イラストレーション

2016年12月24日 (土)

メリークリスマス 2016

Photo     

---- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ----

ブログランキングに参加しています。

  Photo
今年のクリスマスカードのテーマは「番狂わせ」に決まっています。(笑)

小池さんの都知事当選は小番狂わせでしたが、オリンピックでの男子400メーターリレーの銀はかなりな番狂わせでした。あのブチ早いアメリカに勝ったのですから驚天動地です。ボルトもビックリな結果に日本中が狂喜乱舞しました。

アメリカと言えば・・もちろん大統領選です。何と政治には度素人で、しかもセクハラオヤジのトランプ氏が確実と言われたヒラリーさんに勝ったのですから本人もビックリです。

しかも、その趣味がまた凄い、キンキラは頭だけでなく部屋も家具も全てキンキラキンなのです。おまけに娘までキンキラキンのキンと来ました。

これだけの大金持ちなら当選祝いに何かくれたっていいじゃないか、と思うのは私だけではない筈です。きっとクリスマスにはバニーガール姿のイヴァンカ・サンタが純金で出来たトランプでも配ってくれるに違いありません。

しかし困った事に、そのカードは13金のキングとジョーカーしかないのでババ(ヒラリー?)抜き以外は出来ないと言います。やはりキンキラキンの不動産王だけにキングファーストなのでしょうか。

アイ・ハブ・ア・ゴールド アイ・ハブ・アメリカ・・・ウ~ン・ゴールデンアメリカ
薄ら寒い師走の街に、やたら景気のいい歌が流れて来ました。やれやれ。。

絵の方はと言いますと、雪の広場の中央に位置するタワーの頂上で輝いているのがドル札にも出て来る何とかの目で、廻りに監視の目を光らせているという訳です。廻りの木々は国家群、飾り立てられてピエロになっている手前の大きな木が我が日本でしょうか。文字通り金のなる木です。

クルマはもちろん米の最高級車キャディラック、と言っても市販車ではなく、何年か前のコンセプトカーです。クリスマス特別仕様としてコンバーティブルに改造し内装は当然ながらゴールドとしました。

ラジエーターグリルには無数の星をちりばめています。当然これも金メッキ、クロームメッキの部品は全て金メッキに置き換えた事は言うまでもありません。これで印象が随分変わります。

さて、肝心なドライビングですが、一応大統領のトランプ氏がドライバーでしょう。助手(ファーストレディ)には夫人ではなく娘のイヴァンカさんになるという噂ですが、彼女は夫がユダヤ系の大富豪なので自分もユダヤ教に改宗したと言います。

と言う事はイヴァンカさんがキーを握っていて、後ではなく先頭に立ってクルマの行く先を決めるという事になるのでしょうか。因にトランプ氏自身も大の親イスラエル派らしいです。

思いがけずに米の大統領になれたのでロスチャイルドのシャンパン(?)で乾杯していますが、決してキリスト教の祭りであるクリスマスに乾杯と言っているのではありません。

そこのところ誤解なきようお願い致します。。そういうふか~い意味がこの絵には込められているのです。(笑)

来年予定通り大統領になったなら、公約をしっかり実行してくれる事を祈ります。世界のためにも日本のためにも・・もちろんアメリカのためにもです。アーメン。

共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (5)

2015年1月 1日 (木)

明けましておめでとうございます。

Photo     

            謹 賀 新 年 

ブログランキングに一応参加しています。

Photo

今年の絵はクリスマスカードから人とお城を取り除き、クルマの色を変え雲海をつけ足しただけの省エネ版です。なんせ年末は時間がありません。これでご容赦願うしかないというのが実状でした。

絵の意味するところはシンプルです。旭日昇天と金色のクルマ、すなわちガンガン儲かりますように、という浅ましい根性むき出しなのです。(笑)せめて絵だけは景気づけして後は運を天に任せると言ったところでしょうか。アベノミクスに過度な期待が出来ない以上、そういう絵にならざるを得ません。

ところで先日ネットサーフィンしていて面白い記事を見つけました。日本に財政問題はない、景気を良くするには、人手不足の公共事業を当てにするなどの、まどろっこしい事をしないで直接国民にお金を渡せばいいというのですが、正に我が意を得たりです。

http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/opinion/gover-eco_141222.html

