経済・政治・国際

2024年2月 7日 (水)

日本人はどこからやって来て、どこへ行こうとしているのか?(その3)

Photo 

その(2)からの続きになります。

その時代を遡ること400年、3世紀の卑弥呼の時代、朝鮮半島は漢や魏に押される形で非漢民族が入れ替わり立ち替わり国を作っていました。多数派は中国北東部の匈奴に代表される騎馬民族です。

その中で高句麗、新羅、百済は殷をルーツに持つ騎馬農耕民族の主体は扶余だと言われています。従って移動ルートの違いで若干の言葉や習慣の違いはあるにせよY染色体遺伝子はかなり偏っている可能性があります。

Cyosensangoku

(1〜4世紀の朝鮮半島、三韓時代)

もちろん移動の途中で色々なDNAを持つ民族が加わって来るので全て同じという訳にはいきませんが、君主が絶対的な権力を持つこの時代、安全保障上も支配層の多くは同系統であったと思われます。

一説によると大化の改新の立役者、中大兄皇子(後の天智)の父は百済の武王、母も同じく百済の宝皇女と言われています。記紀で彼らは舒明天皇と後の皇極天皇とされていますが、記紀としては天武が日本国を宣言した直後だけに外国の王が日本国の天皇では具合が悪いので、舒明、皇極を創出して辻褄合わせをしたと思われます。  

従って中大兄皇子は古くから日本にいた大王の直系ではなく、蘇我氏が百済から人質として来倭させていた二人の内の一人、百済皇子の扶余豊璋だという説が有力です。大海人皇子と兄弟のようにして蘇我家で育てられたと言います。

それはまた、その時代大和が百済の上位にいたという証しにもなりますが、そんな中、百済人翹岐(ぎょうぎ)が百済武王の跡を継いだ義慈王と奸計を企て、島流しという名目で642年に日本に上陸、滞在中の人質豊璋を担ぎ出して645年に乙巳の変に及ぶというシナリオはあり得ない話ではありません。

Photo_20240207140401

(上の画像は蘇我入鹿が中大兄こと扶余豊璋に切られるシーン、左手前に弓を持っているのが中臣鎌足こと百済人翹岐、彼は弓の名手とされるが阿武山古墳から出た骨にもテニスエルボーの痕跡が見られた、つまり弓エルボーだったのだ。)

つまり朝鮮半島(高句麗、新羅、百済)が勢力争いを繰り広げる時代、大和国の蘇我政権を倒し百済傀儡政権を樹立して、支援させようという魂胆ではなかったかと推察されるのです。案の定、乙巳の変で事実上の大王家だった蘇我氏が滅亡した後の大和国は百済支援に積極的になります。

その島流しの時に同じ船に乗っていたのが亡き武王の妃、宝皇女(後の皇極天皇)とその姪の文姫(額田王)他で、危険な百済から一族で避難して来たのか、あるいはこれから演じる大和での茶番劇に登場する任務?も兼ねての事だったのかは分かりません。

筋書き通り蘇我入鹿を暗殺し乙巳の変は成功しますが、肝心な故郷の百済は660年に唐新羅連合軍の前に壊滅状態となり、小規模な抵抗軍を残すのみとなりました。

その抵抗軍の将軍、鬼室福信は人質豊璋の帰還を大和に要請します。既に百済の傀儡であった大和朝廷はそれに応じ豊璋は大和水軍1万余と共に661年、百済に凱旋、新百済王として唐新羅軍と戦うも、内部での分裂(豊璋による鬼室福信殺害)もあってあえなく敗れ行方不明となります。

ところが今度はちゃっかり中大兄皇子として大和に戻り、朝廷の実力者になっていた大海人皇子の支援を得て百済再興に奔走する事になるのです。

Hakusukis01s

(唐新羅軍に数の上では圧倒していた大和百済連合軍だったが、にわか仕込みの水軍では勝てなかったようだ。上の画像は当時の軍船を再現したもの、50人程度が乗り組んだと言われる。)

結局663年、白村江での最終戦で大和百済連合軍は壊滅的打撃を受けます。焼け残った600隻にも及ぶ軍船には敗残兵と大量の百済難民を乗せて帰還する事になったのです。

これでも分かるように、ここまで親身になって百済を守ろうとしたのは百済と大和は元々同族であったという事もありますが、当時の大和は百済の強い影響下にありました。

それにしても大和は延べ5万人近い軍派兵と言うのですから、今でも大戦争の部類に入ります。その組織力、機動力、兵站供給力には驚かされるものの、突撃一本槍の戦法では戦い上手とは言えなかったようです。どこかで聞いたような話です。歴史は繰り返されます。

さて、本来ならテロ後は中大兄皇子が蘇我入鹿に代わって大王となってもおかしくないところ、間に孝徳天皇を挟んだり、母の斉明(宝皇女)を立てたり、さらに斉明死後も天智称制を続けたのは大国唐を意識しての事と思われます。

実際、白村江の戦い後は唐から郭務悰が三度、最大2000人の使節団と戦後処理のために来日しているのです。第二次大戦後のGHQ的役割でしょうか。

また国内においても周りの目を警戒する必要がありました。百済皇子がいきなり大和の天皇になったのでは周りが納得しません。周りの、過去を知る不穏分子を排除してから旧来王家の皇子として天皇を名乗ったと思われます。

結局唐が百済や高句麗を滅ぼした後、新羅との戦いを始めたために、幸運にもキャスティング・ボートを握る立場となった大和は唐の軍門に下る事は免れました。

328kodai024mizur_20240207141001

(唐による侵攻、あるいは戦争責任追求に余程ビビっていたと見えて、烽火・防人を設置、当時の首都、北九州太宰府に短期間で作った水城も大掛かりなものだったようだ。30も造った山城の大半も太宰府周辺に造られたという事は、やはり太宰府が守るべき都だった事を思わせる。)

ちなみに記紀では皇子時代の中大兄皇子を皇子とは表現していません。皇子抜きの中大兄として天皇の直系ではない事をほのめかしているのです。舎人親王の目があるので、あまり露骨な事は出来なかったのかも知れません。天武側に不利な記事も書けなかったと思われます。

もっとも、天武の起こした壬申の乱後に天智系、中臣系は一掃されており、記紀編纂当時は百済系にとって、やりにくい状況があったと思われます。そんな中で藤原不比等が天武天皇崩御後、天武直系の文武天皇に娘の宮子を嫁がせ藤原家を再興させたのは、やはり権謀術数に長けていたからでしょうか。

話はクーデター(乙巳の変)に戻ります。そういう荒技が可能だったのも当時の日本と百済が数百年も前から行き来があり、政権中枢が同系の民族で同じ言語を喋っていたからに他なりません。

現在のような関係ならそんな芸当はあり得ないのです。それを見ても明らかなように当時、扶余語族が支配する朝鮮半島は古代日本語が普通に通じる世界でした。

今のハングルは支配層の大半が半島から大和に移った後、新羅を征服した挹婁、靺鞨、勿吉、エヴェンキなどのツングース系言語が古代日本語を上書きしたと思われるので、日本人との意思疎通は困難です。文化的、情緒面でも大きな違いがあるので誤魔化すことは不可能と思われます。

言語について、万葉集から良い例を紹介します。額田王と大海人皇子(後の天武天皇)との間で交わされた粋で切ない恋歌です。

あかねさす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る (額田王)

簡単に説明しますと、王族の、ある野外での集まり(狩や野草摘み)の折、額田王に向かって合図を送る大海人皇子に対し、そんな事をして、夫の天智天皇が見てやきもちを焼いたらどうするの?と言う、そんな感じの歌です。

その時の額田は大海人と別れ、天智と一緒になった直後でした。天智から是非にとの要請に泣く泣く応じ額田を手放した大海人には未練があったと見えます。天智は額田と交換に自分の4人の娘を差し出したと言うのですからよっぽどです。その中には後の持統天皇がいました。

