を防ぐと言います。つまり免疫のバージョンアップ、アップデートを常にしておいた方が、変異したウイルスへの対応が上手くいくという事のようです。コンピュータの話ではありませんよ。(笑)

いずれにしても大した根拠もなく新型コロナを煽った学者やマスコミ、国民の行動を必要以上に制限した首長等の責任が問われる日が来ます。その人達が描いていた絵とは全く違った風景が既に現れ始めているのです。

 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (2)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »