« クルマの価格が5分の1になる日(前編) | トップページ | クルマの価格が5分の1になる日(後編) »

2020年11月22日 (日)

ちょっと危ない時代になって来た。


Photo   

---移民政策/消費税増税/カジノ解禁に断固反対!---

ブログランキングに参加しています。

 先日ある友人から、「お互いコロナに負けないよう気をつけましょう」というメールをもらったので、思わず「そんなものは流行っていません」と返信してしまいました。(笑)

その日は東京都が500人超の感染者数で過去最多記録と騒いでいた日です。それと前後してアメリカは1日18万人感染と報道されました。日本全体でも2000人台ですから、人口比を考慮しても桁違いです。

アホらしくても何も言えねえ。って感じですが、このところ日本は変です。良識とか常識とか、思慮深さとかいうものがどこかに行ってしまったようです。

マスコミは相変わらずですが、医師会も酷いもんです。GO TO をやめろとまで政府に圧力をかけています。明らかな越権行為ですが、これまで比較的冷静だった政府まであたふたし始めました。

その根拠は希薄で、陽性者数の増加だけをみて言っているようですが、安定的な数字で推移している肝心な重症者や死亡者数は無視されています。さらに他の感染症や、死亡原因も完全にスルーです。

Pcr_20201122123701

その肝心な感染者数も非常に不確かなもので、死んだウイルスや生きていても数個いるだけの健常な人を相当数カウントしていると言います。その場合、PCR検査を増やせば陽性者数が確実に増えるのは自明です。(上の表参照)

東京都は検査を年内に6万5千まで増やすと言っているし、その判断基準であるカット値も下げたようです。つまり分かり易く言うと、これまで5個のウイルスで陽性としていたものを3個程度で陽性にしてしまうのですから頭がおかしいとしか言いようがありません。

そんな理不尽な話は他の感染症で聞いた事がありません。コロナでは1万個のウイルスで発症と言われているにも関わらず、数個で感染者にしてしまう暴挙がまかり通っているのです。

5f63f49b6b7d98988e1002a4a4f2d6d52

物事はマクロの視点で、俯瞰してみない事には真実は見えて来ないものです。同じ肺炎でも毎年9万人が死亡し、誤嚥性肺炎では高齢者4万人近くが亡くなっている事には全く関心がないというのも解せません。

つまり毎年130万人以上が死んでいる国で、最大限膨らませて高齢者中心に2千人程度しか死んでいない、言うなれば軽い部類の風邪のみに問題を集中させる異常さは筆舌し難いです。

Photo_20201122124101

(厚労省がなぜかひた隠しにして来たと言われる年齢別の感染状況、これによると殆ど70歳以上しか死んでいない。しかも基礎疾患を持つ人が多いという。これって怖い病気?)

そうは言っても、「この先の事は神のみぞ知る」と言った人もいるようで、(笑)そういう不安があるのも事実だと思われます。しかしながら常識的に考えて、これまで10ヶ月以上の間、狭い日本でウイルスに曝されながら大した対策もせずに来た訳です。

それでこの程度という事は、我々の持つ自然免疫がウイルスに勝っているのか、あるいは京大の上久保教授も言うように、既に獲得免疫を大多数が持っていると考えるのが合理的ではないでしょうか。

さらにウイルスは時間を経て弱毒化するのが常です。強毒タイプは宿主の死亡と共に減少して行くので必然そうなる訳ですが、世界中で新規死亡者数が減っているのはそれを裏付けています。

ともあれ、しつこく言うようですが、季節のインフルエンザの場合、多い時は患者数が1日30万人です。しかも死亡者も超過死亡(原因不明な関連死)を入れると年間1万人以上です。

コロナはその正反対で、これまで2千人の死亡と引き換えに、他の原因で本来死ぬ筈の人を4万人近くも生かして来たのです。しかも、その2千人の中にはコロナ以外の死因が少なからず含まれています。

Photo_20201122125201

(一番怖いのは経済苦による自殺が増える事で、その数はコロナ死の比ではありません。10月は前年比で614人も増えた。)

これは全世界同じで、死亡者数は相当膨らまされていると見るべきです。その根拠は色々上がっていますが、補助金絡みで死因をコロナとするケースがかなりあると言われています。

という事は、世界で流行っているものも実はインフル以下の風邪でしかないかも知れないのです。これが事実だとすれば恐ろしい話ではないでしょうか。白を黒と言い含める、デタラメが横行している事になります。

これだけ統率のとれた動きをコントロール出来るのは世界規模の組織で、しかも政治に対しても影響力を強く持っている事になります。それがテドロス君のWHOでない事は確かでしょう。片棒は担いでいるか。(笑)

こうなると国民の情報リテラシー力のみが頼りになりますが、安易に薬やワクチンに頼るようでは敵の思うつぼではないでしょうか。世界を邪悪な何かが支配しつつある感じを強く受ける今日この頃です。

 共感いただければクリックをお願いします。

|

« クルマの価格が5分の1になる日(前編) | トップページ | クルマの価格が5分の1になる日(後編) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

田中徹さん、MBのKMです~大変ご無沙汰していますがちょくちょく訪問していますよ。今回のコロナに対する見解ですが全く同感至極です!

投稿: 本脇 和彦 | 2020年11月23日 (月) 12時09分

KMさん
拙ブログを見てくれているとは驚きました。本当にご無沙汰しています。

世の中、胡散臭い事が増えていますが、まともな意見がなかなか浸透しませんね。

まともでないものばかりがテレビや新聞に取り上げられます。困ったもんです。

コメント有り難うございます。個人情報に繫がるものは念のため後ほどボカしますのでご容赦下さい。

投稿: 田中 徹 | 2020年11月23日 (月) 12時48分

田中様
「大統領選挙の2週間前にコロナが再流行する」と私は9月の時点で断言してました。予想通りです。必要もないワクチンも開発され、利権の臭いがプンプン。

米国の不正選挙と言い、コロナ騒動と言い、田中様の言う通りやっぱりおかしいですよ。大きな組織が動いているのは間違いないです。WHOだとすれば支那ですね。皆んな卑しいな〜とつくづく思う。結局お金に目が無い。あと、小池のあの言いっぷり。全部政府に責任転嫁。

変な世の中。

投稿: 女性読者 | 2020年11月23日 (月) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クルマの価格が5分の1になる日(前編) | トップページ | クルマの価格が5分の1になる日(後編) »