« 良い話と悪い話(ブレイクスルー編) | トップページ | 蒸し返される財政破綻論と、今後に関して »

2021年10月 5日 (火)

集団催眠で絶望的な日本

Photo   

---ワクチンを打つ打たないを決めるのは個人の権利---

 
 前回、コロナの嘘やワクチンのいかがわしさが露見し始めた事に対して面白くなって来たと書きましたが、あれから10日以上経っても、その流れは加速しているように見えません。(笑)

イスラエル始め、他の国では明らかに変化があるというのに日本だけが眠っているように見えます。集団免疫の前に集団催眠にかかっているようです。控えめで同調圧力に弱い国民性が仇となっているのか、最悪の事態も想定しなければならないかも知れません。

ところで総裁選は無難な岸田氏で落ち着きました。3Aが最初から彼を想定していたのならよく出来たシナリオです。河野氏を惨敗させ、二階氏を封じ込めて米中の影響力を極力減らす方向に持って行ったのはさすがです。

逆に言えば、それだけ今は日本に対する両国からの干渉は強くないと言えます。高市氏に関しては来るべき反転攻勢のための飛び道具として温存したのでしょう。と思いたい。(笑)

と言うのは高市氏に関しては買い被りかも知れないからです。選挙運動中に二回目のワクチンを打ち、その副反応のため行動がままならなくなったと言うではありませんか。あるテレビへの出演もキャンセルしたと言います。

2021

(今年は昨年に比べ人が死んでいる。状況が大して変わっていないのにも関わらず、大量に死亡が確認されているが、ワクチン以外に原因が見つからない。右のグラフはその月を起算に1年分遡った数字を表している。季節によって死亡者数が変動するので1年単位で見た方が状況が分かりやすい。驚くべき現象が起きているのに、誰もそれに言及しない。国としては脳死状態と言える。)

流石にそれはないでしょう。迂闊にも程があります。危機管理能力を疑われても仕方ありません。取り巻きも含め絶望的な平和ボケです。これが現時点でも最右翼と言われる政治家では悲しすぎます。

民主主義をベースとした保守を標榜するなら、まず自分の身は自分で守る事です。得体の知れない物を無防備にも体内に受け入れるという時点で何を考えているの?と見識を疑う事になります。

だからこの国には今や真正保守はいないのです。少なくとも政治家にはいない事になります。悲しいかな、これが現実です。戦後76年経って、国を守れる公人がゼロになりました。

従って、この国を守るのは他力に頼るしかありません。それが神風か何か分かりませんが、自力では無理です。2000年も続いて来た天皇を頂点とする世界にも稀な歴史ある国が風前の灯となっているのです。

さて、その皇統に関して、女系天皇を認めろと言う圧力が日増しに強くなって来ています。バッカじゃなかろうか!!何処の馬の骨とも分からない下賤な者どもが議論する事自体がおこがましいです。

ここにこそ必要なのは保守です。神武天皇の昔から延々と続いて来たしきたり、慣習をいきなり変更するなんてあり得ないのは明らかです。変更した途端に別の国になります。そんな事も分からないアホは死んで下さい。(笑)

誤解されては困りますが、私は決して神武天皇が実際に昔存在していて、そのY染色体が今の天皇まで受け継がれていると信じている訳ではありません。そんな事はそれこそ神のみぞ知るです。

しかしながらそれを前提として成り立っているものを大した理由も根拠もなく変えるというのはあり得ません。何が何でも男系を貫いていく努力をすべきだし、しかもそれは特に難しい事ではないのです。

従って女系を推し進める勢力は日本を破壊するのが目的と考えるのが妥当です。共産主義や、あるいは世界統一を目的とする勢力から見れば、こういう由緒正しい国が目障りなのです。

因みに女系天皇に関してですが、女系天皇推進派は日本は元々天照大神と言う女性が皇祖神であったという説を根拠にしているようです。記紀に書かれていることを鵜呑みにするとそうなりますが、封印された諸事実は無視されています。

