« 情報は正確に分析出来ないと知る意味がない。 | トップページ | 政治も医学も、経済さえも科学的とは言えない日本 »

2020年10月 8日 (木)

キジも鳴かずば撃たれまい。


Photo   

---移民政策/消費税増税/カジノ解禁に断固反対!---

ブログランキングに参加しています。

 菅政権、早速やってくれました。何とか学術会議メンバーを6名程指名しなかった件ですが、例によってマスコミや野党が大騒ぎです。という事は菅総理は正しい事をした事になります。(笑)

そもそも国費で運営されている研究機関ですから、当然任命権は政府にあります。従って、民意で選ばれた議員によって構成される政府に逆らう人を任命する筈がありません。

私もこの組織の事はよく知りませんでしたが、今回その面妖な正体があぶり出されます。(笑)これは学術会議側にとって明らかに不利です。それを狙っての今回の処置ではないでしょうか。

つまり菅総理はジャブを出したのです。案の定魑魅魍魎共が騒ぎ始めました。これは想定内の事でしょう。そして国民にその怪しい正体を知らしめ、然る後に仕分けしてしまうつもりなのです。

その証拠に、すかさずプロジェクトチームを立ち上げました。その目的は明らかです。日本の軍事研究を妨害し、中国に媚びて軍事にも直結する千人計画に協力を惜しまない、この反政府組織をどう料理するかしかありません。

Photo_20201008112501

(自民党の下村博文政調会長は7日の記者会見で、新会員候補者6人の任命を菅義偉首相が見送った日本学術会議の在り方をめぐり、内閣第2部会(平将明部会長)に塩谷立(しおのや・りゅう)元文部科学相(写真上)を座長とするプロジェクトチーム(PT)を設置し、議論する考えを表明した。早期に党の提言をまとめ、政府に伝える方針だ。)

こんな反日親中組織を税金(諸々で16億円/年)で生き長らえさせる意味など、どこにもありません。やりたければ自分たちで資金を集めて好きなようにやれば良いのです。その場合は法律を犯さない限り誰も口を出さないし邪魔もしません。

まあ本当に日本にこの手の左翼が多いのには驚かされますが、どこまでも腐りきった連中です。安倍さんも手を付けなかった厄介事に果敢に挑戦する菅政権には期待が出来るかもしれません。

 次に久々コロナ関連ですが、人口動態の7月の結果はまた死亡者数が減りました。通常は毎年増えるところ、昨年度比で約1万8千人もの人が死なずに済んでいるのです

Photo_20201008113501

(赤いラインが今年)

Photo_20201008113401 

その理由を調べてみましたが、興味深い事が分かりました。日本では今年コロナ以外の感染症が殆ど流行していないのです。秋からのインフルエンザも例年より弱い様で感染者が殆どいません。昨年度比では1000分の1だと言うのです。

Photo_20201008113601

(定点毎のインフルエンザの週別感染者数推移、太めの赤いラインが今年で黄色が10年前、12月も低いままだ。という事は今年の冬はインフルが流行らない?)

同じような事が10年前にも起きていて、今年のインフルの感染状況と似ているのです。何か強毒タイプのウイルスが流行ったのかもしれませんが、特に問題にならないうちに収束したと思われます。

Rs

上のグラフはRS感染症ですが、昨年一昨年に比べ、今年(赤いライン)は低いままで推移しています。他の感染症も似たようなもので、ウイルス干渉によって日本は救われているのでしょうか?非常に興味深いデータです。

Photo_20201008114701

(マイコプラズマ肺炎)

Photo_20201008120701

(感染性胃腸炎)

Photo_20201008120801

(水痘)

Photo_20201008120901

(手足口病)

Photo_20201008121001

(流行性耳下腺炎)

これらが意味する事は、今回のコロナ禍、誰も知らず、ニュースも伝えなければ、何も気付かないまま全てが例年並程度で終わっていたかも知れないのです。その場合は国を閉じないので、海外から色々なウイルスが入り、上のグラフとは違った結果になると考えられます。

今年コロナ以外の感染症が流行らないのはウイルス干渉だけでなく、国を閉じた事にも原因があるのではないでしょうか。言うなれば今は鎖国で無菌状態なのです。そうなると次に国を開けた時が心配です。

獲得免疫を持たない病弱な人が次々と色々な感染症に罹患するかも知れません。コロナは今のところ、犠牲になられた方を除けば、救世主のような存在ですが、長く国を閉じていると何が起きるか分かりません。

京大の上久保教授は、出来る限りウイルスに曝す環境にいる事が返って重症化を防ぐと言います。つまり免疫のバージョンアップ、アップデートを常にしておいた方が、変異したウイルスへの対応が上手くいくという事のようです。コンピュータの話ではありませんよ。(笑)

いずれにしても大した根拠もなく新型コロナを煽った学者やマスコミ、国民の行動を必要以上に制限した首長等の責任が問われる日が来ます。その人達が描いていた絵とは全く違った風景が既に現れ始めているのです。

 共感いただければクリックをお願いします。

|

« 情報は正確に分析出来ないと知る意味がない。 | トップページ | 政治も医学も、経済さえも科学的とは言えない日本 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

田中さま
お久しぶりです。

いや〜菅政権頑張ってますね。支持率70%超えていると聞きました。ダメだと思っていたので結構嬉しいです。この学術会議、とんでもないですね。自分が承認されなかったことに腹を立ててノコノコと出てきて述べてますが、恥を知れ!ってこのことですよね。醜いそのものです。こーゆう所に反日が浸透しているのだと実感したまでです。

コロナ関係で最近ふと思ったこと。「本日コロナで亡くなった方●人です」ってニュースで報道してますよね。最近は落ち着いているのに1日に10人以上亡くなるって本当?って疑問に思いました。違う死因でもコロナに数えているのでは?

投稿: 女性読者 | 2020年10月 9日 (金) 15時15分

女性読者さん
感染者数も死者数も全てインチキです。思い切り膨らませています。

まず外国人がかなりな数紛れ込んでいて、さらに6月18日からは厚労省の地方自治体への通達で、コロナ陽性者が亡くなったら全てコロナ死にカウントしろと指示しているのです。

陽性者数もPCR検査をするから偽陽性等の感染者とは言えない人たちが大勢発見されますが、別に彼らの大半は患者でもなければ感染者でもありません。

インフルエンザの場合は患者数が1000万人です。コロナは目一杯膨らませても10万にも届きません。(笑)思い切り胡散臭いです。

投稿: 田中 徹 | 2020年10月 9日 (金) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 情報は正確に分析出来ないと知る意味がない。 | トップページ | 政治も医学も、経済さえも科学的とは言えない日本 »