スポーツ

2013年7月29日 (月)

敬遠

130708         

----- TPP 日中韓FTA 消費税増税に絶対反対 ------

ブログランキングに参加しています。

元ヤンキース松井選手の引退レセモニーがニューヨークのヤンキースタジアムで行われました。一日だけの契約ですが、ヤンキースの一員として引退出来るという訳です。破格の待遇ではないでしょうか。あのケチなヤンキーが、よく思い切ったものです。何かあやしい。(笑)

Obyi706_130729_g_20130728193951

ケチだと言ったのは、昔同僚だったヤンキー達(米のアングロサクソン系デザイナー)は皆、細かかったからです。190センチで100キロもあろうかという、どう見ても計算が苦手そうな大男が、食事などの割り勘では、じっくり時間をかけてセントまでキッチリ計算するのです。違和感がありました。(笑)

逆に計算の得意な日本人は、少し自分が多めに払ってでも支払にかける時間の短縮を計ろうとしますが、それは納得出来ないようです。誤摩化されるとでも思うのでしょうか。(?)

しかし、この松井という大男のフェアで真摯な態度は大したものです。アメリカ中探しても、これほどのスポーツマンの鏡のような野球選手はいないかもしれません。従って、ファンや仲間から好かれていた事は確かなのでしょう。

思い起こせば高校時代、一試合5連続の敬遠攻めにも淡々として顔色一つ変えなかったのには大いに感心させられたのです。それに関して最近話しているのを見ましたが「ルールとして認められている以上、当然相手に、それを選択する権利がある」というような事を言っていました。「あっ、そういう認識だったんだ」(笑)

何といさぎ良い台詞ではないでしょうか。割り切り方が素晴らしいです。強打者の勲章として誇ればいいのかも知れません。桁違いの四死球を受けたジャイアンツの王選手しかりです。しかし、何か腑に落ちないぞ〜。(笑)

そもそも結果としての四球はあっても「敬遠の四球」などという技があるとは思えません。ルールを作った人も、それを想定していたとは思えないのです。恐らく運用の過程で、誰か姑息な、およそスポーツマンとは言えないような人物によって編み出された「変則技」なのではないでしょうか。

フェアプレイ精神を持つ、松井のような選手には思いもつかない事でしょう。つまり、どのような規則やルール、法律にも必ず抜け穴や漏れがあって、そこを抜け目なく突いて来る連中は、いつの時代も、どこにでもいるという事です。

しかし、それを許す空気があるかないかで、面白さ、興味の持ち方は大きく変わります。例えば隠し球、これもルールの作成者が意図したとは思えません。抜け穴、漏れの類いでしょう。

そこをずるく突いて自軍に有利に展開しようという姑息な考え方は、プロであれアマチュアであれ、フェアプレイを尊ぶスポーツには、およそ相応しくありません。そういうプレイにいそしむジャイアンツの元木選手などは好きになれませんでした。(笑)

セコいという印象、イメージしか残らないのです。そう言っても、そういう事をする人には理解出来ないのでしょう。明らかに浮いているのですけどねえ。(笑)

野球以外で言えばサッカーです。昨年のロンドン五輪で、なでしこジャパンが次の試合で有利な相手と対戦する為に、手を抜いてワザと負けたのではないかと言う疑惑がありました。事実監督は、リードされてからは点を取らないように指示したと言います。

見ていた筆者などは、多いに落胆したものです。サッカーは点取りゲームです。点を取らないサッカーに魅力はありません。まして対戦相手に対して失礼過ぎます。よくペナルティを食らわなかったものです。FIFA 自体が堕落しているからか。(?)

6f412470c92c9c269e3d2a22904a265b

      (こんなラフから打つのでは、時間もかかるというもの)

その点で、厳しすぎるくらい厳しいのがゴルフです。プレイが遅いからと言う理由でペナルティを食らいます。今年の全英オープン三日目に松山選手がトラブルに陥り、慎重にプレイをした結果、オフィシャルから1ペナルティを課せられました。

優勝争いに加わっていただけに、あの一打がなければ、と思うと本人悔しくてならなかったでしょう。同じ組でプレイをしていた白人選手(ジョンソン・ワグナー)が強硬に異議を唱えて味方をしてくれた程です。