例えば天照大神の正后は記紀から無視されている瀬織津姫だという説があり、瀬織津姫を主祭神とする神社も迫害免れて日本全国に数カ所残っているのです。

これが意味するのは記紀に書かれている内容は当時の支配層によって自分達に都合よく書かれた可能性があるという事です。

天武天皇の時代に藤原氏は何とか自分達の血を天皇家に入れ権力を拡大しようと画策した痕跡があります。当時天皇になる資格は両親共に天皇の血統であることが条件でしたが、そこは無理くりクリアしたのです。

まず天武天皇直系の文武天皇に藤原不比等は娘の宮子を嫁がせる事に成功しました。二人から生まれた皇子は後に聖武天皇になり、藤原氏は天皇の血族になる事にまんまと成功したという訳です。

割りを食ったのが長屋王の変で自害した天武天皇直系の高市皇子の子、長屋王です。当然藤原氏が裏で動いたと思われます。邪魔者を消して我が世の春を歌にまで詠ったのです。首都にまで自分の家名を付けるというのは余程の事ではないでしょうか。

Photo_20211005120401

(長屋王は人徳があり、聖武天皇からも慕われていたが、藤原氏の陰謀によって滅ぼされた。その後疫病が流行り藤原不比等の4人の息子たちは次々と病死する。これはもう祟りというしかない。)

余談になりますが、今の天皇家が天照大神の直系子孫であるかどうかはかなり疑わしいと言わざるを得ません。日本人が縄文の昔から太陽神崇拝の民族であったことは間違いないようですが、天津神系の天孫族である神武天皇がその直系とは思えないのです。

天孫族という事は、どこかから舞い降りたことを意味し、それは恐らく船に乗って上陸したと考えられます。従って土着の国津神系とは全く違う系統なのです。

しかもそれは数回に渡り、一回目は紀元前3世紀の徐福集団、二回目は卑弥呼の時代(3〜4世紀)の扶余系百済人及び弓月の国から新羅経由で大挙渡来した秦氏だと思われるので、そのどちらかが今の天皇家の祖先にあたるのではないかと推察出来るのです。

その証拠に天皇家は天照大神が祀られている伊勢神宮には殆ど参拝せず、宇佐神宮には足繁く通っていると言います。宇佐神宮といえば応神天皇とその母君、神功皇后が祀られているのです。彼らは朝鮮半島からの渡来人と言って間違いないと思われます。

もう一人祀られている比売大神は神功皇后や応神天皇のように半島系ではなく、昔から九州地方にいた日向族の末裔である卑弥呼の事ではないかと言う説があるのです。

つまり、仮説に過ぎませんが、倭国という卑弥呼の王朝を半島系騎馬民族が征服したと考えられるのです。(騎馬民族征服王朝説・江上波夫)

その事実をぼかすために一緒に祀ったと考えると辻褄が合います。尤も、魏志倭人伝によると卑弥呼没後は身内の台与が跡を継いでいるので、卑弥呼が渡来人に直接殺されたという事ではありません。何らかの形で併合したものと思われます。

その証拠に馬を持ち込んだ渡来人は行動範囲が広く、後に国名を大和として、畿内に活動の中心を置く事になるのです。決して神武天皇の時代から畿内にいた訳ではないと思われます。

因みに記紀には渡来人による侵略の記載は一切ありませんが、存在を消された元祖日向族、ウガヤフキアエズ王朝編纂のウエツフミによると海外からの侵略はしっかり記載されていると言います。

と言うことは記紀は侵略した側が編纂としたと考えられるのです。勘違いされてはいけませんが、当時の百済、新羅、高句麗を統治していたのは広義での日本人だと言う説があります。

お互いに日本語が通じたと言うのですからそう考えるのが自然です。従って誤解を恐れずに言うならば、渡来人との戦いは同民族同士の内輪揉めのようなものだったのかもしれないのです。

彼らは大陸から何らかの理由で移動して来た非漢民族の殷や秦の末裔がメインではないかと思われます。それがスキタイや匈奴、扶余らの騎馬民族にどう繋がって行くのかは定かではありませんが、彼らが日本人のルーツに密接に関わっているのは確かです。