続きがあります。その後の宴の席で今度は大海人が額田に歌を返します。

紫草の 匂える妹を 憎くあらば 人妻ゆえに 我れ恋ひめやも(大海人皇子)

美しい紫草が匂い立つようなあなたが憎くければ、なんで人妻だと言うのに恋焦がれる事などあるでしょうか。その会には天智天皇も同席していたと思えるので、二人とも随分と大胆な歌を詠んだものです。

まあ、当時の感覚では笑い話でやり過ごせるギリギリかもしれません。こう言うユーモアとウィットに富んだ句がすらすらと出てくるのが、この時代の王族なのです。すごく日本的で、文化レベルを超越し文明の香りさえ漂います。

ところが驚くべき事に今でも十分に通じる日本語を華麗に操る二人とも日本列島で生まれ育った所謂日本人ではなく、増して縄文人でもないのです。額田は幼名を文姫と言って百済の武王と新羅の将軍、金庾信の妹との間に生まれた王女でした。

もっとも、生まれたのは鸕野の讃良(うののさらら/後の持統天皇)と同じ畿内の鸕野の邑(うののむら=河内)で、その後百済に渡り10歳の時に新羅王の金春秋に政略結婚で嫁ぎます。その後百済と新羅の関係がこじれ、文姫は百済に返されますが、成人してからは大海人皇子に嫁ぐ事になりました。

その大海人は大陸と大和を股にかける漢人で大化の改新政府の国博士、高向玄理(たかむこのくろまろ)が父という説があります。(義父説もあり)父の都合で高句麗から大和(蘇我氏のもと)に渡来しました。母親は百済武王に嫁ぐ前の宝皇女(後の皇極・斉明天皇)と言うのですから当時は今よりはるかに国際的で恋愛も自由だったようです。

つまり中大兄とは実の兄弟ではなく、大海人は異父兄弟の兄だったのです。従って表向きの皇位継承順位は中大兄皇子より下となります。なぜ中大兄皇子が先に天皇になったのかが分かるというものです。

これでも分かるように百済と大和間には明確な境界などなく、兄弟国のような関係でした。しかも何と古代日本語は縄文人ではなく、元々渡来人が使っていたのです。昔からの謎が解けた瞬間でした。渡来人は縄文人の間に割り込んで来て支配したにも関わらず、先住民の言語(日本語)が残ったというのは納得のいかない話でした。

当時の先住民である縄文人はアイヌ語や隼人語等とも関連が薄い、今では消えてしまった上代東国語に類する言葉を話していたと思われます。フィンランドの言語学者ユハ・ヤンフネンはアルタイ語族仮説に否定的で、類型論的特徴を持つ日本祖語は渡来人が移動の過程で変化したものを列島に持ち込んだと言う仮説を展開しています。

その(4)に続く

 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (0)

2024年1月29日 (月)

日本人はどこからやって来て、どこへ行こうとしているのか?(その2)

Photo 

その(1)からの続きになります。

日本は少なくとも人類史を俯瞰して見た時に、人種差別撤廃に最も貢献した国と言えるのではないでしょうか。もしあの戦争がなければ地球全体がコロンビアのようになっていた可能性を否定する事は出来ません。

しかしながら人類に貢献と言っても、肝心な日本人には全く貢献しなかったのがあの戦争です。700万人超の徴兵の内230万人が死亡、内140万人が病死、餓死だと言います。民間人も80万人犠牲になりました。その内30万人は海外での死亡です。

戦いで死ぬのなら未だ分からないでもありませんが、それより圧倒的に多い餓死病死は言語道断です。兵站、補給のお粗末さ、計画の甘さは言い訳の出来るレベルではありません。民間人の死亡者数も多すぎます。勝てる見込みがなくなった戦争を長引かせた事が原因であるのは明らかです。

純粋に国思う有能な若者達を特攻攻撃に追い込んだのも日本人に対する重大な犯罪と言えます。3948人もの尊い命が失われていきました。戦勝国側の米が兵士の命を出来る限り守ろうとした姿勢とは対照的だったのです。余りに粗末に扱われた国民の命でしたが、その総括は終わっていません。

東京裁判は戦勝国の一方的な裁判であり、本来やるべき日本政府の日本国民に対する責任は果たしていないのです。そこをきっちりやらない限り歴史は繰り返されます。

実際今回のコロナ騒動でも現政権は満足に治験が終わっていない人類初のタイプであるmRNAワクチンを国民に打たせる、つまり人体実験をするという暴挙に出ました。裏で莫大な利権が動いたのは想像に難くありません。

その接種後の死亡者数は公表されているだけで2千人余りですが、インフルエンザワクチン接種後に死亡する人の数は毎年5千万人中5人前後なので、コロナワクチンでは延べ接種回数が3億9千万回と多いものの、率で見ても圧倒的に多い死亡者を出した事になります。

さらに厚労省が発表している人口動態統計では、2020年に前年比マイナス1万人だった日本人の総死亡者数が21年に6万8千人増、22年は13万人増と、コロナワクチン接種開始後は急増しています。どう見ても異常で戦争レベルの死亡者数だと言うのに政府もマスコミも問題にする気配はなく、それどころか全く無視を続けるという不自然な状態が続いているのです。

これではあの敗戦から何も学んでいないどころか、無責任さは加速しています。残念ながら政府もマスコミも全く信用出来ない国、それが今の日本と言うしかありません。

渡来系弥生人について

 話は古代に遡ります。1万年以上も平和な縄文時代が続いた日本ですが、小波は押し寄せたようです。今から3千年ほど前にインドからアーリア人に押し出される形でトラヴィダ族が巨石文化と稲作を携えて渡来して来ました。クナトの神を崇めるアジア系ですが、インドヨーロッパ語族のヒッタイト人も一部含まれていたかもしれません。製鉄技術(タタラ製鉄)が伝来した事から窺えます。

その人達は平和裡に縄文人と融合したようですが、居住地域が出雲周辺だけでなく東北その他にも散らばっているのを見ると、その後に何か大きな争いがあったのかもしれません。因みに出雲にも東北と同じズーズー弁と言われる訛りがあり、同系の民族だと思われます。大和朝廷に追われた出雲族は北へ北へと移動したという説が有力です。その人達は大和からは蝦夷と蔑まれ東北地方に安住の地を求めます。

その出雲弁に関しては、今の日本語に極めて近い言語だという説があるようです。少なくとも縄文人が話していた言語とは別物と思われます。という事は後から渡来して来る騎馬民族扶余と基本同じ言語で、言わば方言同士の関係だったのかもしれません。これは日本人のルーツを探る上で、かなり大きなヒントです。Photo_20240129131301

ところでインドから渡来したとされるトラヴィダ族ですが、そのまま今で言うところの出雲族になったのかと言うと、それも考え難いのです。なぜなら出雲王朝は紀元前7世紀頃の縄文末期に立ち上がったと言われていますが、平和な世界に王朝は必要ありません。何か団結する必要があるから支配体制が出来るのであって、外圧や争いのない自由な世界に王朝は不要です。

一説によると出雲の大国主は大月(だいげつ)の滇氏(てんし)だと言います。もっとも大月はインドにかなり近いのでトラヴィダ系だとしても不思議はありません。ひょっとして後から渡来して力で王朝を打ち立てたのかもしれませんが、詳しい事は分かっていないのです。

いずれにしても滇氏のトーテムは蛇だと言うので竜蛇族と言われるトラヴィダ族との相性は悪くなかったと思われます。奈良大神神社の主催神、大物主(饒速日)は小さな蛇であったという記紀神話からも出雲族は天津神系(天孫族)ではなく国津神である事は確かなようです。

Photo_20240129130101

(縄文末期には8万人まで減っていた人口が弥生時代に急激に増加したのはトラヴィダ族が稲作を携えて渡来したのが一大要因と思われる。)

