« クリスマスカード21 | トップページ | 我が祖国は今、世界で最も愚かな国かもしれない。 »

2022年1月 1日 (土)

太陽、西から昇る(令和4年元旦)

Photo   

---ワクチンを打つ打たないを決めるのは個人の権利---

Photo_20211231232001

 新年明けましておめでとうございます。

 新年早々言い訳になりますが、ダラダラと続く偽パンデミック騒ぎに嫌気がさして、このところアップの間隔が空きがちです。期待して来ていただいている方には大変申し訳なく思っております。

にも関わらず多くの方のご支持をいただき順位だけは比較的高位置を維持しています。かつては見られなかった現象です。それだけ世の中の異常さに気がついている人が多いという事でしょうか。

いずれにしても時期が時期なので読者の方との情報共有は非常に大切だと思っております。諦めずに出来る限り書いて参りますので、気長にお付き合いいただければ幸いです。そういう訳で本年もよろしくお願い致します。

 イラストのストーリー(クリスマスからの続き)

  さて、クリスマスのデリバリーが終わった美女サンタですが、さあこれからバカンスだと盛り上がった矢先、急な仕事が舞い込みました。それは勤務先の奇志田社長からで、急遽10万円のデリバリーをしてくれと言うではありませんか。

 現金か、あるいは一部クーポンかで揉めていた件が、なぜかここにきて急に現金一本に絞られたと言うのです。しかし困っている人には年内に届けられません。そこでクリスマスに大活躍したドローンに目がつけられたという訳です。

 ドローンでお年玉、という形で給付すれば奇志田社長の人気は急上昇するでしょう。彼の頭の中はそれしかないようです。妬ましく思っている高意思サンタリーダーに美味しい役を持って行かれるのは癪ですが、背に腹は変えられません。

 しかし問題がありました。多くの子持ち家庭に届けるには札束では重すぎます。第一そんな嵩張るものは積めません。そこでリーダーは一計を案じたのです。「そうや、打ち出の小槌にすればえ〜のんとちゃう?」

 一回振れば10万円金貨がポンと出る打ち出の小槌を用意すれば問題は解決します。それが出来るのは奇志田社長の背後にいて、いつもひそひそ話を聞かせているという霧深い奥の院の親分、人呼んで「迷子の虎」しかいません。

 リーダーは早速直談判に行きました。そうしたらなんと親分は「やってみなはれ。但し、虎柄スーツを着て配るのが条件や」と言って気前良く打ち出の小槌を貸してくれたのです。これなら奇志田社長の借金にはならないのでいくらでも配れます。

 大阪出身のリーダーは虎柄には少し抵抗がありましたが、個人的趣味より仕事優先と割り切り、意気揚々と新年の空に飛び立ちました。ところがよく見ると、なんと初日は西から出ているではありませんか。

 リーダーはその時ハッと気がついたのです。「なるほど、ボロナ以降、世界で起きている事象は太陽が西から昇るほどありえへん話なんやわ」

そんな、ありえない話が飛び出す新年は、危機感のまるでない国の、ありえない近未来を象徴しているようで、複雑な気持ちになるリーダーでした。

 ボロナ収束を、やはり手放しでは喜べそうもない今年ですが、こんな時こそ団結が大事です。大和民族直系の皆様、今年こそ和をもって尊しの精神でいきましょう。よろしくお願い致します。


ブログランキングに参加しています。

 共感いただければクリックをお願いします。

|

« クリスマスカード21 | トップページ | 我が祖国は今、世界で最も愚かな国かもしれない。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
本年も誤路奈騒動に負けずに頑張りましょう!
マスゴミもCNNも尾身黒ん報道ばかりで嫌になりますが、ここは正気を保っていくしかありません。
ブログのアップを楽しみにしていますので、lよろしくお願いいたします。

投稿: kaminari | 2022年1月 4日 (火) 17時23分

Kaminariさん

おめでとうございます。こちらこそよろしくお願いいたします。
下らないオミクロン騒動で明けましたが、いつになったら皆さん気がつくんでしょうかねえ。

まあでも少しづつではありますが、動きも出てきています。そこを一気呵成に責めるしかありませんが、希望は十分あると思っています。

投稿: 田中徹 | 2022年1月 7日 (金) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスカード21 | トップページ | 我が祖国は今、世界で最も愚かな国かもしれない。 »