本人は勿論そんな気配は微塵も見せずに淡々とプレイしていましたが、昔ジャンプ競技などで見せた白人特有の臨時特別ルール機能が働いたのかも知れません。迂闊な事は言えませんが、ちょっと説明がつき難い出来事ではありました。

臨時特別ルール機能(筆者の即席造語)と言えば、韓国で行われた男子サッカーの東アジアカップで、対戦相手も反日国のみと言う四面楚歌の中、男子では辛くも日本が優勝しましたが、韓国戦ではまたスポーツを政治利用する輩がいたようです。「歴史を忘却した民族に未来はない」という巨大な横断幕が吊るされました。

A0087238_611271_2

(既成事実化、習慣化が進むスポーツの政治利用、悪しき前例として他の国も右に倣うか?)

ロンドン五輪でも問題になったばかりだというのに懲りない連中です。この人達にフェアプレイやスポーツマンシップを説くだけ無駄な気がします。従って、こういう場合に限っては、例え不戦敗になったとしても、試合そのものを敬遠させてもらった方がいいのかも知れません。怪我でもしては元も子もありませんから。。

えっ、お前はどうだって(?)そう言えば、そんなに強い訳でも存在感がある訳でもないのに、時折家族から敬遠されます。。。

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを。

当ブログは日本の名誉を挽回するために尽力される中山成彬議員を応援します。
中山議員の ホームページ 南京問題を扱っています。

| | コメント (6)

2012年8月10日 (金)

ジュリ〜〜〜

606

   (当ブログは、消費税の増税と、TPP への参加には絶対反対です。)

ブログランキングに参加しています。

12時から3時15分まで仮眠をとって、女子サッカー決勝戦見ましたが、無理して起きた甲斐がありました。決勝戦に相応しい、実に素晴らしい手に汗握る好試合だったのです。

やはり予想通り、パワーとキック力等、身体能力に勝る米が強引に攻める隙をつき、機動性とチームプレイのなでしこが、持ち味を発揮するという展開でした。得点こそ、ラッキーにも米に2点入りましたが、どちらが勝ってもおかしくはなかったのです。正に勝敗は時の運です。

20120810072254305      (宮間のフリーキックが米選手の左手に当たっている)

2012081007375866f          (抱きかかえては反則でしょう。笑)

ちょっと残念だったのは、ペナルティエリア内での米の反則二つを審判が見逃した事です。今回の五輪はミスジャッジが多いのですが、サッカーにもJURY(ビデオ判定サブ審判団) がいてくれたら、と思わざるを得なかったのです。樹木希林ではありませんが、思わずジュリ〜〜と叫びたくなりました。(笑)

Img9c290398zik3zj  (風呂場のシーンで人気があった、寺内貫太郎一家の樹木希林/左前)

まあ、それも含めての時の運ですから、素直に銀を讃えましょう。なでしこで、その件に言及する人もいなかった訳で、レスリングの3金メダルと言い、福原愛ちゃん始めとする女子卓球他、日本女子の素晴らしさが目立った五輪ではありました。

特に愛ちゃん、中国人記者からの質問に流暢な中国語で答える姿は、これぞ国際親善と思わせます。中国でも人気があるようで、愛ちゃんの中国人記者に対する批判に対しても好意的な反応があったようです。

74f9c17da9514e9282d04504249ab9a9

強いところはちゃんと認め、媚びる訳でなく懐に飛び込んで修行する、対戦相手とスポーツを尊敬するフェアで真摯な姿勢は、正に模範的国際スポーツウーマンです。こういう人が増えれば争いごとは確実に減るでしょうし、あっても最悪の事態には至らないのではないでしょうか。そう思わせてくれました。

正しいかも知れませんが、突っ張るだけの石原さんや、国際感覚がまるでなく、媚びるだけの丹羽大使にも見習って欲しいものです。男じゃ駄目かも。。。

さて、今夜(明日の早朝)は男子サッカーの三位決定戦です。相手は、一番避けたかった韓国ですが、どんな事をしてでも勝ちに行くと宣言しています。どんな事って、どんな事なんでしょうか。(???)ちょっといやな予感がしますが、この対戦に限っては日本側に怪我人が多く出ているので、そこだけは注意して欲しいのです。

Bw_uploads_2011012600463_1         (今日の対戦相手は猿真似が好きらしい。)

