« 生産性が低い、に騙されるな! | トップページ | ゼロリスクを求めるあまり、自滅への道をひた走る日本 »

2020年12月17日 (木)

次期米大統領はいつになったら決まるのか


Photo   

---移民政策/消費税増税/カジノ解禁に断固反対!---

ブログランキングに参加しています。

 ちょっと忙しくて間が空いてしまいました。今回は言いたい事が一杯で、長くなる事が予想されます。(笑)まず米大統領選のその後ですが、色々香ばしい事が起きているようです。

驚くべき事に、11月には独フランクフルトでCIAと米軍特殊部隊のデルタフォースが銃撃戦を繰り広げたという噂が飛び交っています。ドミニオンのサーバーを巡る争奪戦ですが、双方に死亡者が出たものの、大統領側のデルタフォースがサーバーを確保したと言うのです。

Photo_20201217114401

これは動かぬ証拠となり得ますからトランプ側が一気に有利になるかもしれません。その前後にCIA長官死亡説が流れました。銃撃戦を報道した動画では死亡か逮捕されたのかは分からないが、姿が見えないのは確かだと言っています。

Cia

一方、ジョージア州含む四つの州をテキサス州が最高裁に訴えましたが、訴状を受け取る事なく即日却下されたと言います。関わりあいになりたくないのでしょうか。

その件でテキサス州に同調、相乗りする州は17にも及びました。全てバイデンが勝った州である事は言うまでもありません。

最高裁でもダメなら最後の手段は大統領令を発動し、最悪の場合は戒厳令になるのでしょうか。フリン将軍は大統領に戒厳令を勧めていると言います。その上で軍事裁判を開けば最高裁の手を煩わせる必要もない訳です。

トランプ米大統領は12日、米国の選挙に介入したと判断すれば外国の政府や企業、個人に制裁措置を科すことを可能にする大統領令に署名した。制裁対象に指定されれば米国内の資産が凍結され、米国の金融機関へのアクセスが制限される。米国は11月の中間選挙に向けてロシアや中国などによる介入を警戒しており、けん制する狙いがある。

情報機関は選挙が終わってから45日以内に、選挙に干渉する目的で外国の政府や個人が選挙システムに侵入したり、プロパガンダや偽情報の拡散に関わったりしなかったかを分析。国土安全保障省と司法省はそれを踏まえ、「クロ」と判断されればどのような制裁を科すかについて次の45日間で判断する。(2018年9月13日/日経新聞ニュース)

今回の事を見越してか、2年前に整備しておいた海外からの干渉に対抗するための大統領令が生きます。大統領は選挙日から45日以内にその権利を発動出来ると言うのです。その期限は12月18日になります。暫くは目が離せません。

それがなかったとしても来年1月6日に何かが起きる可能性があります。実は14日の選挙人による投票結果は未だ開封されていないのです。

開封するかどうかは6日にペンス副大統領が決定する事になるようですが、不正の証拠が明らかであれば開封せず、次のステージに移るかもしれません。

その場合一時的に下院議長が大統領代理を務め、最終的には下院議員の投票によって決まると言います。その期限は1月20日です。

FFにおける銃撃戦に関してはフェークではないという保証はないので、話は半分に聞いて下さい。ケントギルバートに言わせれば、銃撃戦は全くあり得ないと言っています。(笑)

しかしこのおじさんも信用出来なくなりました。あれ程までトランプ側に肩入れしていたのに、いきなりトーンダウンです。と言うか最近はどちら側に立っているのか判断に苦しむ言動が目立ちます。

片っ端からトランプ氏側が有利になる情報を否定し始めたのです。時を同じくして、なぜか上念司も同じスタンスになったのには驚きました。誰かに脅かされたのでしょうか。

トランプ側についたジョージア州知事の身内が事故死(爆死らしい)したという情報もあり、怖くなって変節したのかもしれません。私だって家族を人質に取られたら躊躇なく変節します。(笑)

1000x1

ところでロシア国営放送チャンネルによると、プーチン大統領は「我々はアメリカ大統領不正選挙の実態のすべてを把握している。我々は近いうちに行動を起こす準備がある。世界各国のリーダーたちも、この悪辣極まる敵に敢然と立ち向かってほしい。」と述べたそうです。

何でロシアが?と思いますが、情報収集能力にかけては侮れない国である事は間違いありません。それより、この悪辣極まる敵とは何を指しているのでしょうか。

米の大統領選挙に干渉したと言われる世界第二位の経済大国の事なのか、あるいはトランプ大統領も言うように D.S の事なのか?

しかしこれに関してもフェークである可能性は拭いきれません。プーチン氏は14日にバイデン氏に祝福のメッセージを送っているからですが、どっちやねんと言いたいです。(笑)

虚々実々の駆け引きなのか、あるいは何か思惑があっての事なのか素人の知る限りではありませんが、大きな地殻変動のうねりを感じざるを得ません。今回は明らかに民主主義 対 反民主主義の戦いです。

もしトランプ氏が破れれば米に民主主義が戻る可能性は限りなく低くなるし、それが意味するのは世界も力の強いものが好き勝手に動き回る時代になるという事です。

やはり長くなりました。コロナに関しても書きたかったのですが次回にします。

 

 共感いただければクリックをお願いします。

|

« 生産性が低い、に騙されるな! | トップページ | ゼロリスクを求めるあまり、自滅への道をひた走る日本 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生産性が低い、に騙されるな! | トップページ | ゼロリスクを求めるあまり、自滅への道をひた走る日本 »