この早稲田大学政治経済学部の先生は慶応の環境情報出身だそうですが、若いのにしっかりしている。いい歳をした財政再建派のエコノミストや政治家、特に財務省の役人に爪の垢でも飲ませたいもんだ。(笑)

そもそも、あのIMFが2012年に発表したソブリン債(国債)破綻リスク指数で、米、オーストラリア、スイスと並んで25以下と世界一破綻リスクが低い日本に、おまけにデフレだというのに緊縮財政は気が狂っているとしか言いようがありません。

さらに今は当時より日銀の日本国債保有比率が上がっています。それでも思うようにインフレが進まないのですから、今の倍くらい買いオペを進めても特別なことが起こるとは思えないのです。つまりリスクは限りなく希薄化している訳です。それは0.4%を切った長期国債の金利を見ても明らかではないでしょうか。

言うなれば国民は政府の無策によるデフレで失われた富を補償される権利があるのです。国民は必死の努力で毎年付加価値を増加させているというのに実質賃金が下がるなどというのは笑い話にもなりません。おまけに円安が加速している今は物価(コアコアCPI)を上げて輸入コストのGDP比を下げるしかないのです。

毎年発表される内閣府のGDP内訳を見ても、名目の数字を実質に置き換えるだけで貿易赤字でさえ黒字化します。これからも分かるように日本経済の実力は問題があると言えないレベルなのですから、ひたすら2%のインフレに向かって邁進するしかありません。だというのに消費増税や法人税減税などの意味不明な回り道をするのはなぜでしょうか。まさか今のやり方で2%が達成出来るとでも。。。

正月早々愚痴っぽくなってしまいましたが、正確な情報と妥当性のある判断で今年を賢く乗り切って行くしかありません。政府やマスコミに騙されない高い次元の民度を醸成する、これしかないでしょう。

それでは皆さん。今年も宜しくお願い致します。


 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (3)

2013年12月23日 (月)

2013年度クリスマスカード

Photo            

--- TPP消費増税 /カジノ解禁に絶対反対 ---

ブログランキングに参加しています。

toroさん、お待たせしました。今年のクリスマスカードを掲載します。

Photo

今回はクルマから離れましたが、たまに変えてみるのも一興かもしれません。その背景は今年の筆者のささやかな保守的営み、あるいはメンタル面での微妙な変化にあります。

時系列で述べますと、まず遅ればせながら「紅の豚」を見て、これまでさして関心がなかった水上飛行機に興味がわきました。宮崎駿氏が長編アニメから引退するとの事も氏の作品に対する関心を高めたのでしょう。

また左翼の呪縛が解けない宮崎氏が「永遠のゼロ」を零戦神話の一人歩きの再生産と厳しく批判した事も氏の作品を見るきっかけになったのですが、そういう意味で「風たちぬ」も見なければと思っています。

続いて陸海空の自衛隊の現状を見学出来た事によって潜在心理面で何らかの変化があったと思われます。特にひとまる式戦車を間近で見た富士の総火演は実弾が飛び交っただけに迫力満点で強烈に印象に残りました。

Photo_8

  (  74式戦車が主砲を撃った瞬間 「 51口径105mmライフル砲」)

海自で言えば、領土問題がエスカレートしつつある中、マルチパーパス艦「いずも」の進水はタイミングが絶妙でした。新しい日本の海の守護神の誕生です。横須賀でイージス艦見学をした後だけに親近感が湧きます。

最後の入間航空ショーは人が多過ぎて閉口しましたが、仕上げとして行かない訳にはいかなかったのです。ブルーインパルス何年かぶりに見ました。さすがジェット機は速いです。(笑)

前後しますが、初めて終戦の日、靖国神社参拝に行った事で筆者の認識が大きく変わりました。日の丸と反日勢力とのくっきりとした対比がこの国の異常さを物語ります。未だ戦争は終わっていない事を痛感したのです。

その時国旗をめぐり、お巡りさんとのいざこざ(?)で、国家権力側であるにも関わらず、本当に守るべきものが分かっていないという現実にも直面しました。日本の闇は深いです。