以上の事から私自身は今の天皇家は応神天皇の子孫で、その前後から男系を貫いている可能性は高いのではないかと思っています。余談が長くなりました。(笑)

 

ブログランキングに参加しています。

 共感いただければクリックをお願いします。

|

« 良い話と悪い話(ブレイクスルー編) | トップページ | 蒸し返される財政破綻論と、今後に関して »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

田中さま

お久しぶりです。
天皇のお話は興味深いです。もっと知りたい。。

コロナワクチンとマスクについては全く同感。この2年間、人間らしい生活をしていない。私の不満は時短とか意味不明の現象が本当にムカついてました。解除されてもまだ時短だとか、お店に行っても飲食する以外はマスク着用しろとか、意味不明。私が声を大にして言いたいのは、夜になるとコロナが増えるのか?ってこと。この武漢肺炎騒動でSocial lifeが完璧に無くなりました。夜のネオンは必要です。一生懸命働いている者にとっては仕事後の憩いの場が唯一の救いだったのに無くなった。毎日家で食事、Uber Eats、お持ち帰り、もう、うんざりです。20時にはゴーストタウンになり、このバカバカしい現象をバカバカしいと気付かない大半の国民も、頭おかしいと思う。私はもう限界を超えてすでに発狂してます。笑。マスクもいい加減嫌だ。意味ないのに、マスクしろって。。。本来ならば従う義務はない。完璧に社会主義になりつつあるなと実感してます。日本人は真面目だから全員守ってしまう。守らないで疑う気持ちも忘れてはならぬと思います。

ちなみに高齢の母は一度もワクチン接種していません。私も勿論1回も接種していません。姪っ子もしていません。実験台にされるのはゴメンです。

投稿: 女性読者 | 2021年10月16日 (土) 10時41分

田中さん

もう一つ田中さんのご意見を聞きたかった事があります。

日本製鉄がトヨタと宝山を訴えました。私はあっぱれと言いたい。物作りの日本、自動車産業の日本、その代表のトヨタは「世界のトヨタ」として尊敬していた。でも最近のトヨタの動向には呆れていた。このご時世になってもまだ、中国に巨大工場を作る予定でいる。いい加減中国とビジネスをせず撤退する時期に来ているのに、それでも利益の為に中国へ向かうトヨタは私は売国企業、ユニクロなどと変わらないと思っていたくらいです。

そんな矢先に今回のこのニュース。トヨタのコメントは到底納得いくものではない。トヨタが宝山鋼鉄の特許侵害を知りながら、大量に鋼材を調達、日本製鉄に損害を与えていることは承知で車を生産している。トヨタが電磁鋼板を宝山鋼鉄に手配する時に、この特許問題を知らなかったでは済まされない。トヨタはアウトだと思う。

日産もトヨタも大手企業は調子に乗ったツケを払うべきだと思う。日本の大切な大企業だけど、国益を考えた経営をしてほしい。こーゆう目先の金のことしか考えてない経営者が日本を滅ぼす。その点スズキの社長はやはりカッコ良かったと今でも思う。外資となんで手を組まず頑張ってる。

投稿: 女性読者 | 2021年10月16日 (土) 10時56分

女性読者さん、いつも有難うございます。
天皇の歴史は日本国民にとって非常に興味深いです。まだ勉強中なので、不確かなところもありますが、その内特集をやるつもりです。

ワクチン接種を勧めている限り誰が首相になっても政府を信用出来ません。情報弱者なのかバカなのか、判断に苦しみます。

トヨタの件は意外でしたが、ありそうな話ではあります。グローバリズムに頭がやられているので判断が鈍るのでしょうか?

いずれにしても日本の政治家、経営者には日本の危機が見えていないようです。

投稿: 田中徹 | 2021年10月16日 (土) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 良い話と悪い話(ブレイクスルー編) | トップページ | 蒸し返される財政破綻論と、今後に関して »