 富氏の出雲口伝によると出雲王朝は紀元前3世紀に渡来してきた天孫族に滅ぼされるのですが、最初の天孫族は秦の始皇帝から不老不死の薬草を探すよう命を受けた道教の方士、徐福一行だったようです。二回に分けて数千人規模で渡来してきた徐福一行は人口が数万人規模であった当時としては一大勢力となりました。

様子見の最初は出雲王族との婚姻などで同化策をとったようですが、秦の始皇帝をうまく騙し、弩(いしゆみ)の名手を多く帯同して武力を強化した二回目には侵略者に豹変したようで、日本神話で徐福は素戔嗚(すさのお)という名で表されています。天照大神が手を焼いてお隠れ(死亡の意味)になってしまうのですから余程手に負えない暴れん坊だったのでしょう。

Bklevkaqnsspyw781bkvfpk9idyvzu

(日本各地に徐福伝説があり、和歌山には像も作られている)

ただ、素戔嗚が本当に天照大神(卑弥呼?)殺しの犯人かと言えば、時代が4世紀も違うのであり得ません。後に渡来した侵略者を庇う為に素戔嗚という神話上の人物名での悪事にすり替えたと思われます。

これでも窺えるように、ややこしいのは記紀(古事記/日本書紀)の記述です。8世紀に天武天皇の命で作られた天皇史は万葉仮名で書かれた古事記と漢文で書かれた日本書紀に分かれ、古事記が出雲神話を重視し、対外(中国)向けと言われる日本書紀は存在が疑問視されている神功皇后や壬申の乱を重視するなど、どちらも監修したのは藤原不比等だと思われるので明らかな偏りが見られます。

歴史書が勝者都合の歴史物語になっているのは古今東西を問わない決まり事なので、その点は差し引いて見なければなりません。もちろん天武天皇の皇子である舎人親王(とねりしんのう)が日本書記編纂の主要メンバーにいたため、全くの嘘は書けず、数多くの真実や、それに至るヒントが散りばめられているのは救いです。そこを手がかりに探っていくしかないのですが、いかんせん、都合の悪い証拠は極力隠滅され文章による資料も少な過ぎるのです。

ところで藤原不比等ですが、藤原鎌足(元中臣氏)の実子ではないようです。中大兄皇子と組んで起こした乙巳の変の首謀者中臣鎌足は実の父ではないという説が有力です。当時は報償として主君の子を孕った妃を、勲功を挙げた臣下に与える風習があり、天智天皇と鏡女王の子が不比等だと言われているのです。

もしそれが事実なら本人それは知っている筈なので藤原氏と天智天皇側に立った、つまり体制側(百済側)の考えを持って行動していたのは間違いないと思われます。ではその義父である中臣鎌足の出自ですが、天智天皇から授かった大織冠(下の画像の烏帽子)や玉枕などの副葬品で鎌足の墓と思われる阿武山古墳から出た骨を解析した結果は日本に20%前後いるとされるO1b2の大陸系で、なぜか天智天皇の子である筈の不比等も同じだと言います。

T02200179_0330026912783902580

手前の緑色の物は副葬品で、玉枕と言う。日本にはなかった高度なガラス成形技術で作られている。被葬者の出自を窺わせる。因みに大織冠を授かったのは扶余豊璋と藤原鎌足二人のみである。

と言うことは天智天皇もO1b2の可能性が高いという事になります。意外にもD1a2と言われる天皇系の血筋ではなく大陸系渡来人なのです。ちなみにこのY染色体O1b2遺伝子は朝鮮半島にも9%いるとされています。彼の国でもしぶとく淘汰されずに生き残っているようです。

その(3)に続く

 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (0)

2024年1月24日 (水)

日本人はどこからやって来て、どこへ行こうとしているのか?(その1)

Photo   

 日本人のルーツに関しては諸説あって、侃々諤々と議論がなされてきました。しかしどれもしっくりと来ません。しかしながら最近のDNA解析技術は長足の進化を遂げ、かなり昔の事が詳細まで分かるようになって来たのです。

そうは言ってもサンプル数が極端に少ない人類の起源にまで遡るのは意味がありません。従ってかなり確かだと思われる10万年前頃から話を始めます。今の原型となった人類が、アフリカから世界へ散らばっていったのは10万年前頃という説があります。5万年前にはアジア南部にも到達し3万8千年前には日本列島にも到来したと考えられます。

1万6500年前から新旧の石器時代を含む縄文時代が始まります。その頃の人類ですが、男系が分かるY染色体ハプログループを例に取りますと、A型から始まり古い順にBCDという具合に枝分かれしていきます。最後つまり最新の人類はR型だそうですが、日本に辿り着いたのはその中でもかなり古いD型でした。

但しD型の全てが来た訳でもないようです。あるグループは日本をスルーして北へ上って行ったと言います。幸いにも日本に到達したグループは豊かな自然の恵みを受け狩猟採集民族として数を増やしていきました。

しかし良い事ばかりではありません。気候変動や火山活動で移動を余儀なくされたグループもあり、住みなれた地を離れ東方あるいは大陸へ向かったと言います。

Https3a2f2fimgixproxy1n8sjp2fdsxmzo62643

日本人のDNA

 既にご存知とは思いますが、日本人の男系Y染色体、D型遺伝子は世界広しと言えど、チベットやバイカル湖周辺、あるいはアンダマン諸島にしか残されていないと言います。さらに、これらの遺伝子の元が日本到達前のものなのか、あるいは到達後に脱出したものなのかはよく分かっていないのです。

参考までに興味深い例を紹介します。現在の南米コロンビア人の遺伝子ですが、Y染色体を調べると男子の全てがスペイン人のものだと言うのです。一方女性は、母系が辿れるミトコンドリアの解析では全てがモンゴロイド、つまり原住民のものでした。

これはスペイン人がコロンビアに上陸した瞬間からコロンビア人男性の生殖能力が失われていった事を意味します。女性にとってはスペイン人の男性しか選べないという不自然な状態に陥ったのです。つまり自国の女性を帯同しなかったスペイン人はコロンビア人男性を尽く排除したのです。

逆の例もあります。東ヨーロッパ人のY染色体にはモンゴル人のものが一部に存在し、ミトコンドリアでは全てコーカソイド(白人原住民)のものでした。蒙古が東ヨーロッパにまで侵攻し、一時期支配したという証拠ではないでしょうか。

翻って我が日本はと言うと、縄文人のD型遺伝子は地方によってもばらつきはあるものの、全体では40%を占めます。他は大陸からの渡来系と思われるO型二系統が50%で、残りはDよりも古いCが北(アイヌ)に少々と少数民族系が何種類かあるようです。これを見る限り日本が一つの民族によって強権的に支配された痕跡は見当たりません。(下図参照)

Photo_20240124110401

世界に例を見ない平和な地域が日本列島なのです。では対外的にはどうでしょうか?日本がどこかの国に攻め入って強権支配したかどうかは相手国のDNAを調べれば詳らかになります。

かつて日本が統治した朝鮮半島や台湾で日本人のDNAが激増したかと言うと、全くそんな事はありません。(下図参照)むしろ朝鮮半島の場合、現地人人口は統治時代の35年間で1300万人から2500万人へほぼ倍に増えました。

20161207003135  

さらに李王家の末裔、李垠王世子(リ・ギン)に日本の皇室から梨本宮方子女王を嫁がせるなど、手厚い融和策をとったことは意外に知られていません。

日本による外国統治に関して当時の英国BBCは欧米のようなColonization ではなく Annexationであると報じました。つまり植民地ではなく併合だったと言っているのです。

事実日本政府は現地人を日本人とし、日本人と同じ待遇を与えたのですから、欧米の植民地支配からは程遠いものがあります。しかもその併合は米英も公式に認めたものだったのです。