最後に読みそびれていた「永遠のゼロ」を読んで、日本の飛行機に対する思いがなお強くなったのですが、いかんせん素人です。リアルな絵にするには経験が足りなさ過ぎます。何事も日々精進です。

その「永遠のゼロ」ですが、小説としての出来はともかく、日本人必読の書ではないでしょうか。80%はノンフィクションだと言う緻密な取材による内容は読み応えがあります。戦争の意義と特攻について考えさせられました。僭越ながら戦争抑止の為に何をなすべきか少し分かったような気がします。

ところで著者の百田さんて、もっと右寄りの人かと思っていたのですが、凄くニュートラルな常識人だという事が分かりました。筆者と話があいそうです。(笑)

そういう訳で、今後も苦難の道が続くと思われる日本の将来ですが、確実に国民は覚醒しつつあります。筆者も微力ながら色々活動はするつもりです。時間との戦いになりますが、明日を信じて一歩一歩進むしかありません。

だからこの絵が生まれたのだと言われてもピンと来ないでしょうが、筆者の中ではある程度整合性が取れているのです。(笑)見る人によっては「そのこころ」を理解されるのではないでしょうか。

クリスマスカードとしては、ちょっとマニアックになり過ぎたかもしれませんが、潜水空母「伊400型」(下)がハワイ沖で見つかった事もあり水上飛行機はタイムリーなものとなりました。

Top1

(基準排水量:3,530トン、水中排水量:6,560トン、全長:122m、全幅:12m、最高速力:水上18.7ノット、水中6.5ノット、兵装:53cm魚雷発射管8門、14cm単装砲1基、25mm3連装機銃3基、25mm単装機銃1基、搭載機:特殊攻撃機「晴嵐」3機搭載)

このイラストの水上機も「伊400型」に搭載される「晴嵐」あるいはスタイリングで言えば水上機の中で最もスタイリッシュではなかろうかと思われる「強風」(下)をベースに、今風にモディファイ、小型化しました。

Top

(機能美と言ってしまっては設計者に失礼かも知れない。昔はデザイナーという職業がなかったので設計者自身がデザイナーだったのでしょう。実に素晴らしい。)

それにしても昔は凄い事を考えていたものです。無寄港で地球一周半も出来る航続距離を持った数十隻の潜水空母艦隊で米艦隊の動きを封じ込める為にパナマ運河を空爆しようなんて、発想、技術、行動力の点で圧倒されます。それに比べ、戦後の我々はちんまりしている。。

幸か不幸か実現はしませんでしたが、日本に進駐し、この潜水艦を見た米軍は驚いたと言います。戦後早速持ち帰り詳細に研究され後の原潜のヒントになったようです。冷戦時代にソ連へ、この伊号の情報が漏れる事を恐れた米がハワイ沖に沈めたと言いますが、真偽の程は定かではありません。

因に、今回の美女サンタが来ている水着は、この水上機に敬意を表し旭日旗風としました。日本の旗はデザインがシンプルで優れているので、どこかに使いたかったのです。深読みは無用です。(笑)


さて、今回のテーマは「美女サンタの憂鬱」です。

昨年末に誕生した保守を標榜する政権が今年始めに打ち出したのは、嬉しい事に緊縮財政とは真逆の積極財政でした。さらに異次元の金融緩和と言うのですから剛気です。これで、やっと世の中よくなると喜んだ人は多いのではないでしょうか。

ところが、それも束の間、その政権はデフレ期に増税という愚策に出たのです。中小企業のオヤジや一般庶民ががっかりした事は言うまでもありません。

しかし、嬉しい事に、美女サンタには恩恵があったと言います。自社株が上がり、さらに法人税減税と消費税の戻りで(株)サンタワールドは、利益が倍返しになりそうだと言うのです。(@_@;)

「昨年我慢してもらったから、今年はゴージャスにいこう。贅沢するなら、今でしょ」(笑)ファザーサンタは、にっこり笑いながら、お洒落な水上飛行機のキーと配送リストを手渡しました。

じぇじぇじぇ、驚いた事に今年の配送先は遠い遠いオセアニアではありませんか。
あちらのクリスマスはもちろん夏、うんざりしながらも気を取り直した美女サンタ、ビーチで肌でも焼こうか、と秘かに夢を膨らませます。