またこのタイミングで竹島に行く李明博という男は、日本育ちのくせに、いつから反日になったのでしょうか。麻生さんの時には大人しかったくせに、最近妙に突っ張っています。民主党と仲がいいせいかも知れません。

頼むから早く解散して下さい。野田、谷垣の密談もビデオ判定しろ。ジュリ〜〜。(笑)

 

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

| | コメント (2)

2012年8月 4日 (土)

天気晴朗なれど波高し

606

   (当ブログは、消費税の増税と、TPP への参加には絶対反対です。)

ブログランキングに参加しています。

いやあ、それにしても壮絶な試合でした。(笑)よく勝ったものです。日本対ブラジルの準々決勝は、日本の2対0という結果に終わりましたが、ハラハラドキドキの連続でした。ブラジルは予想通り凄く強かったのです。

にわかサッカー評論家も増えている今日この頃、度素人として、筆者なりに分析をしたいと思います。(笑)

201208044725341l (セットプレイから、ブラジルの油断をつき、一気にゴールに迫る大儀見)

一言で言えば、ワイルドなパワーサッカー 対 緻密で機動力のあるスマートサッカーとでもいいましょうか。全くタイプの違う者同士の戦いだったのです。身体能力とワイルドさに勝るブラジルのボール支配率は圧倒的でした。

対するなでしこはデイフェンスを固め、カウンターを狙うという展開です。一見、圧倒的にブラジル優勢に見えます。ブラジルの監督が言うように、ブラジルの勝ち試合だった。というのも、あながち間違っていないかも知れません。

しかし、数少ないチャンスを確実にものにするのは、ラッキーと言うだけではすままされないものがあります。そこに至るメンタル面の蓄積は確実にあるのです。言わば勝ち戦を積み重ねた王者(女王?)の風格です。それこそが勝利の方程式ではないでしょうか。

2012080400000502sanspo0003view           (絶好のチャンスを冷静に決めた大野)

つまり、相手によって柔軟に戦法を変え、じっと耐えてチャンスを待つ、そして確実に巡って来るであろうチャンスを捉え、集中力を発揮しものにする、これこそが百戦を危うくしない戦法なのです。敵を知り、己を知ったスマートな戦い方と言えます。

この戦い方は日露戦争の日本海海戦を彷彿とさせます。戦前の予想を全く裏切り日本軍の完勝だったのですが、いくら沢山撃っても当たらなければ何の意味もありません。

Ijn_fleet

(命中率で、世界最強のバルチック艦隊を圧倒した日本海軍/イメージ)

これは意外に行けるかも知れません。戦前の予想は、ハングリーでなくなったなでしこは、前回のワールドカップ程の活躍はないかもしれないというものでした。ところがふたを開けると、前回よりも進化しているのです。

その原因は恐らくメンタリティにあります。王者としての余裕と、誇りです。ワールドカップで優勝した事により、良い方向に化けたのが「なでしこ」なのではないでしょうか。頼もしい限りです。

次のフランス戦も波は高いと思われます。しかしながら、既に身に付いた、「なでしこ戦法」が発揮出来れば、勝機は十分にあるのではないでしょうか。(当たり前ですみません/笑)

お粗末な分析とも言えない分析にお付き合いいただきまして有り難うございました。


 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

| | コメント (2)

2012年8月 3日 (金)

屁理屈はいらない。正々堂々が一番

606

   (当ブログは、消費税の増税と、TPP への参加には絶対反対です。)

ブログランキングに参加しています。


トヨタ自動車は、北米や新興国を中心に、車の好調な売れ行きが今後も続くと見込んで、ことし1年間のグループ全体の生産計画を、初めて1000万台を超える規模とする方針を固めました。

018_o             (売れ行きが好調なカムリ)

関係者によりますと、ダイハツ工業と日野自動車を含むトヨタのグループ全体が、ことし1年間に世界で生産する車の台数について、去年の785万台余りを二百数十万台上回る1000万台余りとする方針を固めたということです。
トヨタがグループ全体の世界生産台数を1000万台を超える規模とするのは初めてで、過去最高だったリーマンショック前の2007年の水準を上回ることになります。

