« 蒸し返される財政破綻論と、今後に関して | トップページ | いかがわしさと不誠実、嘘が蔓延する中で一筋の光明 »

2021年10月19日 (火)

未必の故意から確信犯へ

Photo   

---ワクチンを打つ打たないを決めるのは個人の権利---

 今日は私がブロガーなら、皆さんに絶対に伝えなければならない極めて深刻な事を述べます。コロナワクチンの副反応問題ですが、いかがわしさ満載だった厚労省がついに馬脚を表しました。

まず厚労省が定期的に催している審議会でのレポートですが、10月15日発表分には何とワクチン接種後の死亡者数がどこにも載っていないのです。これまで半年近くで12回も続けて来た極めて重要なデータであるにも関わらずです。

いくら穏やかな性格で、のんびりした私でもさすがにこれには驚かざるを得ません。怒りがこみ上げます。日本より一桁死亡者数が多い米のCDCや欧州EMEAでさえ公表を続けていると言うのに、日本の厚労省だけが何をコソコソとしているのでしょうか。

これは明らかにまずいと思って、ひとまず隠しておこうと姑息に考えたに違いありません。こういう事は想像で言いたくありませんが、急激に数が増えたか、あるいは若年層の死亡が増えたかのいずれかではないでしょうか。

いずれ超過死亡その他のデータで分かる事を、取り敢えず先延ばしにすると言うのは日本の省庁のお家芸です。薬害エイズの時から何も変わっていません。と言うより酷くなっているかもしれません。

その代わりか何か知りませんが、やたらと心筋炎を取り上げています。下記グラフを見れば心筋炎のリスクはまるでコロナ感染者の方が圧倒的に高いようにミスリードされているではありませんか。

Photo_20211018142201

(これを単純に見れば、コロナの方がはるかにリスキーだと思っても仕方ありません。)

本当に性格が悪いというか悪質です。そもそも同列に比較するようなものではありません。コロナ感染者の方は圧倒的に分母が小さい訳です。

それに対する接種者の方は既に1億人近いので、率でなく実数で言えば桁違いに多くなります。(ファイザ−160人、モデルナ93人で計253人/10月3日現在、10代と20代の合計)

感染者の方は100万人当たり834人と言いますが、信じられないレトリックを用いているのです。834人の根拠となる15歳から40歳未満では1年半で何と4人(男性のみ)という少なさなのですから唖然とします。。だったらシンプルに4人と言えばいいじゃないですか。(笑)

因みに全年齢域での実数は33人になります。(出典・厚労省HP)

なぜ834人という数字になったかと言えば、今年5月31日までの入院症例数の対象者が、驚くべき事に4万1千人しかいなかったからです。

その中の15歳から40歳未満が男性だけで4798人、その4798人を100万人まで分母を膨らませば当然大きな数字になるに決まっています。そんな事をする意味がどこにありますか?

これはつまり、言い換えればコロナ感染で入院して中等症以上の症状が記録された人が4万1千人しかいなかった事を意味します。その程度の感染症だったのです。

ところが報告された感染者数は既に170万人にも上ります。おかしいですね。いつもの厚労省ならこっちの数字を強調するところです。(笑)

それをしないのは、170万人を分母にすると100万人当たりの数字が極めて小さくなるからです。それではワクチン接種者側のA B C D、のどの数字よりも小さくなりかねないので都合が悪いのです。

さらに考えるべきは罹患者は病人だという事です。既に病気になって合併症を起こしやすい人の集団と、今後も感染する確率が極めて低い健康な人の集団を同列に比較する意味はありません。

ともあれ、健康だった人が予防注射を打ったばかりに、いきなり心筋炎を起こすのではたまったものではありません。これは明らかに詐欺師の手口です。国民を騙す気満々のこの省がなぜ日本の組織だと言えるのか不思議です。

これらは全てワクチンが安全だと錯覚させるための罠でしかありません。厚労省は既に感染して獲得免疫が出来ていようが、その年代はコロナでの死亡者がゼロであろうが、お構いなしにワクチンリスクを押し付けて来ます。

2回打てば安心と言っていたのに、舌の根も乾かぬうちに3回目を打てと言うのですから訳が分かりません。今はどうみても収束しているようにしか見えないのに、慌てて3回目を接種しろと言うのは違和感があります。

ワクチン接種後に少なく見積もっても1200人以上が亡くなって、さらに原因不明の超過死亡が鰻登りだと言うのに何も策を講じようとしない政府と厚労省、尋常ではありません。

最早、未必の故意なんて上品な言葉では済まされない事態になりました。殺人教唆の確信犯?まだ甘い、大量殺人幇助罪か?どう転んでも前代未聞の組織犯罪である事は確かです。メチャクチャな時代になったものです。


ブログランキングに参加しています。

 共感いただければクリックをお願いします。

|

« 蒸し返される財政破綻論と、今後に関して | トップページ | いかがわしさと不誠実、嘘が蔓延する中で一筋の光明 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

本当に恐ろしいことが進行していると思います。この責任はどなたがとるのでしょうか?

投稿: kaminari | 2021年10月19日 (火) 13時58分

Kaminariさん

恐らく知らん顔して誰も責任を取らないでしょう。因果関係を明らかにするのは至難の業です。それをいい事にして逃げるつもりです。どこまでも姑息で卑怯な奴らです。

国民の半分くらいが知ればなんとか出来るのでしょうが、ざっとみて10%くらいしか気が付いていないでしょう。

投稿: 田中徹 | 2021年10月19日 (火) 15時11分

田中様

此度のコロナ騒ぎを見るにつけ、政府、厚労省、医師会、有識者、マスゴミなどによる、何か大きな利権で動かされているような匂がします。治療システム、薬、ワクチンと、とても、無知による誤判断とは思えません。何かおかしいですね。

投稿: ナベ | 2021年10月19日 (火) 20時17分

ナベさん
おっしゃる通り異常です。その異常に気づかない鈍い感性も異常です。何もかも異常づくめとなりました。

人類の限界でしょうか?私は人間はもう少し賢い生物だと思っていたのですが。。ずる賢い人間には負けるのかもしれません。

投稿: 田中徹 | 2021年10月20日 (水) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蒸し返される財政破綻論と、今後に関して | トップページ | いかがわしさと不誠実、嘘が蔓延する中で一筋の光明 »