ところが、肝心のプレゼントはと言えば、消費税分ケチらざるを得ず、不況の昨年よりセコいものになってしまったのです。

配り終わってビーチでのんびりしながらも、十分なおもてなしが出来なかった事に心が晴れない美女サンタの目に何やら青く輝くものが。。これは吉兆なのか、あるいはペガサスの涙?その解は神のみぞ知る。

来年はまた大変な年になりそうです。

 

 ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックをお願いします。 

| | コメント (2)

2012年12月13日 (木)

2012 Xmas Card 完成

1209   
    
当ブログは、消費税の増税と、TPP への参加には断固反対です。

ブログランキングに参加しています。

例年より少し遅めではありますが、クリスマスカードが完成しました。今年は忙しくて時間があまり取れず、アイデアの練り込みや絵にかける時間が少なかったのです。

そういう場合は原点に戻ってシンプルに行くに限ります。サンタとクルマとツリー、それ以上欲張らない事にしました。ちなみに今年は「緊縮財政」がテーマです。

解説

大変不幸な事に世界中を緊縮財政の嵐が吹き荒れていますが、増税と緊縮財政で立ち直った国はないと言います。日本とて例外ではないのです。

さて、ご他聞に漏れず、サンタワールドでも経費節約のお達しが出ました。配達のクルマも例外ではありません。割り当てられたクルマを見て、いつものスーパーカーでない事に驚きを隠せない美女サンタは「まじ~」とおかんむりです。「私はゴージャスなのよ」(笑)

ところが乗ってみると、この小洒落たMINI のロードスターは予想以上の走りだったのです。子供達へのプレゼントだけはケチれないので、「まあ。いいか」と、最後は納得したという話が、まことしやかに伝わって来る年の瀬ではありました。

ところで、去年彼女が見た水晶の中の世界とは?
売国無能極左政権が倒れ、保守政権が華麗に蘇る映像だったのではないでしょうか。
あくまでも想像の域を出ませんが。。。

12_x

 

 

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

| | コメント (0)

2011年12月25日 (日)

クリスマスプレゼント

Xmas_11_2

私は別にクリスチャンではありませんが、クリスマスカードは練習用の格好のテーマなので宣伝を兼ねて毎年作成しています。テーマは人とクルマと雪景色、プラスその年の「何か」あるいは「次の年への何か」です。

さて、日本中が浮かれるクリスマスですが、この季節になると、毎年思い出す事があります。ある年のイブに、子供たちに贈るプレゼントを所定の位置に置き忘れた事件がありました。迂闊にも酔っぱらって寝てしまったのです。

朝子供たちが騒いでいる声で気付きました。誤摩化すのに苦労したのです。その子たちもとっくに成人し、懐かしい思い出となりました。お父さん方、くれぐれも子供の夢を壊さないようにお願いします。(笑)

今日はTBS テレビでグローバリゼーションの弊害をやっていました。ある程度正しく分析されているようです。そこが分かれば、その為の罠でしかないTPP に参加などという事はあり得ないのですが、この問題どういう結論になるのでしょうか。

アメリカや一部の金融資本の為のクリスマスプレゼントにならないように、注視して行かなければなりません。いずれにしても、来年は色んな意味で日本の正念場になります。

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

| | コメント (0)

2011年12月10日 (土)

クリスマスカードの制作

ようやくクリスマスカードが完成しました。

今年は、マックとフォトショップを新しくした事による作業環境の変化で手間取りました。どうもエアブラシが使い難いのです。慣れの問題でしょうか。

Chn11_rpt12066_sr1_03_500Chn11_rpt12066_sr1_04_500

クルマは今年一番のお気に入り、プジョーのコンセプトカーSR1 を少しアレンジしてみました。東京モーターショーに来ていればイラストも、もっとリアルな感じが出せたと思うのですが、残念ながら出展はなかったのです。

このクルマはフロントにエンジン、リアにモーターを積むハイブリッド四駆でEV走行も可能という事です。従ってイラストでも排気ガスを表現していません。

これからの時代、正に、こういうクルマが欲しいのですが、1900を超える全幅だけは、せめて1850くらいに抑えないと日本では使いづらい事になります。デザインと実用性との高度な妥協点を模索するのはデザイナーの大事な仕事です。上手く行った時の達成感は格別で、デザイナー冥利に尽きるのです。