昨年の落ち込みを見て、もうトヨタはVW やGM 、さらには現代自動車にも抜かれたような論調が日本のマスコミで見られましたが、サプリチェーンさえ回復すれば、この通りです。日経新聞などは、さぞがっかりしているのではないでしょうか。(笑)

いえ、筆者は決して数を多く売る事が偉いと言っている訳ではありません。むしろ円高の日本は、超高付加価値の高級車を専門にするくらいにして、そこだけは譲らない、かつてのドイツ車の立場に置き換わればいいと思っています。

薄利多売の大衆車は、新興国や、高付加価値や先進技術を創造出来ない黄昏先進国に任せればいいのです。全方位で行くから狙われます。インドや新興国で起きている工場紛争、あるいはテロ(?)は明らかに日本企業狙い撃ちです。

さらに、現地法人が日本から技術輸入しているところに目を付け、ここに課税する動きもあります。雇用を創出してもらい、税金も落としてくれていると言うのに、強欲にも、取れるものからはとことん取ろうという流れになりつつあるようです。

20120803_163606

      (ビッグマイナーチェンジをしたレクサスLS600)

現地生産ではあまり儲けない方がいいかも知れません。世知辛い世界になってきました。しかし、怪我の功名で、超高級車を日本の工場で作る動きが出て来るかも知れません。それが国内マーケット向けにシフトすればなおいいのですが、政府や経団連が外ばかり見ているうちは見通し暗いです。発想が古いので無理でしょう。(笑)

さて、なでしこJAPAN の故意引き分け試合、やはり問題が拡大しました。IOC が異例の記者会見を開き、「日本チームの場合、選手が監督の指示に従って、引き分け狙いに行ったという証拠は発見出来ない」というコメントを出したのです。

これから読み取れる事は、
1)選手が、監督のいう事を忠実に聞いていた場合は無気力プレイと見なされる。
2)監督は何を言っても、選手が従わなければお咎めがない。
という事になります。

・・・釈然としませんが、客観的に見れば、IOC は日本女子サッカーチームに対し、好意的な判断を下したとも受け取れます。バドミントンに対しては、厳罰で臨んだ割には、ややあまいかな、という感じです。

C3ce6_london_2012_c3c7001fc6fa53b40     (4チーム失格というラッキーで漁父の利を得た日本チーム)

そこは賛否両論渦巻いていますが、国内は勿論なでしこ擁護が勝っています。拙ブログにも、「バドミントンとなでしこを一緒にするな!!」という怒りのコメントが入ったくらいです。通りすがりの方だとは思いますが、思い入れは強いのです。

また、引き分け狙いは難しいから、負けに行ったのとは違うという、珍見解も見られるようですが、これはさすがに無理があります。いずれにしても全力で戦っていない事に変わりはありません。オリンピック憲章に対し、忠実であったかどうかは明らかです。

では、これまでにそういう事例がなかったかと言えば、ある程度、慣例化したものはあったのではないかと想像出来ます。そうでなければ佐々木監督の言動が理解出来ません。

まあ、大人としての常識的判断としては、「程度の問題」で片付けるのが妥当なのでしょうが、バドミントンで失格になった国やチームを、どう納得させるかです。再三に渡る審判の警告無視というところは、厳罰に値するかもしれませんね。

今後も起きかねないこの問題を解決する為には、決勝リーグの組み合わせを事前に決めない事です。8チームが出そろった時点で抽選をすれば問題ありません。シードチームを決める事は必要かも知れませんが、それは世界ランクで自動的に決めればいいのではないでしょうか。

497322_c450        (ブラジル戦に向け、非公開練習中のなでしこ)

色々ありましたが、それを爽やかに跳ね返すのがなでしこの役割です。勝てば全てが吹き飛ぶでしょう。(笑)今日(明日の朝1時試合開始)こそ、正々堂々ブラジルに打ち勝って欲しいものです。楽しみです。(笑)

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

| | コメント (3)

2012年8月 2日 (木)

策士策に溺れる(スポーツ編)

606

   (当ブログは、消費税の増税と、TPP への参加には絶対反対です。)

ブログランキングに参加しています。

なでしこJAPAN の佐々木監督は、今頃は取り返しのつかない事をしたと後悔しているかも知れませんが、「覆水盆に帰らず」です。これで却って、なでしこと自分を追い込んでしまいました。