これは、人類は皆一つ屋根の下という八紘一宇の理念がベースにあり、また大東亜共栄圏の考え方にも合致します。つまりアジア人で団結して欧米列強の植民地主義に対抗しようという日本の願いは昭和天皇の開戦の詔勅を見ても明らかなのです。

国際連盟で日本が提起した人種差別廃止案は白人諸国によって廃案とされました。さらにABCD包囲網で日本締め付けが強化されていきます。そういう状況下で日本の選択すべき道は多くはなかったのです。

結果は無残な敗戦となりましたが、ニューヨーク・タイムス東京支局長の故ヘンリー・S・ストークス氏は「1941年、日本はアジアで大英帝国を瞬く間に滅亡させてしまった。非白人が、白人がアジアで展開した植民地支配を覆したのだ。このため日本人に対する憎悪は、戦後も長く続いた。」

また「世界史上、日本ほど人類に貢献した国はない。日本はアジアの希望の光だった。」と賞賛しました。その言葉を裏付けるように戦後植民地支配されていたアジア諸国は尽く独立して行ったのです。

日本軍が追い出し、日本の敗戦で戻ってきた欧米宗主国と元植民地の間で戦争も起きましたが、日本の戦いぶりを見て、アジア人でも十分に戦える事を知った現地人は死に物狂いで独立戦争を勝ち取ったのです。もちろん日本軍が現地人に軍事訓練を施し武器の供与もしていなければ、この奇跡は起きなかったでしょう。

1263

(インドネシアのカリバタ英雄墓地、1000人も残留して共にオランダと戦ったと言われる多くの日本兵も眠っている)
その2へ続く

 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (2)

2022年12月12日 (月)

円安で国が滅ぶと騒ぐ愚かな人達(後編)

Photo   

---ワクチンを打つ打たないを決めるのは個人の権利---

ブログランキングに参加しています。

 前回からの続きになります。

 米も同じく対外純負債が大きく、その額は20兆ドル以上にもなります。これくらい金額が大きいと、いくらでもドルが刷れるとは言え通貨安はデメリットも桁違いになるのは自明です。そういう事情もあって国内の景気とは無関係に金利を上げたりする訳で、ドル高にしなければならない必要性に迫られるのです。

しかしながら、米ドルが基軸通貨になれたのも、この借金体質が大きくものを言っています。それだけドルを刷って借金しまくっても何とか出来るだけの政治力とファンダメンタルズがあるという訳です。

反対に日本は経常黒字国なので円を大量に刷る必要には迫られません。払っても、払っても戻ってくるのです。(笑)これではハードカレンシー(国際決済通貨)にはなれても基軸通貨国にはなれないのです。またなる必要もありません。

ただ、価値ある物(通貨)は少なければ少ないほど価値が上がるので、円安には限界があります。長い目で見れば円高基調に戻っていくのは必定です。それを邪魔する要因は潰さなければなりませんが、マスコミ、似非エコノミストに加えて政府が海外の大国の傀儡なので、そこが最大のネックと言えるでしょう。

そもそも持ってもいないものは売れません。円を保有している外国人がどれくらい存在するのかは知りませんが、海外に流出している円の量自体が非常に少ないので円売りには限界があります。と言うか既に今の円安が異常なくらいで、すぐに円高基調に戻ると思われます。

円安が続く要因があるとすれば、それは日本人が日本を売る時です。手持ちの円をドルに換えて、中国の金持ちのように海外に移住するならそういう事もあり得るでしょう。流石にそこまで愚かな人は極々少ないと思われます。

6_20221205112701

(バブル崩壊までは10%前後のマネーストックの増加率だったが、崩壊後は2%程度に落ちた。経済成長率はこのMS増加率に比例する。90年以降金融に関するルールが色々変更され、民間企業の借り入れが難しくなったのが、MSが伸びない最大要因である。

日銀による窓口指導も廃止されたが、ここにも政府の姿勢が表れている。これによって返済が借入れを上回るバランスシート不況が起き、マネーストックの伸びは政府発行の国債に頼るしかなくなった。全ては年次改革要望書等の外圧によるものである。

マネーストックとは簡単に言うと、その国の総預金残高プラス現金である。

マネーストックが増える要因

1)政府が国債を発行し、公共投資をする、あるいは国民に対して直接給付金などで支払う場合

2)金融機関の民間に対する貸出額が返済額を上回った場合

3)経常収支の黒字が増えた場合

為替の変動要因

基本的には通貨量の差で決まる。多い方、つまり二国間の貿易や金利差等で、支払額が増えた方(売られた方)が通貨安となる。

現状はセオリー通りではなく過剰な円安状態が続いている。物価等を加味した実質実行為替レートが60を切っているのは異常と言うしかない。1ドル80円以下が実力と言える。青いラインが実質実効為替レート、赤線がよく目にする名目為替レート)

7

8_20221205112701

(このグラフを見れば今の円安なんて、騒ぐほどの事ではないとすぐに分かる。米による必死の圧力、内政干渉にも関わらず、円はドルに対し常に強い立場を維持して来た。そんな国は日本以外には見当たらない。逆に、通貨安が悪いと言うなら、このグラフは米側から見ると屈辱の歴史でしかない。

そこに日本人は気づくべきだ。気付かせないためには日本衰退説が必要で、マスコミや御用学者を使ったプロパガンダが常態化している。安倍さんが亡くなった今は戦後レジームの脱却から遠のくばかりである。)

因みに日本を売らなければいけない程衰退している国だと思っている人には左のグラフを紹介します。

生産年齢人口一人当たりで見た場合の実質経済成長率は実はアメリカより10%以上も上なのです。つまりこれが意味する事は国民一人一人のポテンシャルは高い状態を維持しているという事です。名目や実態を反映していない為替レートで比較する意味はありません。

9_20221205112801



 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (0)

2022年12月 5日 (月)

円安で国が滅ぶと騒ぐ愚かな人達(前編)

Photo   

---ワクチンを打つ打たないを決めるのは個人の権利---

ブログランキングに参加しています。

 
 随分と間が空いてしまいました。世の中混沌として先が見えないと言うのもありますが、ちょっと重荷になってきたと言う事実もあります。読者の方のコメント投稿がなければ、もう少しサボっていたかもしれません。(笑)

さて、このところ円安がひと段落し静かになりましたが、ちょっと前にはマスコミや、ポジショントークに余念がない似非エコノミストがこの時とばかりに「日本が売られ続ける」と大騒ぎをしていました。その原因は日本のファンダメンタルズが弱くなった、あるいは貿易赤字が慢性化した、財政赤字も世界最悪だ、などがあって悲観論で占められているのです。

おかしいですね、昔1ドル80円を割るような超円高の時には円高で日本が滅びると言っていたのは誰でしたっけ? そう言えば紫BBAも1ドル50円になるとか言って煽っていましたね。

とにかく日本ダメ論さえ展開すれば新聞は売れるし、テレビの視聴率も上がるようです。日本人自体も悲観論が大好きな国民性ではないかと思えます。では実態はどうなのでしょうか。まず今回の円安の原因ですが、素人なりに次のような分析をしてみました。

1)基本的にはアベノミクス以来の日銀の金融緩和策は継続されており、円はドルより相対的に過剰な状態が続いていると言えます。円安傾向は元々あったのです。

2)米がこのところ利上げをやっていて、しかもそのペースが過去よりもかなり早いです。つまり米自身がドル高を容認しているのです。(下の表)

1

3)それに便乗した投機筋(海外のヘッジファンド)が円売りを仕掛けているので、金利差以上に増幅されたと思われます。

4)日銀は雀の涙ほどのドル売り介入をしたものの、金利を上げるつもりが全くない事を見透かされています。禿鷹ファンドが闊歩する要因だと思われます。

その他の要因は見当たりません。ファンダメンタルズは特に変わっていないし、貿易赤字はさほどではなく、財政赤字も巨額のままで微増を続けています。従ってそれらが原因でないのは自明です。さらに言えば最近の貿易赤字は円安要因ではありますが、日本は何十年も経常黒字国です。