サンタさんのコスチュームは毎年悩むところですが、あまりセクシーになり過ぎても絵の品位が落ちるし、かと言ってださい格好もさせられません。こちらは全くの素人なので毎年デザインを変えるのは大変です。(笑)

11_xmas

イラストの解説

今年は天変地異や人災による重大事故、あるいは世界の政治経済、軍事面でも実に色々な事がありました。世界の仕組みが見えて来た年でもあります。人間は、こういうショック療法がないと成長しないのかも知れませんが、犠牲は余りにも大きいのです。

そこで、今年のテーマは「予知」です。混沌とした世界に、未来を見通す目さえあれば、不安を感じる事も、大きく被害を受けることもありません。「大難は小難に」「小難は無難に」です。

次々と起きる災難に不安を感じた美女サンタは、世界の最果てに住む龍神様のところへ相談に行きます。そこで出会った氷のドラゴンは親切にも、未来を1年限定で見る事が出来る水晶玉をレンタルしてくれたのです。

そこに映り出された来年の世界は、、、サンタ以外には知る由もありません。きっと華麗に蘇り、世界を救う日本の凛々しい姿が映っていたのではないでしょうか。民主党のように根拠のない楽観はいけませんが、今の日本人には、希望を持って良いように解釈する知恵とゆとりが必要です。

本ブログが決定した今年の流行語大賞  

三位   フクシマフィフティ(大和魂健在を証明しました。日本の誇りです)

二位   TPP (国論を二分する明治維新以来の重大問題。反対派が優勢か)

一位   BKD (AKB48 総選挙にちなんで、誰が一番のBKD か、ネットを賑わしました)

筆者の選ぶ、堂々のBKD 第一位は、野田首相。TPP と消費税増税を意味もよく分からずに推進しています。日本潰しの第一人者です。

第二位、菅直人。日本を放射能のリスクに曝した事と、被災地復興の為に何もしなかった罪は深いです。外国の政治団体へ公金から献金する文字通りの売国政治家。なぜ逮捕されないのか不思議です。

第三位、鳩山由紀夫。言うまでもなく無能ぶりを世界に披露、出来もしないCO2の25%削減を、独断で世界に公約した罪も重いです。

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

| | コメント (4)

2010年12月24日 (金)

2010年クリスマスカード

10_xmas_3
今年のテーマは、日本版宇宙元年です。
先日のNASA のもったいぶった発表には思い切りずっこけましたが、日本のハヤブサには久しぶりに国内が湧きました。

今年のストーリー
例年通りプレゼントを運ぶ美女サンタの行く手を阻むUFOがいます。見れば、宇宙のトロン星の円盤ではありませんか。宇宙巡視隊の保安官でもある美女サンタは、一人敢然と立ち向かいますが、惜しくも取り逃がしてしまいます。

今回は、人と車はすぐに描けたのですが、UFOに苦労しました。気に入らなくて4回描き直したのです。時間切れで諦めざるを得ませんでした。実はUFOのデザインには納得していません。(笑)いつか再チャレンジしようかな。。。

トロンレガシーは未だ見ていないのですが、光のテイストだけでも取り入れてみました。明るくして誤摩化したと言った方がいいかも知れません。

来年こそは政権交代もして、まぶしいくらい明るい年にしたいものだと思われた方、クリックをお願いします。

| | コメント (1)

2009年12月10日 (木)

クリスマスカード

恒例のクリスマスカードが完成しました。

今年のテーマは「不景気に虎の子をプレゼントする美女サンタ」です。

峠の山道、トランクがやけにゴソゴソするので袋を開けたサンタ、そこには何と、虎の子が・・・タイガーが不倫騒動で金髪妻にごっそり持っていかれたトラの子がこんなところに(?)