2012080100000014dal0003view

           (孤軍奮闘の感があった丸山選手)

いえ、控え選手を7人も出した事を、とやかく言っているのではありません。試合に臨む姿勢が問題だと言っているのです。試合に慣れさせて、いざという時に硬くならないように配慮する事は大事です。

しかし、出すならば何があろうが全力で勝ちに行かせるべきです。後方でパスを回すだけでは何の練習にもなりません。却って出さない方がましだったのではないでしょうか。

まず、世界チャンプと引き分けた、と喜んでいた南アフリカの監督と選手にとっては、侮辱以外の何ものでもありません。消化試合の付き合いをさせられた訳です。イメージがうんと悪くなった事でしょう。

次に、遠路はるばる見に来た観客や、遠くから遅い時間帯にも関わらず、テレビ観戦をしていたファンに対して、何と申し開きをするのでしょうか。がっかりしている人は多い筈です。あんなエゴ丸出しの試合の為に、貴重な時間を無駄にしてしまったと。。。

しかしながら、これで首尾よく2位通過したと喜んでいるとしたら大バカものです。組し易しと見られたと思ったブラジルは、全力で勝ちに来ます。火をつけてしまったのです。

佐々木監督は自分たちを追い込んでしまった事に気がつくべきです。負けるに負けられなくなりました。これで負けたら言い訳が出来ません。もし、南アフリカ戦を全力で勝ちに行き、一位通過での準々決勝で敗れても、非難される事はなかったでしょう。

似たような話を思い出します。1989年の日本シリーズで、近鉄3連勝の後の巨人4連勝優勝です。近鉄の投手が3連勝の後、巨人はパリーグ最下位のロッテより弱いと言ったのです。これで火のついた巨人打線を止める事は出来ませんでした。

Img85b94c36zikazj

やはりスポーツの基本はフェアプレイ精神です。相手を敬い、常に全力を尽くす、それを忘れたチームに明日はありません。オリンピックの場合、無気力プレイで失格にさえなりかねないのですから、迂闊な事は出来ないのです。

世界バドミントン連盟(BWF)は1日、ロンドン五輪の女子ダブルス1次リーグで無気力試合があったとして、8強入りしたペアのうち4組を失格処分とした。複数の英メディアが報じた。

 失格したペアは韓国の2組と中国、インドネシアの各1組。準々決勝での組み合わせを有利にしようと、1次リーグ最終戦で安易な失点を繰り返すなどわざと負けるようなプレーをした。

ほらあ!!(笑)

ところで、日本のフェアプレイ精神は、世界でも高く評価されているようですが、お世辞にもフェアだとは言えないシーンを色々見て来た筆者には、素直には受け取れないのです。

福岡ダイエーホークス時代、王監督の年間ホームラン記録を破らせないようにと、コーチ主導で(?)近鉄のタフィ・ローズ(下)を敬遠攻めにしました。黙認する王監督にもがっかりしたものです。

Obtuffyrhodes      (55本を打って、後一本で新記録というところに来ていた)

松井稼頭央の盗塁王の為の、チームぐるみの見苦しい相手選手(ロッテの小坂選手)への妨害にも萎えました。投手にボークまでさせて、走らせないのですから呆れます。松井自身も二塁ベースに張り付いて、露骨な妨害をしていました。正にファン不在です。

Img_d0067651e8beb3353bcb5bf90c36ece  (ダーティなイメージの江川卓ですが、ベンチに背いても故意四球は投げなかったと言います。)

その他ゴルフでも、昔の日本の選手はよく怪しい事をしていたようです。某有名選手がドライバーでボールの後のラフを叩いてならしていたのは有名な話です。オーストラリアの選手に注意され、それがテレビに映っていたのは日本の恥以外の何ものでもなかったのです。

女子サッカーの場合はアマチュアだから、自分たちの最善の為にやっているんだ、と言われればそれまでですが、策を弄する者は、必ず策に溺れます。なでしこのメダル獲得に赤信号が灯りました。それを跳ね返すのは無垢な選手達自身です。オリンピックの魔物に負けるな(!!)