海外に持つ生産拠点や金融資産などから入る所得収支は年に20兆円もあって貿易赤字を遥かに上回ります。従って通常であれば円高になるのを日銀が金融緩和で抑えているというのがアベノミクス以降の実態なのです。

2_20221205111501

(日本はアベノミクスでマネタリーベース「MB」を欧米と変わらない規模に増やして来たが、今回コロナ禍で米が大量にMBを増やしている。昨年の春頃には逆転しているのにも関わらず円安に動いているのは投機筋の存在以外は考えにくい。EUもMBを米以上に増やしているが、こちらは対ドルに比べ円安が顕著ではない。普通なら円高になる。)

90%以上を国内で賄っている財政赤字に関してはもっと根拠がないと言わざるを得ません。この件に関しては全く間違った認識が共有されているようですが、日本は国全体で見た場合には世界一の黒字国なのです。資産から負債を引いた額が、国内だけで言えば520兆円(21年末の数字、3.6兆ドルを今のレートで計算した場合)の黒字になります。

それは逆に言えば対外純資産が520兆円もあるという事を意味し、日本のグローバル企業は円安でウハウハ状態なのです。当然好決算という事になります。事実企業の480兆円もある内部留保の半分以上を占める外貨分はどんどん膨らんでいるのです。膨大な利益が蓄えられています。

それは逆に言えば政府負債に皺寄せが行っている事にもなり、政府負債を黒字化するには家計と企業の黒字を減らさなければならないのです。どちらが国民にとって好ましいかは明らかではないでしょうか。(次のグラフ参照)

3_20221205111501

(コロナ禍の財政支出で家計の金融資産は爆上がりした。ただ供給側がコロナ規制で棄損しているので経済成長にはつながり難い。)

尤も、財政赤字は国債を日銀が買う事で事実上は縮小されます。政府と日銀は国の機関なので、連結決算をすればほぼプラマイゼロになるのです。基本的に日銀は無限に国債を買い入れる権利、能力を有しています。

世界で最も価値のある日本国債を担保にして円が発行出来るのですから、どう考えても最強なのです。こういう事実をマスコミは知りません。日本国民も嘘を教えられています。

では一方の懸念材料ですが、確かに輸入品の物価は上がるでしょう。資源類に限って言えば輸入額が毎年15兆円ほどなので1ドル200円にでもなれば30兆円近い数字になります。

4

しかしそれでも値上がり分のGDPに占める割合は3%でしかないのです。つまりコストプッシュインフレと言っても高々3%で大した数字にはなりようがありません。消費税を円安期間だけでもその3%分(15兆円程)下げれば済む話です。

それもトータルで見た場合には経常収支の黒字分で相殺され、お釣りがたんまり来るという訳です。年間20兆円もある経常黒字は円安で30兆円にも40兆円にも増えるのですが、それでもあなたは円安が日本をダメにすると思いますか?

実際には世界で円安だけが進んでいる訳ではなく、米ドルの独歩高という側面があります。対ユーロや対ポンドで見た場合、大して変動がない訳ですから、円安だけを取り上げて騒ぐのはバカか、バカでないとすれば悪意があるとしか思えません。

5

(ユーロやポンドを見ると日本だけが狙われた訳ではない事が分かる。)

つまり為替はプラスマイナスがあるので日本のような純資産国には返ってメリットの方が多いのです。もちろんデメリットの方が多い国もあります。例えばポンドは円と同じように通貨安ですが、こちらは死活問題になりかねません。

かつて七つの海を支配した英国は世界に膨大な資産を持つ代わりに、それ以上の負債を負っているのです。プラスマイナスすれば純負債が莫大な数字になります。必然的に企業の業績は悪くなるという訳です。

長くなりましたので次回に続くとさせていただきます。



 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (0)

2022年6月27日 (月)

いまだによく理解されていないお金の話

Photo   

---ワクチンを打つ打たないを決めるのは個人の権利---

 
 先日ある陰謀系サイトを見ていたら、おかしな事が書いてありました。日本政府はコロナ禍の2年間で100兆円をゆうに超える莫大な赤字国債を刷りましたが、そのツケは必ず国民に回ってくると言うのです。

借金で首が回らなくなった政府は、最終手段として預金封鎖をするだろうと言うのですから穏やかではありません。そんな事をされたら皆餓死してしまいます。(笑)

物とサービスの供給が出来る限りそんな馬鹿な事は起こさないし何の意味もないのですが、その理屈が分からない人たちが大勢いて、相変わらず預金封鎖が大好きなようです。

もしそれが可能として、ではどういう機序で起きると言うのでしょうか。不毛な話ではありますが、一応考えてみたいと思います。

まず、国民の持っているお金マネーストック(M3)の残高ですが、5月末時点で1558兆円あります。簡単に言うと銀行預金と現金の残高がそれだけあるのですから、1000兆円以上あると言われる国の借金は、それで返済可能に見えます。

次にマネタリーベースと言われるお金ですが、日銀当座預金残高が560兆円、日銀券発行残高が120兆円で合計680兆円になります。

ここが混乱する原因と思われますが、政府が手を突っ込んで取れるお金は、この680兆円だけなのです。という事は1000兆円以上の借金をチャラにする事は現実には出来ないという事です。

なぜなら我々が持っている通帳の残高は単に銀行の負債の記録に過ぎず、それを担保するものは銀行が持っている債権(貸出証)のみだからです。政府がその債権を取り上げても、マネタリーベース残高以上の金額にはなりようがないのです。それこそただの紙切れです。(笑)

Bd79370042f1b0d1dcf0981dd09690b3_t

(信用創造「貸出」とは、無から有を生み出すから創造なのだ。だから返済で消えていく。)

もし銀行預金という制度がなく、お金が全部ゴールドなら国民の持っているお金を全て奪う事は可能ですが、管理通貨制度の今は銀行が創造する通帳に印字されただけの架空のお金が大半になるので、そもそも取り上げる意味が無いのです。

つまり、取れるお金は全て自分が発行したものなのに、それを全て取り上げるというのは自己矛盾以外の何物でもありません。預金封鎖が好きな人たちは、そのお金はどこから来たと思っているのでしょうか。

という事は、お金が欲しければまた自分で刷ればいいという事になります。つまり国債発行です。これが主権国家に認められた通貨発行権なのです。その国債を日銀が買った時点で本物のお金(マネタリーベース)になります。

でもこれまで、これをいくら刷ってもインフレにならず、経済が良くなる事もありませんでした。だから本物のお金である筈のマネタリーベースこそ絵に描いた餅という事になります。

ややこしい話ですが、銀行が作った架空のお金に過ぎない国民の通帳残高こそが経済発展に寄与するのです。だからコロナ禍であろうが何であろうが、マネーストックを増やしたというのは正しい政策と言えます。

後はそれが使える環境を整えるだけなのですが、どうも偏っているようで一般庶民のところに来ていないのが問題です。まあでも長い年月をかけて、そうなるように仕組まれてきた感は否めないので、正常化は程遠いと思われます。

Shutterstock_1406696750_res

 (欧州連合(EU)が、暗号資産・ブロックチェーンとりわけステーブルコインに関する規制の枠組みを、2024年までに整備する方針であることを明らかにした。日本も24年に新札が出てくるが、何か関連があるのか?)

ついでに基軸通貨の話もしておきます。これもよく勘違いしている人がいて、日本円はドルやユーロに比べて世界での流通量が少ない、つまり円の価値は大した事がない証拠だと言うのです。

頭が痛くなります。(笑)なんでそんなに円を流通させたいのか分かりません。基軸通貨になれば何かいい事でもあるのでしょうか?何でも買えるようになる?