欧米人の結婚時の契約というのがよく分かりません。タイガーもそんな不利な契約でなくても引く手あまただったでしょうに、惚れた弱みか、焦ってよくチェックしないでサインし、何年か後に後悔しても後の祭りです。

連中は容赦なく持っていきますから、、、良かった持っていかれるものがなくて、と思っている人は多いのではないでしょうか。

それよりバッシングが酷過ぎます。来年のプレイに影響が出なければいいのですが、折角の逸材ですから、もっと大切にして欲しいのです。石川遼君も学ぶところが多いようです。

焼け太りママ(エリンさんは未だしてないけど)には感情移入出来ないと思われた方、クリックをお願いします。
09xmas_s

| | コメント (1)

2008年12月24日 (水)

クリスマスカード

Xmas_card_net (画像はクリックすると大きくなります)

何とかクリスマスカードがイブまでに出来上がりました。出来に関しては詰め切れていないところがあって、100%の自信作とは言い難いのですが、時間的制約とか、資料不足の点を考慮すれば、一応合格点ではないでしょうか。

流石に1958年型のクルマの資料は乏しく、ディテールに関しては責任持てません。雪をつけたり、ライトを点灯して誤摩化していますが、クルマだけの勝負なら厳しかったと思います。

人に関しても、まずモデルがいません。仕方なくネット上から2〜3候補を選び、いいところを混ぜ合わせ、コスチュームデザインをでっち上げました。ストッキングとハイヒールの組み合わせが、ややセクシーに過ぎるのではという指摘もあったのですが、時間の関係で押し切らせてもらったのです。

建物は最初ガラスとか、氷のデザインを考えました。絵柄的には一番様になると思ったのです。如何せん資料不足と、時間の関係もあり、ステンドグラスパターンでお茶を濁さざるを得ませんでした。次回は是非、チャレンジしたいアイテムです。

横のツリーは、シャンゼリゼや東京ミッドタウンでお馴染みの逆さ釣り鐘タイプを採用しました。デザイン的にやや研究不足の感は否めません。これも先の課題として残りました。

全体としては、不景気下で、憂いを含みながらも先に希望を繋ぐイメージが出ていれば良いのですが、やけ酒風に見えない事を願っています。


ブログランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2008年12月18日 (木)

クリスマスカードの制作

今年もクリスマスシーズンがやって来ました。先日どこかが主催した風刺4文字熟語コンテストで、クリスマスケーキにかけて“暗さ増す景気”というのがありましたが、言い得て妙です。思わず笑ってしまいましたが、笑えない現実が厳然とあって、本当に人事ではありません。

この不景気悪夢は夢であって欲しいと願っている人は世界中で何百万、いや何千万人、ひょっとして何億人(?)いる事でしょうか。サンタさんが幸運を運んで来てくれるよう、祈るのみです。

さて、例年恒例になってしまったクリスマスイラストの制作に取りかかりました。自分で始めていながら毎年後悔しています。忙しい時に何で自らもっと忙しくするのかと。。。テーマ探しがまず大変です。テーマを決めて、参考資料を集めて、下描きを作ります。

大体構想が決った時点で、イラストをスタートしますが、仕事の合間に描くのではかどりません。何だかんだで2週間くらいは例年かかっているのです。
Dscf2072
今年のテーマは、GMネタがタイムリーなので、古き良き時代の、憧れでもあった、懐かしいキャディラック エルドラード(黄金郷)を主役にしました。もう一度アメリカが、黄金郷に戻って欲しいという願いも込められています。脇役の「人」に関しては、ヒラリークリントンが運転するキャディラックにオバマさんがドルのプレゼント袋を持って後に乗るというのはどうか、と思いましたが事務局に即座に却下されました。

メルヘンが感じられないという理由です。確かにあまりにも現実的過ぎて、引かれるかもしれません。ではいつも通り、国籍不明美女サンタにしましょう。ストーリーとしては、あまりの不景気にサンタ助手を失業して、やけ酒飲んでいるというのはどうでしょうか(?)

・・・これも時節柄あまり感心しないので、昔を懐かしんでワインを飲むという設定にします。背景はデトロイト郊外のイタリアンのレストラン(個人的し好)にしました。ありそうで、殆どない想定です。メルヘンを感じていただければ幸いです。

今週中に完成して来週始めからメール送信に入ります。乞うご期待(!!)
(PHOTOはシャンゼリゼのイルミネーション)


ブログランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。

| | コメント (0)