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

| | コメント (5)

2011年11月21日 (月)

恥の文化はいずこへ。

Photo_2

(2009年11月「河口湖紅葉祭り」にて撮影)

紅葉の美しい季節になりました。日本の四季は風情があります。

さて、TPP も増税問題もかすむ程のマスコミの扱いですが、それ程のニュースバリューがあるとは思えません。いつまでこのドロドロが続くのでしょうか。

コメントするのもバカバカしいのですが、あまりにしつこいので一言だけ言いたくなりました。(笑)そもそも、この問題は「内輪もめ」です。第三者としては、知りたくもないし、出来る限り介入したくない問題です。

あくまでも社内で解決するべきですが、表に出て来るという事は組織としての問題解決能力、自浄能力のなさを露呈しています。非常に恥ずかしい事ではないでしょうか。醜い人間のエゴとエゴのぶつかり合いにしか見えません。

そのエゴは三者三様ですが、もちろん、一番罪深いのはトップのナベツネ氏である事は論を待ちません。既に老害と言われて久しい氏の統率力、包容力、管理能力のなさ以外の何ものでもなく、心底呆れます。早く一線を退くべきでしょう。

昔、中国人の記者がいみじくも言った「日本は上に行けば行く程、人間のレベルが悪くなる」という言葉が思い出されます。いつからそうなったのでしょうか。。。

間に入った形の桃井オーナーも驚く程酷いです。どう見ても上にへつらい、部下を裏切っているようにしか見えません。しかも、出来る限り自分に責任が及ばないように画策している点は最低としか言いようがないのです。

特に長島さんを引っ張り出して、長島さんが、こう言っているから駄目なんだ、風に世論を誘導するのは卑怯で姑息以外の何ものでもありません。都合よく利用される長島さんがいい迷惑ではないでしょうか。

いずれにしても、日本シリーズを戦っている中日もソフトバンクもいい迷惑です。せめて、シリーズが終わってからにするべきでした。

もっとも、裏側に我々部外者の思いも依らない何かがあるのかも知れないので、断定的な事は言えません。それにしても最近企業のトップの不祥事が多すぎます。問題の質は違いますが、大王製紙トップの博打問題、オリンパスの不透明な資金の流れ、どうも不可解な事が多いです。

昔なら切腹ものの不祥事ばかりと言えますが、日本人のモラル、民度が低下しているのでしょうか。これでは難題が山積している日本の将来が思いやられます。そこはかとなく不安になる今日この頃です。

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

| | コメント (1)

2011年5月 1日 (日)

拙速に自滅に走る韓国

一昨日のフィギュアスケート、ショートプログラムの結果は日本人なら誰でも、いや、おそらく韓国人以外の人の大半は納得のいくものではありませんでした。絶好調でノーミスの安藤美姫よりもKYさんが高得点と言うのではスポーツとは呼べません。

2011043000000006spnavip0000view_2

幸い、昨日のフリーでは安藤美姫が逆転優勝し、最悪の事態は避けられましたが、女子で唯一トリプルアクセルを飛ぶ浅田真央の点数は低すぎるのではないでしょうか。カナダからの疑惑は晴れません。

採点基準をつまびらかにして欲しいのですが、ミスをしたジャンプにも加点されてたと言うのでは何をか言わんやです。ずっとKY選手にはダーティな噂が付きまとっています。オリンピックでも4回転を飛ぶ男子の採点より高得点だった言うのは最早ギャグではないでしょうか。(笑)

日韓共同開催のサッカーワールドカップの時も後味の悪い思いをしました。欧州では嫌韓になった人が多いと聞きます。勝つ為に手段を選ばないと言うのは韓国だけの専売特許ではありませんが、露骨過ぎると鼻白みます。

実は私は昔、親韓でした。仕事上訪韓する事が多く、接する人も意外に親切で悪い思いは殆どした事がなかったのです。親しく付き合っている友人もいますし、B級グルメ的食べ物も珍しさも手伝って気に入っていました。

ところが最近の韓国と言えば、どうもおかしいのです。今回の震災への義援金も、大半が不法占拠している竹島の工事資金に化けたと言います。しかも義援金に対する見返りを要求する始末ですから始末に負えません。もらわない方がまし、というのでは純粋な気持ちで寄付をした韓国人が気の毒過ぎます。