いや、別に円で買えない物など世界にはありませんし、それで困ったと言う話も聞いた事がありません。中東の石油はドルでしか買えないかもしれませんが、それは米が力でそういう仕組みを作っただけで、特に基軸通貨としてのメリットではないのです。

どうしても円を世界で流通させたいと言うなら、経常赤字国になればいいだけです。米のように毎年巨額赤字を計上していれば世界中がドルを持つようになり、それだけ流通するという訳です。

そんな事に何の意味もないと言うか、それはむしろ米のように政府債務を膨らませるリスクでしかないのですが、円の真の価値がよく分かっていない人が妄言を繰り返します。円の供給量が少ないという事は裏返せば世界にそれだけ価値があるものが少ないという事なのです。

買わなければいけないものが沢山あればあるほど、円を刷らなければいけないし、そうなると流通量は自然に増えます。それは日本が買われることを意味し、グローバル化がさらに進むのです。

日本が低迷した要因の一つにグローバル化があります。グローバル化は富の移動を促し、世界平準化が促進されます。つまり先進国ほど相対的貧困に陥るのは自明なのですが、グローバル化が大好きな人が大勢いるのも日本の弱点です。

今の日本はそのせいで価値の高いものを安く売り過ぎています。最も価値が高いものはその高付加価値を創造する上で重要な生産要素である日本人(技術)と日本の通貨(円)と日本の土地です。

これを外国に安く売る事が文字通り売国で亡国化なのですが、なぜか経団連や政府が一生懸命推進しています。世にも恐ろしい事が普通に実行されているのです。世界統一通貨やデジタル化?金本位性?全く日本には必要ありません。

ブログランキングに参加しています。

 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (0)

2022年6月15日 (水)

これだけ痛めつけられても何も変わらない基本的経済マインド

Photo   

---ワクチンを打つ打たないを決めるのは個人の権利---

 
 保守の人の中に、未だに財政規律を重んじる人や、金本位性に戻る事が正常化に繋がる事だと考えている人が多いのに驚きます。両方ともトンデモ論なのですが、今日はその話題です。

それを話すにはまず戦後の通貨体制の変遷を理解する必要があります。戦前から大戦中を通じて米国の軍事力、経済力が他を圧倒しているのが顕著になりました。そこで覇権が英国から米国へ移され、それに伴って通貨制度が見直される事になります。

いわゆるブレトンウッズ体制ですが、金本位性をベースとして金との等価交換を前提としたドルを基軸通貨とするというものです。その体制ならしばらくは上手くいくのではないかと思われたのですが、そうは問屋が卸しませんでした。

60年代になると敗戦国で米国から支援を受けていたドイツや日本が頭角を表し、米の産業を脅かし始めます。それが意味するのは米国からの金の流出です。日本やドイツがドルを金と交換してくれと迫った場合、建前上は拒否出来ないのです。

事実米国から金がどんどん流出して、覇権国家としての地位を危うくしました。これに危機感を抱いた米がとったのは突然の金本位制の廃止です。ニクソンショックと言われていますが、金との交換を前提としない管理通貨制度への一大改革が行われたのです。さらに為替を固定から変動相場制へと移行させました。

これは貿易強国にとって痛手になる筈でしたが、日本の勢いは止まらず、さらに数々の摩擦を生む事になります。繊維摩擦、家電製品や自動車での摩擦、最後は産業のコメと言われた半導体摩擦です。これら全てで米の言いなりになりましたが、それでも日本の勢いを止めることは出来なかったのです。

80年代からは経常収支は万年黒字で膨大なドル(米国債)を溜め込む事になります。そこで気づけばよかったのですが、日本人は相変わらず逆風に逆らって船を進めました。

つまり一方的に稼ぐという事は他方に赤字国を作るので持続可能ではないのですが、戦争に負け、資源もない貧乏国という先入観に囚われた日本人はそこまで考えが及ばなかったのです。

業を煮やした米は85年にプラザ合意で、段違いの円高を日本に呑ませるという暴挙に出ます。それに続くバブルの醸成と崩壊にも米が関わった事は想像に難くありません。

さらに年次改革要望書などで一方的内政干渉は続き、日本の息の根は止められました。失われた20年、30年は米に再び戦い(覇権闘争)で敗れたことを意味します。

512ke6arevl_sx317_bo1204203200_

(日本経済はなぜ殺されたか)

そこで日本がとった行動は対外直接投資です。米などの対日貿易赤字国へ直接投資をして現地で生産をすればドルが出ていく事はありません。さらに雇用を生み、周辺産業を活性化させ、技術移転まで起こるのですから相手国にとっては笑いが止まらないのです。

一方の日本側の利益はと言うと、現地での利益の一部を特許料などの名目で還元するくらいです。それでも当該企業にとってはメリットがあったのです。量産効果もあって、黒字を積み重ねる事になります。今や日本全体で450兆円もの内部留保が積み上がっていますが、企業にとっての勲章と言えるでしょう。

しかしながら視点を変え、日本という国家に対してのメリットがあったのかと言うと甚だ疑問なのです。国内の並み居る優良企業が国際競争力を保つために人件費を増やさず、さらに協力企業には値下げ圧力をかけるという愚挙を、輸出量を自主的に制限してからも続けました。

これではデフレが終わる訳がありません。最も稼ぎの良い=生産性の高い企業の給料が上がらないという事は、それより生産性が低い裾野産業では負のスパイラルが起き、不正規従業員の増加もあって年々給与所得者の収入が減っていったのです。その当然の帰結として円高を招き、株安が続く事になります。

Viewdata_03_tmb

そこに颯爽と登場した第二次安倍政権ですが、それを打開すべく、三本の矢という経済対策を打ち出したのです。具体的に言うと異次元の金融緩和、機動的財政出動、成長戦略です。これによってマネタリーベースは飛躍的に増えました。

ところが肝心な銀行からの貸し出し残高は増えず、財政出動も期待したほどの額ではなかったのです。これでは片手落ちです。意味不明な成長戦略は最初から期待していませんが、肝心要の財政出動がこの様ではどうしようもないのです。

株高だけは実現しましたが、経常黒字でせっかく溜め込んだ外貨流出を招き、相対的国力の低下を招きます。外国人投資家によって起きた巨額キャピタルロスが、いたずらに招いてしまった円安で見えにくくなるというおまけ付きです。

この時点で、この政策は確信犯的なものだった事に気づいた人は多いのではないでしょうか。つまり、日本の成長を望まない国がいて、アベノミクスはその国に忖度した政策であった可能性が否定出来ないのです。

 そこで今回の超円安ですが、実質実効為替レートとの乖離が広がる一方です。しかしながら全く意味のない財政規律を重んじ、貿易黒字という円高要因を自ら放棄した日本には最早なす術がありません。いや、実はない訳ではないのです。海外への投資を引き上げるだけで、相当な効果が期待出来るのですが、企業にそれを強いる事は出来ないのです。

むしろ、国内需要が頭打ちの企業は外へ出ようとさえするのです。先頃発表された、いすゞ自動車の対外直接投資もその現れと思われます。金額は決して多くはありませんが、対外投資は円安要因です。この時期、相手国の民度も考慮すれば、〇〇へ捨てるよりも悪い効果が国としての日本にある事は自明です。

日本のような経済先進国においては企業の利益と国益は必ずしも一致しないという事実を周知させなければ日本は沈んでいく一方です。それでメリットを受けるのは、日本を敵視している国も含め、日本以外の国全てである事を認識しなければなりません。

日本にとってグローバリズムとは毒であって、治療薬でも予防薬でもなく、栄養剤とさえも言えないという事を知るべきです。むしろ時限爆弾となって次々と国内産業を破壊していきます。まるでコロナに対するmRNAワクチンのように。。

ブログランキングに参加しています。

 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (0)

2022年1月 1日 (土)

太陽、西から昇る(令和4年元旦)