これまで、李承晩大統領の時代から、この国の日本に対する酷い仕打ちや反日ぶりは枚挙にいとまがないのですが、日本人のメンタリティでは理解出来ません。外観は似ていますが、考え方やDNAは大きく違うようです。実際Y染色体で見れば、全く違う人種である事が分かります。

今回の事で嫌韓に動いた日本人は多いのではないでしょうか。残念ながら、長い付き合いの私でさえ韓国に対する見方が修復出来ないところまで変わりつつあります。

韓国の地政学的問題や世界での経済的ポジショニングを考えた時に、日本の重要性は明らかです。味方に付ければ日本くらい心強い味方はいないというのに、それをわざわざ嫌いになるように仕向けるのは自滅願望としか思えません。

恩を仇で返すような反日行為を平気で行い、近視眼的に目先の利益に走ってしまう人達の頭の中は、一体どうなっているのでしょうか。この件、また後日続編を書きます。

2日からはゴールデンウィーク休みに入ります。しばらく更新しないかもしれませんが、悪しからずご了承下さい。

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

| | コメント (0)

2010年11月16日 (火)

スポーツの秋、全開

日曜日のスポーツは、久々にスカッとしたのです。女子バレーボールでは、なんと32年ぶりのメダルという事で、たいそう盛り上がっていました。背の高さの差をハンデと感じさせない敏捷で勇敢(?)なプレイぶりは見事と言うしかありません。

ゴルフにも魅せられました。前の週は男女とも韓国勢にやられて盛り下がったのですが、三井住友VISA太平洋マスターズでは久々に本命が来ました。石川遼の優勝は緊張感の中、貫禄さえ感じたのです。19歳とはとても思えない堂々の勝ちっぷりです。

それにしても飛んで曲がらなければ怖いものなしです。ゴルフが簡単に見えます。本人も楽しくて仕方がないのではないでしょうか。これで後3試合、2年連続の賞金王も視界に入ってきました。

副賞のBMW のアクティブ・ハイブリッド7は1280万円もしますから、賞金や他の賞も併せて獲得総額は5000万円にもなるのではないでしょうか。これが1週間の稼ぎかあ・・・ため息が出ます。

ところでこのハイブリッド、モーターは10KWの小さい出力のものを積み、あくまでもエンジンをサポートする、インサイトタイプなのですが、このクラスをハイブリッドにする意味が今一よく分かりません。

レクサスLSハイブリッドや、ベンツSクラスハイブリッドに対抗する意味で作られたのでしょうか。ユーザーはあってもなくてもいいような、余計で重たい物にお金を払わされる事になります。その投資を回収する事はまず出来ません。

0002

女子の方は佐伯三貴が一打差で逃げ切り、3年ぶりの優勝を果たしました。大器が目覚めたのかも知れません。ヘッドスピード43超、250ヤードのドライバー飛距離は魅力です。福島以来の大型選手として期待されます。

フィギュアは見ていなかったのですが、高橋大輔の逆転優勝だそうです。泣き虫織田君のショートプログラムでの演技もなかなか良かったのです。いつの間にか強くなっていました。ワンツーフィニッシュです。

女子フィギュアの結果は月曜日の朝知りましたが、グランプリシリーズ第4戦で村上佳菜子(16歳)がコストナーを逆転し初優勝したそうです。浅田に次ぐスーパースターの誕生です。天真爛漫さが素晴らしい。

2010111500000006jijp000view_2

スポーツ界でも日本は捨てたものではないのだ、と思われた方、クリックをお願いします。

| | コメント (0)

2010年9月 6日 (月)

気まぐれな勝利の女神が微笑むのは?

男子ゴルフ、フジサンケイクラシックでの石川遼と園田峻輔のプレーオフは、4ホール目で園田のミスパットにより勝負がつきました。正に手に汗握る後半9ホール大接戦後でのプレーオフだったのですが、石川が追いかける展開にスリルが倍増したのです。

20100801201 それにしてもバーディパットをことごとく外す石川に比べ、園田はショット、パット共17番までは安定感があり、2打差での18番の攻防は園田に分があるかに思われました。

ドラマは最終ホールで意外な展開を見せます。園田は第2打をグリーン横の深いラフに打ち込み、3打もラフへ、明らかに大きいと思われた第4打は何とピンフラッグに包み込まれ真下に。。。

「プロゴルファー猿」の秘伝の技「旗つつみ」を目の当たりにしたギャラリーが、やんやの喝采を贈った事は言うまでもありません。勝利の女神は園田についた、と誰もが思ったのではないでしょうか。

対する後続組石川のドライバーショットは左クロスバンカーへ、勝負あったかに見えた残り175ヤード、8番アイアンで放たれた第二打は、石川の目線が導くピン手前1メーターに、、一瞬大歓声に包まれます。

これを難なく沈めた石川に、気まぐれな勝利の女神の心は大きく傾きました。やはり、けれん味なくひたむきに攻める姿に、一時は決まっていた結果さえも書き換えられるのでしょうか。勝負の彩は一瞬のひるみも、瞬時の迷いも見逃さないようです。

解説の戸張捷がいみじくも言った、どちらが勝ってもグッドウィナー、グッドルーザーという言葉に集約された、若さと爽やかさが溢れる好勝負ではありました。

ところで、こちらは爽やかさとは縁のない政治の世界の方も予断を許しません。一時は優勢と伝えられた菅総理側ですが、選挙に強いと言われる小沢陣営がじわじわ盛り返し、結果は圧倒するかもしれないと言われています。

もしそれが本当であれば、恐ろしい既成事実が出来上がるのではないでしょうか。結局、犯罪者であろうが被疑者であうが、国民に対し納得のいく説明なしに、外人さえ参加出来る内輪の選挙に勝てば総理になれるという、何でもありの世界が誕生するのです。

国民不在なんてもんじゃありません。独裁政治だって意のままではないでしょうか。天皇陛下に対する独自の解釈による発言や、日頃の彼の強引さから見て、あり得ないとは言い切れません。

どちらが勝ってもバッドウィナーではありますが、どうか気まぐれな勝利の女神が、最後の瞬間に菅総理側に、取りあえずは付いてくれる、あるいは民主党が分解するような、何か特別な事でも起きて、全てがリセットされる事を祈る、と思われた方、クリックをお願いします。

| | コメント (0)

2010年6月22日 (火)

スポーツに見る、驚くべき変身ぶり

先週末は大変でした。サッカーに全米オープン、結構時間つぶれたのです。

それにしてもサッカー、オランダ戦はよく戦いました。素人の意見で何ですが、南アフリカに来てからの日本の戦い方は、従来とは全く違って見えます。積極的にシュートを打って行く姿勢は評価出来るのです。パスを繋ぐだけで自己満足しているような試合は見たくもありません。

ここまでの善戦は予想していなかったのですが、中村俊輔を外した効果なのでしょうか(?)チームのバランスに微妙なものがあるのかもしれません。何と言ってもサッカーはチームプレイの競技です。各々の配置、役割の重要性を再認識させてくれた一戦でした。

これでデンマーク戦に勝てば面白い事になりますが、決勝トーナメント出場だけを考えた、姑息な引き分け狙いだけはして欲しくないです。勝ち点3、これで行くしかないでしょう。でも勝つなら1対0か2対1くらい(?)いずれにしてもハラハラドキドキの連続ではないでしょうか。

ハラハラと言えば、全米オープンでの石川遼君、三日目は流石に緊張したのか、持ち味の思い切りのよさが影を潜めていました。結局、最終日に大きくスコアを落とし、来年の出場資格が得られなかったようですが、そんなものは確実に開催される保証もないので、どうでもいいのです。また日本の賞金王を取って、そちらの資格で出場すればいいのではないでしょうか。
25980_600400

それより驚いたのは、伏兵がいたのです。宮里藍が何と4勝目を米本土であげました。これで世界ランクもトップだそうですから、素晴らしいじゃあありませんか。岡本綾子以来の賞金女王も視野に入ります。やはり女は強い(!!)

ソレンスタム、オチョアと連続して引退して寂しくはなりましたが、今後は宮里藍と韓国勢、特にシン・ジエとの戦いになりそうです。孤軍奮闘、トップをキープするのは厳しく孤独な戦いです。無理しないで早く日本に帰ってお出で、と思うのは私だけでしょうか。

国民がスポーツにうつつを抜かしている間に、変な悪巧みだけはするなよ、与野党合意で今参院選から採用される筈だったインターネット解禁を反古にした民主党だけは信用出来ない、と思われた方、クリックをお願いします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