Photo   

---ワクチンを打つ打たないを決めるのは個人の権利---

Photo_20211231232001

 新年明けましておめでとうございます。

 新年早々言い訳になりますが、ダラダラと続く偽パンデミック騒ぎに嫌気がさして、このところアップの間隔が空きがちです。期待して来ていただいている方には大変申し訳なく思っております。

にも関わらず多くの方のご支持をいただき順位だけは比較的高位置を維持しています。かつては見られなかった現象です。それだけ世の中の異常さに気がついている人が多いという事でしょうか。

いずれにしても時期が時期なので読者の方との情報共有は非常に大切だと思っております。諦めずに出来る限り書いて参りますので、気長にお付き合いいただければ幸いです。そういう訳で本年もよろしくお願い致します。

 イラストのストーリー(クリスマスからの続き)

  さて、クリスマスのデリバリーが終わった美女サンタですが、さあこれからバカンスだと盛り上がった矢先、急な仕事が舞い込みました。それは勤務先の奇志田社長からで、急遽10万円のデリバリーをしてくれと言うではありませんか。

 現金か、あるいは一部クーポンかで揉めていた件が、なぜかここにきて急に現金一本に絞られたと言うのです。しかし困っている人には年内に届けられません。そこでクリスマスに大活躍したドローンに目がつけられたという訳です。

 ドローンでお年玉、という形で給付すれば奇志田社長の人気は急上昇するでしょう。彼の頭の中はそれしかないようです。妬ましく思っている高意思サンタリーダーに美味しい役を持って行かれるのは癪ですが、背に腹は変えられません。

 しかし問題がありました。多くの子持ち家庭に届けるには札束では重すぎます。第一そんな嵩張るものは積めません。そこでリーダーは一計を案じたのです。「そうや、打ち出の小槌にすればえ〜のんとちゃう?」

 一回振れば10万円金貨がポンと出る打ち出の小槌を用意すれば問題は解決します。それが出来るのは奇志田社長の背後にいて、いつもひそひそ話を聞かせているという霧深い奥の院の親分、人呼んで「迷子の虎」しかいません。

 リーダーは早速直談判に行きました。そうしたらなんと親分は「やってみなはれ。但し、虎柄スーツを着て配るのが条件や」と言って気前良く打ち出の小槌を貸してくれたのです。これなら奇志田社長の借金にはならないのでいくらでも配れます。

 大阪出身のリーダーは虎柄には少し抵抗がありましたが、個人的趣味より仕事優先と割り切り、意気揚々と新年の空に飛び立ちました。ところがよく見ると、なんと初日は西から出ているではありませんか。

 リーダーはその時ハッと気がついたのです。「なるほど、ボロナ以降、世界で起きている事象は太陽が西から昇るほどありえへん話なんやわ」

そんな、ありえない話が飛び出す新年は、危機感のまるでない国の、ありえない近未来を象徴しているようで、複雑な気持ちになるリーダーでした。

 ボロナ収束を、やはり手放しでは喜べそうもない今年ですが、こんな時こそ団結が大事です。大和民族直系の皆様、今年こそ和をもって尊しの精神でいきましょう。よろしくお願い致します。


ブログランキングに参加しています。

 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (2)

2021年10月16日 (土)

蒸し返される財政破綻論と、今後に関して

Photo   

---ワクチンを打つ打たないを決めるのは個人の権利---

 今日は久々経済の話をしたいと思います。その前に誰かさんが言っていたように、突然コロナが収束かと思えるほど下火になって来ました。ようやく正常化に向けて動き出しそうですが、政府の言っている事がどうも頼りないです。

一体どこまで分かっているのか、大いに疑問なのです。経済に関してはまずまずの対策を打ち出しているように見えますが、コロナとそのワクチンに関しては総理自ら絶望的なことを言っています。

ワクチン接種、あるいは陰性を証明する検査結果(PDR検査や抗原検査)を前提としてGO TOその他の施策を進めると言うのです。これを聞いただけで何も考えていないのがよく分かります。

ワクチンを接種しても未接種者並み、あるいはそれ以上にブレークスルー感染が起きている状況を知らないのでしょうか?知らないのなら全くの情報弱者だし、知っていてやるなら間違いなく独裁者です。

憲法で保障されている基本的人権を、非常時でもないのに無視しようと言うのですからタチが悪いと言わざるを得ません。ワクチンを打ったばかりに副反応で苦しむ人や死亡する人が雪だるま式に膨らんでいる非常事態を何とかするのが先決です。

さらに、前回も言いましたように超過死亡は増える一方です。だからこのあり得ない状況を異常と認識してワクチン接種を中止すると言うなら大いに納得できますが、むしろ積極的に打てと言うのですから気が狂っています。

現状はコロナの脅威が限りなく小さくなって、相対的にワクチンリスクの比重がどんどん大きくなっているのです。そもそもこの状態で打ちたいとなど言う奇特な人がいるのでしょうか?

あれだけ感染が酷かった海外、特に先進国でさえワクパス反対デモが吹き荒れています。例によって日本では一切報道されないのでほとんどの人は知りませんが、アメリカなども接種率が50%を超えたところで接種希望者が急減し、未接種の人はワクパス反対運動をやっているのです。

そのストライキのために一日に1000便も欠航が出たサウスウエスト航空では、とうとう経営者が折れて義務化はしないと言い出しました。州によっては義務化しない宣言をしているところも多いようです。こういう個人の権利に関する問題では白人社会はさすがと言わざるを得ません。

今の日本人にこういう気概は見当たらないのです。ほんの一部の人達が一生懸命になっているだけです。ひょっとして世界で一番早く義務化が達成されるのが日本かもしれません。情けない話ですが、それこそが悪夢です。

コロナ被害が最も少ない国が義務化なんて冗談にも程があります。それが分からない感性、知性も絶望的です。全てが不条理で理不尽過ぎます。

これに関して、今後どういう展開になるかですが、もう少し状況が見えてから後日書くつもりです。もちろん私個人の推論、あるいは妄想かもしれませんが、可能性として考えられる事を書きます。

6 

(矢野財務省事務次官、学校はいい筈なのに、その後ちゃんと勉強をしないとこういう事になる。いかに社会に出てからの勉強が大事かという事だ。論理がデタラメな事より絶望的なのは今日本が必要としている事が分かっていない。つまり自分は安全地帯にいて、国民の痛みが分からない。ダメな官僚の見本。)

 さて本題に入ります。財務事務次官が週刊誌に寄稿したという記事を見てひっくり返った人は多いのではないでしょうか。私もなんで今!!っと椅子から転げ落ちそうになりました。(笑)

財務事務次官ですよ、そういう地位の人が書いた記事にしてはお粗末すぎます。高校生か!!そもそも政府に無断でいきなり週刊誌発表ですからタチが悪いです。と言うかやり方が汚くて幼い。。 

さらにタイミングを考えれば選挙妨害と言われても仕方がありません。いずれにしてもこういう平和ボケのKY坊ちゃんが財務省のトップでは悲しすぎます。

高橋洋一氏に言わせれば、財務官僚なんて財政問題は全く分かっていないらしいです。しかも何度言っても理解出来ないと。。道理で日本経済が低迷する筈だと妙に納得しました。

それにしても次元が低すぎます。今頃になってこう言う話が出てくるとは夢にも思いませんでした。だって財務省が自国通貨建国債での破綻はあり得ないと言っていた筈ですよ。?

猛烈に怒ったのは政府、特に政調会長の高市早苗氏です。コロナ禍で経済が傷つき、それを手当てするために単年度の赤字国債発行による財政出動のどこが悪いのか、全く理解不能だと言っています。

その通りでしょう。今やらなくていつやるのかと言いたいです。一時的に消費税をゼロにしてもいいくらいです。尤も、その案には高市政調会長は難色を示していますが、高市氏のそういうところは理解し難いところです。

短期であればもっと思い切った対策をして問題があるとは思えません。しかしながら反論もかなりあるようで現代ビジネスでは下記のように述べています。

確かに自国通貨で国債を発行している限りはデフォルトは起きないってだけで、インフレが起きたり、国債の格付けが下がって価値が国際的に落ちたら、カネを貸している日本人や金融機関は損失を蒙ることを、高市さんら「デフォルトは無いっしょ」と思ってる人は忘れています。

これについては、あまりにも物を知らないと言うか、基本がわかっていない反論と言っておきます。インフレが起これば万々歳の国が日本です。グローバル経済下、デフレ圧力が強い工業先進国で何十年もそれが続いている訳です。

インフレの心配をするなら、なってから言えと言いたいです。それが制御可能な事は自明です。何のために政府があって、日銀があるのかを忘れています。もしも過度なインフレになったとしても、彼らがぼーっと傍観するとでも思っているのでしょうか。

国債の格付け云々に関しては噴飯物です。例え価値が落ちようが償還まで持っていればなんの影響もありません。金利は固定だし、貰えるものはちゃんともらえるのです。

含資産が減ると言うなら今までのように日銀に高く買って貰えばいいだけです。と言うより追加発行分は日銀が間接的に買えばいいのです。そうすれば格付けに関係なく実際の価値は下がりようがありません。

いかがわしい私企業が発する根拠不明のランク付に対し過度に反応する事自体がナンセンスですが、国債の価値(価格、金利)は日銀次第でどうにでもなります。そこがなぜ分からないのか謎です。

と言うより、格付け問題と国債デフォルトを同列に扱う神経がわかりません。これを日本の諺では「味噌クソ一緒くた」と言います。(笑)

そもそも日本経済が停滞している一番の理由はマネーストックの伸びが90年以降2%前後まで下がっているからで、それを押し上げる財政出動をして来なかった事が不景気の最大要因なのです。(下のグラフ参照)

Ms

(日銀のHPからマネーストックの増加推移を引用、年に10%以上の伸びはさすがにバブルを引き起こすが、90年代以降程度の伸びではデフレをもたらした。これは日本の付加価値創造力と密接にリンクするので、今は資金不足と言える。従って理論的にはこの谷を埋めるまで資金は投入出来る事になる。もちろん一気にやればバブルので年10%程度のペースで様子を見ればいい。PB正常化なんてなんの意味もない。)

それがコロナ禍でバラマキをやった為に昨年は急激な伸びを示しました。尤も、供給力不足の状態では何も起きません。だから簡単に言えばもっとやっていいのです。国民が使えるお金を十分に供給して、それを使うインセンティブを作るのが政府の仕事です。

本来なら民間企業が設備投資のために借入を増やす(マネーストックを増やす)のが理想ですが、BIS規格や金融検査マニュアル、固定資産税等が邪魔をし、地価が下がったせいで担保余力を無くしたのがマネーストックの伸びない最大要因なので、それに代わる事(バラマキ)を政府がする必要があるのです。

この話は深掘りすればキリがないのでやめておきますが、言い換えれば官僚や政治家の知能レベルが低いことが日本経済の足枷になっているのかもしれません。つまり最早誰のせいでもない自分たちのせいなのです。

ブログランキングに参加しています。

 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (3)

2021年3月24日 (水)

いよいよ本番開始か?

Photo   

---移民政策/消費税増税/カジノ解禁に断固反対!---

ブログランキングに参加しています。

 16日の日米2+2会談に続き、18日には米中外交トップ会談がアラスカで行なわれました。立て続のビッグミーティングの内容は、これまでの大方の予想を大きく覆すものだったのです。時代が大きく動き始めたようです。

Title1616379919639

これらは中国の衰退と日本の復活を意味しているように見えます。米がこれまで以上に日本側に付いて、共に世界平和に貢献しようというのですから驚かざるを得ません。

日本の重要性が見直されクローズアップされているのですが、それに気がついていないのは日本の政治家だけです。この機に公明党他の政権内媚中派を一掃しなければ、チャンスを失いかねません。

尤も、バイデン政権になって初の2+2正式会談ですからムリもありません。まさかトランプ大統領以上に強硬な対中国政策を引っさげて来るとは思いもしなかったでしょう。

一方の中国はバイデン政権との会談を心待ちにしていました。ところが日本を経由して韓国まで来たにも拘らずスルーされてしまったのです。これに焦った中国は米に泣きついたと言います。

しかしながら、やっと実現した18日の米中会談は米側の、けんもほろろの対応に愕然とする事になります。そこで出たのが20分にも及ぶ長い米をディスるスピーチだった訳です。恨み節か?

中国側としてはトランプ時代の制裁は当然解除されると目論んでいたし、もっと前向きな内容になる筈のこの会談はハイレベル戦略対話と位置づけていました。ところが米側は一般レベル会議と突っぱねたのです。

温度差が大きいようです。おまけに会談はこれっきりで次の予定はないと明言しました。中国側は茫然自失ではないでしょうか。なぜならそれが意味するのは習政権とは一切取引しないという事だからです。

その姿勢は露骨で、夕食会もなし、朝食も勝手にやってくれと一切面倒みない放置プレイだったのです。これでは米大統領選にまで介入してリスクを負った甲斐がないと言うものです。

バイデン親子への巨額投資も無駄になりました。その憤懣やるかたない気持ちが異例の罵り合いになったのは明らかです。中国国民に対しても示しが付きません。

これを見て中国の外交力を評価する人がいましたが、どこを見ているのかと言いたいです。ブリンケン国務長官は一歩も譲らず、米側の姿勢をトランプ時代よりもエスカレートさせたのです。

この会談に先立つ16日には米国務省は香港の自治抑圧に関与した当局者と全人代常務委員会の副委員長14名を含む24名への制裁を発表しました。

さらにこれら24人と「重要な取引」を行った外国金融機関は、米金融機関からの融資禁止などの制裁対象になると言うのですから本気です。

しかし、これがバイデン政権のやる事でしょうか?(笑)また、DSが健在なら日米2+2会談もあり得なかったと思われます。ジャパンパッシングして中国に直接行った筈です。

私には米2トップの二人はトランプ氏の意向で動いているようにしか思えません。それは16日に米2トップがブリーリボンバッジを付けているのを見て確信しましたが、そういうきめ細かい配慮はトランプ氏のものです。

国連で日本の拉致問題に関するスピーチをしたのは後にも先にもトランプ氏しかいません。自国では毎年何十万人もの児童が誘拐されている訳です。

As20170920000065_comml

どこに連れ去られているのかもこれまで全く不明でした。とても他国の拉致問題に関わっていられる状態とも思えませんが、敢えてそういう事をするのは日本との関係重視以外にはありません。

この時期、安倍さんの弟である岸氏が防衛大臣である偶然を何と考えるかですが、安倍トランプラインが健在で、筋書き通りに事が運んでいるとすれば納得がいきます。あくまでも憶測に過ぎませんが。。

バイデンはと言うと、副大統領時代に日中の領土問題に米は関与しないというメッセージを中国に送った事実があります。これひとつを見ても日本に寄り添う政治家でないのは明らかです。

ところで政権移行期間が終了する21日には米HBO(ケーブルテレビ)でQアノン関連のドキュメンタリー番組がスタートしました。全部で6部の構成になり4月4日まで続くと言われています。

これまで世界で行なわれて来たDSによる犯罪や、選挙の不正が明らかになって行くのではないでしょうか。因に初回はピザゲートの詳細やヒラリー・クリントン、トム・ハンクスらの犯罪に関する情報が開示されたと言います。

著作権の問題があって日本で観る事は出来ませんが、情報開示が始まったのかもしれません。次の放送(28日)が注目されます。いずれにしても最近の世界情勢は日本にとって悪い方向ではなさそうです。

ただ、いつまでも煮え切らない態度を続けていると世界の日本を見る目も変わって来ます。今が絶好で、千載一遇とも言えるチャンスなのですが、自浄能力がない国に未来はありません。

 

 共感いただければクリックをお願いします。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